teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


某畑の収穫作業結果からすると、今年のジャガイモは豊作であらう

 投稿者:返信任者アラシ@と断言しときま  投稿日:2017年 6月26日(月)16時41分26秒
返信・引用
   ポテチファンなミナチャマには朗報であらう。取り敢えず某宅も、作業総量に見合った結果が付いてこないと去年みたくガカーリするので、今年はまずは一安心。

 ソレは兎も角、その作業中に、恐らく人生初の熱中症にやられる\(ToT)/

 いや、そんなピ-カン照りで暑いって程でも中田し、帽子は被ってたし、途中途中で水分補給はバッチリしてた筈が、4hほど連続作業した後に、急激に体が異様にダルくなり、畑の真ん中で立っていられない程となった。

「今までこんな体調な感じのは身に覚えが中田のに、一体???」と、丁度のタイミングでまさか小林麻央的に癌系が我身にも?、とも思わず想像。

、堪らずその場に座り込み、しばらく休んでたら、それでちょっとは楽になり、もうちょっとで作業ーーー糸冬 了ーーーだたので我慢して残りをやり切った後で、帰って引っくり返ったが、その後寝る迄、断続的にやたら大量の水分採った(の割には余りトイレも行かなかった)。

 あとで訊いたらツレも、それ寸前な感じはあったらすぃ&同様に水分取り捲り。風呂入ったら、予想以上に体露出部が日焼けしててイテテ状態(双方共)。「結構曇ってた筈なのに。これだけ焼けるとは…」と、そこで漸く、アレは熱中症一歩手前だたのか?、と気付く。

 まぁ畑の真ん中でぶっ倒れなくてヨカタが、逆に言えばその程度でこうなるっつー事は、やっぱトシなの鴨試練。。。

>館でやっつけた記。

○: 若者のすべて

 ヴィスコンティ大センセ・4kデジタルリマスタ巡業版の第2作目。正味3hの大作。館では2回目だが、冒頭出たテロップによると、60年公開当時に検閲で引っかかって十数分やむなくカットされた版で長らく公開されてきたが、数年前に倉庫でオリジナルネガがハケーンされ、それを4kで修復。完全版としてワールドワイド的に館を回るのは今回初とか。

 痛国南部の貧困移民・パロンディ一家は、父親を亡くし、母親に連れられて5人兄弟中、長兄の住む北部大都市ミラノにやってきた。次男シモーネはボクサーとしての才能を開花させるが、粗暴な性格で、娼婦ナディアとの関係にのめり込んでしまう。三男ロッコ(アランドロン)はシモーネのせいで職場をクビになり、徴兵を受けて町を去り…

 話の中心は二男と三男と、その共通のジョ-カノとなる情婦の三角関係。所謂、痛国ネオリアリズモ期作らすぃふいんきで、この後耽美的方向に作風が変わってくヴィスコンティせんせもまだその萌芽は感じられず、話も分かり易い。(但し逆に、これ以降作のヴィスコンティせんせらしさ、というのは逆に希薄)。

 あと、3hある割には、次男⇔三男間の他の3兄弟の存在が描写不十分でやや希薄か(性格設定の問題もRが)にょ、とゆー欠点も多少は。だたーら元々もっと少人数兄弟設定にすりゃいいじゃん、と思えなくもない。

 後で愚愚ると、「所詮貴族階級出のセンセに、こんな下層階級の事が分かるかいなw」的評も散見されたけど、そこはあんまし気にならなかったなー。逆に、その割にはよく貧乏生活をよく勉強して(?)出来ますた的感想だったけど。アランドロンは度々せんせ作では出てくるけど、この時点でハヤ出来はヨッシング。

 痛国的感情表現がちょっち大げさすぎかな~と思わなくもないけど、普通に大河ドラマ的に楽しめま。そんなこんなの総合評点はこんなトコで、後年の「ベニスに死す」「山猫」型のセンセ特有描写が苦手な向きも愉しめるで賞。

>間隙を縫って免許書き換えもーーー糸冬 了ーーー。

 春先の勤務先健康診断・視力検査で、「次に免許書き換えん時は、眼鏡必要だ罠」と言い渡されてたが、2~3年前から老眼進行な自覚症状はあったので&前回更新時にもまぁまぁギリで視力検査通った感があたので、流石に今回は無理だと、過日眼鏡だけは作っておいた。が、日常生活で特に不便はないので、以来全くかけずに放置プレイ。

 当然昨日はその眼鏡もってって、視力測定の段で言われる前から眼鏡かけてスタンバってたら、検査官が現免許証と見比べて「眼鏡必要ですか? 取り敢えず、掛けずにまずは測定してみまショ」と促すので、まずは裸眼で視力検査。

 案の定、見えずに何回か間違えるが、「それではコッチならどう?」と別箇所を指されたのは読める。しかし見るからにそれも、法定上定められた0.7を確認するランドルト円環群じゃなく、もっと甘い大きさのしか見せてないよな?w(パッと見、0.4前後程を確認するよな大きさの香具師)。

 結局、検査官は何故か眼鏡要らずで合格させたかったらく、眼鏡の出番はないままーーー糸冬 了ーーー。無事に新免許も眼鏡条件無しの裸眼写真となったが、じゃあ大枚はたいて眼鏡作ってったのは一体何やったねん、とも言いたくもなってくる。

 どこぞの免許センターも、こんな塩梅なのでせうかね?。

>某厨房せんせ、連勝新記録達成なるかと相変わらず喧しいが、

 週末に逝ってきた↓でも、例年以上に活況で…と書きたいトコだが、意外に大した事なく、例年通りの人出ですたw 某氏はカワマークのメッシュ黒キャップ被ってるので、どこにいるかわ、ウォーリーを探せ状態って事で(笑)。
 
 

先日からお乳ライディングシューズ物色中。結局貼り合わせたのは

 投稿者:返信任者アラシ@再崩壊。。。  投稿日:2017年 6月23日(金)11時19分33秒
返信・引用
   ボンド1チュ-ブも突っ込んだのは何だったのか、とーーー糸冬 了ーーーしたものに拘泥するのは無駄なので、反省点を生かす事に。

 どうせ骨は雨天時乗らないので防水方向用途は無視。そしてこれまで幾つか履いてきたものの感じから、大体自分の好みも固まってるので、後は予算1マソ以内でドンピシャなのがあるかとリアル店舗をこないだ覗いてもきたけど、値段以前に、靴そのものの形態として希望と合うのが中々無い。

 特に足突っ込んだ後にどう脱げぬよう固定するか、の方法で、単純に靴ひもで縛るだけのがいいのだけど、そこにベルクロだのバックルだのファスナーだのと、追加ホールド作業が必要なのが余りにも多し。脱ぎ履きの時に、そーゆー余計に時間がかかるのはヤなの余念。

 しかしそういうのが非常に少ない…こちゃらの在庫種類少ない店頭で見てるからか、とネトまで見始めたけど、それでもそんな装飾過多のバッカ。うーむーうーむ。

 そしても1つの希望は、底の材質&貼り合わせ方。こないだの木曽福島行で懲りたので、あのパタンの材質&貼合せ方は経時劣化に弱しと分かったので、そうじゃないものを、としていくと増々選択肢が狭まることに。

 眺めてく内に、上記条件を満たし、かつ、「若干傷モノなんでつが」と中古扱いの新古品が1個だけ出てたのをハケーンしたので、予算内にも収まった。それがまた自分の足サイズのだけ丁度あったとわ、とゆートコにも不思議な縁を感じて思わずポチットな。ヽ(^。^)ノ

 と最近散在続きなので、ちょっと自粛モードに切り替えなきゃね~

>館でやっつけた記。

○: メアリと魔女の花

 試写会。痔鰤が事実上の解散状態となったので、ソコ出身のクリエイターらが集結した制作会社、スタジオポノックの第1回長編アニメ。『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督せんせって事で期待大。今回も原作あるパタンで、71年の米・児童文学から引っ張ってきたらすぃ。

 7年に1度しか咲かない花"夜間飛行"。それはかつて魔女の国から盗み出された禁断の、魔女の花だった。花によって一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法大学"エンドア"への入学を許されるが、一つ嘘をついたことから大事件に発展してしまい…

 いかにも、な痔鰤型児童向けファンタジーの流れを継ぐ王道的造りで、中々ヨッシング。駿爺のワケワカメ方向作ではなく、筋もオチも分かり易く、安心してそゆ年齢層に勧められそ、とゆーがザックリの全体感想。事実上の制作staff大半が痔鰤出のヒトらすぃので、画のタッチやふんいきはどうしても、痔鰤に似るのはやむナッシング。

