teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


さ、明日は久々の「バニシングin60」放送で祭りじゃヽ(^。^)ノ

 投稿者:返信任者アラシ@カーアクション  投稿日:2017年 5月25日(木)13時30分46秒
返信・引用
  …映画の、実に正しい古典と思っているがどうか?。「カーアクション映画に、それ以外の要素なんか要らね」な、某氏説を至極真っ当に実行するとこーなるとゆー、好見本。ラスト40分間、ノンストップ・カーアクションのアラシ。
http://www.nhk.or.jp/bscinema/calendar.html?now
 DVDも絶版状態で安くないので、保存版録画ヨロね。TVでやるのも実に久々な肝するし。ノーCG時代に、よくぞここまでぶちかましてくれたで賞ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

>館でやっつけた記。

△: クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 (※クーは牛へんに古)

 台湾の早世したエドワード・ヤン監督の四半世紀前作が、デジタルリマスタで各地巡業中。61年に台湾で起きた、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件がモチーフとか。正味で4h丁度もある超大作。

 なので行きつけ某単館でも、「これは年間passでは観れない事にしたので、別途前売券買うてケロ」、と主宰上映作にしては超異例の展開。BBCが「21世紀に残したい映画100本」中に選んだ、とゆー鼻息荒しな前触れ込みだが。

 夜間学校に通いながら不良仲間とつるんでいる少年スー。ある日、ミンという少女と出会った彼は恋心を抱くようになる。しかしミンは小公園を仕切る不良グループのボス、ハニーの恋人。やがて姿を消していたハニーが戻ってきて、スーの恋心は激流に翻弄され…

 かの地の当時事情は、蒋介石率いる国民党がWWⅡ後、台湾へと追われてきた事に連れて、大量の般pも併せて中国本土から渡ってきた関係で、政治的に大人社会が不安定だた事を受け、少年社会も同様で…と冒頭説明テロップが出る。

 その通りに、厨房工房辺りの不良少年層は幾つかの対立グループに分かれ、それ同士の抗争を中心としながら、そこに絡めての恋愛とか、中国本土に帰りたいヨとゆー親世代の感情とか、入ってくるメリケン文化への憧れとかが重層的に描かれるとゆー流れ。

 当時の台湾世情はよく描けてるのだろうが、それを4hもある超長尺作にした意味は、と本作出来てから四半世紀経った今日改めて巡業されると、ぶっちゃけダラダラし過ぎてて退屈。こーゆー抗争ものって他にもイロ工口あるし、特別どでかい事件が勃発する訳でも無し、と割合淡々と進む感じ。

 そして、タイトルになってる事件って一体どこで起きるのかしらんと思ってると、終了15分前になって漸く、でR(かお)。まぁ描き方にも依るんだろけど、流石に遅すぎな感がマソマソ。

 本監督センセの往年作「恐怖分子」を、坂本"教授"龍一せんせが激賞とゆーのに釣られて昨年観た時も、そういやイマイチ感想だたのを観た後になって漸く思い出した。そん時で、本監督センセとは肌が合わねー、と気付くべきだたで賞か。

 おまけ:
 平日の、この早いスタート時間だたのに…誰かサンはかにゃり無理矢理なベルサッサして、かっ飛ばして、それでも漸くギリで間に合った、って感じだたけど、思ってたより勤め人風の客が多くてクリビツ。どんな仕事してんだ濾過、皆チャマw
 
 

例のーーー糸冬 了ーーーしてる倍苦用靴、無理矢理鼻糞ボンドで

 投稿者:返信任者アラシ@くっつけてミタ  投稿日:2017年 5月24日(水)11時27分0秒
返信・引用
   元々防水用のだけど、当然防水機能は最早期待できぬであらうw まぁ、普通に晴天時として持ってくれればヨッシング。

 にしてもKOMINEよ、たった10年程度で底の接着剤が殆ど剥がれるなんて、造りがチャチイのじゃアルマジロ?。もっとマトモな造りにしとけやゴルァ!。

 ちなみにちゃんと底が縫い合わせてあるタイプの、同じく10年どころか丸15年は立ってる筈の、南海製のソレは、元はほぼ同じ値段だたけど、底はビクともせずくっついとるぞ。
#やっぱ接着剤型のはアカンかのぅ、縫い合わせタイプぢゃないと。でもソレだと、防水謳うのは無理げな悪寒が一方でわ(南海のはそうぢゃない)。。。

 ちなみにその南海のも、シフト当たり部は補強皮が1枚削れて下の地の革が見えてるし、底は摩耗で最早寿命寸前だし、とこちらもーーー糸冬 了ーーー寸前。うーむ投資必須か。

 しかし諦めが悪いので、まずわ普通に↑のよにしてみた。塗布量をケチったセイか、乾燥後に試用すると、半分はくっついてるがもう半分は剥がれたママ。

 でわ再度、っつー事で、鼻糞ボンドG17の大チューブなんて大した値段ではないので、思い切って1チューブ使い切るほどブッ込んでみた。
#実わ剥がれてきてたのは、写真の左足側だけでなく、右足側のもほぼ崩壊寸前まで剥離が進んでたので、合わせ技で。

 すると今度こそ…繋がったように見えるぞ?(笑)。それで再乾燥させて試用すると、今度は剥がれてこない模様ヽ(^。^)ノ。これで暫く試用継続で最終チェキでR。傍目には、G17がはみ出し捲りで汚い仕上がりな事この上ナッシングだが、気にしない気にしないw

 KOMINEもよー(&っつか、世のシューズメーカの殆どのわ)、最初から接着剤ケチらず、もっと塗ってくれりゃモチがよひのに、チョビっとしか塗らんから、たかだか10年程度で剥がれてくる羽目になる。…と、それ位の寿命でユーザから文句垂れられちゃ、シューズメーカ側もたまったモンでわないかwww

>違反実績まで消滅するわけではありません> O| ̄|_、OTZ、orz…

 でもよく思い出したら、これまでの更新時、全て違反者講習だたよな飢餓する。なんせ、前回の更新時に初めて、「次回更新時迄に、免許書裏にハンコが押され中田」記録を漸く達成できた位だたしwww

 優良運転者コースとゆー贅沢は言わんの馬鹿だけど、初めて受ける(であらう)一般運転者講習がどんなものかわ、チョッチ興味あってみたり。

>館でやっつけた記。

△: 夜明け告げるルーのうた

 ちょっと前に『夜は短し歩けよ乙女』をアニメ映画化したばかりの湯浅監督センセが、自身初のオリジナルストーリーでのアニメ作とか。夜は短し~がイマイチに感じられた誰かサン的にはどーだ濾過。

 寂れた漁港の町に住む中学生の少年カイは、複雑な家庭環境から、何事にも後ろ向きな姿勢で日々を送ってた。カイの唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップする事。ある日、クラスメイトに誘われて同行した人魚島で、人魚の少女ルーに出会うが…

 一言でいうと、大人向けの「崖の上のポニョ」。がソレにしては、"本家"(の終盤)より話が分かり易いのって一体w

 音楽バンド活動を扱う等、主ターゲットが明らかに消防以下は無視してるので、大人向けとして、もっと話の筋的に捻ったor重層的ふいんきがほしのげんなんだけど、そこもアッサリし過ぎてる飢餓する。

 画柄タッチは「夜は短し~」に同じで、そこ自体はまぁいいのだけど、結局、某方と同じ名字余念な本監督せんせが、何でこんな連発でリリース出来たのかって事の方が不思議。「夜は~」の方は、ほしのげんが絡んだ影響で結構ヒト入ってたけど、そゆのが無い本作では案の上、閑古鳥だたので。不思議な事でR。

□: あの日、兄貴が灯した光

 韓流の兄弟物・ヒューマンコメディかつ感動作とか。

 事故で視力を失い選手生命を絶たれた柔道選手のドゥヨンは、詐欺師の異母兄と15年ぶりの再会を果たす。兄は最初、弟ドゥヨンを利用しようと近づくが、あまりの変わりように放っておけなくなる。2人は憎しみをぶつけ合い、ドゥヨンは兄が作る食事も受付けず栄養失調で倒れてしまう。ドゥヨンのある言葉をきっかけに2人の関係は改善されていくが…

 主演2人の演技自体は中々よひ。特に、失明した弟役の方は、かの地の人気グループの某だとか(全然知らん)が、そゆヒトらすぃ自然な感じ。

 ただ韓流の、こゆお涙頂戴系作にありがちな、ベタな話展開の方は流石に如何なものだったか~もう少しホンは練ってきてほしのげん、とゆー感じでRが。ちょっと展開的に唐突かつ、「それは無いだろう」的設定のトコが散見される。同国発のノワール系作群はあれ程よく出来てるのにねぇ。

 そこらプラマイを平均すると、こんな評点が妥当で賞か。

>木曽谷(全長90km)に2軒きゃない新聞屋

 都会に比べて幾ら人口が…とわいえ、範囲的にカバーするにわ、余りに広すぎるんじゃアルマジロ?(大分、配達要員雇わないと回り切れない悪寒)。

>ベクター4

 総合すると、流石にスタッドレスそのものよりは若干劣るけど、実用上十分くらいの威力は発揮なようで。
https://www.goodyear.co.jp/vector4monitor/
 余り乗らないヒトや、マンション住まいのヒトにわ重ねて御好評なのもよく分かりま。新車時には装着鯛屋を選べるようにして貰えんかな…だたーら、殆どの般pはコレ選ぶとおもーぞ?。
 

免許の色?

 投稿者:CT110  投稿日:2017年 5月22日(月)17時30分29秒
返信・引用
  どうも
************引用****************
◆過去2年間無事故無違反の場合(ゴールド免許含む)
過去2年間無事故無違反で経過した方(初めて免許を取得した人及び免許を再取得した人は除く)で軽微な違反(3点まで)を犯してしまった場合、その違反後 再び違反を3ヶ月連続して犯さなければ、3ヶ月前の軽微な違反分の点数は0点として扱われます。尚、累積点数として計算されない
だけであって違反実績まで消滅するわけではありません。

***************引用****************************
らしいので、一般運転者講習じゃないのかなぁ

一般運転者講習は

1.免許の継続期間が5年以上で、基準日前5年間において、軽微な違反行為(3点以下)が1回のみのかた。

だそうだ

 

金満新聞屋の道楽

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 5月22日(月)13時27分32秒
返信・引用
  >なぜに新聞配達車が?
木曽谷(全長90km)に2軒きゃない新聞屋の、
大きい方の1軒なので、
すんんんごい、お金持ち…に加え、

ここの社長と知人なのですが、
バイクも乗れば、クルマも好き、
ロードバイクもMTBもやる…と言う道楽人で、

グッドイヤーのベクター4が出た瞬間、
「おもろいやんけ」と買って見たのだそうな。

自家用のデリカD5とデミオXDには、
フツ~の冬用タイヤ付けてんだって。

>オーシャンズ未見問題。
そりゃぁ、オーシャンズ1~10も、
漏らさず見ておかないと!
(by ガキ使トーク)

 

本日満了で無事検挙後3ヶ月経過&前歴オールクリアになってる筈

 投稿者:返信任者アラシ@でRが2ヶ月後  投稿日:2017年 5月22日(月)11時45分0秒
返信・引用
  …の免許更新時は、一体どの講習区分にぶち込まれることになるのであらうか。

1)前歴無い筈なのだから当然、直近3(5)年間無違反者の、最短時間コース。
2)額面上わ前歴無い事になってるけど、裏の記録ではシッカリ検挙歴残ってるので、違反者用長時間講習コースに(の方が更新料も高額なのがムカツくが)。

 起訴福祉間で訊いてみた時には、答えられるヒトはいなかったので、これまた結果は約2ヶ月後に明らかになるであらう。
…もしそれ迄に別検挙をやらかすと、上記チェキが出来なくなるので、引き続き注意注意。

 勿論上記わ、次免許の金帯/青帯印とも関係大アリ。一生、金帯には縁が無い人生続行(藁)な個人悪寒だが、サテ。

>館でやっつけた記。

○: 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 『ダラス・バイヤーズクラブ』の監督センセが、ジェイク・ギレンホール×ナオミ・ワッツ様で新作を、とくれば当然。ちなみに原題はシンプルに「DEMOLITION」。

 ウォールストリートのエリート銀行員として富も社会的地位も得たギレンホール。全てが順風満帆に思われた彼だったがある朝、妻を交通事故で失う。しかし、涙どころか悲しみの感情も生まれない彼は自分の心に空虚を覚え、すべてをゼロにしてからの再生を図ろうとする中、ある時偶然シングルマザーのワッツと知り合い、ジョーカノと付き合いながら自分を取り戻していくが…

 出だし主人公の設定は、去年の「永い言い訳」-西川美和監督&本木雅弘主演作に同じ。不慮の事故でツレを亡くすが、全然悲しくないのは何でじゃろ?…とゆー内にある♀と知り合い、ソコの子供とも仲良くなって…という辺り。

 がそれ以外は結構違う展開。この2人の恋愛モノとも言い難いし、ある意味ポンニチ其系作とも相通ずるような、微妙な心情(変化)を描く作なので。ギレンホールもワッツも、そしてその子役も中々にヨッシング。

 邦題タイトル意味は終盤に出てくる(ベッタリ恋愛モノ的題だが、そうでわない)。原題もその意味があるし、どこに主焦点を当てて感じるトコが多いかは、観るヒトにも依るであらう。中々の趣向作で個人的には結構気に逝ったが、多くの支持を集められるかどうかはムズい面もある飢餓するので、こんな評点としてみますた。

□: エルミタージュ美術館  美を守る宮殿

 タイトル通り、ロシア・エルミタージュ美術館のバックヤードを初めて収め、秘蔵コレクションの数々を公開するドキュメンタリー。1764年創設され、約2000もの部屋に絵画、彫像、宝飾品など約300万点の所蔵品&て戦火から美術館を守り続けた歴代の館長や学芸員たちの物語が…

 名前だけは聞いたことがあった、当美術館の至極まっとうなドキュメンタリ。歴史も長いが、とにかく目茶目茶巨大。あの国でコロコロ政権が変わってきた割に、大昔からの美術品はシッカリ残し続けられてきたのはある意味驚き。

 収蔵美術品の紹介が主体だが、当美術館自体の紹介にもある程度時間は割かれ、この手の作としては至極王道な造りで評価。ただ、1.5hに満たない尺なのが勿体無い…山程収蔵品あるのだからタダでさえ時間足りない筈なのに、恐らく紹介しきれぬ作はゴチャマンと残ってるであらう。そこのプラマイを均して、この評点。

△: たたら侍

 EXILE系による時代劇&脇役陣もカネかかり放題だがサテ。

 出雲の山奥に千年錆びないと言われる刀を生み出す幻の鋼を作るたたら村があった。ある時、村が山賊たちに襲撃され、たたら技術の唯一の継承者の少年・伍介はその惨状を目の当たりにする。やがて成長した伍介は、村を守るために武術の訓練を続けていたが…

 兎に角カネはかかってるし、画像もエラく綺麗で4kなんじゃないかとおもー程。しかし時代劇としてはごくごく平凡な出来…個人的にはもっとチャンバラある方が好みだが、やたら静かなシーンも多し。そこが退屈。もしかしてEXILE系ファンのヒトビトしか相手にして中田作なのかしらん(そうは見えなかったけど)。

 今、時代劇系観に行くなら、好みにもよるけど、コレじゃなく、先日レビューした三池監督&キムタクの「無限の住人」の方がずっとよひ。何故かネト評判芳しくないけど、重城威とおもうんだけどなー。てな訳で相対的にこんな評点にならざるを得ず。

□: 桑港〈サンフランシスコ〉

 1936年のクラーク・ゲーブル主演作×スペンサー・トレ-シーで。当年、米では興業成績年間No.1だたとか。舞台はその30年前・1906年、サンフランシスコ大地震があった時。

 サンフランシスコのクラブ経営者・ゲーブルは神を信じない親分肌の♂。素晴らしい声を持つ美人歌手・トレーシーを雇い入れたが、堅気のジョ-カノは粗野なゲーブルの愛を受けつけない。ジョーカノに夢中になった上流社会の紳士はオペラ座に引き抜き、♂同士の意地が衝突。間に入って戸惑う牧師。そこへ大地震が起き、大火災に全市は廃墟と化し…

 筋としてわ凡庸。ゲーブル自体はこの3年後に「風と共に去りぬ」だからいい時期である事には間違いないのでRが、今日余り振り返られる事が無くなったのはホンに主原因があるのでわ。また、一発殴ると失神して…とゆー、当時作の御約束は分かるが、それを十回以上も多用されるとチョッチ辟易。人間、そんな簡単にパンチ食らって即、失神したりしませんがな。

 但し、ラスト20分切って大地震勃発だが、CG無き時代に中々壮大なセット組んで再現した辺りは中々ゴイス。よく撮ったよなー、と素直に感心。ここで評価は大分持ち直す。

 あと付随的に、中でオペラとか流行歌を歌うシーンもちょくちょく出てくるのだけど(その時間分、話が進まず、全体上映時間が2h丁度程とまぁまぁ長い)、ミュージカルというにはやや違和感ある出来。

 それで帰ってから、改めて「ミュージカル映画」とwikiると、それがスタイルとして完全確立したのはどうも40年以降で、まだ30年代は試行錯誤だったらすぃ。成程、それで何となく、歌唱部分と通常話部分との融合が上手く逝ってないな~感があったのはソコだったかと理解。そーゆー、ミュージカル映画が確立する前の時代の、この手の作ってどゆ造りでやってたのかしらん、と振り替えるには歴史的保存な意義もある一作だたか。

 そんなこんなを考え合せて、全体としてはこんな点数としてみますた。

>>季節外れのオールシーズンタイヤ問題
>地元の新聞屋が、配達車に導入。
>厳冬の山間地でも無問題だったそ~でふ。

 そこでも其位にグリップよひとは…想像以上に恐るべし。
 ちなみに新聞屋殿がわざわざ履いてみた理由は?…いや普通の軽だたら、あっさり各シーズン用の鯛屋に付け替えた方が、元々な鯛屋価も落ち切ってるので、ずっとお安く済むよな気がするので&交換作業も大型排気量車に比べると大分楽な筈だし。
 

心理的多忙感も貧乏ゆえなのか?

