teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:カントリー!!

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年 8月19日(水)21時09分41秒
返信・引用
  >なつねこさん
カントリーのテクニックの中でもブルーグラスと同じようなテクニックがあり、フラットピッキングでどこまで突き詰められるか?みたいなところがあります。
そういう曲を聞くと勉強になったりしますね。
ステファン・ベネットのフラット・ピッキング曲なんかは結構僕も参考にしました。
的確さとダイナミクス、それとゴーストノートというのが実は重要で、
ほとんど音としては聞こえないけど、微かに聞こえる音というのを入れると、
曲により広がりがでますよ。

ゴーストノートはドラムでは必須のテクニックですが、
ギターでももちろんそれを知っていて使える人はより効果的な演奏ができると思いますよ。

ライブのセットリストはいつもその場で次の曲を考えながらするので、
ほとんど順番とか覚えてません(笑)

大体やった曲は覚えてますが、何曲目にやったかとか随時覚えていないのです。
自分で間違ったセットリストを書くのはちょっと恥ずかしいので
書いていないだけです(笑)
 
 

カントリー!!

 投稿者:なつねこ  投稿日:2009年 8月 7日(金)00時50分59秒
返信・引用
  またまた丁寧なお返事ありがとうございました!!

カントリーかあ。。カントリーって実は一番テクニカルですよね。音楽自体がハッピーな感じだったり、メロディアスだったりして、歌メロに注目してばかりいると聞き逃しそうなくらい何気ないのにですね。カントリーといえば、ジョン・デンバーとキース・アーバンにはかなりはまりましたが、ギターというより純粋に音楽にはまったからですね。でもキース・アーバンの弾き語りはさすが腕利きギタリストだけあってすごくうまかったですね。
あと、パット・カートリーさんには結構好きな曲がありますが、やはり難しくて手に負えませんでした(笑)
ちょっとギターに注目してカントリー研究してみます!!
あと、turning over!!すごく楽しみにしています!!こういうさわやかで軽やかな曲がにっしーさんらしい感じがします!!
ありがとうございました!!
追伸・ライブオツカレサマでした。セットリストをブログにアップしてくれると嬉しい所なのですが・・・それでは!!
 

>ストライクでした!!

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年 8月 4日(火)10時07分40秒
返信・引用
  >なつねこさん
返信が遅くなってすみません。ライブが続くとなかなか時間が取れなくて。。。

CDが届いたようで良かったです。
そうですね~このCDを録音した時にはまだ持ち曲に早いものが少なかったんです(笑)

ヤマハのCPX動画で弾いているものはTurning Overというタイトルを付けている曲で、
たぶん次のCDに入ると思いますよ。

CDの曲はA Littel Happy Feeringという曲のみ指弾きで、
あとはピック+指弾きで弾いています。

>ストロークでメロディを紡ぐやり方のコツのようなものはありますか?

コツといってもハッキリとこれをすれば!というものはなく、
ストロークしつつ、ピッキングの強弱をつけて、メロディー音を浮き立たせる練習がいいかもですね。

カントリー系の曲を練習しているとそういうプレイは自然と身に着くのですが、
なかなか日本にはカントリーは浸透していないので、
使っている人が少ないですよね。

ATNという輸入代理店があります。
ここで直接海外の楽譜を買う事ができますので、
フラットピッキング系の本を買ってみて研究するのもいいですね!

http://www.atn-inc.jp/im_inst1.htm

海外のカントリー系ギタープレイヤーからは沢山テクニックを吸収することができますよ。
 

ストライクでした!!