 ただ、話のイロ工口な細部/表現で、過去痔鰤作のどれかを想起させるばやい多し、てのがちょっと引っかかった。まぁ児童文学のファンタジー系って元々、山程バリエーションがある訳でもないからそんなモン、と言ってしまえば終わりだが。

https://www.cinematoday.jp/news/N0092350
「ジブリの呪縛から解き放たれる」…うーむ逆に誰かサンは、まだまだ呪縛から逃れられてないな、と思ったのだけど。尤も裏には、新スタジオの船出第1作目でコケる訳には(経済的な面から絶対)いかないので、まずは堅い所で勝負、とゆービジネス思惑があったの鴨試練。その辺は経営軌道に乗った、次回作以降で徐々に発揮して貰うとしまつか。

 まぁそーゆー大人事情は気にせず、子供目線で見ると十分ヨッシングな作だとおもーので、メインターゲット的にはちゃんと出来てると思いまつ。夏休みに連れて観に行くなら、出銭~とかユニバーサル系アニメぢゃなく、こーゆーものの方が余程いいで賞。

□: ブルーハーツが聴こえる

 このバンドのファンでも何でもないが、下調べ中に、全3hも上映時間が!、と気付いて突撃してみたくなった作。「TRAIN?TRAIN」や「情熱の薔薇」程度は流石に知ってるが、逆にその程度な香具師が観るとどうなるか。後述な通り出演陣は結構カネかかってそう。出自もタイプも異なる監督らが、THE BLUE HEARTSの楽曲にインスパイアされた作品を監督したオムニバスで、恋愛ドラマからSFまで幅広いジャンルの短編を、とか。

 元々は2014年の秋に2015年のTHE BLUE HEARTS結成30周年を記念して制作開始。しかし、2015年に各作品の完成間近にして制作幹事会社が解散、6作品の制作会社が異なることもあって事態が複雑化し、劇場公開ができない状態に陥る。その後、2016年2月26日に上映されたゆうばり国際ファンタスティック映画祭を皮切りに徐々に評判に。それでもなお資金不足は継続していた為、クラウドファンディングで劇場公開に必要な資金の調達を行い、最終的に1200万円を超える資金を集め…と以上、wiki勝手要約。なかなか難産だたのねん。

1)ハンマー(48億のブルース) 監督・飯塚健、尾野真千子・角田晃広ら。

 同棲して3年になる彼氏の浮気現場を目撃した後藤一希は職場でも様子がおかしくなってしまう。彼氏を責める事もできぬ彼女は自分に対して苛立を覚え、決着を付ける事を決意し…

2)人にやさしく  監督・下山天、市原隼人・西村雅彦・高橋メアリージュンら。

 刑務所惑星を目指す囚人の護送船は流星群に襲われる。帰還が困難になったパニック状態の中で、僅かな生存者の一人である凶悪な囚人が暴挙に打って出るが…

3)ラブレター  監督・井口昇、斎藤工・要潤ら。

 脚本家の大輔は自らの高校時代を書いていると高校時代へタイムスリップしてしまう。当時片思いをしていた美少女・彩乃に再会した大輔は、彼女の運命を変えようとするが…

4)少年の詩  監督・清水崇、優香・新井浩文ら。

 1982年のとある団地。クリスマスに健は母親と喧嘩し、一人誕生日を迎えようとしている。TVに映し出される憧れの戦隊ヒーローの姿もむなしく感じる健は重大な秘密を抱える。そんな彼にプレゼントが届き、同封のカードを目にした健は走り出すが…

5)ジョウネツノバラ  監督・工藤伸一、永瀬正敏・水原希子ら。

 最愛の女性を亡くした永瀬は、葬儀の後に車椅子に載せて彼女の遺体を奪い去る。喪失感にとらわれたままの彼は…

6)1001のバイオリン  監督・李相日、豊川悦司・小池栄子・三浦貴大ら。

 福島の原子力発電所の作業員だった達也は地震で福島を離れる。家族が新しい生活に慣れて行く中で達也はそれを受け入れきれない。ある日、後輩の安男が達也を訪ねる。福島に残された飼い犬を連れ戻しに行くという安男に、達也は同行する事を決め…

 1短編ずつの感想を、と思ったが、荒筋書き写してる内にダルくなってきたのでパス(藁)。いや~かなり作風も出来映えもとっ散らかってまつ。個人的にまぁまぁかな、と思ったのは1)4)6)。それ以外は、話が短いセイもあってか、練り切れてない。

 1)は笑い(嗤い)方向に主眼があるが、かとゆーて東京03角田が、バンド仕立てでブルーハーツの曲を熱唱…って、どーしてもゴッドタンのマジ歌選手権を思い出してダメw。その意味で笑ったが。

 4)は、「こどもつかい」の監督せんせもこれ程ちゃんと作れるのに、何でもっと長い作の方で真価を出せなかったのか、とソッチが気になる始末。新井の使い方がよひね。

 6)は最もシリアスな作。本監督センセ&この達者演者群で、時間制約もある中でよひ余韻を残す作となった。テーマ的に食い足りぬのは短編上やむナシだたか。

 しかし全般に、ブルーハーツの曲が流れるシーンがどの作にも付くけど、いかにも取って付けた感が&別に、同バンドの曲である必然性ってどこにもない余念?、とゆー実態を晒す結果に。かつ、各作の方向がバランバランで相互繋がり全くナッシング、とゆーのも計3hもあるのにやや残念な印象。

 とわいえ、同バンドが元々存在しなかったら本作企画もあり得なかった訳で、とゆー辺りはムズい。最大残念ポイントはこのタイトルでせうか…これじゃあパッと見、こゆ中身だとは誰も気付かず、同バンドの歴史紹介作なのかしらん、と誤解受けるばやいが殆どで賞。それが証拠に昨晩も貸切ですた。

>GW前に注文して、到着日予定が5/10となってた、某セコハンCD(確か額そのものは2桁円程の、やっすい香具師)は、過去経験から最長その予定日より1ヶ月近く後に漸く到着、って事があったので、じっと待ちの一手だたけども。

 流石に、予定日1ヶ月過ぎた6/10になっても未着だたので、怒りメールを発送元にぶち込んだ所、荷物不明扱いで全額返金しまつ、との回答が。まぁその対応なら取り敢えずヨッシング、とそれさえ忘れてた。

 ところが昨晩、その荷物が漸く到着。どこに行方不明になってたのか、さっぱりワケワカメ。注文日から既に2ケ月近く経ってるし。まさかまさか、船便で発送した訳じゃアルマジロ??(でもこのパッケージわ明らかに航空便なソレだし)。

#いや、送料が今よりもっと安くなるなら、発注後2~3ヶ月かかってもいいので、コチトラ全然船便おkよ?ヽ(^。^)ノ
##勿論、「やぱり荷物きますた、メンゴ」メールはする気ナッシング。
 

最多連勝>一般メディアに山程出てる通りだが映画や小説や漫画で

 投稿者:返信任者アラシ@デビューしたて  投稿日:2017年 6月22日(木)11時56分54秒
返信・引用
  …の厨房が、いきなりTOPプロにもガソガソ勝って、無敗なまま最多連勝記録更新~とかゆー筋書き作って企画持ち込んだら、「おまい、アフォか。何を非現実的なwww」、と嗤われて一蹴されてーーー糸冬 了ーーー、てなオチがふつーであらう。が。

 「事実わ小説より奇なり」の、早くも今年度実例なむばー1であらう。(@o@;)

#まさかまさか…年度勝率10割、とかゆーオチわ流石にありえんでせうね???。

>館でやっつけた記。

△: ボヤージュ・オブ・タイム

 ワケワカメな作つくってくる事では中々右に出るものがいない(藁)、テレンスマリック監督せんせ新作は、、またもやアート全開の"拷問"作なのでせうか(ゲラゲラッ)。

 ビッグバンによって宇宙が誕生し、惑星が生まれ、変化を遂げていく中で生命が宿り、育まれてきた。自然科学の視点から見た年代記を映像でたどりながら、過去、現在、未来へと受け継がれる生命の歩みを、芳醇なビジュアルで迫っていく…

 とゆーことで、筋書きも何もありましぇん。消防向けの、宇宙地球動物バンザイ的映画「アース」てのが数年前にあったけど、アレを大人向けに難解にしたよな造り、とゆーのが一番ふ相応しいかw。

 但し映像だけはひたすら綺麗。テロップ見てると、元々IMAX仕様で作ってあるらすぃが、そゆ仕掛けナッシングなココ単館でわ効果を殆ど発揮できずww。 現実撮った映像と、CG全開のトコとが上手く織り交ぜられてるので、そゆトコは綺麗だけど。。。