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 5月21日(日)18時16分45秒
返信・引用
  なんかバタバタし通しな割に、
好き勝手な試乗とかはしてんだけど、
仕事の締め切りに追われまくりまくりすてぃ~ん。

>パットメセニー他
そんなVIPが出てますの?
運転中のながら見じゃダメね。
ちゃんと見まふ。

>季節外れのオールシーズンタイヤ問題
地元の新聞屋が、配達車に導入。
厳冬の山間地でも無問題だったそ~でふ。
(写真参照)

思惑通りイケが、今シーズン、
自ら人体実験する見込み。

>ガラドリエル、どなどな
色々あって、人生最後のバイク2号を売却。
現状、人生最後のバイク3号は
中古のフォーサイトに。

…び~えむ買えるほど稼げるか?
それとも、もっとお手頃な、
なんかイイのが出るのが先か?
先のコトは解らんけど、
当面、車検要らずの250で頑張りま~す。

…このフォーサイト、
親父が仕舞い込んでたから、
2008年登録で5000km走ってないと言う、
極上中古なんですけどね。

ちなみに、
VFR1200Fの買取取り価格50諭吉。
不人気車の値落ち感ってハンパね~っす。

逆に言えば
VFR1200Fの中古は超お買い得!
あの性能が250cc並みのお値段!

アウディA7とか、メルセデスSL級を
ガチで追い回せる、
超絶怒濤のハイウェイ・スターが!

…世間って解ってね~よなぁと
しみじみ。

なら売らなきゃいいのにね。
でも、こっちにはこっちの事情もあってね。
いいバイクでした。
ありがとうございました。
 

昨日は降水確率たった10%だたのに、局地的雨で骨でずぶ濡れ。

 投稿者:返信任者アラシ@当然合羽なぞ、  投稿日:2017年 5月19日(金)10時48分7秒
返信・引用
   持ってる訳ではナッシング\(TдT)/ おかげで1h近く目茶目茶寒かった。近年こゆ事わ、予報精度も上がってきてるのでまず無い。年に1回あるかないか。たまたま昨日は運が悪かった、と思いたい。

 尤もその御蔭で、ビグスク用R鯛屋@「ウェットグリップも逝けまっせ」をF側装着した効果も判った。特に問題ナッシング。とゆーことは、何でそゆ事を普通わやっちゃいかんのか、な理由が増々ワケワカメに(笑)

 と某所にも書いた後で1つ思い出した…カーカスの一周重ね合せ部が、F鯛屋とR鯛屋とでわ逆になってると。即ち、ソコの所が力かかった時に極力、剥離方向に働かないように、F側はブレキかけた時の荷重が前提・R側は加速時の荷重が前提で、となってるとか。

 でもそれにしたってな~R側だってブレキかけるし、その程度の力のかかり具合でそもそも剥離してくるよなヤワい重ね合わせ方になってるとわ思えんのだけどね。ま、それを含めての人体実験だす。

 とゆーことで某氏は明日、千里浜行は全面的に晴れそで何より。

>久々、ま~だ続くのん?編: 小説版はまた違った味わいなのでせうか?。

 激安なのは本日限りなので取り合えず買え(命令形)。
https://www.amazon.co.jp/gp/browse.html/ref=pe_hero/?ie=UTF8&node=3338926051

>館でやっつけた記。

□: はじまりへの旅

 原題は「キャプテン・ファンタスティック」とエルトンジョンの著名アルバムに何故か同じな、 ヴィゴ・モーテンセン主演の、ファミリー型ロードムービー。

 ガスも電気も水道もない、現代社会から隔絶されたアメリカ北西部の森の奥で暮らす、モーテンセンと子供ら6人。モ-テンセンの英才教育により、子供らは天才的な頭脳とアスリート級の体力を育んでいた。そんなある日、入院していた母が自殺したと訃報が届く。一家は母の葬儀のため、ニューメキシコへと旅に出るが…

 子供らを世間と全く隔絶された環境で教育し~とゆー出だしから、世間と交わらざるを得なくなってくる後半での変容具合が本作メインテーマだが、正直余り予想の範疇を超える所がない。モーテンセン自体は相変わらずのよひ出来だが、ホンをもっと練り込んでこないと重城区ないんじゃないかなぁ。親子愛兄弟愛、辺りのテーマはよく分かるのだけど。

 あと、普段現金収入をどうやってたのかが描き込み不足。そーゆートコで普段生活してて、途中でカネナッシングなセイであーゆー事件までやらかすのに、出発時にそゆデカいバスを調達出来てるってどゆ事?。

 とゆーよーな何となくなモヤモヤ感が残るふいんきがあったが、エンディングで流れる「アイ・シャル・ビー・リリースト」のカバーが中々ヨカタので、ややオマケ気味にこの評点で。

□: SMOKE(スモーク)

 ポール・オースター@確か以前春樹センセも氏のを訳した事あった筈、の純文学作を、95年作が何故か今、デジタルリマスタ化され各地巡業中。某筋情報でわ伊集院光&玉袋筋太郎せんせも褒めてたとか。

 オーギー・レン(ハーヴェイ・カイテル)はブルックリンの街角で煙草屋を営み、毎日欠かさず店の前の街を写真に撮る事を趣味にしてた。ポールは妻を銀行強盗の巻き添えで亡くしてしまって以来書けないでいたのだった。ポールが考え事に耽っていた時に危うく車にはねられるところをラシードという黒人の青年に助けられ、ポールはラシードを二晩泊める。ラシードはポールの元を去り、片腕が義手のGS店主の所に行き、そこで働かせて欲しいと頼む。一方ポールの所にはラシードの叔母が行方を訪ねて現れ、事情を話す。その片腕が義手の男は実はラシードの実の父親らしいというが…

 と、如何にもこの原作者せんせらしい現代文学的設定&展開は独特で、好みが分かれる所。帰って愚愚るとソコを評価する向きも多いみたいけど、偶然性に頼り過ぎてるとゆーか素っ頓狂とゆーか、的な原作展開がイマイチ肌に合わず。

 一見バラバラに見える途中エピソードも、終盤のソコで成程、的な結合具合を見せるが(そこも如何にも本原作者センセらすぃ)、こゆのも春樹せんせが好きそな展開だにょ…と思いつつ、何故か醒めた感じでしか観れず。

 しかし、こゆのが評価されるとゆーふいんきはよく分かる。(多数に、かどうかはイロ工口論があるトコだろけど)。タイトル通り煙草の使い方は中々よいし、意図的に舞台を(多分)70年代設定としたのはよひ(とても90年代半ばに撮られたよには見えない)。

 そんなこんなを足し算引き算して、全体均すとこんなトコで賞か。

>クリス・コーネルせんせって、どれ程ポンニチじゃ著名なのかしらん。

 これ位の乳酢位置で報じられる程とは、失礼ながら…とおもーのだけど(個人的には有難い事ではRが)。
https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20170518-0157.html

 ブラック・ホール・サンも悪かないけど、曲で選ぶならそれが入ってるアルバム「スーパーアンノウン」のタイトルトラックだしょ。

 当時は、ツエッペリン型の新しいハードロックと称賛されたものでR&個人的にもよく聴きますた。合掌。
 

割合近所のGSナッシング地帯に、新しくセルフGS出来たヽ(^。^)ノ

 投稿者:返信任者アラシ@近所とゆーても  投稿日:2017年 5月18日(木)09時19分40秒
返信・引用
   実際は10kmも離れてるけど、コッチ方面からのアプローチでわ、それでも宅から最も近いGSなの余念。かてて加えて、自分知る限りのココら界隈では、最安値1、2位を争える価格のチェーン店。ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

 10L以上給油するばやいは、ルーレット回って実価格上はもっと安くなる別のセルフGSの方が安いのだけど、歌舞だと回らない。。。ならば新設のココの方がお安い。と、今後車両によって使い分ける所存。

#ただちょっとの懸念点としては、ここから百mも離れてないトコにあったGSが約十年前に潰れてるので、その意味で今後経営ダイジョビ?との不安はR。

 といい事づくめのようでRが、1点だけ難が。
 現金会員のばやい、お札しか食べてくれないの余念(その意味で、↑のもう1つの方は、小銭食べてくれる仕様)。歌舞だと2日に1回は要給油&野口英世1枚でも大量におつりが出る額しか入らない。とゆー事を続けてると、他にキャッシュ使う事も無いので小銭入れの中があっと言う間にパンパンに。。。

 他方のセルフGSだと真逆で、小銭入れ内をスッキリさせる為に重宝してたのにねん。中々上手く行かないものでR。

>館でやっつけた記。

□: 世界で一番美しい村

 2015年に多数犠牲者を出したネパール大地震で、写真家・石川梵は震災直後、震源地のラプラック村に到着した。カトマンズからジープで何日か、そして徒歩で登山を2日間、で漸く到着できるド田舎。そこで14歳の少年と出会い、2つの約束をした。村にまた戻る事&村の惨状を世界に伝える事。記録された映像からは、ヒマラヤを背景に、慎ましく暮らす人々の明るい表情が映し出される…とゆードキュメンタリ作。

 観に行く前は極力、簡単荒筋のトコしか見ないよにしてんだけど、思わずレビュー欄の、激賞文のアラシが目に入っちゃったからかなー、「うーむソコまで言う程かにょ?」とゆー気が(いやもしかして、サクラ群による宣伝釣りコメ系だたのかにょ?)。

 中身自体は決して悪くない。かの地の般p気質はまるで、「三丁目の夕日」な時代…いやもっと前、明治とか江戸時代のポンニチ気質のいいトコだけを抽出したかのよな、何にも無いけど純朴で好感のもてるふいんき。大地震でヒト&モノ両面で相当被害があったにも関わらず、めげずに淡々と日々がむばっている。

 ただ、こゆドキュメンタリ作は他にもあったよな気がするし(その意味で、ちょっと盛った感じのあるタイトルネーミングはどうか?)、正直2hの映画とするには、中心骨格となるよな話の筋的なモノがほしのげん。単に現地のイロ工口出来事をバラバラに撮って繋いだだけでは。
#とゆーてもドキュメンタリ作系にソレあんまり求めるのも、とゆー気も一方ではしてみたり。

 激賞コメ群に「2回観に逝きますた」系が何故かやたら多かったのだけど、流石に1回観れば十分で賞。

>みうらじゅんセンセの、この心意気やヨッシングw

 誰かサンでも、贔屓の女優でも出てない限り、明らかなJK恋愛モノ系は避けてるがw
http://www.sankei.com/entertainments/news/170517/ent1705170002-n1.html
 ちなみにセンセとは真逆で、パンフはまず買わない主義。理由は簡単、殆どの物は投資対効果に見合わない(内容)と思ってるから。加えて、そんなカネもナッシング&置いておく場所も無い。

 ちなみに直近で買った覚えのあるのは、ヒッチコック&トリュフォー「映画術」を映画化したのだけど、案の定↑な結果が待ってますた○| ̄|_、OTZ、orz。。。ちなみにその前に買ったのは更に遡る事約十年前、酢豚図ライブを少摂氏せんせが撮った「シャイン・ア・ライト」のだたからなぁ。

 パンフ/プログラム系で「これは!」と思ったのは、只今全国巡業中の、山達センセのツアーの。今回のは歴代作の音作りの裏側を詳細に~という趣向で、内容的には過去のパンフ/プログラム系でわ最上級にあるもの、と断言。

 但しこれとて、3k円もする価値があるかというと疑問(まぁ半分はお布施のつもりでおるからねぇ)。別にオールカラーにする必要は全くナッシング、どうせ字だらけなのだから(藁)モノクロで十分。新書版1k円程にしてくれてたら、それこそ◎を幾つも献上してもよひで賞。
 

続、骨F側にビグスク用R鯛屋付けてみますた記。何でそんな安い

 投稿者:返信任者アラシ@のかとゆーと、  投稿日:2017年 5月17日(水)08時55分19秒
返信・引用
   そゆ車両用なので、許容速度コードが、通常ロードF側用のソレよりずっと低いとゆー。後者は大体、200km/h以上出してもおkな速度コードが与えられてるけど、今回のは150km/h迄しか出しちゃ駄目、とゆー許容値w。まぁビグスク用ならそんなに出ないだろし、それで十分であらう。

 しかし骨は当然、出そうと思えばもっと出る…が、高速も基本、もう走らないと決めて以降、そんなに公道で出す事自体が既にナッシング。百km/h強出れば実用上十二分だす。

 で、興味はグリップどうこうよりもライフなのねん(尤もミシュランの頁行くと本鯛屋、「ウェット時のグリップ考慮」とあるから、ある程度そんな場合にも期待してるのだけど)。15000km程持ってくれれば万々歳だけど、どうか。約2年後に人体実験の結果は判るであらう。

>「スズキの、新車リリース初年度型は手を出すな」

 次年度型以降も、モガモガ鴨値w。誰かサンが乗ってきたジェンマ見て貰っただけで、ソリは言えるとおもーヽ(^。^)ノ…ってアレは初年度型だたのだろうか?…とゆーてる誰かサンも、やっぱ次期候補筆頭はGSR250だたーりするwww

>「えええっ!、見てないの?」

 過日も、誰かサンも結構頼りにしてる、某著名音楽ヒョーロンカのセンセが「実話わ漏れ、ピンクフロイドの『狂気』って聴いた事ないんだ余念」と御本人がDJ最中に喋ってて椅子から転げ落ちそになる。「あーたの普段守備範囲からして、聴いててもオカシくねーべ? っつか、聴いとかないと立場上ズイマっしょ」とラヂオのコチャラで1人ツッコミ入れてたのわ、言う間でもナッシング。

…とゆーてる誰かサン自体、過日ゆーたように全くの空白期間があるので、未だにオーシャンズ11/12/13を全く観れてましぇん、とゲロっときま。

>とゆー関連で一昨日、某・大センセは流石、な紹介どころですた。ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

http://www.asahi.com/articles/DA3S12937674.html
 未見だとゆーヒトには「えええっ!、見てないの?」と力一杯ゆーて差し上げませう。

>館でやっつけた記。

○: ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(吹替版)

 例によって時間都合だけで字幕版ぢゃなくコッチ選択、な尻~図第2作。とゆーても前作、お笑い方向以外部分は余り覚えてないが…

 “ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー“の面々は、小遣い稼ぎに出かけた惑星でトラブルを起こし、黄金の惑星の無敵艦隊から総攻撃をくらう。ピーターたちの船は壊滅寸前に陥るが、間一髪のところで“ピーターの父“を名乗る謎の男エゴに助けられ…

 とゆー荒筋はどーでもヨッシング(笑)。元々設定が目茶目茶なだけに、それを十二分にゲラゲラ楽しむべし。結構な有名俳優陣を声だけで起用とか、カネと手間暇は目茶目茶かかってるが、結局の仕上がりがコレかよ(藁)的、メリケン流の笑いがよひ方に転ぶとこうなるという快作。あと、往年曲群の起用もベタなのは少なく、中々な変化球のも多く、そこもヨカタ。
#押しちゃズイマなボタンなら、最初から付けとくなってヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

 ただ個人的には、こーゆー方向作なんだから、シリアス部はもっと少なくてもいいかな~その分、もっとお笑い方向に振ってほしのげん。その分やや減点せざるを得ないで賞。

>激しくほしのげん、な一品。

 こゆパタンは大概、輸入盤の方がずっと安いのでいつもソッチ側だが、珍しくポンニチ盤をふつーに買った方がお安いでっせ、とゆー御案内。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y2GNLGM/ref=wl_it_dp_o_pd_nS_ttl?_encoding=UTF8&colid=EMLI26SFPL01&coliid=IJ59KITQSQJC8
 こないだから、ポチろうか・それとも止めトコか・セコハン出てくるの待った方が、か・イヤイヤそんな安値で誰も出す訳ナッシングだ路寝…等々とぐるぐるループで回っている、今日子の語路。

>戻って、~リミックスのエンディングで、ジャケ写紹介付&結構長時間ノーカットで流れた記念。

 キャット・スティーブンスの71年・著名作は↓。来歴については以前書いた通りで、キリスト→仏教→イスラム、とまぁ忙しく改宗されたセンセね(これはキリストだた時代)。
 

「そういやチェーンルーブ久々に」と思い立ち昨日夕方は骨&歌舞

 投稿者:返信任者アラシ@を数ヶ月ぶりに  投稿日:2017年 5月15日(月)14時56分6秒
返信・引用
   メンテしてみますた。

 チェーンクリーナ吹き付けた後、最終的にホワイトルーブをば。歌舞もこゆ粘性の高いのじゃないと、あっとゆー間に油飛んでまた吹き付けなきゃならなくなるので、最近専らコレ。

