teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:確かに・・・。

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年11月29日(日)00時40分25秒
返信・引用
  >コンパスさん
お互い頑張って行こうね!
僕ももともと音楽の才能はなくて日々色々と勉強しています。
トミーは天才であれだけ弾けるのに楽譜は読めないんですって(笑)

トミーみたいに耳がよくて、1回聞いたらすぐに弾けるぐらいの腕があれば
別ですが、やっぱり色々と自分で勉強して知っておくと絶対に役にたちますし、
その勉強に使った時間はもったいないと思うことはないです。

好きなことなんですから、遠慮なく出来ることはガンガンやっていったほうが良いよ!
と僕は思いますよ。

質問は知りたいと思った時にいつでも書いてね。
 
 

確かに・・・。

 投稿者:コンパス  投稿日:2009年11月27日(金)01時28分2秒
返信・引用
  確かにそうでした。コードだけは分かりますが、楽譜や音符は、思い返すと
勉強する姿勢すら無かったです。難しそうで敬遠していました。
これからは弾く感覚を「楽しむ」だけじゃなく、さらに色々な面で上達するために、
音楽を「学ぶ」努力もしていこうと思います。
きっと西山さんもトミーも観客の前で、楽しそうに演奏している影では、
血のにじむような努力があるんですよね。

「楽しむ」ことと、「学んでいく」ことを両立させてギターを続けていこうと思いました。
また疑問が浮かんだら、質問しにきますね!
連日たくさんの質問に答えていたただいて、ありがとうございました。
 

Re:そうですよね!

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年11月26日(木)23時04分28秒
返信・引用
  >コンパスさん
トミーはやっぱりズバ抜けて弾き方が上手いんですよ。
メイトンのピックアップは優れていますが、
やっぱりギターの音を上手くコントロールしているトミーだからあの音が出るんです。

自分も今回のツアーで色々とトミーの近くでギターサウンドを聞いてきましたが、
どんなギターを使ってもトミーはトミーのサウンドが出るんです。

右手の弦があたる人差し指、中指、薬指の指先の皮膚はかなりゴツくなっていて、
あの固くなった指先で弾くから1、2弦の音もピックで弾くように
固めのアタックがある音になるんだと思います。

トミーと同じギター&セッティングでも同じ音は出せないのです。
やっぱり自分にあった音の出し方などを、ライブの回数をこなして
体で覚えていくしかないですね。

>ARTにコンデンサーマイクが付いているモデル

確かにあれば良いなぁと思いますが、そうするとたぶん
プリアンプが大きくなってしまい、大変なことになりそう(笑)
YAMAHAさんはピックアップのことを常に研究していますので、
良い製品が出来ることを期待していきましょう!


>自分は楽譜が読めないので

19才の若さで決めつけてはいけない!(笑)
楽譜を読めないのではなく、それは「読もうとしていない」ということだよね!

誰でも最初は「楽譜が読めない」人達なんです。
そこから「楽譜を読もうとしてみる」と一歩を踏み出した人が
最終的に「楽譜を読める」人になるわけですね。

なので、まずは「楽譜を読もうとしてみる」という気持ちに切り替えて
毎日少しずつでも良いのでチャレンジしていくときっと読めるようになるよ。

楽典を書いている本は難しい言葉を使ったりしていますが、
パソコンと同じようなもので、日々使っていればいつの間にか覚えてしまうもんです。

音楽を耳(聴覚)だけで考えるよりも、
目(視覚)でも考えることができれば、より面白いもんですよ。

ドライブタイムの転調は理論的には難しいことをやっているわけではないですが、
転調する流れのコードやメロディーの持って行き方がすごく綺麗なので、
とても印象的に聴こえますね。僕も大好きな曲です。

そういう部分も楽譜が読めれば、この音があるから次のコードに繋げることができるんだ!
って様に謎が解けて行くよ。
 

そうですよね!