 良くも悪くも本監督センセらすぃ、アート系難解さ爆発って作なので、観る人は滅茶滅茶選ばれる。数年前の「ツリー・オブ・ライフ」に出た関係からか、エンドクレジットにブラピもプロデューサ陣に名前連ねてるけど、ホントに分かってるのかわ、疑わしいで賞(げら)。誰かサンには、予想通りの拷問寸前な時間帯ですた。ってMかよwww

□: ブラインド・マッサージ

 中国=仏製作。といっても後者はカネだけ出したパタンで事実上は前者発。基本的に登場人物全員が視覚障碍者、とゆートコが新らすぃか。

 盲人達が勤務する南京のマッサージ院。院長のシャーは結婚を夢見て見合いを繰り返し、若きマッサージ師はいつか視力が回復するという医師の言葉に希望を抱き、新人女性職員は客の間で美人過ぎると評判に。シャーはその色香に感じたことのない強い欲望を覚えはじめる。そんな彼らの平穏な日常は、ある出来事から一変し…

 複数の視覚障碍者による群像劇、といった趣の作だが、前半は話の動きがややトロいので退屈気味。後半は、そこで仕掛けられてきたイロ工口が機能するので、そこは水準以上の出来とわおもーけど。

 確かに主要登場人物の大半は、その特有の目つき顔つきから、モノホン視覚障碍者を起用してやってる事間違いナシ。ただ、明らかに何人かは通常人が混じってる(目つき顔つきのソレは、やはり全然違う)のが、恐らくは演技技量の問題でカバーし切れてないのが残念。

 そーゆー方々同士の、健常人と変わらぬ様々な問題(⇔特有の、とゆー問題もRけど)や、チューやせくーすシーンも堂々と出てくる辺り、中々の意欲作だけど、残念ながら細部の詰めがやや甘め。最近多いソレ系作でわ、よくチャレンジした方で賞。が、評点としては残念ながらこんな感じ。

 てなわけで今晩は、久々に某試写会だすヽ(^。^)ノ
 

脳減る文学賞な大センセ3枚組新作を、暫く前に買ってはあったが

 投稿者:返信任者アラシ@長そうだにょ、  投稿日:2017年 6月21日(水)14時39分46秒
返信・引用
   との敬遠感から、暫く部屋の片隅にぶん投げてあったママですた。で、漸く先日時間が出来、気が向いたので流し始めてみると。
https://www.amazon.co.jp/Triplicate-Bob-Dylan/dp/B01MUCBM3R/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

 各盤、収録時間が全部31~32分ほどしかない。メリケン・スタンダード曲ばかしで、各盤に10曲しか収めなきゃ、まぁ総収録時間はせいぜいそんなモン、と早く気付くべきだったが。

 すると、じゃあ何でカネかかる3枚組なんかにしたのケ?疑問が。十分、2枚組で収まる時間な筈。30分毎にCD入れ替える手間がまん●臭いw。恐らく…まずLP仕様が前提にあって、その盤区切りなママ、CDも、とゆー流れになった悪寒大。

 3枚組でもこの程度額だから、まぁ恐ろしくガタガタ文句言う程ではないけどね。ちなみに音は誠にゆったりしてて聴き易い。参考まで大センセ、前作も前々作もこーゆーカバーだったらすぃが、ソッチは持ってないので、幸い新鮮な感じで聴けますた。

 しかし3作・計5枚連続で、こーゆーカバー物しか出さなくなってきたとわ…流石の大センセと言えども、いよいよヨイヨイ状態になってきた事の証か\(かお)/。

>館でやっつけた記。

○: 赤毛のアン(吹替版)

 著名な原作を、一体何度目か尻間線が、な実写化作。今作は、原作者モンゴメリの孫娘が製作総指揮してるトコが売りらすぃ。誰かサンはボンヤリ内容聞いたことあるものの、TVドラマ版や、高畑勲&宮崎駿アニメ版含めて、アンの話に触れるのは全く初。

 プリンス・エドワード島に住む老兄妹マシュウとマリラの家に、赤毛の少女アンがちょっとした手違いからやってきた。男の子がくると思っていた2人は戸惑いながらも、アンとの生活を楽しむようになる。ところがアンは豊かな想像力のせいで次々と騒動を起こし…

 基本児童文学だし、映画もどう考えても消防~厨房くらい迄がメインターゲット。なら、この正統的な造りで十分ヨッシングではアルマジロ?。誰かサンは話の筋自体、初めて知ったが、基本そーゆー話だったのねんと納得。帰宅後愚愚ると、ホンマの原作とわエピソード時系列順入れ替えてあるとか指摘されてるけど、多分そう大した問題ではナッシング。

 子役セレクションも、キャライメージ通りで合格点。流石、孫娘殿が監修なだけあって変わった事捻った事は何一つやってないけど、こーゆー名作物はそれで十分ではないでせうか。

 ただ、当地じゃ吹替版しか選択の余地ナシで、だったら見れば見る程、NHKとかでやってた「大草原の小さな家」とかとイメージが被るの余念w。TVドラマの次回切り替わり、みたいにブツ切りで次エピソードに…とかの乱暴な繋ぎなトコもあり、ちょっち映画らしさに欠けたのがやや減点対象。

 どうせなら字幕版で観たら、もう少し印象は変わってたかもしれないで賞。

△: こどもつかい

 『呪怨』尻~図の清水崇監督せんせが、タキツバの滝沢を初主演に迎えて、とゆー作。ってことだけど、主役は完全に門脇麦の方に食われてたw

 とある郊外の街、子供達が次々と行方不明になり、その周りの大人らが不審死を遂げる事件が発生する。いつの間にか帰ってきた"こども"に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げるという噂が出回る中、地方新聞記者の江崎は、不審死事件の真相を追い始めるが…

 うーん、なーんか中途半端。「呪怨」みたい線を狙ったシーンがある一方で、ティムバートン&ジョニーデップがやるよなダークファンタジー的場面もありーの、でそこらのミックス具合がイマイチ上手く逝ってない。

 本監督センセは多分、呪怨みたい事繰り返してても能が無いので、基調ホラー系と言えどもチョッチ新しめの事やりたかったのでわ的想像も出きるが、それにしては呪怨尻~図でよくやった"手クセ"を再使用し過ぎ。

 筋とかは結構練ってあった方だと思うので、次回作に期待…とゆー前に、明後日観る予定のオムニバス短編某作への参加作でわ、どーなってるかを要チェキで賞。

>ウチの両隣の自治体が、全国4位&25位って、ホンマかよw
http://toyokeizai.net/articles/-/176683
 

TV局っつーのは、そーゆークダラン電話がイパーイかかってくる

 投稿者:返信任者アラシ@とゆー前近代的  投稿日:2017年 6月20日(火)14時24分58秒
返信・引用
  …職場なのかしらん。
http://style.nikkei.com/article/DGXZZO17499910Z00C17A6000000?n_cid=LMNST010
 そりゃワカモノだけじゃなく、オサーンだってヤなこったwww

>「お電話です」と告げた際、「どなたからどんな内容?」と問われ、かいつまんで伝えなければならない
 って事を今時平気でやってる事自体、時間の無駄以外の何物でもナッシング。

 誰かサンも勤め始めなムカシには、こゆ事ゆー先輩いた。その度に「テメーが自分で電話取って直接訊けよ! 何で無駄に間入らんとアカンねん」と内心思ってた。今でもそれは全然変わんねー。

 だから最近の電話取次ぎなんて「○○さん電話です」だけ。どこからかかってきたか、なんて事もイチイチ言わんでよろし、ソレ自体が時間の無駄だから、と逆に近年わ言う立場になった。

 とゆーのも、その取引先名称をよく知らない香具師が聞き取ると、大概間違えてんの余念(藁)。だーはら、そんな不確かな情報くっつけて「ドコソコから電話です」なんて言う位なら、そんな情報元々要らね、自分で訊くから、って訳。それで何の不都合もありましぇん。

 尤も、殆どの重要用件は、履歴残し難い電話なんかじゃなく、メールで流れるようにソコカシコに仕向けてきたので、電話がかかってくる事自体、ムカシに比べると随分減ってスッキリヽ(^。^)ノ 少なくともTV局なんかに勤めなくてヨカタとおもー、強固の語路。

 てなワケで、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000006-jct-soci
 ワカモノぢゃないけど全く以下同文。つまんねー電話なんか取って時間浪費したくないんだ余念。。。