 クリーナは1回かければ、後は水かけりゃ落ちるって事は知ってるのだけど、1回かけただけでブラシかけて完全に古い油取れるかっつったらそんな訳も無く、数回、かけてゴシゴシかけてゴシゴシ…をループしないとダメだから、結局水かける暇がナッシング&どーも感覚的に水かけたくない、ってトコもR。

 歌舞も含めて、結局、クリーナ缶はほぼ1本亡くなる位に。そんなに安いものでも無いのでちょっと勿体無かったか。歌舞はシールチェーンじゃないから、こんな高ぇもの使わなくとも、安いパ-ツクリーナぶっかけて油落とせばいいのでわ?とおもーが、チェーンに悪影響あるよな気がして、いつもイマイチ踏み切れず。

 そうそう骨は、F側に、ビグスク用のR鯛屋:130/70-16とゆー外形全く同サイズのを付けてみますた。だってふつーのロード用F鯛屋の、半額しかしないんだもの(笑・でもれっきとしたミシュラン製)。

 赤男でもやったことないとゆー話で、その内インプレ聞かせてちょと興味津々で送り出されたけど、ぶっちゃけお乳鯛屋慣らしで数十km乗った程度では、今までの鯛屋と何が違うのかサッパシ判らず(爆)。

 と併せて、「作業結果については、万一問題起きた時、一切責を求めるものでわナッシング」念書にサインまでさせられた(藁)。そんな事までしたのは、長年赤男出入りしてても初。まぁ減るモンじゃなし、ナンボでもサインするのでRが。

>館でやっつけた記。

△: スプリット

 M・ナイト・シャマラン@「シックスセンス」監督センセ作は、当たり外れの波がデカいように思うが、今回はどうか。1人で23もの人格を持つ♂に誘拐された3人のJKの行方は、とゆースリラーとか。

 ♂に拉致され、密室に閉じ込められたJK3人は、神経質な雰囲気の♂を目にする。♂が去り、脱出方法を思案している最中、外から男女の声を耳にし、助けを求めるが、そこに現れたのは、♀物の服に身を包み、♀のような口調で話す先ほどの♂だった…

 緩みなく始まる出だしはいいのだけど、この手の多重人格サイコさんに、的ホラーにしては展開が凡。3人全員が全員仲いい訳でなく、早々に2:1に仲間割れとゆーのはヨッシングとしても、サイコさん側にもおうちょっと工夫がほしのげん。

 その後の展開も、ラストもそう予想範疇を超えるものではなく。そして事前宣伝だた「衝撃のラスト!」に身構えていると、ラスト30秒ほどになり漸くブルース・ウィリス初登場&でもその意味に、こちとら口ポカーン。

 帰ってどゆ意味だたのか愚愚ってみると、シャマランせんせ過去作観て、その知識が前提になってたオチだたようで。それ多分見てないがな~しかもそんな昔作の内容を覚えとけ、なんて般p大半は「何ソレ?」状態だたのでわアルマジロ?。

>某氏向け補足。

 基本的にジョニミッチェルの80年ライブなんだけど、サポートミュージシャン系のクレジットが何故か全くと言っていい程、なので補足。

 ジャコパストリアスは見りゃ即分かるが、パットメセニー&ライルメイズのメセニー・グループコンビが丸毎起用されてるのは、流石のジョニミッチェルの慧眼。この時点では2人ともまだまだ無名だったので(にしては、結構暴れ捲り的に弾いている)。この2人に関しては恐らく、映像の形で残ってる、最も古いシロモノかと。

 その他、マイケル・ブレッカーのsax.にドン・アライアスのper.に、と、今日では考えられぬ豪華スーパー・バンド状態。…と、先日「JACO」を見つつ今回はこれで逝こうかにょ、と決定してみますた。詳細は愚愚ってちょ。
 

てな訳で集う面々は、雨も降ってるだろし、道中十分気ぃつけて。

 投稿者:返信任者アラシ@とゆー香具師が  投稿日:2017年 5月12日(金)10時30分6秒
返信・引用
   慣れてない倍苦で逝く訳だから、他人様の事ゆーてるばやいでも無い肝刷るが。
#雨中走行練習は、この3日間で十分やったけどw

 ちなみにスタート時に道路ペイントの上でアクセルいきなり廻し過ぎてR鯛屋滑って転ぶ寸前ですた(汗)。歌舞で雨天時にそんな事しても、パワーないからまずダイジョビなので、ついいつもの感覚が。

>最終ひ~んと!+α

 メインスタンドあるのに、サイドブレキ付けなきゃ逝けない意味が全く理解不能。。。

>館でやっつけた記。

○: ナイスガイズ!

 ラッセル苦労&ライアンゴズリングの組合せで楽しみにしてた、アチャラ版"相棒"?&某氏レビュー済作が、漸く当地にも回ってキター!

 シングルファーザーで酒びたりの私立探偵クロウは、腕っ節の強い示談屋ゴズリングに強引に相棒にされ、失踪した少女の捜索を開始する。さらに13歳の娘も加わり捜査を進めていくが、簡単な筈だった事件は、やがて1本の連続不審死事件へと繋がり…

 成程某氏評通り、相棒とゆーよりは、往年のアチャラTVドラマ、スタ&ハチやジョン&パンに通ずるノリでつねこれは。背景舞台が70年代設定なトコも、多分それを意識しての事でもあるのでせう。その意味でふつーに重城買った&如何にも尻~図化されそな予感(笑)。

 苦労せんせはエラくデブった感があるけど、本作の為にわざわざ増量してきたのかしらん?(だたら気合入ってて中々立派)。ゴズリングは今迄観てきた芸風役とは違い(寡黙でダークな感じのが多かった)、意図的に違うふいんき役やって、芸幅を広げよとしてるふいんきが、ララ乱怒に続いて感じられま。乱怒はそれがあんましマッチングして中田よに思えたけど、本作は中々上手く逝ってるよに見えますた。

 全体としては十分この評点でおkかと。単館の、この上映開始時間にしては結構な入りで、流石この2人主演作は人気余念、とゆートコも加え、当県ではよくシネコンに持ってかれませんでしたで賞(⇔隣県ではそうなった)。

>再び黒い話&個人的にナイスガイズと言えば↓。当然持っとりま。
https://www.amazon.co.jp/Nice-Guys-Art-Ensemble-Chicago/dp/B0000261FC/ref=pd_sbs_15_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=ZNBSWX9S0M5B62E4P29Z

 AEOCの80年前後の充実期は本作より始まる事で著名な1作。当時、ステージ上には「ピアノ以外の、大よそ般pが思いつくよな、ありとあらゆる楽器がぶちまけられてる」のを5人のめむばーが入れ替わり立ち代わり持ち替えて演奏、とゆーライブは見てみたかったにょ。
 

皆様の行いが非常にヨッシングなので、5/13の全国的天気は、

 投稿者:返信任者アラシ@悪くなる一方w  投稿日:2017年 5月11日(木)19時38分4秒
返信・引用
   だーはらと言って、延期になる訳はありましぇん。勿論、強行の語路。こんなんで今年、何人集まるかの最少記録は、多分大幅に更新されるであらうwww

>いや実際にこんなヴァカはいるでしょw
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000008-jct-soci

 そして実は同じ位にいそうな気がしてるのが、2stEg車にオイル混合しないで焼きつかせる香具師。いやもう原チャではそんな奴いねーだろけど、草刈機Egでそゆことやらかしてるヒト、意外にいるよな飢餓する。

>館でやっつけた記。

□; しゃぼん玉

  林遣都&市原悦子とゆー、老若コンビで。乃南アサの同名小説が原作とか。

 親に見捨てられ自暴自棄になり、女性や老人を狙ったひったくり/強盗を繰り返す林は(刃物沙汰までやった)、逃亡中に、宮崎の山村に辿り着く。そこで市原という老婆に出会った林は、市原の家に寝泊まりするようになる。市原と素朴な村人の温かさに触れた林は、自らの人生を見つめ直していくが…

 とゆー荒筋通り、林の更生物語、といった塩梅。舞台が余りにも宮崎の山中過ぎて、途中展開がややゆっくりすぎてダルい箇所がある。林&市原は各々の持ち味生かした演技出来で、こんなものだとおもーが、これで2hもある上映時間はチト長過ぎ。切り詰めて1.5h程に抑えるべし。

 宮崎の地方興し作的な所もチョッとは感じるが、先日レビューの「デンサン」程ではなく、軽い感じで収まってるのでそこは評価。もっとホンに工夫が欲しい(乃南せんせ原作ですら、こんなヌルいのか?)ので、アレコレを考慮すると全体としては中庸点数が妥当で賞か。

>第7ひーんと!

 表の通り。従って、もし末遺産が来ようものなら、さぞかし「よくコレを選んだ!」と評価して頂ける事でせうw
 

NHK-FMの23時台枠は毎月最終週のみは、レギュラーDJ陣と交替で、

 投稿者:返信任者アラシ@確か数年前から  投稿日:2017年 5月10日(水)18時29分11秒
返信・引用
   月イチペースで特別DJ陣が入るよになったんだけど、金曜渋谷センセ枠だけは頑なに…だたのが、いよいよ今年度から。だーはら、たまたまその月の最終金曜にラヂオつけて、「あれ、久保田利伸じゃん。とうとう渋谷せんせもクビになったかw」的早合点せぬように。

 この結果、月最終週はこの時間帯、エラく"黒い"事に。
月曜が、鈴木雅之。(←いつも週は、松尾潔せんせ。)
木曜が、ゴスペラーズ。(←いつも週は、オダイジュンコ。)
金曜が、久保田利伸。(←いつも週は、渋谷陽一センセ。)

 …と、レギュラー週でさえ2/5はR&B主体なのに、最終週は3/5もが、更にかける曲か真っ黒黒スケに。そこまでNHKがソウル・R&B方向に力入れるよになってきた理由を述べよw

 尤も誰かサンはこの分野弱いので、おベンキョーにわなるのだけどね。

>館でやっつけた記。

△: マイ・シークレット・ガーデン

 『ダウントン・アビー』でブレイクしたヒトが主演とか(全然見た事ナッシング)。

 いつも同じ生活を繰り返すことに拘る変わり者のベラは、アパートの庭を放置していたせいで大家から退去させられそうになる。美しい庭づくりに拘る隣人JJY、アルフィーの弱みを掴んだベラは、アルフィーに手伝わせて荒れ放題の庭を再生させようと考えるが…

 うーん話の展開がイマイチ地味。よっぽど英国風(?)庭造りに関心でもあるヒトなら別なの鴨試練けど、これではね。。。

 尤もそんなに言う程、庭造りの具体的ノウハウがイロ工口出てくる訳ではなく、偏屈同士の2主人公間を取り巻く周りも結構偏屈者ばっかじゃーんw、的所を描くのがどっちかと言えば主か。

 そして終盤にあるオチが待ってるが、帰って愚愚るとソコ褒めてるヒトも其也に…だけど、大した理由も無しに○○の態度がそこで急変、的に感じられるのも如何なものか、と誰かサン的には思いました土佐。

 救いは丁度1.5hでシュッと終ってくれたトコか。もっとホンの中身を練ってくるべきで賞。

>これも半分以上は黒い話。

 ちょっとベタかなぁ~まぁ、定番中心にならざるを得ないのは分かるけど。。。
http://park.gsj.mobi/news/show/34253
 残る4曲はもっと80年代以降ので埋めてちょ。あのヒトもこのヒトも入っとらんやんけ。

>第6ひーんと!

 は、今日は書き過ぎたので表のアレがソレって事で。
#FAZEを誰かサンが褒めてた事はない筈。某氏はあった鴨、だけど。
 

5/4に発注した歌舞レッグシールド左側は5/6に既に倍苦屋に

 投稿者:返信任者アラシ@届いてクリビツ  投稿日:2017年 5月 9日(火)16時11分6秒
返信・引用
   GW中なんでてっきり、そーゆー物流って、休み明けまで完全stopかと思ってまつだ。チーフメカ氏も「例年、GW前~中に注文貰った物って、GW明けにはすぐ届かず、通常より数日納期が長くなる事が多いの余念」、と脅かされてたので尚更。

 しかしホソダも休み真っ只中な筈なのに、そゆ部門だけはちゃんと稼働してて、いつもと変わらぬスピードで着とは流石。御陰でGW最終日に、4輪で引き取りに逝ってこれますた(流石にモノがデカすぎて、歌舞のケツに縛り付けて帰ってくるのは無理)。

 尤も、そんなヘタレな事ゆーてると、ASEAN諸国の歌舞乗りに「そんな大きさ程度、楽にパッキング出来るやんw」と嗤われるか(^。^;) が、某・現地見てきたヒトのレポによると、過積載が過ぎて、よく路上で荷物ぶちまけてる面々もそれ也数いるとか(ヤッパシナーwww)。

 ちなみに現行角目歌舞になって、レッグシールド左右分割した意味は、転倒~交換必要時に少しでもパーツ代安くなるように、だた筈。実際価は(税抜で)\5,130-ですた。

 が、キャブ時代歌舞のワンピースレッグシールドって、互換品でおkなら、今じゃ送料合わせても2k円程でゲト出来るの余念(藁)。純正部品でも確か6~7k円程だた筈。これでわ分割した意味が余り…w。

 で予想外に早く入手出来たので、早速昨晩はレッグシールド交換工事。ソレ自体は、一度アクセルワイヤ遊び調整の為に外した事があったので、割合すんなりいく。

 が、問題は誰かサンのばやい、アフターのインナーラックを付けてた件。こんな程度なモノが何故か滅茶滅茶付き難い。と思ってたら、世間にも全く同じ事で泣いてるヒトいますた。
https://motorbikelife.net/innerrack/
 大体、新品時ですら中々ネジが止まらなかったのに、以前の自爆転倒のセイでイロ工口なトコに微妙に歪みが生じてるものだから尚更。

 30分程悪戦苦闘した挙句、どーしてもネジが排卵!&手も痛てー&限界!、っと諦めかけた時に、↑には書いてないある方法を思いつく…それであっけなく解決。何でその作業方法を最初から思いつかんかったかのー(恥)。

>館でやっつけた記はナッシング。な代わりに、"道場破り"にやっつけられた記\(TдT)/

 昨晩は恒例練習会日だたけど、見慣れぬ(かお)な御方が。他のヒトとやってる局面暫く眺めてみて、これならやっつけられるwと甘く見たのがズイマだた。。。

 自分の一番嫌いな、対局中にぶつぶつ小言呟きながら指すタイプの香具師。そんなマナー悪い輩程度に負けてたまるかいな、と余計に肩の力が入ったのも更に"悪手"ですた。

 結果は散々な有様。一方的にタコ殴られ状態で、最後は形すら作れず。よーし次回こそは逆にサンドバッグにしてやるぜよ、と密かに策を練り始めたのは内緒(ってこんなトコ見てる筈も無いが)。ウカーリ&立場上、"往復ビンタ"食らう訳にはいかんのでR。

>第5ひ~んと!

 そーゆーR鯛屋状態であるので、誰かさんペースで皮剥きがてらまたーりと80km程走行した後に満タン方で計った燃費から、当倍苦の航続可能距離を計算してみた所、丁度300kmまで可能、と出ますた。
…メイトがどんなに燃費良くても、こんだけの距離を一気走りは流石に無理かとw

#にしては、燃料計の針が思ってる以上に進むの余念。後半、急に針の進み具合が鈍化するのかしらん。
 

海女村詐欺事件の最終顛末。別にこちゃらからは何のアクションも

 投稿者:返信任者アラシ@アレ以降は全く  投稿日:2017年 5月 8日(月)16時29分56秒
返信・引用
  …取ってないのに、海女村側から突然こんなメールキター!