 投稿者:コンパス  投稿日:2009年11月26日(木)03時01分45秒
返信・引用
  これからはもっと積極的に、自分で音を確かめて、選別していこうと思います。

トミーのライブ音源を聴いていると、ピエゾならではの太い音と、
内蔵のコンデンサーマイクが拾う、弦のきらびやかな響きを両立できているので、
聴き疲れしない、音というか・・・。そういう音を目指しているんですけどね~。

今使ってるCPX900のARTピックアップは、コンデンサーマイクの変わりに、
サブピックアップのトレブルで、弦のきらびやかさや、存在感を追加しますが、
サブのトレブルを上げていくと、同時に高音も上がって、うるさくなってしまって
困っています。CPX15シリーズならコンデンサーマイクが付いていていいんですけど、
やっぱりピエゾ自体はARTが優れてますよね~。

ARTにコンデンサーマイクが付いているモデルが出ると、どうなんでしょうね。(笑)


また違った質問ですが、西山さんはどういう風に作曲をしていますか??

自分は楽譜が読めないので、適当にコード弾きをして、いいコード進行が見つかったら、
それにメロディー部分を付けていく方法なんですが、すごく不便です。
すぐに録音しないと忘れるし、ありきたりな進行の曲しか、作れないです。
楽譜に音符を書いていけたら解決するんですが・・・。(笑)


やっぱり作曲にはそういう楽譜を読めるような勉強が、必要なんでしょうか?
でも感覚で曲を作っていくのが自分には合っているとは思うんです。

例えば転調するような曲や、珍しくて変わった進行だけど、曲として成立してるような、
そういう曲を作りたいです。
アドバイスをください。例えばで言うとトミーのDrivetimeみたいな感じの曲です。

日本にはギャロッピング系のギタリストが少ないので。
ネットで見ていても押尾さんみたいな感じの演奏をしてる人が多くて・・・。
自分の弾き方の参考にはならないんです・・・。
そういう意味で西山さんの曲や演奏には見習うところが多いんです。
 

Re:そうなんですねぇ~

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年11月26日(木)00時46分50秒
返信・引用
  >コンパスさん
現在製作しているLシリーズの26、36モデルは全てARE加工をしているので、
楽器屋さんに行けばすぐ見つかると思いますので、一度弾いてみてくださいな。

「音が良くなる」という言い方とはまた違い、
僕が思うには嫌な音がしないようになるという感じだと思ってます。
金属っぽい音が減り、温かみのある音により近付くという感じかな?

低音が出るとか高音が響くとかは、ボディの大きさや材質によってかわってきますから、
そういう部分だけを考えている人にはピンとこないかもしれないですね。。。

一言に「良い音」になるとは言えないですね。
良いと思う音は人それぞれ違うわけですので。

アコギはエレキみたいな改造の仕方はできないので、
色んなギターを弾いて、弾きまくって自分の好きな音、弦のテンション感、ボディの大きさなどを
突き詰めていくしかないと思いますよ。

生涯1本のギターで!ということはほぼ有り得ないと
僕は思うので、よーく考えて購入してくださいね(笑)

そうじゃないと、僕みたいに色んなギターを買って
悩む日々が続きますから(笑)

テイラーのESシステムは、正直なところ、
自分のプレイスタイルには合わないので、使っていません。

でも、オープンチューニングを使う人や、
マグネチック系の低音が好きな人には合うと思いますよ。


徳武弘文さんと色々話ししてた時に言ってた言葉

「普段エレキも弾いていて、アコギの音が欲しくてアコギを弾くのに、
アコギにマグネチックピックアップを使っちゃうと
音色がエレキギターと同じような感じになっちゃうでしょ?
そしたら、その時点でアコギを使う意味が分からなくなるよね。
マグネチックの音が欲しかったらエレキを弾けばいいんだからさ。
やっぱりアコギではアコースティックなサウンドを出したいよね。」