>館でやっつけた記。

□: メットガラ ドレスをまとった美術館

 2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館でファッション・イベント“メットガラ“が華やかに開幕。企画展示を担当したキュレーターのアンドリュー・ボルトンと共同主催のアナ・ウィンター@「プラダを着た悪魔」のモデルのヒト、がゴージャスな一夜を生み出すために費やした8か月に密着する…

 原題直訳は「毎年、5月の第1月曜日」。それが、メットガラが定期的に行われるお約束の日と、ギョーカイ的には結構前から決まってんだとか。

 美術館で絵画やオブジェや彫刻や~ばかりでなく、こーゆーファッションも扱う事になた、とゆーのが新すぃ所らすぃ。そのウチ真似て、ウチの近くの21世紀美術館辺りでもやる鴨値。お目当てはアナ・ウィンターだたけど、ドキュメンタリ作なので流石にモロ「プラダを着た悪魔」的シーンは出てこない(藁)。が、それらしきふいんきはプソプソ漂ってはくる。

 現代的ケッタイな服がイロ工口出てくるので、それ系がお好きな方は楽しめるであらう。リアーナやジョージ・クルーニーに、アン・ハサウェイ御本人と(※プラダ~の時より大分トシ食ったよなぁって当たり前かw)、音楽界映画界の著名人群がそーゆー服着てパーティーを、なトコは流石に豪華。

 ただノンフィクションものなので、驚くよな展開とかは特にナッシング。まぁファッション界を題材に時々作られるような作余念&水準はクリアしてるで賞、って意味でこの評点。

○: めがみさま

 元SKE48の松井玲奈×新川優愛で。ってソレ系目当てで逝った訳じゃないけど。

 郊外の田舎町に暮らす松井は母の過干渉や職場のいじめで人生に絶望。精神安定剤で日々をやり過ごしていたがついに自殺を決意する。そんな折、自分と同じような環境を克服したセラピスト、新川の存在をネットで知り、新川の自己啓発セミナーの手伝いを始めるが…

 松井のアイドル映画かと思いきや、さにあらず、これは思いがけぬ拾い物級。ヽ(^。^)ノ っつか、(役柄設定もあるけど)いちおーの主人公は松井側だけど、完全に新川に食われてるw。でその新川の出来が、予想以上にヨッシング。

 セミナー言うても、宗教系の危ないソレでわなく、「もっと自分を出せ!」的なアピール。それが話後半で、結構予想外の方向に話が転がっていって重城威。全体的に低予算感マソマソだけど、ホンも結構工夫してあってヨッシング。それ例外のサブな役者陣にもカネかけれてら、もっと高評価でもヨカタ鴨値。

 母役の筒井真理子も相変わらずよひし、公開館少ないけどもし近くでやってたら、過去そーゆー方向で悩んだヒトビトにわ結構くるものがあるのでわ。総選挙だのどーでもヨッシングなので、そんな方面にカネ使うんなら、本作もっと観てクレクレタコラ(この広い館割り当てでたった2人とわw)。

△: 家族の肖像

 ヴィスコンティ大センセのデジタルリマスタ版3作セットが、只今全国巡業中。郵便配達~以外、上映時間が長いのばっかなので、週に1作づつやっつけ、なパタン。
https://www.visconti-neo.com/

 その1発目&初見な、74年のバート・ランカスター主演作。タイトルは18世紀の英で流行した、家族の団欒を描いた一連の肖像画を意味するとか。ポンニチでは79年に遅れて公開され、その年のキネ旬1位獲ったとか。

 ローマの広大な邸宅に住む老教授は、“家族の肖像“のコレクションが趣味で、それらの絵画に囲まれて孤独に暮らしている。そこに実業家夫人ビアンカが、愛人の美青年コンラッドのため強引に2階の部屋を借りた事から、教授の生活は一変。孤独に暮らす教授に新しい“家族“が加わったのだ。だが、教授は青年を理解できずにいた…

 最初設定がよく和姦内。そもそも静かな生活が好みな筈のランカスターが、何でそんなケタタマシイ実業家夫人&その関連者を引き入れることに同意したかがまず大疑問。それで後から思想的違い勃発で大ゲンカって、そらそうなる罠。そして挙句にこのラスト…「ぉぃぉぃ、」感が更に増幅\(かお)/。

 ヴィスコンティせんせ作にしても地味だなー。殆どが暗い室内での会話劇に終始。その会話も修飾語過多で、エラく演劇的不自然感マソマソ。せんせの最期作1つ前の作だけど、率直に言って「山猫」とか「ヴェニスに死す」辺りより大分力が落ちてる感が。当時せんせ自身が車椅子状態で、余りアチコチ動き回るのがちょっと…という関係から、こーゆー造りになったと帰って愚愚ったらあったが、さもありなん&そこらの減衰感が、内容にも滲み出てる飢餓。

 スノッブなヒトビトにはこーゆーのが好まれるの鴨(&ま、エラい方面ランキング受けはするかww)だけど、般pにはどーなんで賞?。

○: 標的の島 風かたか

 同監督せんせの、沖縄・駐在米軍を扱ったノンフィクション作「標的の村」が数年前にあったが、その続編新作。

 “風かたか“とは風よけ、防波堤を意味する言葉。米軍属による女性暴行殺人の被害者を追悼する県民大会で、名護市長は「ひとつの命を救う“風かたか“になれなかった」と言葉を詰まらせる。怒りの県民たちは全基地の撤去を訴えて各基地のゲートに集まるが…

 前回は沖縄本土の話だったが、今回は宮古島とか石垣島がメインの話。そういう所に会場防衛線と称して、自衛隊がミサイル基地を配備しようとするのに反対していく、というドキュメンタリ。

 知らなかったが、沖縄に駐米基地群が出来た時、そこに元々住んでて土地追われたヒトビトは、南米渡ったり、沖縄近辺の離島に渡る羽目になって散々苦労したとか(逝った先でも、痩せた土地に開墾の重労働が…とはよく聞く話)。で今回、そゆトコが島の真ん中にデーン!とと出来ると、ま~た事実上の強制移住かい!、とそりゃ誰でも怒り新党になります罠。

 現地の激しい反対運動シーンも、多分NNNドキュメント以外ぢゃTVに映る事もないでせうね。とゆー事で気の毒度は(⇒とゆー言い方は不適切かも試練が)沖縄本島時のソレを更に上回った。

 ドキュメンタリなので映画作としてみると、強弱付け方その他に若干残念要素があるけれど、沖縄ばかりに負担押し付けている側としては当然知っておくべきで賞。

□: TAP -THE LAST SHOW

 水谷豊が主演の他に初監督をも務めた、タップダンサーがテーマの主演作。内容だけに公開館が多くないが、サテ。

 かつて天才の名を欲しいままにしたタップダンサーの水谷。ある舞台での事故でダンサー生命を断った彼は、以来、自暴自棄になり酒に溺れ、荒んだ生活を送っていた。そんな彼のもとに旧知の劇場支配人からある依頼が入る。それは彼の劇場の最終公演の演出だった…

 水谷は冒頭オープニングロール部バックでタップやってるが、それ以降では一切演らず。専ら、終わった昔わエラかったダンサー役とゆーだけで、劇中に踊るのは現在進行形な方々ばっか。

 筋としてはややありきたりかな…全体で2h超えるので、もうちょっと刈り込める所もあった筈。また、タップ方面ではまいう~なヒトビトなんだろけど、芝居演技としてわややどーなんだ濾過?、的ネガ点も垣間見える。

 但し、ラスト30分は劇中劇となっている、タップダンスステージのオンパレでそこは流石によく出来てる。但し誰かサン的私見では、タップわどんなモンにも合うという訳では無く、やはり映えるのはフラメンコ曲調のか、ミュージカルのバック的なもの。何にでもかんにでも当て嵌めればいいってモンじゃないことも、逆に露呈してしまってえる飢餓。

 総じて、水谷せんせの意気込みは分かるけど(映画化迄に大分「そんなの客入んないから」、と何度も企画蹴られてきたとか)、チョッチそれが空回りな箇所も散見されますた。この方面がお好きな向きは、観といてもいい鴨値。

×: キング・アーサー

 ガイ・リッチー監督@「シャーロックホームズ」尻~図センセが、所謂アーサー王伝説を手掛けた作。愚愚ったら、十年強ほど前にもクライヴ・オーウェン&キーラ・ナイトレイで映画化されてたのねん(ソッチは未見)。

 スラム街の青年・アーサーは、王の息子でありながら、両親を殺され、貧しく生きることを強いられてきた。ある時、無双の力を持つ“聖剣エクカリバー“を手に入れた彼は、両親を殺したヴォーティガンを倒し、イングランドの王になるため、仲間と共に立ち上がるが…