 投稿者:なつねこ  投稿日:2009年 7月30日(木)01時45分46秒
返信・引用
  こんばんは。
またまた丁寧なお返事ありがとうございました。
あれから、ダンロップの2ミリもようやく手に入れて、あーだこーだと試してる最中です。
「give us a smile」やっと家で聞くこと出来ました。
ここは質問用掲示板なので、アルバムの感想はちょっとだけにとどめますが、
「sakura breeze」「moment」「brilliant dreamer」の3曲は特にストライクゾーンでした!!「beyond the sky」も大好きですね。
意外と?メロウなスローナンバーが多い感じでした。
「Abel's horn」とか「ten years after」「walk with me」あたりもいいですね。
ただ、残念?だったのはヤマハのCPXのVTRの中で冒頭に弾いてる、高速アルペジオ?で始まるメロディアスな感じのあの曲はまだCD化されていないのですか?あの曲をすごく楽しみにしてたので、いつ来るかイツ来るかと聞いてたら終わっちゃったので・・・
次のCDですか?
あと、アルバム中、ピック弾きの曲とフィンガーピッキングの曲がどれかを教えていただけるとありがたいです。
「Sakura~」と「Brilliant~」はぜひ奏法をアップしてほしいです。
僕は弾き語リストなので、ソロギターを弾くわけではないんですが、歌の合間ににっし-さんの様にストロークでメロディやオブリを入れられたらいいなあと思い参考にさせてもらってます。
にっしーさんのように自由自在にストロークでメロディを紡ぐやり方のコツのようなものはありますか?
僕はスタンダードチューニングのストロークを土台にしたプレイにすごくこだわりたいので、にっしーさんのプレイはすごく勇気やヒントをもらえるのです。
 それでは!!
 

Re:ありがとうございます2

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年 7月27日(月)09時57分6秒
返信・引用
  >みさきさん
いつでも疑問に思う事があったら書き込みしてくださいね~。
自分も勉強になりますし(笑)
 

Re:ありがとうございます!!

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年 7月27日(月)09時54分36秒
返信・引用
  >なつねこさん
早速購入されたんですね~。行動が早い(笑)
やっぱり人それぞれ自分に合うピックというのがあると思いますので、
色々と試してみるのが良いと思いますよ。

太いピックは弦から弦への移動距離が少なくて済むので、早弾きするときとかは楽ですね。
その分ストロークがやりづらくなるので、手首のスナップが重要になってくると思います。

>ストロークとシングルノートが混じるような曲のときは薄めのピックを使うんでしょうか?

もちろん薄いピックでもストロークとシングルノートが混じるような曲を演奏することもありますし、
これは演奏するジャンルによって使い分けるということなんです。
歌ものの伴奏の時は、ベースやキーボードの音もある時に、太いピックで丸めの音を出しても
ヌケてこない音になってしまうことがあります。

そういう時は細めのピックを使って、ちょっとタイトな音色を出した方が
前に出る音になることが多いですね。

バンド演奏の場合は低音はベースにお任せをするという考えで、
あまり、アコギで低音を出してもベーシストとカブってしまいます。
キーボードがいる場合は音域的に使う部分は似ているので、
ギターの音が丸い音だとキーボードの音に埋もれてしまうことが多いので、
わざと高音域を強調してセッティングすることが多いです。

アコギソロならば、1人で演奏しているので、
ギターの音は丸めで低音もしっかりと出る音色の方が心地良いと思うので、
アコギソロの時は太いピックを使っています。

その時その時で、演奏するジャンルや曲調。バンド編成で使用するピックも変えるというのが
今の所自分のスタンスみたいな感じですよ。
 

ありがとうございます2

 投稿者:みさき  投稿日:2009年 7月25日(土)19時51分7秒
返信・引用
  にっしーさん
たいへんご丁寧なご説明本当にありがとうございました。
よーく解りました。
これからもよろしくお願いいたします。
これからも疑問点が出てくると思いますが勿論、自分で調べてどうしても解らないときは、お願いしますね。
 

ありがとうございます!!