>Date: Tue, 2 May 2017 17:43:45 +0000
>From: "Amazon.co.jp" <payments-messages@amazon.co.jp>
>To: sdr_****@yahoo.co.jp
>
>    ご注文の返金について(250-7867199-*******)
>
>Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
>
>ご注文(注文番号:250-7867199-*******)に対して、****_****からお客様へ¥630の返金処理が完了しましたので、ご連絡いたします。
>
>この返金は以下の商品に対する返金です。
>
>    商品: アライ (ARAI) ヘルメットパーツ IP ディフレクター (旧品番:2391) 082391
>    個数: 1
>    ASIN: B002TUF1QM
>    理由: アカウントの調整
>
>    返金の詳細は以下の通りです。
>        商品の小計: ¥630
>
>ご注意:
>
>以下に返金いたします。
>MasterCardクレジットカード[有効期限 4/2021]: ¥630
>
>クレジットカード会社の対応により、返金されるまでに時間がかかる場合があります。
>
>ご不明な点は、以下のURLでご確認ください。
>http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=******
>
>Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。
>
>Amazon.co.jpカスタマーサービス
>http://www.amazon.jp

 まぁ、実損ナッシングで済んでヨカタけどね。流石にここまで社会問題化すりゃ、海女村も黙って見過ごす訳にはいかなかったか。

>館でやっつけた記。

△: ラストコップ THE MOVIE

 30年ぶりに昏睡状態から目覚めた昭和の熱血刑事・唐沢寿明と、イマドキの草食系新米刑事・窪田正孝がコンビを組み、難事件を破天荒に解決してくという日テレ&Huluの共同制作ドラマの映画化。って、全く元を見てないがサテ。

 熱血系昭和刑事の唐沢は、人間離れした不死身のパワーで数々のピンチを乗り越えてきたが、その力も限界に。死を覚悟した唐沢は、バディを組む草食系平成刑事の窪田に、自身の生き様を見せるかのように、人工知能による人類滅亡の危機に立ち向かうが…

 うーん全般にイロ工口な要素を盛り込み過ぎ。コメディならそれ主体で押さないと、突っ込んだ他要素がボケる。その意味からいくと唐沢はこの起用で正解だろうが、窪田がどーにも元々キャラ的にミスマッチな気がする。他にこゆコメディ方向演れるヒトなんて一杯いたとおもーが?。

 佐々木希様の起用(も決して十分な形ではないが)に免じて最低評点だけは回避させたるけど、キャスティング時点からもっと考えられるべきでわないでせうか?。

◎: 帝一の國

 古屋兎丸の同名漫画原作を、菅田将暉主演でとゆー、コミカル系作とか。

 名門・海帝高校に首席で入学した新1年生の菅田一。彼は総理大臣になるという夢に近付くため、将来が確約されている生徒会長の座を狙い、誰よりも早く動き始める。ライバルは800人の超エリート高校生たち。帝一の前には想像を超える試練が待ち受けてたが…

 同じ原作者&映画化の「ライチ☆光クラブ」がつまんなかったので、全く期待して中田が、大当たり。ヽ(^。^)ノ 特に前半のコメディ的造り方は新鮮で重城威。菅田の起用がズバリ嵌まってる(このヒトも何でもこなせる、上手いやっちゃのー)。

 敵役となる野村周平、及び周辺キャラ設定もまいうー、かつ十分生きてる。特に吉田鋼太郎@菅田のオヤヂ役がよひね。

 後半は一転してややシリアス路線になるものの、そこも結構よひ。オチも中々気に逝った。とゆー訳で総合点としては若干甘いかな?と思いつつ、ニジュウマルうっときま賞。

△: カフェ・ソサエティ

 ジェシー・アイゼンバーグ@ソーシャル・ネットワーク主演の、ウディ・アレン監督せんせ@多作度では東森君に負けんぞゴルァ!、な新作。1930年代のハリウッド社交界"カフェ・ソサエティ"に集う映画スターやセレブたちの虚実と熱狂を描いた、ロマンティック・コメディとか。

 ハリウッドを訪れた平凡なNYの青年アイゼンバーグは、映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父の下で働き始め、その秘書に心奪われる。親密になったアイイゼンバーグはジョーカノとの結婚を思い描く。しかし実は、密かに交際中の♂がいて…

 あーこれ、ウディせんせのあかんパターンな香具師(藁)。せんせ作によく見られる、ガイド・ナレーション付の作だけど、ソレがついた作でヨカタ覚えがナッシング。最近作では余り出してこないな~と思ってたけど、久々復活、という印象。

 せんせ本人の声でナレーション始まると、画面中でどんな話の状態になってても一気に興醒めしちゃうのよ。ドキュメンタリー作じゃないんだんから、あーゆーのわいい加減ヤメれ…とせんせに進言しても今更二郎かw

 そして肝心の話の骨格もオチも、これでわ。。。多作濫造な弊害でせうか。

 流石に制作ペースをもうちょい落として、1作にかける時間を十分取るべきじゃアルマジロ?。まだ「ブルー・ジャスミン」みたい好作を撮れるんだからさぁ、と期待を残せる評点にしときま賞。

△: 僕と世界の方程式

 原題はシンプルに「X+Y」。実話ベースのドラマ化を、更に映画化とか。

 自閉症スペクトラムと診断されたネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な少年。数学に関しては並外れた才能を持つ彼は、母親が依頼した数学教師の下で個人指導を受けることになる。そして国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれ…

 ちょっと話の筋的にありきたり。こゆ、特殊才能を持つ感情障碍者を扱った作って他にもイロ工口ある飢餓するけど、そうした作群との差別化が余り…というふいんき。

 中で、他国の代表チーム♀との恋愛系の話も絡めたりしてくるんだけど、そこはまぁいいとしても、このオチは中途半端過ぎてちょっと無いんじゃないかなぁ。その割に上映時間はシッカリ2hあるし。

 元が実話だからあんまし盛る訳にもいかんのだろけど、にしても、構成とか撮り方とか、もちょっと考えてほしのげん、とゆー感じで賞。

○: 追憶

 監督・降旗康男&撮影・木村大作と、健さんはもういない筈だが、な組合せで岡田准一主演、他小栗旬・柄本佑・安藤サクラ・吉岡秀隆・長澤まさみ・木村文乃…とくればmust。

 富山県警捜査1課の岡田が四半世紀ぶりに再会を果たしたのは、刺殺体となって発見された旧友・柄本だった。捜査が進むにつれ、共に幼少時代を過ごした小栗が容疑者として浮かび上がる。3人は過去のある事件をきっかけに離れ離れになっていた…

 正直余り期待して中田が、予想以上によひ。特に、岡田&小栗&柄本の3主人公が、幼少期から成人期に至るまでミステリ的に絡むトコが結構引き込ませる。

 難を言えば、よく3人に似た顔立ちの子役引っ張ってきたなーと思いきや、顔立ち的に。子役の岡田⇔小栗の配役が逆じゃね?(藁)とか、成人して小栗⇔柄本が遭遇するトコが御都合主義的過ぎるとか、折角の長澤&文乃様登用だとゆーのに十分生かし切れてない(だって本編、1.5h強しかないんだもの、この内容&配役多さからして短すぎ)とか、イロ工口ある。

 が、そゆネガを吹っ飛ばすほど最終盤までグイグイ引っ張ってくれる邦画は、最近あるようで余り無い。そこを評価してみますた。纏め方も中々ヨッシング。あんまりこの両巨匠コンビで撮る機会も今後…だろから、折角だから2~2.5h程の尺でジクーリ展開してほしのげん、ですたね。さすれば豪華キャスティング陣も十分全員が生きてきたのではないかと。

 ちなみにコチャラでのロケ箇所多数で、「あぁアソコね」と判る撮影ポイントも多数。あ、だーはら思いの外、入ってたのかしらん。

□: デンサン

 タイトルは「伝統産業」の略。キンコン西野主演の、こちゃら御当地映画。何でも誰かサン勤務先でロハ券多数ばら撒かれてたので。しかも先行上映で逝った当日は、たまたま西野の舞台挨拶付な回ですた(本人も、完成した形で観るのは今が初、とゆーてた)。壇上で「今日も気に食わん質問来たら、ブチ切れて速攻帰らして貰います」と一同爆笑させたりする辺りは流石。

 富山県高岡市。12代続く鋳物工場で働いている西野は、親子喧嘩ばかりしていた。そのオヤヂは伝統を重んじており、西野は若い感性を取り入れたプロダクトデザインを作り世界に高岡の技術を発信したいと考えてた。しかし、オヤヂは守る伝統を重んじ、取り組みに力を貸さない。西野の憤りは日に日に増していき…

 (多分初めて見たが、)西野は中々にいいを演技する。無名のこちゃら監督せんせ@本作が初とか、が田舎センス丸出しのネガを、上手くカバーしてくれてる。サブで出てくるエハラマサユキや"みひろ"らも、出しゃばらずいい感じになってる。そこらが、こゆ御当地作でも全くローカルだけで作らず、中央から引っ張って来る価値のあったトコか。

 とゆー作だが、肝心の話の中身はどーも今一つだし、これってどこまで全国展開してくのん?って辺りが甚だ疑問でわRが、仕事的にちょっち絡んでる部分もRり、取り敢えず「がんがれ!」の意も含めて、これ位の評点は献上しま賞。

◎: 裏窓

 午前十時~も第8シーズンスタート、って訳で去年も確か見たけど、筆致刻苦せんせのっ代表作とあらば当然二度見三度見でせう。個人的に、本作こそがグレ-スケリーの最高作と思ってるトコもRし。元々はコーネル・ウールリッチ(=ウィリアム・アイリッシュ)の短編。

 筋紹介は今更次郎でせうから略。この前後に「ダイヤルMを廻せ!」「泥棒成金」と3作連続でケリーをキャスティングしてる(出来てる)が、やっぱコレ余念。

 何と言っても場違いな位にグレースケリーの美貌&衣装がゴイス過ぎる。幾ら何でも恋人のアパートにこんな正装な格好で来る香具師ぁいましぇんw、てトコはおいといて。

 エアコン完備な今日び、二度とこのよな設定作は撮れないとゆー事も併せ、筆致せんせはよくこの構図&撮影基本アイデア考え付いたものでR。そこで勝負の大半は既についた、状態。
 事件の本筋以外の、自宅窓から見える(というか覗く)各裏庭に面する窓群それぞれの様子を、結構丁寧に描写してくのは、今となってはど-ゆー意味だったか謎。結果、事件そのものにも大して絡んでこないし(藁)。尤もそこに筆致せんせらすぃユーモア&描写も垣間見れる訳ではRが&初見なヒトビトへの、だまくらかしの一種でせうか?。

 と何度も見てる割に、台詞回しのセイか、何度見ても最終盤のあの会話ってどゆ意味?、と判らないトコが。一度原作当たってみるべきかしらん。

>第4ヒ~ント!

 誰かサンがこれまで所有したことあるメーカ品だす。即ち、輸入車?って可能性は消滅。
そして受け取り時、倍苦屋から「R鯛屋は新品に替えといたよん♪」と言われた事からも…
 

ゴルゴ14はいつ"狙撃"に失敗するのか?、と当ギョ-カイ側でも

 投稿者:返信任者アラシ@皆興味津々状態  投稿日:2017年 5月 2日(火)12時20分46秒
返信・引用
   ちなみに禁$から緊急出版な↓は、元の文芸春秋掲載記事に大分追加されたので、百円の価値は十分あるとおもーのでヨロね(&このライター氏が本ギョ-カイについて書くものならば間違いナッシング)。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XVSMQ6T/ref=oh_aui_d_detailpage_o00_?ie=UTF8&psc=1

>とゆー絡みで、も1発宣伝。

 本日午後~夕方から毎年今の時期恒例、各都道府県毎に名人戦第3局の解説会がRのでヨロね。(所によっては明日以降、ってばやいも。)
https://www.shogi.or.jp/match/junni/#kaisetsu
 結構ロハでやってるトコも多しなので、御気軽にひとつ。勿論誰かサンは本日ベルサッサで突撃ヽ(^。^)ノ

 ちなみに当県解説にいらっさるのは、つい先日ゴルゴ14に撃たれたセンセ。対局時の裏話含め、じっくり拝聴する所存。

>そんなこんなで、館でやっつけた記は休載な代わりに、久々抜粋。

>小説家と漫画家の格差
>2017年5月 2日 (火曜日) 09:00
>
> 集英社新書の「小説家という職業」が重版になり、第4刷になります。このまえ、ある文芸の編集者に、最近新書が売れるようになったという話をしたら、「作家の収支」が売れているのではないですか、と言われたのです。ところが、「小説家という職業」と「作家の収支」は、僕が出した新書の中でも、一番売れていない本なのです。ようするに、小説というものがそれくらいマイナだということです。まあ、でも、ようやく4刷になりました。

> 羽海野さんとメールでお話ししましたが、忙しそうですね。漫画家というのは、みんな忙しい人ばかりです。なんというのか、休む間もない、出かけるのもままならない。完璧にブラックな職場といえそうです。アシスタントは、労働基準法に従っているでしょう(と想像します)けれど、本人は誰かに雇われているわけではありませんから、アイデアが出なかったらいくらでも仕事時間は延びます。あと、事実上、出版社や編集者にマネージメントされていて、いろいろ仕事が舞い込み大変のようです(売れていれば特に)。

> 小説家と漫画家では、編集者と作家の立場が全然違っていて、本当に文化が違うのだな、といつも感じます。たとえば、編集部に届いた作家宛の手紙や荷物などは、漫画家の場合は編集者が勝手にすべて開けます。小説家の場合はこんなことはありません。以前に、とある漫画家に僕が直接仕事をメールで依頼したとき、「是非、やらせて下さい」と本人から快諾を得たのですが、後日、その漫画家の担当編集者へ、僕の担当編集者から正式の依頼状を送ったところ、「今忙しいので大変残念ですがお断りしてほしいとのことです」と言われたのです。つまり、作家本人に断りもなく勝手にそういうことをする、それが漫画の編集部の文化なのです。これ、特別な例ではありません。だいたいどこでもこのとおりのようです。

> 漫画家って、出版社に囲われていて、他の出版社から本を出すことが滅多にありませんが、そういう支配を受けているからなのです。萩尾先生くらいビッグにならないと自分の自由にはならないみたいです。可哀相な職場だといつも同情してしまいます。

 せんせ新書中でわ、やっぱその2冊が一番、内幕暴露的に重城威とおもーのだけど何故、とかゆーてる誰かサンの感性自体が既に般p多数のソレから外れちゃってるって事かしらん。

 しかしそゆトコまでお任せたぁ、以下に漫画家がお忙氏であることの証左か。でこゆ風潮に反旗を翻すと、佐藤@海猿&ブラよろセンセのようにせざるをえないのか。。。

 ちなみに羽海野さんとわ、言わずモガモガの、現在「3月のライオン」公開中の原作者センセ。森センセとは以前から親しいみたい。

>第3ひ~んと!

 この倍苦、誰かサンが過去、イロ工口な汚腐海に顔を出してきた中で(といっても近年余り…だからそう目茶目茶数が多い訳では無いけど)不思議と只の一台も見た事ナッシング。っつか、路上走ってるのを見た事自体、一度でも有田家?

 でわGW明けまでバイナラ。
 

GWまたーり編はこちゃらでも貼っとこー作戦で、相変わらず片渕

 投稿者:返信任者アラシ@せんせに登板を  投稿日:2017年 5月 1日(月)17時52分45秒
返信・引用
   でも、ここへ来てま~だ初耳な話もあったとわクリビツ。能年玲奈の部分を除き、ぜ~んぶ音入れ終わった後で最後に吹き込んだとわ(かお)。
https://mainichi.jp/articles/20170428/mog/00m/200/001000d
https://mainichi.jp/articles/20170428/mog/00m/200/002000d
https://mainichi.jp/articles/20170428/mog/00m/200/003000d
 この中にはそこまで書いてないが、西川監督せんせは呉出身なので、「~片隅に」言及でそこら絡めての話があると思ってただけに、やや意外。

 両せんせ共、次作を首長くして待っとるでよヽ(^。^)ノ

>高速でウカーリIC過ぎちゃったらどうするか、わ

 あんまり知られて無い飢餓する。
https://trafficnews.jp/post/69148/
 って誰かサンも「そゆ制度あったの!?」と今更次郎的にクリビツした次第。

>館でやっつけた記。

◎: わたしは、ダニエル・ブレイク

 英国社会派の雄、ケン・ローチ監督せんせが引退宣言してたのに、80過ぎて復活して撮ってみたら、生涯2回目のカンヌ・パルムドールを獲りますたとゆー触れ込みの作。

 心臓の病で職を失った59歳のダニエルは、国の援助を受けようとするが、制度の複雑さに翻弄される。そんなある日、シングルマザーのケイティとその2人の子供と出会ったダニエルは、彼女らとの交流に温もりを感じるが、過酷な現実に双方とも追いつめられていき…

 フィル・コリンズの親戚的風貌の(頭だけでなく顔も結構似てる)主人公がよひね。糞な英国の社会制度@「ゆりかごから墓場まで」と謳われてたのはどこ行った?、と役所&職員対応が黒澤せんせ「生きる」以上にどいひー鴨、とゆー社会糾弾作。

 そして途中から話に加わる、このシングルマザー&子2人の問題もよひ。何となく話の構成に、その前にやはりパルムドール獲った「ディーパンの闘い」を思い出させる所がR。といってもドンパチは出てこんけど。

 流石、本監督センセらしさ全開の好作。最後に子役がある手紙を読み上げる所で涙腺緩む寸前。筋も直球勝負ながらとてもよひ。パルムドール看板は、今回に限っては当然と言えま。

 駿爺もどうせ前言撤回で復活するなら、これぐらいの高みを目指しま賞?。

○: ワイルド・スピード ICE BREAK

 ヴィン・ディーゼル&ドウェイン・ジョンソンの御馴染み尻~図も8作目。何でもあと2作作って完結とか。

 何度も死線を潜り抜けた仲間たちのリーダー、ドミニクが、なぜかテロリストでハッカーのサイファーのもとへ。恋人のレティや仲間たちはドミニク奪還に動く一方、政府はドミニク逮捕のために前作で刑務所に送り込んだデッカード・ショウを協力させようと考え…

 ポール・ウォーカー事故死の影響は少なくとも感じられず。前回からのジェイソン・ステイサムの役回りがよひね。自身が主人公のソレ系作とは違い、今回かにゃりコミカルな役周りもやらされてるけど、意外にイケる。シャーリーズ・セロンはマックス4とは違って悪役側。これもこれでよひ。

 全般に、カーアクション時間が増えた感じがする。誰かサンの「カーアクション映画はソレだけやってりゃヨッシング」説に従うものでソコ自体は評価。但し、余りに荒唐無稽&漫画チック感が強くなって来たのはマイナス。

 前作の7作目スカイ・ミッションよりは大分マシになったけど(クルマは空飛ぶモンじゃねっす&飛んだって重城区内)、自分の中では一番重城買ったその前の6作目ユーロ・ミッションには及ばず。流石にネタ切れ感も漂う。