 でアーサ-王伝説の詳細を尻間線なまま観たが、何じゃこりゃ!?。前半、なかなかアクションシーンにならずダルい。でそのシーンになっても、妙な大仰CGを組み合わせるとか、ストップモーションを途中で入れる等の小細工は、リッチ-せんせがホームズ現代流解釈群作で見せるソレだけど、あちゃら版のこーゆー時代劇にそもそも合ってたのかしらん?。全然ダメ、的にしか思えなかったけど。

 そして、原作をよく知ってないコチャラにわ、どーも理解できぬ点もイロ工口。いや、バラバラに元作を解体して全然別モン的に造ってるから、そんな事知らんがな、とリッチーせんせに言われりゃ其迄だが。。。

 ちなみにかなり前の方で見たけど、更にその誰かサンの斜め前に陣取ってがむばってたヒトは、早々に~終わり頃まで画爆睡状態ですた。まぁこの内容ならそれも、無理ナッシングとゆーもので賞。

○: イヴの総て

 午前十時企画、ワイコワイコな、のし上がって女優になれるなら何だってするとゆー♀の裏を描いた1950年作。確か館では2回目。

 演劇界の大女優に憧れる田舎娘イヴは秘書になるきっかけ掴んでからは、批評家に取り入り、恩人の女優を欺いてまで舞台に立った。満場拍手の中、夢に見たスターの座を得たが…

 最初は田舎の純朴娘的にスタートするも、上手く中に取り入れるようになってくると徐々にその本性が現…、って辺りは実にワイコ。作中、あとで「それは私のシワザ」とバラされない細々したトコも、ホントは裏で仕込んでたんでわ?と観客に勘繰らせる辺りの造りもまいう~。

 ただ、スタートがちょっとだるくて弱いか? 全体が2.5h近くもありやや長いので、前半はもっとカットできるで賞。後半は大体こんなものだと思うけどね&オチも中々ヨロシ。個人的にはもうちょっと強烈な落とし方の方がヨカタか?ともおもーが、こーゆーラストの方がお好みな向きも多い鴨値。

 そういや80年台の♀バンドで、「オール・アバウト・イヴ」とゆーその名ズバリなのもいますたね。
http://rockcollector.blog31.fc2.com/blog-entry-2421.html
 折角ここまで書くのなら、バンド名由来についても触れてほしのげん。

□: 百日告別

 台湾発。数台の車の玉突き事故が起こり、若い女性シンミンは婚約者を、家庭を持つユーウェイは妊娠中の妻を亡くした。彼らは事実を簡単には受け入れず、それぞれの悲しみと格闘し続ける。やがてシンミンとユーウェイは、法事でしばしば顔を合わせるようになり…

 かの地も仏教国なせいか、「初七日」とか「四十九日」とか、事故後の経過日数が時々テロップで出るけど、割合ポンイチで馴染みある表現で分かり易い&それぞれの元意も改めて出たりして、べんきょーになる。(で最後は、百日経過後にわ、とゆー題に。)

 荒筋としては本当に↑だけ。キリストなりイスラムなりだと、ワー&ギャーと嘆き悲しむ構成になったりするの鴨だけど、そこも仏教国らしく、静かに身内を失った悲しみが、そう簡単に癒える筈も無く…的に淡々と綴られる。
#荒筋からすると、その2人がくっついて…的に取られる鴨だけど、ソッチ方向には期待せぬように、と付け加えておくのはネタバレにはならないで賞。

 映画的ダイナミズムには欠けるけど、でも実際にこゆ目に遭うと、こんな感じなんだろうな~的共感はポンニチでわ得られやすいのでわ。非仏教国に持ってくとどーだかは輪仮間線が。

 こーゆーモードの時に観れば、染みる造りになってるとはおもーのだけど、残念ながら今はその心境とはややズレた所にいるいの余年。荒筋に思い当たることがあるヒトビトにはオススメできるで賞。

>昨晩、週一恒例ジモチー練習会に顔出したら、ジモチー新聞社が取材に来てて(@o@)。
 当然、この関係どした。結構な長時間、ジクーリイロ工口訊いていった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00010000-yomonline-life&p=1
 写真も撮られたので下手すりゃ載るのか?。\(かお)/

 巷では厨房せんせの連勝記録ばかりに注目逝ってるけど、個人的にもっと注目してるのは、年度の最高勝率。これまでの記録は、十六世名人殿が昭和のまだ若い時に打ち立てた「47勝8敗」とゆー、8割5分越え。もう40年近く破られて無い筈。

 今の感じからすると、軽くこれを上回り、9割台達成!と今から予言しときま賞。ある意味、野球の4割バッターどころかソレ飛び越えて5割バッターが登場するよなモン、と言えば分り易いか。まさかまさか、年度勝率10割…は流石に無理だ余念?。

>本日の御言葉尻~図↓。好評なら連載する鴨?。
 

よーしこれなら誰かサンの目の黒い内はコンちゃんに負けるまい。

 投稿者:返信任者アラシ@貴族の暇潰しの  投稿日:2017年 6月15日(木)17時03分9秒
返信・引用
   …極致。ヽ(^。^)ノ
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170615-00000030-jnn-soci

>館でやっつけた記。

△: けんかえれじぃ

 鈴木清順監督、1966年作。当時22歳だた高橋英樹が、硬派厨房を&相手役だた浅野順子は、この後大橋巨泉とケコーン&引退したとか。

 昭和初期、岡山中学の高橋は“喧嘩キロク“とあだ名されるほどの喧嘩好き。配属将校にたてついて放校になり、会津へと転校する。そこでキロクは自らの腕っぷしで硬派の頭株にのし上がっていく。一方で下宿屋の娘・浅野に想いを寄せるが、浅野は修道院に入ると言いキロクに別れを告げる。キロクは敵対する会津中学に大決戦を挑み、勝利するが、“もっと大きな喧嘩をしたい“と東京へ向かう…

 とまぁ、そもそものトシ設定が無茶苦茶だが、それ言い始めたらビーバップハイスクールの実写化とか、全部ソレ系の事が言えてしまうので。

 本監督センセ、80年代の「ツィゴイネルワイゼン」的独特のワケワカメ方向しか知らなかったが、この頃って全然作風違うのねん。タイトルだけは聞いた事あったけど、半世紀経過後の今となっては、流石に何もかもが古色蒼然とし過ぎてる感が。巨泉ヨメは流石にヒロインやるだけの美貌ではあるけれど。

 ちなみにホンは新藤兼人せんせだが、帰って愚愚ると、清順センセが撮影しながらドソドソ、ホンの内容を変えてくので、あったま来たとかw。確かに新藤せんせ作らすぃ所が余りない。高橋英樹は喜んでたらすぃが、っつか英樹せんせも後年の桃太郎侍の域には達していず、まだまだ若い。

 てな訳で総合評価はこんなトコで賞。

○: パトリオット・デイ

 ピーター・バーグ監督&マーク・ウォールバーグと、こないだの「バ-ニング・オーシャン」と同一組合せで、しかも実話再現モノって点でも同じな新作。同じ2016年に撮影されたらすぃから、ほぼバーニングオーシャンと相前後して一緒に作ったの鴨値。他、ケビン・ベーコンら。

 2013年4月15日。ボストン警察の刑事ウォールバーグは、毎年開催されるボストンマラソンの警備にあたっていた。50万人で会場が埋め尽くされる中、大爆発が発生し、FBIはテロと断定する。やがて黒い帽子の男と白い帽子の男が容疑者として浮かび上がり…

 ポンニチでも著名なこの事件を、結構忠実に再現したらすぃ。特にマラソン会場のシーンだけでなく、後に犯人グループとの攻防戦のくだりは知られてない所で、中々真に迫ってる感が出てる。

 ただ、画ヅラ的にバーニングオーシャンよりはずっと地味。件の事件自体は、爆弾一遍にドカン、だけだしね。あとウォールバーグが大勢中の1人程度の役割しか果たしておらず、その意味でもテイストがちょっち違う。まぁこちゃらは多数登場人物による群像劇と捉えればいいいのかもだけど。

 観てる最中はそれ也に重城史だが、全体を貫く「決してテロに負けない云々」とか「メリケン万歳!」的ノリというか主張というか、辺りはがどーもストレート過ぎて含みに欠けるとゆーか。まぁ本作テーマからすると、そういう描写方向にならざるを得ないのは分かるけど。

