teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:16/1997 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新車購入おめー!ヽ(^。^)ノ ついでに同じ駄遺髪の某宅いごけ!

 投稿者:返信任者アラシ@近況をばチラリ  投稿日:2019年 4月 3日(水)01時39分19秒
  通報 返信・引用
   2006年からだから13年目、現在16万km前後ほど(だったかな、最近自分が転がす頻度が激減してるので明確にわ思い出せず)。
 Egその他、メカ的不具合は特に感じず。あでも、途中エアコンは2回も交換してる。Egブロックもシリンダヘッドから腰上部分は、十マソkmやや手前で無償交換されてるので、厳密にわ耐久テストにはなってないが。

 外観的にわ、左右ともR側ホイールハウス上辺りの鉄板腐食が数年前からドイヒー。別にぶつけたりこすったりした訳でもないのに。洗車たんびに、タッチアップペイントの厚塗りのアラシでおま。同年月ほど経過のいごけ!も、数は少なくなりつつあるも路上でわ時々見かけるので、その時に同箇所の腐食状態観察してるけど、なんともナッシングな個体ばかし。ウチのわソコの当たりが悪かった?。

 とゆーことで、何とか20マソkm到達までは少なくとも見届けたいのでR。こないだ夏鯛屋に換装した際も、久々に"良い年"製の、新品鯛屋に履き替えたことでもRし。

 ちなみに良い軽・和琴は、何が致命的にオダブツになったのであらうか。やはりEg?。

>久々に館でやっつけた記をちょいとだけ。

◎: ビール・ストリートの恋人たち

 最近、「グリ-ンブック」とか「ブラック・クランズマン」とか、この手の、(特に)米南部の黒人扱いドイヒ~問題に端を発する作がRけど、本作もそれに続いて。しかし同じ問題を扱っても、描写方向はその2作とも異なるので、この方向に関心ある向きわ、是非本作と併せての3点セットでやっつけておくことをオススメしときませう。

 本作も「~クランズマン」同様、出て来るのは殆ど黒人&監督も黒人、だけれども味わいは全然別。こゆ辺りが重城史。誰かサンは、本監督せんせの前作「ムーンライト」にも◎印つけた覚えがRけど、それと描写方法は近い物がR。がしかしテーマがテーマだけに、結構訴え方わ直線的。その意味でわ前述2作もそうだけど、各作とも個人的にわこの評点近くの印象を持っとりま。三者三様、それぞれにヨッシング。

 ところで↑に絡めて映画サイト系ウロチョロする中でどこで読んだか忘れたが、近年の本国
での「風と共に去りぬ」への評価。ポンニチでわ昔から、南北戦争時代の波に翻弄されつつも強く逞しく生きる♀を描いた大名作、てのが一般的評価でRが、かの地ではそうでわなく、「あーゆー奴隷制度万歳的南部の描写がRのは、如何なものか」的、逆にdisりの対象になってるらすぃ。こちゃら感覚でゆーと、あの作はソコ本題じゃないだろに、とおもーのだけど、どうも違うみたいね。

 という事からしても、上記3作での徹底した、南部黒人差別ふいんきの社会的排除、とゆー感じになるのわ、頷ける気もする。ソコわ逆に某氏懸念通り、「そこまでそゆ事を大声でわめきたてると、肝心問題の解決にわ逆効果でわ?」てなふうに、それを快くなく思ってる向きも、当然本国内(特に南部)でわ多いであらうことも予想が付く。ソリが尤も顕著に現れてるのが、トランプの南部での得票数であらう。

 …てな訳で、メリケン本国では永遠のバトル課題、てな気もしてきた強攻のゴロ。

○: ノーザン・ソウル

 英国70年代初頭の、その名の通りの音楽ムーブメントを扱った作。といってもノンフィクション的ではなく、フィクションドラマ仕立て。薔薇冠せんせが字幕監修してるのを例の自番組でゆーてたので、そりゃそりゃヽ(^。^)ノ、と。

 まぁドラマ仕立て部は、まぁこんなふいんきになるだろな、とゆー予想範疇だたので、そこは凡評価だけども、中で流れるソレ系な当時の曲群が実に格好ヨッシング!ヽ(^。^)ノ 思わず帰ってから、スポティファイでサントラ検索…あらら、虫食い的に再生できない曲群が結構多し。こりゃ盤買うしかナッシング、てな事で輸入モンだと安かった事もRり、ポチっとな。しかし映画のサントラ新版を買ったのなんて、一体いつ以来?(多分十年以上ぶり)。

 がしかし、何でこのサントラ盤、こんなに安いのか…と改めて調べて(@o@)。本国じゃ14年公開だたのねん。何でポンニチ公開まで、5年も開いちゃったんでせう?(謎)。そこわ薔薇冠せんせも言及して中田ような。。。

△: サスペリア(リメイク版)

 某氏評の通り、幾らトムヨーク@レディオヘッドが音楽担当しても、中身がアレでわとてもホラーと呼べずw がしかし、最低点でわ無いのは、松浦美奈女史が遂にここで、独逸語をも翻訳できる事が判明したからでR(本作中でわ英語と半々ぐらいだたかな?)。

 これまで同女史は英語を主戦場としながらも、仏語・伊語・スペイン語・ポルトガル語にかてて加えてデンマーク語作まで、殆どの欧州系言語作字幕を制覇しつつ、独逸語手がけたのだけは中々見つからなかったので、「流石の女史といえども、独逸語まではできんのでっしゃ濾過?」疑惑があった。

 で、こちゃらで昨年末あった、コアな館ジャンキーな方々が集った某会合でも、ストレートに本質問ぶつけてみたのよ。「松浦美奈って独逸語できるんけ? YESとゆーなら、具体的に手がけたその作名挙げよ」と。…でも、誰もその場では回答できんかった。

 しかしこれで欧州系主要言語完全制覇でつよ…恐るべし(^。^;)
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/1997 《前のページ | 次のページ》
/1997