と、言ってた話しは僕としても「確かに!」と思ったことで、
今でも僕は同じ意見です。

人によって考え方は違うので、
テイラーのシステムを良いかどうか?という判断をすることはできないですね。
僕としてはピエゾやコンデンサーマイクを使った音の方が
アコースティックなサウンドに近いと思うので、
マグネチックは使っていない、という感じかな~。

ちょっと分かりづらくてごめんね。

テイラーギターも今はどの楽器屋でも置いているだろうから、
楽器屋で試奏して自分で「感じて」みるのが一番良いと思うよ。

自分が弾いてみて良いと思ったものを使う。
その為には「自分が弾いてみないと分からない」ということですね。

本や、ネットの掲示板、楽器屋の店員さん、ギター好きな人の意見は
参考の一つにしても良いけど、
それを丸ごと信じることはしないほうが良いと思います。

自分の耳と感覚を信じるべし!(笑)
 

そうなんですねぇ~

 投稿者:コンパス  投稿日:2009年11月25日(水)00時44分29秒
返信・引用
  ARE仕様のを弾いてみたいですね~。
低音も出やすくなるんですかね~??

LAのボディサイズはLLとLSの間くらいだったと思います。
あのボディの色も好きなんですよ~~。
ぜひ桜井さんに聞いておいてください!!

自分もヤマハのギターが大好きなのでスペシャルオーダーを
依頼してみたいのですが、まだ19歳なのであのお値段は、
正直手が出ないです。(笑)
でもあのお値段を出す価値はすごく理解しています。

エレキギターのように安くどんどん改造できるっていう風には、
アコースティックの場合はできないですからねぇ~。

なので、簡単な仕様変更は安価で依頼できるシステムをヤマハさんに作って
いただけるといいのですが・・・。なかなか難しいですよね。
ギター製作は職人技ですもんね~。

昔、ヤマハは純正ピックアップを搭載してくれるリペアサービスをやっていた、
というのを聞いたことがあるのですが今はやってないですよね。


それとテイラーのピックアップのラインの音はどういう感じですか?
ARTピックアップと比較してみてどういう特徴がありますか??
どういうプレイに向いてるか?など教えてください。
あのネックに埋め込まれているセンサーの威力はどうですか?
 

Re:なるほど~。

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年11月24日(火)21時23分26秒
返信・引用
  >コンパスさん
ARE加工はしていますよ。
これはハっきり言って人の好みで好き嫌いは分かれるかなと思います。
自分はARE加工することで、ギラギラした音がマイルドになるので気に入ってますよ。

特にピックアップを通した時やマイクで録音すると良くわかります。

ヘッドの形状もこの形の方が好きなのでそうしてもらいました。
これはスペシャルオーダーであれば変更可能なオプションです。

LAシリーズはたぶん、、、よほど復活の声がないとちょっと厳しいかもですね。
ボディはLLのサイズと同じじゃなかったのかな?
ちょっと詳しくはわかりませんが、確かにLAシリーズが好きという人も多いですよね。

ボディサイズは無理だと思いますが、確かヘッドはヤマハギターの形状であれば
オプションでオーダー可能だったような気がします。

今度、桜井さんに会う時は聞いておきますね。
 

なるほど~。

 投稿者:コンパス  投稿日:2009年11月23日(月)23時44分8秒
返信・引用
  そうなんですね~。表板は「ARE」を採用されているんですよね。
「ARE」どうですか??気になります。(笑)
「ARE」と「ART」の組み合わせは最強なんじゃないですかぁ??

そういえば「LS」ボディなのに、ヘッドのデザインが「CPX」などに使用
されているタイプなのは、西山さんのこだわりですか??