 事件の裏を知るとゆー意味では、十分観る価値があるで賞。

□: 突然炎のごとく

 午前十時企画、61年のトリュフォーせんせ代表作の1つ&初見。かつ、ヌーベルバーグ方向では著名だが。

 オーストリアの青年ジュール(オスカー・ヴェルナー)は仏青年のジム(アンリ・セール)と知り合い、友達になった。2人とも詩や小説を書いている文学青年で、ある時、幻燈を見て、アドリア海の島にある美術公園の♀の顔に魅了された。それから暫くし、2人はカトリーヌ(ジャンヌ・モロー)という♀と知り合い、惹かれる。ジョ-カノは島の彫像の♀と瓜ふたつだったからだ。ジュールはジョーカノとの結婚を熱望して求婚し、パリの同じアパートに住んだ。 ジムは出版社と契約が出来、作家生活の第一歩をふみ出し…

 いかにもヌーベルバーグ真っ只中、とゆー感じの作。三角関係も、↓の「昼顔」的ドロドロな和製テイストとは全然別で、妙にカラッとした感じなのが、当時スタイリッシュだったのか。

 その意味では、一連の動きの途中に、意図的に1~1.5秒ほど画面をstopさせて、印象的に魅せるシーンが効果所で上手く使われてる。これより昔の作でこの撮り方は観た事ないから、ひょっとしてトリュフォ-せんせが開拓した手法かしらん。

 一方で、ウディアレンがよくあるような、劇中にガイドナレーションがずっと終盤まで付くというのは、だっせー&興醒め。何で↑みたいカコイイ表現の一方で、こんなどんくさい事するかのう。。。

 話の中身自体は大した事がない(藁)。ジャンヌモロー役の♀の思考や行動がぶっ飛び過ぎてて、そこはサッパシワケワカメ状態。おまけにラストのアレだしなぁ~。♂2人の関係は何となく分かるのだけど。

 あと、この5年後に「華氏451度」撮る事になる予告編シーンもあったりで興味深し、等々、○な項と×な項が入れ混じってる感じで何とも評価し辛いが、均してこんなトコで。

×: 作家、本当のJ.T.リロイ

 1990年代後半に彗星のごとく文壇に現れ、女装の男娼となった自らの過去を綴った『サラ、神に背いた少年』で時代の寵児となったJ.T.リロイ。しかし“天才少年作家“は実在せず、その正体はサンフランシスコ在住の中年女性ローラ・アルバートだった。本作は世界中を驚かせた事件を検証し、自分以外の人間になりきったローラの真実に迫る…

 っていうけど、そんな事件知らんがなw

 荒筋は本当にそれだけ。あとは、何でそんな事したのか…という裏事情が延々ノンフィクション的に語られるだけ(&この御本人も延々登場)で、そんな追及の何が重城威のか自体が、誰かサンにはサッパシ理解不能。

 書いたヒトが性別ドッチで何歳だろうと、中身が重城ければそれで言い訳で、蓋開けてみたら、思ったのと性別は逆でオバハンどした、って別にそれはそれでイイジャン的な。そんなこと言い始めたら所謂、覆面作家ってどーなりますのん?的気も。

 余程お好みな向きはどぞん。

○: 午後8時の訪問者

 カンヌで2度もパルムドール獲った、仏のダルデンヌ兄弟監督せんせ新作。前作の「サンドラの週末」も結構ヨカタが、今回は。

 診療受付時間を過ぎたドアベルに応じなかった、女医ジェニー。翌日、ジョーカノの診療所の近くで身元不明の少女の死体が発見される。診療所の監視カメラには、その少女が助けを求める姿が収められてた。罪の意識に駆られたジェニーは、少女の死の謎を探ろうとするが…

 成程、「サンドラの週末」と似たテイスト。この時はマリオン・コティヤールだたが、今回主役には仏の若手新進女優(現地では既に著名とか)を起用しており、ジョーカノが結構美人かつ演技もまいうー。そこだけも観に行く価値はR。

 登場人物の何人かの行動に「?」は付くものの、基本は女医が数々の危ない目に遭いながら真相に徐々に近づく的パタンで、表現は地味目だが結構重城史。独特の静的表現というか撮り方もよひね。BGMは一切ナッシング、というのもよひ効果を出してま。

 かの地の移民問題も抱き合わせで語られ、流石、とゆー感じ。ちょっとしか出てこない登場人物群が、割合素っ頓狂な言動&行動をするトコに違和感感じたが、そこを除けば◎評価逝っててもおかしく中田で賞。

□: 昼顔

 3年前にドロドロ不倫昼ドラとして結構話題になった、上戸彩&斉藤工(の出世作とか)の話を、TV版のその後、とゆー形で。といっても誰かサンは、全く中味知らぬまま望む羽目になったが(丁度、映画の予習編として、TV版を1hの圧縮版で深夜やってたの迄録ったのに、見る時間ナッシングですた)。

 既婚者でありながら互いに惹かれ合った上戸と斉藤が別れてから3年後。上戸は夫とも別れ、海辺の町でアルバイトをしながら慎ましく暮らしていた。ある日、上戸は大学の非常勤講師として町を訪れた斉藤と再会する。しかし2人の前に北野の妻・伊藤が現れ…

 これ、根本的に上戸でいいいのかにょ?。基本的にジョ-カノ、工口くも何ともないと思うのだけど。こーゆー話ならもっと適役の女優いるよな肝刷るがが。とゆー誰かサンは、主演2人のナニに期待してった訳でも何でもなく、伊藤歩様を拝みに逝っただけなので、その意味ではその演技部は流石の◎モン。♀はワイコ、がよく演技全開で表現されてますた。がしかし、そんなトコに注目して逝ってる香具師はまず、おるまいw

 昼ドラ時も余りにベタな展開がウケたのかにょ?。映画版もまぁベタっつったらベタ。何もかも失った筈の上戸がどーしてそんな立派な部屋に住んでんの?(藁)とか、ツッコミ所は多数だけど、そこをどうこういう作ではないでせう。

 オチも暫く前から分かっちゃうの余念~そして最後の上戸&伊藤の行動部だけ、唐突過ぎて♂にわ多分謎。多分、昼ドラの続きとしては十分合格点なんだろけど、無理を承知でもっと伊藤歩様の出番を個人的には増やしてほしのげんですた(っつか最初からむしろ主役を伊藤歩でやってほしのげん)、とゆー意味でこの評価。

 ところで、誰がどう見ても似過ぎてる余念?。
https://matome.naver.jp/odai/2135160578235673301

○: 22年目の告白-私が殺人犯です-

 入江悠監督せんせは、インディーズ時代の「サイタマノラッパー」尻~図の印象しかないが(←観た)、さてメジャーに出てきたらどうなったか。藤原竜也×伊藤英明という、やや違和感ある組合せだが。韓国版「殺人の告白」のポンニチリメイクって事だが、オリジナル側を尻間線。

 1995年、3つのルールに沿った5件の残忍な連続殺人事件が発生する。担当刑事の伊藤は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるも罠によって上司を殺され、犯人を逃してしまう。未解決のまま時は過ぎ、時効を迎えたある日、藤原が書いた告白本が出版され、記者会見に登場。日本中を震撼させるが…

 成程、韓国版のからホンを大分練り直しただけあって、最初から最後までダレずに観れる。殆ど無駄シーンもない。現実の幾つかの事象を組み合わせた筋立て&仕掛けも、中々のモノ。

 ただ、ネタバレになるので書けんが、真の殺人動機って、「えぇ~そんなの?」と個人的には腑が落ちなかった。あと、登場人物からして、ラスト近くでのオチ方向に勘のよひヒトなら気付くであらう、って所も若干マイナス評価。

 しかし全般には、邦画じゃ中々よく出来た部類に入るであらう&前田せんせが褒めてたのも当然。藤原&伊藤の食い合わせも意外にヨカタ。入江せんせもこれで安心してメジャー作を任せられるようになるんじゃないで賞か。

>更新手続き葉書キキタ――(゚∀゚)――!!が。

>************引用****************
>◆過去2年間無事故無違反の場合(ゴールド免許含む)
>過去2年間無事故無違反で経過した方(初めて免許を取得した人及び免許を再取得した人は除く)で軽微な違反(3点まで)を犯してしまった場合、その違反後 再び違反を3ヶ月連続して犯さなければ、3ヶ月前の軽微な違反分の点数は0点として扱われます。尚、累積点数として計算されない
>だけであって違反実績まで消滅するわけではありません。
>***************引用****************************
>らしいので、一般運転者講習じゃないのかなぁ
>
>一般運転者講習は
>
>1.免許の継続期間が5年以上で、基準日前5年間において、軽微な違反行為(3点以下)が1回のみのかた。
>
>だそうだ