 ともあれ、「あと2作」宣言が出たらすぃので、残り頑張って重城威カーアクション考えてちょ、との期待も含めてやや甘めにこんな評点。

◎: JACO

 ジャコ・パストリアスの伝記映画。幼少期からのプライベートフィルム&写真は結構残ってるのねん。

 1970年代半ばに頭角を現した天才ベーシスト、ジャコ・パストリアス。彼の独特な演奏は、エレクトリック・ベース・ギターのソロ楽器としての可能性を広げることになった。本作ではアーティストたちによる証言や貴重な映像から、ジャコの生涯に迫っていく…

 インタビュー相手は家族は無論、大物ミュジシャンから共演相手、更には最後担ぎ込まれた病院担当医師までと多彩かつ極めて妥当。

 誰かサンがジャコに関して知りたかった、いつから・何故おかしくなったのか、についてもかにゃり明確な回答が為されてる。上記中でも、ウェザーリポートでのリズムセクション相手だったピーター・アースキンと、ジョニ・ミッチェル@最近体調悪し(or認知鴨)との噂を耳にするので、結構前に談話取ってたのねん、の2人は質量とも実に十分な内容。ファンならソコの為だけに観ても十分満足が逝くであらう。

 全くジャコパスに関して興味、事前知識が無い人が観ると辛いと思われるが(まぁそんなヒトはそもそも観んだろうけど)、ある程度音を聞いて略歴も知ってるヒトには大変オススメ出来る内容。

 個人的には、先日紹介したサンダー・キャットのジャケ写にわ、全くクリソツ構図のジャコパス写真が存在する事が初めて判って、うーむそーゆートリビュートになってたのねん、てな事まで知れて大満足。

 大都市圏は去年にもう本作回ってたみたいだけど、間もなくDisk化したのも出るので、ジャコパスに何らかの思い入れのあるヒトにわ、ぜってー観とくべしと安心して太鼓判打てる作で賞。

□: お嬢さん

「このミステリーがすごい!」で1位獲った事もR、サラ・ウォーターズの傑作ミステリー「荊の城」の映画化を、何故か韓国発で。

 1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、“伯爵“と呼ばれる詐欺師にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子のメイドとして働くことに。実は伯爵は、スッキを利用して秀子の財産を奪おうとしていて…

 R18指定で工口い、と散々事前宣伝されてたトコわやや肩透かし。ソレ風いかにも、な描写わRけど、其目的だとちょっちガカーリする鴨。ストレートなソレとゆーより、江戸川乱歩的ミステリ耽美風工口、と言えばふいんき分かって貰えるか。

 話は3部構成で、同じシチュ-ションを、別の登場人物から見たら実わ…と繰り返し秒指される一方で仕掛けが、とゆー感じで、成程そこのトコは欧米作らすぃ元々の造り余念と感心するトコもある一方、何故か設定上、韓国人俳優が話す、たどたどしい日本語部分がどーにも違和感あって馴染めず(そこは字幕ナッシング)。

 総論としてまぁコレはコレなんだろけど、原作通り欧米が舞台で映画化してほしのげん、だたなぁ。映画権を強引に?先に買われたのなら無理でつが。

◎: 無限の住人

 三池崇史監督センセがキムタク主演に据えた時代劇。とゆーても、ちょっと変わった漫画が原作とか(未読)。

 伝説の侍・万次は、眼前で殺された妹の仇討の際、謎の老婆から不老不死の肉体を与えられた。以来、無限の命を生きることになった万次は、ある時、剣客集団・逸刀流に両親を殺され剣術道場を潰された少女・浅野凜から、仇討ちを遂げるべく用心棒を依頼され…

 三池せんせは大仰な撮り方が特徴だと思ってるが、それが悪い方に転ぶ(作が多い印象)事もある一方、数は少ないが時々その芸風が上手くマッチングして、大当たりな作を、というのが個人的所感。余り期待せずに逝ったが、今回はドンピシャ後者が当て嵌まったヽ(^。^)ノ

#そういや数年前の「十三人の刺客」時には、同じくSMAP稲垣を据えて中々よひ出来だた覚えが。またキムタクはキムタクで、壇れい様と撮った「武士の一分〈いちぶん〉」もこれまたヨカタ覚えがR。意外にこゆ分野向いてる鴨値。

 兎に角、バッサバッサの殺陣シーン全開&多数で、観ててキムチヨッシング。それにこの素っ頓狂設定が、意外な程上手く噛み合わさってる。相手役の杉咲花は急に大人になった感じで、これまた出来がよひ。

 サブのエピソード群、脇役群の活躍&その生かし方も中々のもの。強いて難をゆーなら、やはりキムタクはキムタクイメージから大きくは逸脱していないって事と、どーせ死なないと分かってるなら、殺陣シーンで"被弾"に雑になりがちなトコだが、どちらもそう大きなネガでわ無い。

 ゾンビ系とも違う、時代劇の魅せ方にこゆ新しい方向もあったのかと素直に感心。別にキムタク好きでも嫌いでも関係無く、このGW中公開作では意外なダークホース的にオススメ出来る作。但し、斬られて手首ゴロリンてなシーンは山程なので、そゆ方面の耐性が弱い向きには残念ながら…だけど。

>第2ひーんと!

 現行車でわRりません。従って撮指定とかゆー方向は完全に消えますたね。
 

歌舞で先日夜に路肩走行中、急にドカン!と何かにぶつかった音が

 投稿者:返信任者アラシ@股下から聞こえ  投稿日:2017年 4月28日(金)18時43分2秒
返信・引用
   てっきり、落下物かなんかを踏んずけたと直感。瞬間、「パン食ダイジョビか?」とスロー走行しつつ暫く様子見するも、ソコは問題ナッシングで取り敢えず一安心。

 が、自宅車庫帰ってきて改めてシゲシゲ眺め回すと…レッグシールド左側に大きな亀裂が\(TдT)/ 裏からガムテ修理コースか…いやちょっと無理げなレベル鴨。

 それとも、現行型からこゆ時の為修理費負担が少ないよに、と折角レッグシールドが左右分割構造に変わったのだから、左側をアッサリ交換するべか。うーむ。

>館でやっつけた記。

△: 3月のライオン 後編

 いちおー将棋漫画原作の後編だし。前編に続いてまたもや2.5hの長尺作。

 川本家の一員のように三姉妹と食卓を囲むようになった零。獅子王戦トーナメントの季節が始まるが周りの棋士たちには様々な試練が降りかかっていた。川本家にも三姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を押しつけてくる。愛することを知った零の闘いの行方は…

 前編は対局中心で、画づら的に躍動感に欠け停滞気味だったけど…って題材的に生姜ナッシングだけどw、後編は将棋盤から離れ動的になってるシーン多々。新たに、主人公居候先家族のの、学校内イヂメと、父親蒸発問題が結構大きく描写。それもまぁ主人公に絡むっちゃぁ絡むんだけど、それやるんだたーら最早将棋漫画じゃなくてもいいのでわ(注、原作は尻間線)。。。

 如何にも、元ネタがマンガ?的くっきりした人物描写が多いので、実写化するとどーも違和感が。そゆトコもマイナス評価。

 ちなみに本作撮影中はまだルール上おkだたけど、今年入ってから、対局中に建物の外に出るのは如何なる理由があろうとダメと正式に決まりますた(やったら罰金&その対局は確か無条件に負け扱い)。その理由は勿論例の、カンニング竹山する可能性を潰す為。だーはら、こーゆーシーンには2度と御目にかかれねー筈。

 総合的には、折角の有村架純様投入も余り生きた感じにならず、前篇に続いてこんな評点にならざるをえないで賞。

>↑絡みで続・大センセ話。

 やっぱ、ふつーの棋士レベルと脳内の造りが全然違うようで。
http://shogiweblog.net/archives/2388

 他のつおいヒトビトは、ゴルゴ14@14歳が14連勝中、に負けた時にこんな反応だたんだもの(もっともコッチが普通人の反応)。
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-5850.html

 まだまだ、この両対決(の次の機会って?)わ、今後もいい勝負が続く予感ヽ(^。^)ノ
 

あらまぁ

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 4月27日(木)19時05分54秒
返信・引用
  >Amazonの詐欺
なんか、すげ~コアな品物で詐欺るんですなぁ。
このテのナニは、高額品での一発勝負か、
バホバホ売れる、スマホ関連とか、コスメとか、
人気商品で数釣るか…であろうと、
勝手に思い込んでたのですが、
メットのパーツて…。

昨年、廉価自転車用のベアリング・ボールっつ~、
マニアな部品をマーケットプレイスで注文したら、
全然、送られて来なくて、

そやつの他の出品アイテムを調べたら、
LED電飾からIC基盤まで、
自転車と全然関係無い、
支離滅裂なパーツをデタラメに出品してたので、
「こりゃぁヤラレたか?」と思ってたのですが、

半月ぐらい後に、チャイナからの空輸便で、
ホントにベアリングの玉が送られて来て、
逆に驚き。

3種類のサイズの違うベアリング・ボールが、
1袋100玉、3袋で200~300円だったかな?
こんな値段で採算合うのか?と心配になる
不思議なチャイナ商人ですた。
 

やられた。。。被害総金額700円だたらやり取り手間を考えると

 投稿者:返信任者アラシ@現実対応として  投稿日:2017年 4月27日(木)10時33分54秒
返信・引用
   泣き寝入りした方がこれ以上時間も無駄にせず、な分だけまだマシであらうか。0.7k円程度取り返す為に、ごちゃごちゃ更に時間費やす方が、馬鹿馬鹿しぃ&見合わねーとおもーべきか。

 長年海女村の出品者見てきてたつもりだたが、こんなドイヒーのは初。

>Re:_Amazonのカスタマー_****_様から発送に関するお問い合わせ_(注文:_250-7867199-485****)
>very_ityan_-_Amazon_マーケットプレイス <v3pppjx4vh1lw2p@marketplace.amazon.co.jp>
>2017/04/24 9:42:32
>
>お問い合わせいただきました皆様
>
>当方、アカウント不正利用により大口出品者になってしまっている者です。(17日18時30分ごろには出品ページを閉鎖しています)
>
>大量の問い合わせに1件1件答えるのは不可能なのでAmazon側に17日中に購入者に事情説明のメールを流してほしい旨お願いしましたが、できないとのこと。
>
>毎日山のようなメールが来ています。
>
>現在アカウントスペシャリストという部門で今後の対応を協議中という回答から進んでいません。当方のアカウントは停止状態で、ログインすることは不可能です。
>
>ですので当方が皆様のキャンセル処理ができる状況にはございませんので、Amazon側の対応をお待ちいただけますか。
>
>カスタマーの部門によってはこの件を承知していないので、マニュアル通りに「出品者からのキャンセル処理を待ってください」と答えているようですが、テクニカルサポート部門までつないでいただけると時間がかかりますが教えていただけるのではないでしょうか。
>
>当方もある日突然このようなことになり、対応の遅いAmazonにも怒りを覚えます。
>どうか事情をご理解くださいませ。
>
>一刻も早い解決を切に希望します。どうぞよろしくお願いいたします。


>Re:_Amazonのカスタマー_****_様から発送に関するお問い合わせ_(注文:_250-7867199-485****)
>very_ityan_-_Amazon_マーケットプレイス <v3pppjx4vh1lw2p@marketplace.amazon.co.jp>
>2017/04/24 10:20:55
>
>こちらはすでにAmazon・警察に届け済みです。
>先ほど送ったメールをよく読んでください。
>
>当方は出品していませんし、もちろん発送できる商品などありません。
>17日に何者かにアカウントを乗っ取られ出品者にされてしまったと言っているの
>です。
>
>Amazonの責任ですので、Amazon・警察に届けてください。


…とゆー、新手の詐欺だたんでせうね。幸い、購入金額大したモンぢゃ中田ので被害金額この程度で収まったけど、そりゃてるみくらぶのヒトビトは怒りまんがな(かお)。

 ちなみに元々買おうとしてたのわ、アライメットの某補修用パーツですた。こういう↓、1円出品のモンじゃ中田んだけどなぁ。。。
https://news.goo.ne.jp/article/bengoshi/life/bengoshi-topics-6004.html
 こーゆーのに、更に便乗しての詐欺、だたとゆー可能性が高い悪寒(かお)。。。


>館でやっつけた記。

△: グリーンルーム

 パンクバンドvsネオナチとゆー、ワケワカメ組合せのバイオレンス・スリラー?アクション?物とか。タイトルは楽屋の意味とか。宣伝チラシにわ、タラちゃんからの御推薦文があるけどもサテ。

 売れないパンク・バンドのボーカリスト、パット。おんぼろ車でメンバーと共に極貧ツアーを続ける彼だったが、ついに好条件のライブへの出演が決まる。ところがそのライブ会場はネオナチの巣窟。そこで彼らは運悪く殺人現場を目撃し、命を狙われる羽目になるが…

 最初は武器はネオナチ側だけが持ってる訳で、おまけに獰猛犬とかもいて、ふつーならパンクバンド側皆殺し余念、とゆートコからスタートする訳だから、最終方向は何となく初めから予想がつくけど、出来は意外に平凡。

 特に前半部は密室にパンクバンド側が閉じ込められ…で動きが余りなく、ぶっちゃけやや退屈。中盤位から漸く動き出すものの、ネオナチ側もそんなタルい対応じゃそりゃ逆襲される罠、的トホホな箇所多数。

 設定がそもそも素っ頓狂なんだから、展開も同じくらいブッ飛んだものにしてほしのげん。結局最後まで、タラちゃんこんな作のドコを評価したんだ濾過?、と分からずじまいですた。あの獰猛犬の使い方とか、もう一工夫も二工夫もすれば重城区なったのにねぇ。

>ドゥービーライブレポ補足。

 入口に看板説明あって、以下の通りですた。なので荷物チェックは全くナッシング。
    ○: スマホでの撮影。
    ×: デジカメでの撮影。
    ×: 動画類の一切の撮影。
 つまり、ぼんやり写真程度はバソバソSNS公開しちゃってチョンマゲ(&むしろ宣伝になるので大歓迎)って方針なの余念。今後はこゆのがもっと増えてくる鴨値。

>"雷猫"全曲に続いてわ、教授も、って事で。

 映画音楽わ「レヴィナント~」を始め幾つもやってきてるのに、意外に自身作は十年ぶり程と結構久々。こちゃらはアングラでわなく、おふぃさる正式公開だから太っ腹。
https://soundcloud.com/milanrecords/sets/async

 前作「Out of noise」の音傾向から予想は出来てたけど、あの方向を更に推し進めたとゆー感じ。明確メロディ-ラインが無い曲が大半なので、こーゆーふいんきに慣れない向きにはどーもネト上では評判悪しだけど、個人的には結構気に入ってる、特に6曲目なぞ中々の出来、って訳でヘビロテ中。

 国内盤は高いけど、教授みたく海外展開してるヒトは輸入盤でもある(間もなく出る)から、前作同様またしてもソッチ狙い。どーも物理メディアでゲトしないと落ち着かん、昭和なヒトなのでR。

>例の確率、70~80%から80~90%に上昇。ヽ(^。^)ノ

 この倍苦、まず当たらんだろうなぁ。それでは密かに第1ひ~んと!
 誰かサンが、これまでの表&裏のどこかで、褒めてた(筈の)倍苦でR。って、全然難し過ぎかw
 

続報。いちいちアメバTV見てチェキする程暇人ぢゃねーし的御仁わ

 投稿者:返信任者アラシ@総譜ならザッと  投稿日:2017年 4月25日(火)14時07分2秒
返信・引用
   ↓で見られるのでヨロ。
https://shogidb2.com/games/69d3fc6abc9e81503a8c1c8d63f1c41088f0972f#d74ff5ab2393f1bc08dd544b58ab934cad304703

 序盤早々、金⇔角&桂の2枚替えの先手大きな駒損で、「こんな無茶攻めで、攻め切れるんかいな?」とふつートウシロレベルはおもー(&誰かサン程度ですらも)が、そこが現代将棋の怖いトコ。コンちゃん発達後、こんな攻め方でも通用する事がかにゃり判ってきたのでR。とゆー訳でこの戦形は最近は大概こーなるので、怖くて近寄らないな事にしてるのでR(w

>館でやっつけた記。

○: バーニング・オーシャン

 某氏もレビューの、2010年メキシコ湾原油流出事故の実話。マーク・ウォールバーグ主演に、誰かサンが大好物なカート・ラッセル@「ニューヨーク1997」&「遊星からの物体X」が、とゆー事もあり。

 メキシコ湾沖80キロに位置する海底油田施設。2010年4月20日、営利優先の経営陣は安全確認を怠り、その工事を強行。これにより天然ガスが引火・爆発し、施設は火の海に包まれた。施設内に閉じ込められた作業員のウォールバーグらは必死に脱出方法を模索し…

 ストリとしてわパニック物(とゆーてよひよね?)にありがちで、そんなに捻ったトコも無くシンプル。が、後半1hの実際事故発生後の描写が中々ゴイス。実際の事故をどの程度まで再現してんのか、はたまた盛ってんのか輪仮間線が、そんな事ど-でもヨッシングと思える程にドッカンドッカンやり捲り。オールCG?実写が結構入ってる?うーむ。

 ラッセルせんせの渋いトコ確認出来た事でもあり、これ位点数は献上しても差し支えないで賞。

>番外編: ドゥービー・ブラザース金沢講演レポ。
 以前に予告してた香具師ね。

 地元TVでそれなりにCM打ってた事もあり、意外に入りがよくないのかにょ…と思いつつ入った会場は大体7割の入り。往年LAバンドじゃそんなモンか&客層もザッと見た感じ、誰かサンとよく似た&やや上のヒトビトばっかとゆー感じ。

