teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/179 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re:質問です。

 投稿者:にっしー  投稿日:2011年 8月 7日(日)01時17分47秒
  通報 返信・引用
  >go!196さん
いつもと同じ場所、同じ空間などでギターを弾いていると、とってもリラックスした環境で弾けるので、
無駄な力も入っていないし、朝だと誰かに邪魔をされて集中できないということもないでしょうから、
go!196さんの朝練環境は「go!196さんにとって最良の空間」なんだと思います。

極端な話、人にギター演奏を聴いてもらうのに、自分が出せる最高の演奏をするために、
その朝練の空間にお客さんを呼び、ずっと黙ってて聴いてもらうというのは無理ですね(笑)

緊張は誰でもしますし、初めての場所なので人前で演奏すると色んなことが心配になってしまい、
いつもと同じように弾けない(本領を発揮できない)ようになるのは当然だと思います。

これは誰でも乗り越えなければいけない壁みたいなものでして、
ライブや人前で演奏する回数が多ければ多い程、適応能力も育ってくるので、
それも練習のうちと思い、失敗してもよいからオープンマイクに参加したり、
誰か友達に聴いてもらったりすることもやっていった方がより良い演奏ができるようになると思います。
失敗は成功のもとというのは正にこのことだと思います。
誰でも最初っから完璧にはいかないですから、安心してくださいー(笑)

しかし、やっぱりいつも同じ空間で演奏しているだけでは、いつまで経っても人前で良い演奏は
できないと思いますので、最初は勇気を振り絞って人前で弾く事をチャレンジしてみてくださいね。

ピッキングですが、「弱いタッチ」というのも言葉だけでは伝わりにくいですが、「力まず、余計な力が入っていない状態で手首のスナップを上手く使ったピッキング」という感じのイメージの方が良いかもですね。

ギターはある程度の音量を出して弾いてあげないと、ギター本来の良いサウンドが出て来ないですし、音楽にはダイナミクスを表現するのも大切ですので、小さい音量で弾いていても誰も感動はしてくれないと思います。

歌と一緒ですね!小さな声でボソボソ歌う人はプロにはいないはず(笑)

生音で誰かに聴いてもらうときのヒントは、演奏者としてはちょっと音が大きすぎるかな?と思うぐらいじゃないと、目の前で座って聴いてくれている人には十分な音が届いていないと思うと良いかもです。お客さんが、演奏者と同じぐらいギターに近い距離で座ってくれていればまた話は違いますが、基本的にお客さんは演奏者から1~3m以上は離れて座るでしょうから、演奏者が丁度良い音量だとお客さんには物足りないという感じですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/179 《前のページ | 次のページ》
/179