ちなみに自分は「LA」シリーズで採用されていた先端が三つに別れている、
ヘッドのデザインが大好きです!!
西山さん!ヤマハさんに「LA」もしくはあのヘッドを復活させてくださいと、
伝えてくれませんか??西山さんの力でなんとか!!(笑)
今の時代こそあのボディサイズにニーズがあると、真剣に思うのですが・・・。

本当に「LA」の新作がほしいです。でも現状、手に入れるにはカスタムオーダー
するしかないし・・・。しかしカスタムオーダーはお値段が・・・・(笑)

「ヘッドデザインとボディサイズの変更だけ」のカスタムでお値段を下げてって
いうのは、できないんでしょうかね~~(笑)
 

Re:こんにちわ~。

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年11月23日(月)22時53分54秒
返信・引用
  >コンパスさん
ブログチェックありがとう!!(笑)

LSX、、、やっぱり気になっちゃいましたか??(笑)
プリアンプはCPXと同じシステム59という、イコライザー付のタイプです。

最新のYAMAHA Lシリーズはシステム60というイコライザー無しのタイプが
標準になっていますが、僕は59の方が使い慣れているのでこちらにしてもらいました。

大きな会場だと、もう一つイコライザー付きのプリアンプを使って、
リバーブを混ぜてあとはPAへという感じです。

小さい会場だったら、リバーブだけもって行って直でつないでますよ。
システム59に付いているイコライザーで大体調整は可能ですし、
それ以上に何とかしたい場合はPA側の卓のミキサーでお願いする感じです。

正直なところ、やっぱりピエゾ系ピックアップはギターの生音がかなり影響します。
今回のカスタムは、LSという一番ボディサイズが小さいタイプですが、
マスタービルダーがしっかり作ってくれているので、
ボディサイズから想像する以上に低音がかなり出ます。

また、ありがたいことに材のグレードも良いものを使ってくれているので、
ボディ自体の振動もかなりあり、そういう部分がピックアップに伝わっているため、
ラインサウンドも整えやすいです。

ミディアムスケールにした一番の理由は立って弾きやすいギターが欲しかったから(笑)
ロングスケールだと自分の場合は、立って弾くとネックがちょっと長く感じてたので、
ミディアムにしてもらいました。

ミディアムスケールにすると、弦のテンションが弱くなり、
ボヨーンとした音になりがちで、出音にスピード感がない感じになる場合が多いですが、
そのあたりは設計の段階でしっかりと計算してくれたので、
特に違和感は感じないように仕上がっています。

本当は、良い音に焦点をあてると最近流行りの645~650の間が丁度良いのでしょうね。

650が弾きづらいということではなく、
立ってパフォーマンスをすることを考えると
ミディアムスケールが良いな~と思ったからですよ。

このLSXはかなり自分の理想に近付けて作っていただいたので、
とても弾きやすくて気に入っています。
 

こんにちわ~。

 投稿者:コンパス  投稿日:2009年11月23日(月)00時58分47秒
返信・引用
  以前、この掲示板で色々質問させていただいたものです。
西山さんのブログは毎日チェックしています!!
トミーとの共演はどうでしたか??

で、質問なんですが、22日(今日)のブログを見て気になったのが、
西山さんがヤマハに新たにオーダーされた新ギターの「LSX」についてです。

写真に「LSX」のプリアンプ部分が、ちらっと見えるんですが、
どのシステムですか??
「CPX15Ⅱ」のプリアンプと同じに見えるんですが・・・。
あと、プリアンプだけでなく、ピックアップのシステムも教えてください。

トミーの使っている「メイトン」のピックアップはプリアンプの時点で、
コンプがかかっていると、西山さんがブログで書かれていたので、
生音だけじゃなく、プリアンプやピックアップもアコギ(エレアコ)は
「奥が深いんだなぁ」と思ったので質問しました!

あともう一つなんですが、西山さんの「LSX」はスケールを短い仕様にしたと、
書かれているのを拝見したのですが、通常のスケールと、ショートスケールの
それぞれの長所と短所を教えてください!!

いっぺんにたくさんの質問ですが、よろしくお願いします!!
 

レンタル掲示板
/18