 で、セットリストは大体こんな感じ。って今世紀初め頃から殆ど変化ないやんw
http://www1.nisiq.net/~doobies/dbinfo_JVC.html
 演奏総時間も、アンコールと併せて丁度1.5hたぁ、やや短いな…と思ったけど、15年前から本国じゃソレでやってるので、別にポンニチの地方だからと舐めて短く切り上げた訳では中田らすぃので、ホッとする。

 音そのものは中々ヨカタ。特に、トムジョンストン&パットシモンズは、最盛期当時と何が違うねんって位、声も出てたしギターもよく鳴ってた飢餓する。この2人が動くトコ目当てに逝ったよなモンだから、その意味で目的は十二分に達成。

 個人的には、マイケルマクドナルド在籍の後期の曲で好きなのが結構多いので、そこから演ってくれんかにょ…と期待してたが、流石にトムジョンストンせんせしかいない今じゃ、前期レパートリーが中心になるのもやむナッシングか。マクドナルド在籍時の曲は、まだ曲調にワイルドさが残ってるTakin' It To The Streetsのみだけですた。

 裏日本側に著名外タレが回ってくる事は殆ど無いので、いつもなら最低でもチケ代以上に交通費だの何だのとかかってしまう事おもーと、上記の細々なネガ点はあったけど、大筋としては十分ヨカタとおもー。

 でわマクダヌルせんせは最近、一体何やってん?のとゆーと、思わぬ所で、とギョーカイ的にも評判になった↓。


 他にケニーロギンスもいる事もあり(これまた超久々w)、本曲は1/3世紀前のAOR全盛時代丸出し的音作りだけど、本作で"雷猫"せんせ、曲によってエラくバランバランな造り。ファレル・ウィリアムズ引っ張ってきてる曲とかもRし。個人的にわ、ジャコパスを彷彿とさせる高速ベース炸裂な曲がイチオシ。



 把握してる限りで薔薇冠&渋谷両せんせがここから何曲かかけた事もRり、コレ方向の最近トレンド抑えておくには丁度いいで賞ヽ(^。^)ノ
 

一般乳酢にも流れた、目茶目茶つおい某厨房もといゴルゴ14君わ、

 投稿者:返信任者アラシ@大先生とこれで  投稿日:2017年 4月24日(月)17時10分22秒
返信・引用
   1勝1敗。何故か先日、大センセの方が勝った非公式戦の方は、一般報道は少なかったけどね(順当に?負けたからか?)。
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-5674.html

 ギョーカイ専門誌に載った、長手数の難解詰将棋を解くまでの所要時間なんて信じられんもの。「脳内にコンチャン埋め込んでるんちゃうん?(@o@;)」としか思えない程、超高速。その意味でギョーカイ内でわ2~3年前から有名だったけど、遂に、とゆー感じ。
#プロや超強豪大人に交じっての、詰将棋早解き大会で、消防なのに優勝って一体どないやねん!?…と皆がクリビツしてから既に3連覇。

 この感じでわ、誰も成し遂げられなかった、「厨房でタイトル獲得」も実現する鴨値。(かお&かお)

>館でやっつけた記。

□: 美女と野獣(吹替版)

 エマ・ワトソンでの実写化。ってもう何度目なんだ?。時間都合で字幕じゃない方選択。

 呪いで醜い野獣の姿になってしまった美しい王子の元に現れた村娘のベル。ジョーカノは聡明で進歩的な考えを持ち、“人と違う“ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じていた。ベルと触れ合う中で、外見に縛られて自分の価値を見出せずにいた野獣も変化していき…

 こんだけCG使い捲りでも"実写化"とゆーていいものか(藁)。俳優以外の背景って全部CGちゃうん?、と思える程。そこはおいとくとして、まぁこの話なので平均点はクリアしたと言っていいでせう。
 ハーマイオニーの吹替は、ミュージカル女優の昆夏美とゆーヒトだたそうだが、まぁ悪くはない。しかし帰って愚愚ると、某氏&一般レビュー通り、ハーマイオニ自身の歌声も相当ヨカタようで、うーむ今回だけは字幕版選択すべきだたか?とやや後悔。

 ただ、全体ちょっと長過ぎね?。 元アニメ版が1.5h切ってるのに、軽く2h越えだからねぇ。カラード&LGBT問題方面位にも気を配りつつ作ると、これ位伸びるのはやむを得んコースだたのかも、だけど、主対象はやっぱ消防以下だろうとおもーので、もちょっと短く刈り込む配慮はほしのげん。ミュージカルなので、歌って踊ってる時間は話が進まねー!の典型パタン。

 大人が観るにはこの単純スト-リでわ、かにゃり物足りぬ&野獣らしくもっとグロいメイクしてくれよとおもーのだけど、そこら年齢層がメインターゲットなら生姜ナッシングかと。やっぱし基本は、そーゆーお子がいる御家庭むけで賞。

×: 聖杯たちの騎士

 クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマンと中々の豪華所を並べたが、テレンス・マリック監督せんせだから小難しくなる悪寒wだが、さてどうか。

 "何にでもなれる"と信じてサンタモニカにやって来た脚本家リック。享楽的なセレブの世界に溺れながらも、心の奥底にある虚無感を拭いきれずにいた。そんな彼の前に現れる6人の女性たち。1人目の女性デラは、人とは違う生き方を目指す奔放な人物で…

 いやこりゃ参った。典型的アート&難解作。"小"難しいでわなく、目茶目茶難しいw。ブラピを主演に据えた、5年ほど前の「ツリー・オブ・ライフ」よりもソリは更に進んでま。

 とりあえずの荒筋は↑だが、もう暫く進むとワケワカメ的観念映像のアラシ。自分の斜め前に座ってたヒトなんか、1h過ぎた時点でトイレに立ったのかと思いきや、結局最後まで帰って来なかったwww。愚愚るとどーも、先行公開だた都市圏でもそゆ耐え切れなかったヒト、続出だたようで(ゲラゲラッ)。

 特筆すべきは、カット数の多さぐらいか。以前に、カウンタ持って観てるヒトの分析によると、2hの映画で多い監督センセでも2000~2500位の総カット数程度なモンだたけど、恐らく軽く3000~3500はあるよなふいんきだたから。こんだけ撮影&編集するのも大変だたでせう、と途中から妙なトコに感心してみたり。

 本監督センセ作だからヤな悪寒はしてたけど、もっとアンテナびんびんに立てとくべきですた。当然、こんだけのキャスティングした割にはその効果って???。

 ワケワカメ作でも作りようがあるとおものーだけど、と流石にソッチ方面作に寛容な誰かサンでも、これは耐え切れませんですた。本監督センセと、我慢比べがしたいヒトだけにオススメできるで賞w

○: ラビング 愛という名前のふたり

 多くの州で異人種間の結婚が禁じられてた50年代の米を舞台に、白人&黒人でケコーンした夫婦に降りかかる厳しい試練を描いた、実話ベースとか。

 白人のリチャード・ラビングは、黒人の恋人ミルドレッドから妊娠を告げられ結婚を申し込む。しかしバージニア州では異人種間の婚姻が禁止されており、法律で許されるワシントンDCで結婚。地元に帰って新居を構えるが、突然保安官に逮捕され、収監か州外追放かの2択を迫られ…

 当時の状況がとてもよく分かる造り。ブルーワーカーの旦那の方のある意味直情単純なトコと、実は知性的なヨメ、という描き分けがよく出来てる。途中から黒人解放運動の波にも乗れて、とゆー展開で進む辺り、今では当たり前だのクラッカになった「どんなケコーンだろうとおk」でも、僅か半世紀前わ、先人の数々の御苦労が偲ばれま。

 救いは、互いの家族と、法廷闘争を支えてくれた弁護団がずっと見方であった所か。描写は地味だが、当時の米国田舎州の状況がよく分かる秀作。こゆのが年末に振り返った時に、もっと高評価にしてもいいで賞、と思い直す可能性大、鴨値。


 明日も晴れそうなので、とすると珍しく骨出動連続1週間記録達成。ヽ(^。^)ノ
 

急いで嫁!!!…えと、睡眠時間を差し引いて、30分/冊ペース

 投稿者:返信任者アラシ@でって、流石に  投稿日:2017年 4月21日(金)14時38分54秒
返信・引用
  …無理ゲ?
http://www.ebookjapan.jp/ebj/free/yomihodai/4076/
 

もしかすると今年の木曽福島は、骨でも歌舞でもない、第3の倍苦

 投稿者:返信任者アラシ@で逝く可能性が  投稿日:2017年 4月21日(金)11時04分43秒
返信・引用
   勿論、捨ててしもたKDXでも有間線。と、謎の予告をしてみとくテスト。

>館でやっつけた記。

□: 0円キッチン

 独発。世界で毎年13億tもの廃棄食料が出ている問題を題材にしたドキュメンタリとか。

 ジャーナリストで“食料救出人“のダーヴィド・グロスが、廃油で走るキッチン・カーでEU5カ国を巡る旅に出る。廃棄される予定だった食材で料理を作り届ける中で、食に関するユニークな取り組みを行う人々に出会い、食の現在と未来を見つめていく…

 そこらのゴミ箱に頭突っ込んで食材捨てられてたら引っ張り出して、の繰り返し。シンプルながら、その訪問先の国や、周りにいた(いる)ヒトビトの違いによって少しずつ違いも出てくる。各国毎に、行先のテーマも設定/ソコも少しずつ変化するので、80分の短い上映時間中はまぁまぁ観れるが、ちょっと変化や盛り上がりに乏しいかにょ。

 も1つ、用済み天ぷら油等の廃油を使って走れるよに改造したとゆー車、Egトコってどーなってんの?とわ特に解説が中田ので不明だけど、何故か帰って愚愚ってもソコに興味持った人は見当たらず。。。

 大上段に構えてないトコは先日レビューしたドキュメンタリより好感持てるけど、一定以上時間尺の映画として構成するには流石にわ、もうちょい工夫がほしのげん。ユーモラス描写は、こゆ方向作には中々少なく貴重かつ重城買っただけに、次回作に期待を繋げとく点数としま賞。

>番外: ナマ落語編。

 改名後、方正せんせの落語って聞いた事ナッシング、って事もあったし。そして、3の倍数の時だけアフォになるセンセ@元は"世界のナベアツ"がおまけに、ってトコにもだたーし、トドメにこの価格設定だたーら、そら冷やかしにでも逝ってみたくなるとゆーもの。
http://www.town.tsubata.ishikawa.jp/shisetsu/cygnus/W078H0000260.html
 ぶっちゃけ、方正せんせより三度せんせの方に興味があったので。ちなみに700人入りの会場は満席。

 こんなチケ値が可能となるのは当然コネ以外にありえず、どんな繋がりなんだ濾過?、と思ってたら。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20170314104.htm
 ウチの自治体も、この程度のうっすーい繋がりで、よく強引に頼み込んだモノでRwww

 開催前に、方正せんせを交えて作ったという当自治体PR動画が公開された(&何でも後ほど自治体HPにもうpするんだとか)が、余りにも痛い。痛すぎる。。。恥かく前に止めとけレベル&こんな低レベルのモンにまで税金使うなって(マジ怒)。

 で、肝心中身。
 当自治体出身&東京吉本所属のコンビ2人前座からスタート、気の毒ながらこの出来ではとてもお笑いギョーカイで残れるとは思えない(藁)。

 次、方正せんせが漫談で登場…可もなく不可も無くレベル。せんせ実力からするとこんなモンか?(w

 3番手、デニスの掛け合いは中々重城買った。そこまで事前宣伝では呼んであると誰も知らず、これは嬉しいサプライズ。結果的にコレが一番の出来ですた。(このチケ価でよくここまで呼べたにょ。)

 4番手に漸く三度せんせ登場。時うどんベースの漫談だったけど、うーむセンセの実力からすると、こんなモンではないと思うのだが。。。センセてっきり本格的落語やるのかと思いきや、この部分だけでーーー糸冬 了ーーーたぁ物足りねー。

 ここで1h強経過、十分の幕間休憩挟み、後半戦は方正せんせの本格落語編。…初めて聞いたけどウーム、改名してまでソッチ界に足踏み込んだ程の出来だたとわ、とてもとても。。。
#某氏レビューだったら、更に厳すぃ採点が付いたであらう。

 全体で丁度2h、元々チケ価からしたら十分おkの範囲とおもーけど、個人的には三度せんせの本格落語聞いてみたかったにょ、とやや欲求不満な出来ですた。
 

かの地のヒトビトにゃ何だが、そんな発音し難い呼び方じゃなく、

 投稿者:返信任者アラシ@最初から鼻濁音  投稿日:2017年 4月19日(水)17時45分31秒
返信・引用
  …で(表記は濁音)、呼称するよにしなかったのは何故なんでせう?。
http://www.j-cast.com/2017/04/14295656.html?p=all

 「いやいや、濁らない方が言い易いでみ?」とかゆー香具師いたら、やってもらおーじゃないのヽ(`Д´)ノバーカ(断言)。

>館でやっつけた記。

×: ダンスの時間

 『こどもの時間』『トントンギコギコ図工の時間』の野中真理子監督(※前者は覚えがあるが後者は尻間線)が、ダンサー村田香織の日常を捉えながら生きる喜びを探っていくライフスタイル・ドキュメンタリとか。

 いつでもどこでもダンスの手がかりを探しているダンサーの香織さん。常に何かを感じ、伝えるために身体を柔らかく開いて準備。水族館スタッフのトレーニングコーチや母親の介護、農作業のひと時にもダンスを発見。どんなに大変でも生きることを肯定していく…

 とゆー、荒筋からは緩めのポジティブ全開感が常にRのだけど、そこが誰かサン的にはどーも鼻についた。「ケッ、そんな何もかも踊ってりゃ上手くいくのカヨ」的な。ドキュメンタリとゆーより、半分以上はこの主人公♀の教室宣伝ぢゃないの?的にしか取れんトコも多数。

 折角、大友良英@あまちゃんセンセが音楽担当してんのに、こんな調子だからソレすらザーとらしく感じられて全く耳に響かず。。。余程共感できるヒトにしか無理で賞。

□: トッド・ソロンズの子犬物語

 かわゆい動物バンザイ系な作でわ全くなく、本ソロンズ監督センセが手がけるからにわ当然、ブラック嗤いな作になる余念w

 病弱な子供がいる家に引き取られたダックスフント。しかし問題ばかりを起こしてたちまち別の人の手に渡ることに。犬が出会うのは、崖っぷちの脚本家、偏屈なBB、大人になっても自分探しを続ける♀等々。問題山積みの飼い主たちは幸せをつかめるのか?…

 いやこりゃ相当にグロいw(&ゲロいトコもRか)。 恐らくポンニチ人の多数感性には、描写がキツくてついてこれないのでわないか。誰かサン的には大好物だけどww

 ただ、ダックスフントそのものは別に何かするでなし、専らヒト側の台詞&&所業でそうなってくトコを魅せる、とゆーパタン作なので、何も芸をさせれと迄わイワンの馬鹿だけど、も少し効果的な犬の出し方ってモノがある飢餓する。

 そしてそのガツン、と時折くるブラック場面も、そこに至るまでの描写がやや冗長でダルい感が。元々1.5h弱の作だけど、もっとテンポよく見せる手法はあったんじゃアルマジロ?。
 基本はヨッシングだけど、細部仕上げでもっとがむばってほしのげん、だったで賞。

◎: ホワイトリリー

 リブートPJも観るのは4作目、ホラーの中田秀夫監督せんせ作。何でもセンセの日活助監督時代、LGBTのL分野って結構人気があったからこのテーマにした、とか。前宣伝見ると、本作がアンカー最終作として用意されたようで。(※5作あるのに、どれが先頭バッターで、どれが〆の~とか、決まってたんだ濾過?。)

 傷ついた過去を抱えるはるかと登紀子は、互いを慰めあうように寄り添いながら生きている。そんな2人の秘密に踏み込んできた悟の存在によって、それぞれの愛が暴走を始める…

 「牝猫たち」も中々ヨカタが、ソリを上回る工口い出来。ここまでやってこそ、リブートしたカイがあったというもの。L系描写部もあれど(※誰かサン的に元々ソレ系は全くOutOf眼中)、ちゃんと♂♀でのカラミ部も多数あり、結構満足が逝く描写。主役嬢2人…いや、中年役の♀の方が、誰かサン的にかにゃり好みだたセイもあり、十分勃った。

 中田せんせも、近年は本業のホラー系作でどれもこれも余りパッとしない印象あったけど、初心に帰って(?)やりゃ、ちゃんとエエモン撮れるやないの(藁)。ある意味見直しますた。

 全体としては流石、アンカー作名乗るに相応しい出来に仕上がったと言えるで賞。(但し、一般AV見る感覚で観ては逝け間線。あくまで浪漫ポルノ文脈での評価ね。)

 ホントはあと1作残ってるのだけど、2上映機会とも種々都合で逝けず&これでリブートPJ尻~図わ残念ながらーーー糸冬 了ーーー。

 おまけ:こっちの方が余程、浪漫ポルノっぽくないか?www
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170412/Weeklyjn_12478.html
 館に置いてあるチラシなんか、モロそれ系押しって感じだし。