 葉書にはしっかり、違反者講習(受講時間120分コース)の文字が。
 「え、何で一般運転者講習じゃないん!?」と瞬間思ったが、"過去5年間"がミソ。確かに過去3年間では、ハマったのは4ヶ月前のその1回だけだが、過去5年間まで遡ると…そういやもう1発やらかしたのがあったような。。。

 てな訳で、今回の更新どころか、次回更新時も既に"青帯"確定だす\(ToT)/
 

老害

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 6月10日(土)11時28分4秒
返信・引用
  >カンヌ、ネット動画系への憤懣
偉い爺さんが口角泡を飛ばそうと、
時代の変遷っつ~もんには敵わないワケで、
否定してみたトコロで、何も変わりはせんのよね。

過去にTVの普及で映画はダメになると言われつつ、
映画は映画で確固たる産業として生き残ったし、
今後も、ネット動画も、映画も、どっちもアリな、
ウィル・スミスのお子様的スタンスが“正解”だとおも~。

現実問題、肥大化する大作映画の費用が、
もはやアメリカだけでは賄いきれず、
チャイナ・マネーに尻尾振らないと、
ブロックバスター・ムービーは作れなくなってるし、

ネット系が景気が良いなら、
そっちと結託して劇場映画も作るだろうし、

映画館だけを神聖視するとか、しないとか、
ビジネスの観点では「ど~でもいい」事だわさ。

「黒い猫でも白い猫でも、ネズミを取る猫が良い猫だ」
ですわ。

作り手は、作りたい作品が作れて、
それが人気で儲かる事が1番なんだから。

現に、ネットフリックスの
『ハウス・オブ・カード』とか、鼻血出るほど面白かったし、
今度はブラピやら、ウィルスミスやら、
スーパースター起用して、バソバソ公開するらしいし。

…田舎映画館には来ない映画を見る為に契約してる
WOWOWですが、
見逃し映画を拾えるなら、WOWOW止めて、
ネットフリックスにしちゃおうかな?とか思うものね。
 

「館で観れないものは映画ぢゃねー!」とゆーカンヌせんせ達論わ

 投稿者:返信任者アラシ@流石に今日び、  投稿日:2017年 6月 9日(金)11時42分58秒
返信・引用
   如何なモンだ濾過?的、肝刷る一方で。
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO16601070Z10C17A5000000?channel=DF260120166507
 じゃあそもそも、"映画"とゆー定義って何やねん?話になるのわ、確かに分かる肝する。

>23連勝のせんせ、一昨日実は殆ど死んでいたとゆー事は、ギョーカイ外にわ殆ど知られて無い飢餓するので、その理由解説付きで。
http://shogiweblog.net/archives/2549

 時間無い対局だった事もあるけど、これで相手がデーハーに転んでくれたとゆー辺りに、"持っている"オーラが既に。大概のばやいはこゆトコで順当に負かされ、連勝stop、ーーー糸冬 了ーーーとなるものだが。

 「選ばれし者しか名人になれん」とわかつてよく言われたものだけど、こーゆーラッキーさを発揮するトコも、"選ばれし"感がマソマソ。歴代最多連勝越えは逝く気がしてきますた。
#仮にダメでstopした場合でも、また一から連勝積み重ねてけばいい訳で、それも十分可能なやうな肝するし。

>館でやっつけた記。

□: 花戦さ

 主演が野村萬斎&市川猿之助ではいささか地味?。脇は中井貴一・佐々木蔵之介・佐藤浩市らと中々豪華だが。

 戦国の世も終わりを告げる頃、池坊専好(野村)は織田信長(中井)の所望で、生け花“大砂物“を披露するため岐阜城へ向かう。しかし巨大な松を中央に据えた大砂物は思わぬ失態を招き、信長の怒りを買う。その時、事態を取り繕い専好を救ったのは、若き武将・木下藤吉郎(市川)だった…

 冒頭テロップで長々と背景説明するのって、ダメな作の常套手段としたものだけど、それ程でも中田。

 基本チャンバラではなく、華道方向の話なので、絵ズラ&話の展開的にやや地味。が、事実に即した形で映画化するとどうしてもこうなるか。その意味でわ、この主役2人で派手すぎず、意外にふいんきに合っていた(意図的に野村がハッチャケ気味のキャラとしてるが、そこは指示されたものなのであらう)。

 佐藤浩市演ずる千利休との関係も判り易くてヨカタ。千利休は以前別作で生涯概略は知ってただけに、そことリンクしてこうなってたのねん、とゆー辺りの背景もよく分かった。

 歴史モノ系としてはちょっち派手さに欠ける鴨だけど、まぁこういう方向のがあってもいいで賞。

※関係ないが本作、時間都合が付かず、一番近所な割に余り逝ってない…何故なら割引制度がしょぼく、なら多少GS代余計にかかってもやや遠く館に逝った方がトータル的にはずっと得…某ジモチー館に逝ったら、会員デーは、「今月からこれまでの1300円から1100円に値下げしますた」との看板がヽ(^。^)ノ これで漸く、他シネコン系列程の割引額になったとゆーもの&今後は利用頻度も上がるであらう。

 が窓口♀販売員よ…長々と料金体系の説明すんなよー、コッチは会員カード出してんだから、そこの看板にデカデカ出してあるソレに決まってんじゃん\(かお)/。どんな社内教育なんだ濾過。。。

>追悼とまでわ逝かんが。

 先日某ず~じゃ番組聴いてたら、このポンニチツアーを以てミュジシャン引退とか。書いてないけど、センセは何遍も心臓手術してきてるので、そこらの関係もあるの鴨試練。
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/14084
 文中にあるように、メセニーが著名になる前ここのバンドで修業させて貰った、ホンマの師匠である事もその筋では著名。

 ちなみにその師匠の元へ久々"里帰り"し、一緒に演った↓は中々味わい深し。時折引っ繰り返して聴く事ありま。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3-%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3/dp/B00KBAT5C8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1496900272&sr=8-1&keywords=%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3

 そして師匠の代表曲は、何と言ってもチックコリアとの↓であらう。せんせの最大特徴たる、マレット4本常時同時持ちも生きてる。

 本楽器演るヒトは大概、2本持ちがふつーで、4本持って、ってヒトは殆どいない。がそこで、同時多本打ちで響きのある音群を聴かせてくれるの余念。
 

この時代に未だFAXで連絡してくるヴァカにわ付き合ってられん

 投稿者:返信任者アラシ@ホリエモンも、  投稿日:2017年 6月 8日(木)11時51分5秒
返信・引用
   エエことゆ~の~&全面大賛成。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170605-00174408-toyo-bus_all
 兎に角、どーでもよい事で電話かけてくる香具師、大杉&ソリはメールとかでゆーてきた方がイロ工口と都合エエのに、とかゆー場合も大杉。

 誰かサンが根本的にケータイ嫌いってのもココにR。どーでもヨッシングな電話なぞに出たくないから。かかって来ぬよにする最良の策は、持たない事余念www

 逆に、スマホ出したい時に~という事わ出来なくなるので、くだらねー会議の時には別の暇潰し手段が必要になってくる。といって、流石にホリエモンせんせ程堂々とモノ出してやれるメンタリティのヒトはそうはおらんと思うので、もっと目立たぬ暇潰し方法がほしのげん。

 しかし先日、ある全国的著名度を持つ金融方向のヒト(&このセンセも趣味は将棋)の、「漏れはそゆ時、詰将棋やってるの余念w」とコラムにあったのを読んで成程!と思いますたヽ(^。^)ノ

 かなりの長時間1頁を動かぬまま睨みつける事になるので(まぁ藤井四段とかだ別なんだろけど)、通常読書ほどページ次々と捲る必要が殆ど無く、傍目には会議用資料を読んでるようにしか見えん。かつ、小さな盤面図だけがちょこっと資料の片隅に出てればよひので、隣席に座った人にすら、まずバレないヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ(←実証済)。

 会議長さに応じて盤面図ペラ数枚用意すりゃ、誰かサンの実力でわ十分過ぎる程楽しめま。…こうして不良リーマン度は増々加速するのであった(げら)。

>館でやっつけた記。

×: 海辺のリア

  仲代達矢御大を中心に、黒木華・原田美枝子・小林薫・阿部寛の事実上5人だけによる作。SSTRゴール浜辺でロケしたシーン多々。とゆーのも尤もで、仲代せんせ主宰の劇団公演ホームが実わ能登某所にあるの余念、とゆー事情からかしらんとも思ったり。