 投稿者:なつねこ  投稿日:2009年 7月25日(土)18時24分17秒
返信・引用
  にっしーさん、またまたお返事ありがとうございました!!
さっそく大阪の楽器屋でジムダンロップの2ミリを探したんですが、ダンロップの材質違いの2ミリしかなく、にっしーさんが引用しておしえてくれたのと同じ材質のものは1.5ミリしかなかったので、とりあえず、その二つを5枚ずつ買って見ました。2ミリの材質違いは先端に段差?がついてるのでそれがちょっとアレレという感じですが、ミディアム以下のピックに比べてしなりがない分、手首と指先だけでコントロールできるので、ミスピッキングが少なくなった・・・ような気がします。とはいえ、出張中なので、試したギターはギタレレなので、家に帰ってもう一度試さないといけないですが。
でも、質問してよかったです。ストロークのときは薄めのピックということでしたけど、ストロークとシングルノートが混じるような曲のときは薄めのピックを使うんでしょうか?
ああ、また質問してしまった!!! (これとりあえず、最後です!!)

しかし、多分今頃家の郵便受けには『Give us a smile』が届いてると思うので、出張終わって、家でアルバム聞いたらまた「どんなふうに弾いてるんだろう?」とまた質問に来てしまうかも、、、、!!

でも、めっちゃためになりました。ありがとうございました!!
 

Re:ありがとうございます

 投稿者:にっしー  投稿日:2009年 7月24日(金)14時16分37秒
返信・引用
  >みさきさん

ギャロッピング奏法はちょっと根気が入りますが、練習すればできるので頑張ってみてくださいね。

単板と合板の話しですが、ギター制作者ではないので、詳しくは分かりませんが、
簡単に説明しますと、「手間」よりも「質」の違いが大きいですよね。

ギターに使われている木の種類は色々なものがあり、
中でもハカランダ(ブラジリアンローズウッド)という種類はとても高価です。
他にも色々な種類があります。

こちらのサイトは便利ですよ。
http://www3.snowman.ne.jp/~karubi/guitar/g_wood.htm

http://www.guitarholic.com/yom/yom_29.html

そういう高価木材で綺麗な1枚板となると、
制作者が木材屋さんから木を購入する時点で
どうしてもお金がかかってしまいます。

一枚板をギターの形に綺麗に裁断して加工してとなると、
とても神経を使いますし、(ヒビが入ったり、割れてしまうと使えないので)
それだけ丁寧に製作していると製作時間もすごくかかってしまいますよね。

合板は単板で製作したギターの余った部分を使い張り合わせたり、
値段の安い木材同士を張り合わせたりなど、
合板と言っても色々な方法で製作しているものがあります。

張り合わせなどは専用の機械を使って大量に製作するでしょうから、
それほど手間にはならないかもですね。

合板ギターと言っても、もちろん高価なギターもあります。
それは、さっき書いた高価(ハカランダなど)な木材の合板とかでしたら、
ギター本体の値段は、普通の安い合板のギターと10万円ぐらい差がある可能性もあります。

合板の中でもベニア板と同じような種類のものはとても値段が安いので、
例え製作に手間がかかって人件費がかかってもとしても、
トータルで考えれば完成時の値段は安くすることができますね。

プロ・ミュージシャンの中にはあえて合板ギターを好んで購入する人もいます。
その辺は人それぞれの価値観がありますので、単板が一番良い!ということは言い切れませんね。

ただ言えるのは、合板よりも単板の方が振動、共鳴する比率が圧倒的に高いので、
単板のギターはより大きな音が出る、弦を弾いた時の振動がギター全体に伝わりやすいということ
だと思いますよ。

楽器屋さんに行って何本か試奏させてもらって、
木の種類、単板と合板の音の出方の違いなど研究すると面白いと思いますよ。
 

ありがとうございます

 投稿者:みさき  投稿日:2009年 7月24日(金)07時27分2秒
返信・引用
  にっしーさん
早速のご回答ありがとうございます。
練習してみます。

別な質問ですが、単板と合板では単板の方が、お値段はお高いですが、ギター製造においては、合板の方が手間が掛かるように思います。
音は別にして何故、合板の方が安いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/18