>最近の高速バスは、皆、こないなってんのねん。

 ちなみにJRバスだとSAに15分しか止まってないので、結構早く発車時間が来る印象(&他の民間バス会社も、高速バスだとそんなモンか)。腹痛でちょっと長めに大の方に座ってるとあっとゆー間なので、最初からバス内トイレでがむばった方がいい鴨値(経験者談)。
 

プレバトにショーバイ鞍替えしよかと思わんでもない、強固の語路

 投稿者:返信任者アラシ@この程度出来で  投稿日:2017年 4月17日(月)15時59分49秒
返信・引用
   とてもあの番組で、夏井せんせに褒められる訳わRりませんが、トウシロなら上出来で賞、って事で(自画自賛全開)。
http://park.gsj.mobi/news/show/33413
#のんちゃんも、兼六園まで来てたなら、一言ゆーてくれりゃヨカタのに。
https://www.instagram.com/p/BSvcCLXDFdF/?taken-by=nozomisasaki_official&hl=ja

>言っちゃ失礼だが、ヤフTOP8乳酢に出る程のヒトかのぅ???
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00050033-yom-ent

 但し、↑で挙げられてる作は間違い無く名作。当時よく聴きますた。
https://www.amazon.co.jp/Road-Games-Allan-Holdsworth/dp/B000060OTU
 何の先入観も持たず聴くヨロシねヽ(^。^)ノ

>館でやっつけた記。

△: アンチポルノ

 リブートPJはこれで3作目。この題&園子音せんせだから、っつー事で当然高まる期待。前に観た2作と客の入りがダンチに違うのも尤も&元AKB研究生を主作に据えて脱がしてる、とゆー話題もRが、サテ。

 小説家兼アーティストとして時代の寵児となった女・京子。極彩色の部屋に籠もり、マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みでこなす毎日。私は京子なのか?京子を演じているのか?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく…

 イヤこれアカンでしょ。最早、浪漫ポルノの定義の1つ「10分に一度の濡れ場」定義を満たしてないじゃんw。それも、子音センセの暴れっぷりの1つとして捉えるべし、的意見も一部にはあるの鴨試練けど(確かに描写わ、センセらすぃ暴力性がそこかしこに)、何でもアリぢゃないんだから。
#観たリブート2作わ、ちゃんとソコ守られてますたよ。

 この主演嬢も魅力的ぢゃないなぁ。まぁだからヘッチャラで脱げたりするんだけど。むしろ評価すべきは、サブの筒井真理子女史の方。
https://entertainmentstation.jp/64839
 昨年「淵に立つ」中で、使用前/使用後で10kg以上も増量して臨んできた、気合の入った御方でRが、今回もソレに負けず劣らずっぷりの、アンダーヘア全開。個人的には主演嬢より余程ソソった。

 出だし30分程である仕掛けがRが、まぁ恐ろしく驚く程でも無い。話全体的にも、そんなに重城威モンだとわ思えなかったなー。まだ先週レビューした「牝猫たち」の方が、浪漫ポルノとしてわずっと上。

 筒井女史の熱演に免じて、辛うじて最低評価わ回避させてやるとしま賞。

△: グレート・ウォール

 久々に3D版。2D版でやってる館もRが、こちゃらでは激少&日時都合合わずやむなく。
#3D眼鏡かけたのって、一体いつ以来でせう?。チャイ製だけどマット・デイモンが、とゆー辺りがどう影響するか。

 金と名声の為に中国へ赴いた傭兵ウィリアムは、人類史上最大最長の建造物にして最強の防壁である万里の長城にたどり着く。そこで60年に1度現れる伝説の怪物“饕餮“(とうてつ)との激闘を目の当たりにした彼らは、世界を守る為に戦う事を決意するが…

 前田センセ評に釣られ過ぎたかのぅ。歴史モノとみせかけて、実はかにゃりケッタイなSF怪獣モノと言えるとおもーが、兎に角カネかかってる事だけはよく分かるけども、いかにもなチャイ的統率取れた場面って、ミョーに造り物過ぎて馴染めない。そしてマットデイモンなんて引っ張ってくるから、増々その意義がワケワカメ的に(どうせならチャイ人で統一すべきだたのでわ?)。

 あとで愚愚ったけど、午前十時~で観た「初恋の来た道」と同一監督センセだたとか。そっれに馴染めなかった誰かサンは、もっと早く気がつくべきでしたで賞。。。

△: 彷徨える河

 コロンビア=ベネズエラ=アルゼンチン発とゆー珍しい作。何でも20世紀初頭頃に、アマゾン奥地に足を踏み入れた2人の探検家の実話ベースとか。

 アマゾン流域。滅ぼされた先住民シャーマンの生き残り祈祷師カラマカテの元に、ドイツ人の民族学者テオがやって来る。テオを案内して訪れた「宣教区」と呼ばれる土地では、修道士が子どもに暴力をふるってた。病の治療を頼まれたカラマカテは聖なる植物ヤクルナを求め、カヌーを漕ぎ出す。年月を経、年老いたカラマカテが白人エヴァンと再びヤクルナを探すべく同じ場所を訪れると、自らを「救世主」と名のる男を中心とした、カルト集団のコミュニティが暮らしていた…

 何だか微かに、「地獄の黙示録」アマゾン編とゆー臭ひもする一方、もっと単純に"自然に還れ"メッセージとも取れる。全体にやや単調でドラマ性が薄いのが難か。白人側の、時代も関係性もない全く別の2人の主人公を、敢えて混同錯覚させるよな描写方法も分かり難さに拍車をかけてる飢餓した。

 そして中心メッセージもワカランではないけど、逆に祈祷師側の余りにも「自分側の方が絶対にに正しい」と言わんばかりの数々のふるまいに、ブッチャケ辟易。そこまでオマエラ側だけが正すぃと言い切れんのんか?、的疑問も途中から感じ始めるのでR。

 これが実話だっつーのだから、何とも海女村もややこすぃトコやのぅ&トウシロはヤッパむやみにそゆトコへ近づくべきでナッシング、との感を強くしたのでR。

>つおい。余りにもつおすぎる、その1。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00010003-abema-soci

 棋譜もチェキしたけど、ただ勝っただけでなく、事実上TOP棋士側を続けてタコ殴り状態。恐るべし厨房。((((;゚Д゚))))

>つおい。余りにもつおすぎる、その2。

 この世界最強同士の三番勝負も必見。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/10/news117.html
#お隣ギョーカイのアレって、何で二番勝負なのか…尤も、ヒト側連敗に決まってるのだから、最初から、三番設定する意義なんてナッシング、と見切られての鴨値。。。

>隣部屋に胡椒軍曹貼っちゃったので、こちゃら部屋ではらしく、映宣ポスタ編をば。
 

先日、全国紙幾つかの1面全部使った大々的広告打たれた件でつが

 投稿者:返信任者アラシ@っつても逃げ恥  投稿日:2017年 4月13日(木)10時22分43秒
返信・引用
  …でわなく、某軍曹な方。
http://www.sankei.com/entertainments/news/170411/ent1704110009-n1.html
 発注しよかどしよか、と悩んでいる強行の語路。

#これだけアウトテイクが多ければ逝くしかないか!?ヽ(^。^)ノ
http://www.hmv.co.jp/artist_Beatles_000000000000487/item_Sgt-Pepper-s-Lonely-Hearts-Club-Band-Anniversary-Super-Deluxe-Edition-4CD-Blu-ray-DVD-%E3%80%90%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%E3%80%91_7811290/track/1/#audition
…でも、こゆのを出してほしのげんなのわ、"軍曹"盤もさること乍ら、"回転拳銃"盤の方なのよねん(かお)。

 そしてこの軍曹盤に真正面から挑んで成功した、稀有な例。を思わず久々再掲。
https://www.amazon.co.jp/Little-Help-My-Fwe/dp/B00KE3B660/ref=sr_1_5?s=music&ie=UTF8&qid=1491892310&sr=1-5&keywords=Flaming+Lips
 春樹せんせに「聴け!」とゆーといたけど、果たして聴いて貰えたかしらん。

>館でやっつけた記。

○: ちょき

 ロ-カル発低予算作、と一見思えるが、このジモチー単館が引っ張って来るからにわ何か理由がRハズ、って事で。殆どは無名役者バッカ(芳本美代子・小松政夫を除く)。

 和歌山県で美容室を営む直人は、最愛の妻、京子を5年前に亡くしてた。そんな直人の元に、京子の書道教室に通っていた少女サキから電話がかかってくる。この10年間、一度も会っていないサキは完全に視力を失っていた。やがて直人はサキのある思いを知るが…


□: 赫い髪の女

 リブートPJ、第2発目。といっても実わ番外編。元々今回は計5つの新作なんだけど、
http://www.oricon.co.jp/special/49349/
 当ジモチー館でわ独自に、往年のソレ系名作との巷評のを独自に2作追加、計7作構成とし、それを2回ずつ上映・2週間興行とゆー構成。

 で本作わ、その追加2作中の1つ。79年作。中上健次センセの「赫髪」を神代辰巳監督、宮下順子主演で。

 建設会社で働く光造。ある日、仕事帰りに女に声をかけた。その日から女は光造の部屋に居続けていた。来る日も来る日も身体を重ね、光造は女のことを何も詮索しなかった。女と出会う前、光造は同僚の孝男とともに建設会社の社長の娘・和子に乱暴を働いていた。和子は妊娠し、孝男に駆け落ちを迫る。二人が町を出て行く日も、光造と女の生活は変わることなく続いていたが…

 これまた、工口いか工口くないかと言われたら後者の方。とゆーてもムズい系に走るのではなく、誰かが評してた、当時流行ったATG映画っぽい、とゆー評が実に的を得ている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本アート・シアター・ギルド

 最低限の工口が入ってればあと何をやっても可、とゆートコを存分に生かした作とゆーか。だから多分、本作をロマンポルノ意識枠で観てはイカンのであらう。って、元々の主旨からソレって如何なものか的事も一方では言えるのだろけどw

 そゆ縛りを逆手にとって、敢えて暴れてみましたとゆー感じにするとこうなるのかしらん。中上せんせ原作らしく、文芸作と観れば合ってるの鴨値。ATGっぽいのがお嫌いでない向きには、この評点は納得して貰えるで賞。

○: 牝猫たち

 「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督せんせによるリブートPJの新作。

 夜の街で生きる女達の切なくも可笑しい日常を切り取った群像劇。池袋の夜街を彷徨う3人の♀。各々の悩みを抱えるジョーカノらは、呼び出された男達と体を重ねながら、そして、また夜が明ける―ワーキングプア、シングルマザー、不妊症…それぞれの悩みを抱えつつ、颯爽と現代を生き抜く♀達と、それを取り巻く♂達の物語…

 ♂♀双方に主人公と言える人物を造らず、双方(合わせて)に幾つか特徴ある話を造り、それを順次切り替えて…とゆー構成で進むが、これが予想以上に見れる代物に仕上がっている。肝心工口シーンについてはヤパーリ大した事は無いが、その辺の期待は序盤で「あ、その方向はヤッツケで済ます程度なのねん」と分かるので、過度のソッチ方向期待を抱かずに観れる。

 なので、"何でもあり"を生かした方向にするとこうなりますた、とゆー意味では中々よく仕上がった方なのでわないか。まだ全部観てないが、ひょとすると本作の為に本リブートPJ企画したカイはあった鴨、と思わせる程の好作で賞。危うく◎印を打つ寸前ですた。

□: (秘)色情めす市場 (←注、正確には冒頭部は"マルヒ")

 独自追加2作中のもう1作がこれ。ちなみに74年作。

 トメ(芹明香)は大阪・西成地区の売春婦。やはり売春婦をやっている母よね(花柳幻舟)、白痴の弟実夫(夢村四郎)と暮らしている。西成のドヤ街には雑多な人たちが集まってるが、そんな中でたくましく生きていくトメ。ある時は母の客を奪って母娘喧嘩になったりするけど、白痴の弟にはとても優しい。子を身ごもるも堕ろす金がなく泥棒をはたらく母に、母の客であろうと身体を売り、さらには実弟とも関係するトメ。ある日、弟は首を吊って死んでしまい…

 これまた、何でもアリ枠を最大限に生かした作。冒頭モノクロでスタートする浪漫ポルノなんて、誰かサンの経験上、「そんなモン有田家?」w状態ではRが。
#日活浪漫ポルノ尻~図て、70年代頭スタートなので、オールカラーだとばかし思ってたんだけど。
 そしてある途中からカラーになり、またモノクロに戻るとゆー、何とも芸駒な造りww

 これも工口いか工口くないか、と言われれば、主人公♀は全く誰かサン好みではないので、ソコでは全く勃たず。むしろ中に出てくる、脇役女優の方が余程肉感的で工口い&演技モナーって、どゆ事?www

 荒筋はそんな感じなんでイヤハヤゴイス、としいか言いようが…だが、多分本作が浪漫~の中で名作と言われてるのは、70年代前半の、通天閣とか大阪あいりん地区界隈の、如何にもな底辺庶民層の描き方にあるんだ路寝(←そのもの)、ってトコではないかと。もう現代じゃこんな風景残って無い訳だし。
 そこに敬意を表しつつ、こんな評点辺りが妥当でわないで賞か。

 ところで後から愚愚ってると意外発言ハケーン。橋本愛、エラい!ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ
http://news.livedoor.com/article/detail/9270216/

>先日の「人類遺産」追加話。

 一つだけ、「何でそんな物を浜辺に!?」と思ったのが写真。で、漸くソレが何であるかが判明…その筋なヒトビト間でわ、著名物件だたのねん(かお)。
http://japan.digitaldj-network.com/articles/17824.html
 

先日の年イチ自治体大会でがむばっただけあって、広報誌に名前が

 投稿者:返信任者アラシ@載るギリギリの  投稿日:2017年 4月10日(月)16時47分57秒
返信・引用
   結果は出せたので、ヨシとする。ここ数年、ふがいない結果が続いてただけに、ぶっちゃけうれしー。こーゆートコに出ないと、いつも習いに来てる子供(の親)に「あのオヂサン、少なくとも弱くわないのだな」と示しがつかんからw、とゆー裏事情もR。

 そしてかてて加えて、珍しく表彰式の写真付紹介だったので、久々「ココに出とるぜよヽ(^。^)ノ」と自慢げにURL貼ろうと、改めて見た時気付く:そゆ(スポーツ系も併せた)競技系の結果頁って、個人名モロに出てるから、そゆトコだけWEB版でわバッサリ落ちてるのねんw。 そうか載ってるのは各戸配布の紙版の方だけだたか…まぁ、ジモチー内向けとしては其で用は為すのでヨッシングとするか(かお)。

>館でやっつけた記。

○: LION/ライオン ~25年目のただいま

 幼少期に迷子になって以来25年間、家族と離れて生きた♂の実話とか。ゴールデングローブ賞にノミネート、とゆー前宣伝。デヴ・パテル@「スラムドッグ$ミリオネア」が青年期の主演、脇にニコールキッドマンら。

 5歳時に家族とはぐれ、以来オーストラリアで養子として暮らしてきたインド人青年サルー。成人して自分の幸福を追求するも、それには生き別れた家族との再会が不可欠。そう悟った彼は、おぼろげな記憶とグーグルを頼りにして、家族を探そうと決意するが…

 某氏評はよろしく中田けど、まぁアウトラインは最初から最後まで宣伝から予想がつく通りなので、如何に途中展開仕方を上手く見せるかが勝負所。

 その意味で、前半1hの、主人公印度人子役の出来はとてもヨカタのでわ無いか。イロ工口なヤバゲな罠を、勘よく切り抜ける辺りは、大体上手く逝くんだろな、と分かりつつだけども、中々見応えがあった。

 しかし残念ながら、後半1hの青年期話部になって展開失速。まぁ話の展開上&実話なのでやむを得ん面はあるけど、だたーら描写方法考えて、もっと時間切り詰めてもヨカタのでわ。この部分でわ個人的には、あのエキセントリック感情を持つ、途中から加わった"兄"を混ぜたトコが意外に気に入ったのであった。

 全体総合でわ、混ぜてこんな点数辺りが妥当で賞。ちなみに、実写化攻殻機動隊よりもコッチ逝って、ま~だ正解だったと思いまつよw(※後述)。

□: 夜は短し歩けよ乙女

 森見登美彦原作による、百万部越え売れた原作のアニメ化。ほしのげん他、声で。

 クラブの後輩の“黒髪の乙女“に思いを寄せる“先輩“は、“なるべく彼女の目にとまる=ナカメ作戦“を実行する。しかし先輩は、個性豊かな仲間たちが起こす珍事件に次々に巻き込まれていく。後輩との関係は一向に進展しないまま、季節はどんどん過ぎ行き…

 何故か、ここらでわクリビツする程のかにゃりの入り。ほしのげんセンセ人気もあるのでせうか。

 本の表紙にされてるあの絵柄のままアニメ化なので、かにゃり観るヒト選ぶであらう。原作もこの世界観なまんまなのであるらうか?(※尻間線)。だたーら、よくこれで3桁万部も売れた余念的驚きもR。

 全体にテンポよく進むので、1.5hはあっとゆー間。あとはこの独特世界に馴染めるかどうかが評価の分かれ目か。誰かサン的には、分かるトコとそうでないトコが入り混じったよな間感じだたので中庸点数とさせて貰ったけども、多数観に来てたヒトビトはどーだったで賞。

 本監督センセは、来月には今度は全くオリジナルな話での公開が続けて控えてるらしく、ちょっとソッチの画柄も前宣伝観る限りこれまた結構独特なので、ソリは逝こうかどうしようかしらん。。。

△: T2 トレインスポッティング

 主役は同じくユアンマクレガーで、20年ぶり続編。前作観たけど、内容自体は世間評程の事かのぅ~的印象だったが、もっと著名になったサントラの方は、1/2とも死ぬほどヘビロテで聞き捲ったので。

 大金を持ち逃げし、20年ぶりにスコットランド、エディンバラへ舞い戻ってきたマーク・レントン。相変わらずモノ分かりの良い大人になれず荒んだ人生を疾走するシック・ボーイや、スパッド、ベグビーと再会を果たす。やがて彼らは人生を、未来を選んでくが…

 前作も評点付けるならこんなモンだけど、続編もやはりそんなモンですた(藁)。ハッキリ言って前作内容は殆ど頭に残ってないのだけど、登場人物群のダメキャラぶりは、20年後の中年になった今でもそのまんま&行動その他も、相変わらず底辺層のグダグダっぷり。誰一人、何にも変わってない。

 まぁソコは元々そんな内容なのだからゆーても今更次郎だが、何か続編らしい気の利いたトコを、流石にもう少し見せてくれないと。。。前作は中身よりBGM付け方がVeryナイスだたけど、本作は極めて凡庸&前作マンマなのを再度流されてモナー。。。

 本当の最後の最後の撮り方で漸く、気の利いたナイスシーンが出てくるけど、流石にエンジンかかるの遅すぎ。総評は、往年著名バンドの再結成を観てるかの如しで、やっぱ続編造らず、静かに眠っててほしのげんだたで賞。

△: ゴースト・イン・ザ・シェル

 某所で評判最悪だったw、ARAISE版は…の前に、そもそも攻殻機動隊の話って全然知らないんでつが、レベルの香具師が、そのスカーレットヨハンソン&北野武、桃井かおりらでの実写版を観に逝ったらどーなるのか。ホソダ全面協力とゆー倍苦も確認したかったし。

 脳以外が全身義体の世界最強の捜査官・少佐(スカヨハ)は、エリート捜査組織・公安9課の面々と共に、脳をハックするサイバーテロリストとの戦いに身を投じていく。やがて少佐は、自分の記憶は操作され、命は救われたのではなく奪われたものであった事に気付くが…

 な~んかよくあるSFモノ、の域を出ず。原作、まさかこんなつまんねー話ぢゃない余念?(後から愚愚るとやっぱ、そこの出来が相当グダグダだたみたいけど)。

 そして冒頭の、半世紀前の認識でそんなの終わっとけやゴルァ!な古風な日本風味もダメダメだし、大体が北野や桃井をわざわざ引っ張ってきた意味が、まるで「???」状態。そんな程度如きの為に?、とおもーと(´`)。。。北野も桃井も、こんな仕事蹴飛ばさなきゃダメだって。

 かろうじてスカヨハのボイン強調ボディスーツがまぁ見れる出来はあったので最低点にわしないけど、この出来にわ攻殻~のファン層も激怒モノでわないかと想像。

 結論:やぱーり可倒せんせ共々、スカヨハのパイオツをモミモミしてみたかったにょ(ぉ

○: 五日物語 3つの王国と3人の女

 グリム兄弟にも多大な影響を与えた17世紀の民話集『ペンタメローネ/五日物語』を映画化したファンタジーとか。

 3つの王国が存在する世界。ある王国では女王が“母になること“を求め、別の王国では老婆が“若さと美貌“を望み、もう一つの王国では王女が“大人の世界“への憧れを抱いていた。やがてそれらの願いは叶えられるが、その先には皮肉な運命が待ち受けていた…

 怖い童話世界を、強引なグロ描写&独特のゴシック感触で実写化するとこんな感じになるのかぁ~とわ、中々新しい映像感覚で、期待以上に重城史ですた。3つの別々話が同時進行し、最後で漸くリンクするとゆー構成だけど、その話3つともそれぞれが中々の筋展開。単純に歴史ものを映画化してる作辺りとは、感触がまるで違う辺りがヨッシング。あちゃら童話版「世にも奇妙な物語」と評してたヒトいたが、成程言い得て妙。

 へっちゃらっでキモい/グロいイロ工口な、ヒトぢゃないキャラも出してくる辺りも○。個人的にはチビキャラには欠かせぬトビー・ジョーンズと、またもやのヴァンサン・カッセルがよかったにょ、って訳でこの評点。

△: TOMORROW パーマネントライフを探して

 仏で動員百万人突破の大ヒットを記録したドキュメンタリーとか。

 2012年、学術雑誌ネイチャーに21人の科学者が、今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡するという論文を発表した。その警告に危機感を抱いた女優メラニー・ロランは、ジャーナリストのシリル・ディオンと共に旅立ち、さまざまな人々と出会っていく。農業、エネルギー、教育などの分野で新しい取り組みを行っているパイオニアたちが多数登場。

 うーむこーゆー環境映画って時々あるけど、どーも説教臭さが本作は強すぎ。(逆に、この出来で仏でわそんなに動員出来たとゆーのは、ある意味クリビツ。お国柄が違い過ぎるのかしらん。)

 言ってる事はそれぞれ全くご尤も、なんだけど、問題はその主張し方とゆーか。ミンナ地道にがむばろー!、は結構だけども、そゆ環境ドキュメンタリ作は他にもいぱーいあるの余念。もっと独自性出さないと。

 もっともこゆ作評価は、各人好みとか信条も結構大きく影響するので、ムズい面もRが。

△: ジムノペディに乱れる

 ここから断続的にロマンポルノ・リブートPJ作をやっつけてくが(※当企画引っ張ってきたジモチー単館はエラい!ヽ(^。^)ノ)、初っ端は行定勲監督せんせ作&板尾創路主演。タイトルは、エリック・サティの著名曲でRのわ、言わずモガモガでつね。

 取り敢えず本リブートPJの縛りをば:「日活ロマンポルノの45周年を記念し、同企画を再始動させるプロジェクトから生まれた官能ドラマ。10分に1度濡れ場があれば内容自由。」

 映画監督の板尾は、鬱屈とした気持ちを抱えたまま、1週間も撮影を進められない日々が続いてた。どうしても撮れない板尾は、肌の温もりを求めて女達の隙間をさまよう。仕事、名声、そして愛。全てを失ってしまった男が辿り着いた先に見つけたものとは…

 確かに濡れ場がその時間頻度で出て来はするけど、ぶっちゃけライト過ぎる。板尾せんせは演者として流石の場面も魅せるけど、周りの女優がこの程度でわ。。。行定せんせみたいエラい監督が今、こゆ方面の作を撮るとなると、どーしてもこゆ感じになっちゃうのかね。。。なーんか突き抜けて無く、凡庸とゆーか(が、アートに走ってないだけまだマシか)。

 もっと工口いモン期待して、観る側わ逝ってるとおもーんだけどなー。往年にっかつ作だってもっと工口かったよ。エラくなっちまったせんせ型に撮らせるとダメなのかしらん(とゆー事は本尻~図全体が…とゆー危惧も)、と今後やっつけてく作群にヤな悪寒がしないでもないで賞。

>治ったと思った、歌舞のミラーぐらつきが再発。。。

 ネジすべり止め材注入でダメなら、いよいよ接着剤注入かしらん(どーぜダメなら捨てる覚悟で)。
 

倍苦消耗品を程々には買わねばだが、かき集めても送料ロハとなる

 投稿者:返信任者アラシ@2k円迄にわ、  投稿日:2017年 4月 7日(金)10時49分11秒
返信・引用
   あとたった数十円分、足らん。。。

>館でやっつけた記。

○: お父さんと伊藤さん

「ふがいない僕は空を見た」や「ロマンス」のタナダユキ監督せんせ新作とあれば当然。上野樹里に、リリーフランキー・藤竜也らで。

 書店でバイトしながら自由気ままに暮らす34歳の上野は、給食センターでバイトしてる20歳年上のバツイチ男・伊藤さん(フランキー)と付き合っている。ある日2人が暮らす小さなボロアパートに、息子の家を追い出された彩の父親(藤)が突然転がり込んできて…

 これも家族物だけど、いかにもポンニチ発らすぃ…といっても小津とか是枝作とわ全然テイスト違うけど…ふいんき。流石はタナダ女史、料理仕方が上手いとゆーか誰かサン好みとゆーか。

 上記の他に話には上野の姉夫婦も加わるが、特に部外者のフランキー役の設定がよひ。フランキせんせもこゆ役回りでわ、グンバツの上手いトコを魅せる。ただ逆に、(恐らく原作からなんだろけど、)藤の台詞にある特徴的定型語尾をつけて、無理矢理ユーモラス感演出しようとしたり、大事に荷物として抱えていた段ボール箱の中身が結局「え、ソレ!?」&その説明が不十分で未消化だとゆー辺りは若干マイナスせざるを得ん。

 ユーモラス色を完全払拭して、徹頭徹尾真面目一本で造った方がもっとよかったんじゃアルマジロ?。次回作へもこれなら期待十分で繋げられる水準には達してるで賞、って事で。

>CGは、前月号の創刊号付録は以前も別の形であったけど、

 今月号の、創刊2号を、とゆーのは初な筈。
http://www.cargraphic.co.jp/publication/
 今後も延々と、創刊3号4号と、続けてくれるなら…と思ってる人は潜在的にそれ也数いるとおもーがどーか。
 

今更次郎ながら、JFKヨメは"私人"扱いだったのでせうか?(w

 投稿者:返信任者アラシ@色々と御活躍な  投稿日:2017年 4月 6日(木)16時15分20秒
返信・引用
   かの御方の現状を、先日のそのポートマン主演作に照らし合わせて考えると「ほほぅw」、なトコもイロ工口と見えてきま、とやっつけた記に書き忘れた補足。

>そして全員、嫁!、な佐藤せんせ新作は、

 これまでのセンセ経緯~所業からして、店頭で見かけた瞬間、「あ、多分禁$だたーらロハで出てるな」と帰ってチェキしてたら、案の定ですた。ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XSCK3TG/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1491437746&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%A7%80%E5%B3%B0
 「バクマン。」に、せんせ著作の「漫画貧乏」(←これもロハ公開されてるので併せヨロね)を合体させ、よりダークに仕上げた感じw…かどうかは、各人チェキよろ。

>館でやっつけた記。

□; 暗黒女子

 今となっては清水@出家嬢の最後の雄姿?を拝める、所謂イヤミスが原作な作。宣材では主役2TOP中の1人的に写真出てるけど、実際は脇役に過ぎず、主役は飯豊まりえ(ワカモノ青春向け作では程々著名らしいけど、全然尻間線ですた)。

 聖母マリア女子高等学院で、飯豊がすずらんの花を握ったまま屋上から落下する。自殺か他殺か、謎に包まれる中、文学サークルの誰かがジョーカノを殺したという噂が立つ。飯豊の親友だった清水は、“飯豊の死“をテーマに定期朗読会を開催するが…

 事前に脅かされてる程、驚くような展開は無い。JK題材のイヤミス方向なら、まぁこういう造りかにょ、的内容。駄目ではないが、誰かサン目線でわ和製ミステリとしてごく普通な範囲。お嬢様学園舞台で…なら、こういう感じにならざるを得んか。

 ただ、中で1カ所、どーしても「物理的にソレ、ありえねーだろ???」的無茶設定のトコがあって、そこは減点。他も、筋の組み方がやや荒くて雑。原作からこうなのか、映画化の上でやむなくそうなったのかわ不明なるも、も少し緻密な組み立てを見せてほしのげん。

 まさかこれが引退作になろうとわ、撮影時点でどの程度覚悟してたかどうかわ尻間線が、清水嬢自体の出来としては、ふつーでまぁこんなモンでしょ、感。最期記念で若干甘めにこんな評点で。

□: 人類遺産

 『いのちの食べかた』『眠れぬ夜の仕事図鑑』など、ナレーションを用いないドキュメンタリー作りで独特だった監督せんせの、またまたそのその手法での新作。人類が捨て去ってきた“廃墟“にスポットを当て、人間が一切登場せず“人間“の記録を描き出す、とか。原題は「Homo Sapiens」のみ。

 人の手によって作られ、利用され、やがて人間の都合で放置され、朽ちてゆく“廃墟“。高度経済成長期の象徴というべきマンモス団地や、子供たちや家族を喜ばせた遊園地、観客に興奮と感動を与えてきた大劇場など、今は無人となったそれらにカメラを向ける…

 せんせドキュメンタリ作群は、ノーBGM・ノーテロップ・ノーナレーションが特徴。但し無音ではなく、その画を撮った時の音はそのまま入ってる。

 今回は廃墟…というか、建物ばっかぢゃなく、景色的なものも含まれてるから、"棄景"集とでも呼んだ方がシックリ来るか。
#廃墟ブームの最初期に出された写真集として、その道でわ著名。
https://www.amazon.co.jp/%E6%A3%84%E6%99%AF%E2%80%95%E5%BB%83%E5%A2%9F%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%97%85-%E4%B8%B8%E7%94%B0-%E7%A5%A5%E4%B8%89/dp/4796606513

 計70ヶ所を1.5h強で、という紹介仕方で駆け足気味。但し時間流れは非常にゆくーりに感じられる。動くのは&聞こえるのは、鳥の羽ばたきか水が滴る音か風程度なので、廃墟マニア系以外には単調で辛い鴨試練。

 このよな制作方針なので、殆どはどこを映してんだかワケワカメ。ハッキリとソレがドコ、と素人目にも分かるのは、フクシマとスリーマイル島原発と軍艦島の3カ所のみ。その夜、クレージージャーニー見てて「あ、アレはソコだたのか」と初めて分かる始末な所も2,3あった。(エンドロールにさえ、撮影対象はどこの何、とゆー情報は一切ナッシング。)

 何故か最後までちゃんと見れたが、先の2作と違って製作者意志がどの辺にあるのか掴み辛い。パンフ買ったらちゃんと解説してあったので賞か?。

○: The NET 網に囚われた男

 韓国発でも、本・キムギドク監督センセ作は、絶対外せない。

 妻子と共に貧しくも平穏な暮らしを送っていた北朝鮮の漁師ナム・チョル。ある日、彼はいつものように漁に出るが、網が船のエンジンに絡まり、韓国側に流されてしまう。韓国警察に拘束されたチョルは、スパイ容疑をかけられ、執拗で残忍な拷問を受け…

 タイトルは中々まいう~なトコを付けたもの。但し本監督せんせらすぃ、エグい系描写はいつも作群よりはやや抑え目?。表現もエラくストレート勝負。展開も従って、(派生のアレコレはあるけども、)本筋部的にはある程度予想の範疇。尤もこんな題材でわ、やむを得んで生姜。。。

 南側に行って↑な如く痛めつけられるのだから、その後イロ工口あって、また北側に、なんだけども、そこでも同様な事は推して知るべし&家族モナー。多分似たよな話は現地でゴチャマンとあるのでせうな、事が容易に想像できま。

 北でも南でもこんなワイコワイコなトコらとわ、程々距離を保つのがやっぱベストで賞。

□: たかが世界の終わり

 グザヴィエ・ドランせんせ新作は家族物とか。ギャスパー・ウリエル@ハンニバル・ライジングとかレア・セドゥ@007スペクターでのボンドガールかにょ矢張り、に、マリオン・コティヤール・ヴァンサン・カッセルら(2人は今回は脇役側)。カンヌでパルムドールぢゃ中田けど、その次のグランプリは獲りました触れ込みで。ベースとなった戯曲「まさに世界の終わり」をアレンジ、とか。

 自らの死が間際に迫ったウリエルは、疎遠にしてた実家を12年ぶりに訪れる。余命僅かと伝えようとする彼だが、自己中心的な兄カッセルや、マイペースな母を前に、中々切り出す事ができない。やがてルイは、カッセルから昔の恋人の死を告げられ…

 家族物とゆーても小津や是枝、山田洋次せんせらのソとわ全く違うw。設定もあるのだろけど、何とまぁ(暗い歩行で)ケタタマシイ一家である事よ、な描写に意味なく疲れる。特にカッセル役柄が全く受け入れられん&こんなジコチュー身内におったら、タマランだろうなぁ実際。

 とかゆー、室内描写(顔もやたらうpが多い)が主体なのは、戯曲ベースなトコから来てるんだろけど、それにしても登場人物も会話もエキセントリック過ぎて、付いてくのにヒーヒー状態。やや静かでマトモに見えるのは、主人公とコティヤ-ルのみ。

 で結局、そのラストなのねん…どーも不完全燃焼感が残る。ドランせんせらすぃ撮り方、BGM付け方は成程と感心なシーンも其也にあるけど、まだまだこんな出来では満足しねーでみ。(っつうか、これ位で賞やちゃーうカンヌも、ドランせんせだからっちゅーて甘過ぎ。)

 主人公ならずとも、こんなだたーらそりゃぁ長年、実家に寄り付きたくも無くなる罠、的トコには、ポンニチ的ふつーメンタリティなヒトビトなら、誰もが大共感するで賞。

>昨晩初回、「マツコ&有吉かりそめ天国」感想。
https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-170406-0016.html

 流石に題材がヌル過ぎる飢餓する…久保田アナも2人もまぁこんなモンだろ、とおもーが、それだけで1h近く引っ張るのは抑揚が無さ過ぎて、的問題もR。今更次郎乍ら、「新三大○○調査会」は偉大だたと再認識。

 まだ長い目で見なきゃイカンの鴨試練が、もし何のテコ入れも…だたーら、相当な短命に終わる悪寒。。。
 

レンタル掲示板
/58