 かつては舞台や映画の世界で活躍した大スターの仲代。今では老人ホームで暮らしているが、脱走してある海辺に辿り着く。そこで再会したのはかつて家から追い出した娘の黒木。仲代は黒木にリア王の娘コーディリアを重ね、リア王の狂気が乗り移っていく…

 あ~つまんね。典型的なおゲージュツ型の作。幾らジモチーがロケ地だからゆーて、こーゆー作を推す気にならん。

 殆ど筋らしい筋が無く、大半の時間は仲代御大の独演会状態。それも半認知が前提になってるので、もう言ってることもシッチャカメッチャカ。こゆのは映画じゃなく、舞台でやっといてほしのげん。

 なので折角な起用の、黒木も小林も阿部も殆ど生きてない飢餓する。いや仲代せんせ含め、演技陣がどうこうじゃなく、ホンの時点でダメなんだろなコリャ。

 いつもの単館で観たので事実上ロハだたからヨカタけど、こゆジモチーロケ箇所多数作なので、例外的に幾つかのシネコンでもかかってるの余念。ソッチをカネ払って観に行ったヒトビトにわ恐らく、激怒モンだたで賞。

○: サウダーヂ

 確か5年ほど前にかかったポンニチ作だが、何故か今、再上映ってので(事実上ロハなら観に行く余念)。ほぼ正味3hある長編作。ちなみにDVDは出てない(意向で、意図的にされて無い、とか)。原題元意はポルトガル語で"郷愁・情景・憧れ"。ちなみにこの翌年、ライムスタ宇多丸せんせが「去年映画の中でNo.1」と激賞した作とか。

 山梨県甲府市、人通りもまばらな中心街はシャッター通りと化していた。不況の土木建築業には、日系ブラジル人やタイ人を始めとする様々な外国人労働者たちがいた。HIPHOPグループ“アーミービレッジ”の猛は派遣の土方として働き始める。自己破産した両親はパチンコに逃避、家庭は崩壊。弟は精神を病んでいた。猛の働く建設現場にも、多くの移民たちが。そこで、土方一筋に生きて来た精司や、タイ帰りの保坂と出会い…

 見始めて、そうそう以前に観たと思いだした。題名とは裏腹に、地方の出口ナシ的閉塞感が徐々に悪化する方向に話が進む、群像劇。ふいんきとしては、園子温の少し前の作群の感触に近いが、アソコまで人工的でもない。

 一見するとダラダラとただ地方現状をノンフィクション的に撮ってるだけじゃん、とも見えるが、再度観た今は、成程こまい所で色々仕掛けてあったな~って事がよく分かる造り。宇多丸せんせ激賞も、尤もな事で賞。

 但し3hは流石に長過ぎ&そんな片意地張らず、DVD化したらエエのにとも思うの余念。尤も、とても家で3h続けて観れるとわ思えんが。その辺りで若干マイナスしてみますた。

#どうも今、本監督センセの最新作宣伝を兼ねて、らすぃね。またもや3hwww
http://eiga.com/movie/82941/
 いつもの単館じゃ、年間passでおkじゃなくて別料金スタイルになる、とゆーてた。どうしようかしらん。。。
 

「たたら侍」、打切り前に観とけてヨカタのか?(藁)。そういや、

 投稿者:返信任者アラシ@東森センセ作の  投稿日:2017年 6月 7日(水)14時13分54秒
返信・引用
   「ヒア・アフター」も、公開2週目にして3.11勃発で、中身的に余りにタイムリー過ぎて突然上映打切になった事あった。今回はそれより1週間も多く上映できたんだからヨッシングとすべきか?(w

>駄目な二世話はさておき、こちらわ、優秀なお子様編。

 現タイトルホルダーせんせの記述な↓は、本ギョ-カイ周辺ウロチョロ者なら誰もが知ってる話。但し、詰将棋の力だけは、消防時点でプロTOPを超えてたとゆー位かな(難易度&速度的に、敵うヒトが誰もいなかった)。

 ちなみに文中のカイジたぁ、福本せんせの漫画のアレでつw

>2017-06-05
> 藤井四段が言った「僥倖」が急上昇ワードになるくらい話題になっていましたが、カイジを連想する人がほとんどですよね? 違うか。
>局後のコメントってタイトル戦では毎局聞かれますが、いつも同じだと同じと言われるし、変えれば目立つし、難しいんですよ。
>
> (中略)
>
>フットサル合宿で、ある奨励会三段がその日に奨励会で指した将棋をみんなで見たんですが、技術的にはプロと変わらない印象を受けました。藤井四段の快進撃を多くの人が予想していなかったのは、三段リーグが13勝5敗という昇段者としては並の成績だったからです。これが17勝とかだったら、期待値は違ったはずで。
>
>三段、プロ、トッププロの力がどれくらい違うのか、という比較は常に難しいですけど、いつの時代も三段リーグは厳しい競争だと改めて感じた出来事でした。

>子供と言えば、それ絡みで先日むかっ腹の立った事。

 国民年金を代わって払ってやらねばならんトシになった過日、年金事務所からその旨お手紙来てた事もあり、纏め前納すると若干安くなるとゆーので、がむばって振込で1年分払いまつだ。

 まぁそん時にも、「実わ2年分前納するともっと安くなるんだけど、その用紙はこの中には同封されてないので、希望な向きは年金事務所まで別途連絡を」って、誰がそこまでまん●臭い事ワザワザするんじゃヴォケ! 最初からソレも同封しとけ!、と抗議電話する程暇でわないので、ソレは内心むかっ腹立っただけで終わったのだけど。

 日曜夕方に、接頭部に某重電メーカ系列と思しき名称がつく会社から電話かかってきた。「国民年金手続代行を承ってる社の者だが、子供の国民年金の事でTELしたが、子供本人か世帯主はおらんか?」と言う。
#胡散臭いので、電話しつつ片手で暫く前に年金事務所から来てた手紙内部探ってたら、確かにその社名はあった。

 前者は遠方住まいでここにおる訳ナッシングだし、後者は今出かけてていないし、漏れ親だけど何か?とゆーと、相変わらず「子供本人か世帯主じゃないと、話せないんで」の1点張り。

 年金額なら先日払込み済だし、特に問題無い筈で、第一ソレ実際払ってるのわ子供本人でもなく世帯主でもなく、親のこの漏れよ?&何か問題でも? 何でその親に要件伝えられんのじゃヴォケ、的に複数回上記とのオウム返し往復があったが粘る。

 すると電話向こうでゴニョゴニョ相談する気配があった後、「ホントはダメなんだけど、でわ生姜無いので代わりにお伝えしまつ。年金の払い込みは、引き落としでも出来るようになってまつ。以上」的な事だけ言われてーーー糸冬 了ーーーで唖然。

 たかだかその程度の事、何で本人か世帯主にしか言えんのじゃヴォケ!&手紙の中にその旨書いとけ!&そーゆー事は未納の香具師を調べて、ソイツだけに電話しとけ!、と言い散らかした後、頭来たので叩き切るよに切ってやった。

 力一杯なお役所仕事全開&その代行業者も、そーゆーくだらん&融通効かんルールを勝手に決めて(決められて)その通り機械的に電話し捲ってるだけだろけど、それこそ時間とカネ(⇒元はと言えば、その出所も年金ストック額からな筈)のムダ。

 未納の香具師が多いので、少しでも取っ逸れがないようにって作戦なんだろけど、じゃあ、その気があるヒト向けに2年前納分の用紙が入ってないのは一体何やねん、とチグハグ状態全開。

 ホントにオカネモチのヒトは、こーゆーアフォな年金なんか誰も入ってないだ路寝。。。

>館でやっつけた記。

□: 武曲 MUKOKU

 藤沢周の剣豪小説原作を、熊切和嘉監督@「海炭市叙景」は実によひ作ですた、センセが、綾野剛・村上虹郎・小林薫・柄本明・風吹ジュンらで。

 剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけでアルコール漬けの自堕落な生活を送っている綾野は、父・小林と同じ“天性の剣士“の高校生、村上と出会う。2人は剣道八段の僧侶・柄本師範の教えを受け、人間として、剣士として精進していくが…

 綾野の役への入れ込みっぷりは中々のものだし、相手役村上もそれに十分応えられる出来。そいsて脇を固める、小林&柄本&風吹の各面々も、"らしさ"が十分に生きててヨッシング。

 がしかし、原作(未読)世界を無理に現代設定にしたセイからか、基本的な話の進行部で所々ぎくしゃくしてる箇所が散見され、かつ無理気味に次の場面につないだりとか、余分なシーンもあったりする。どうもホンが整理されて無い印象。恐らく原作はシンプルなんだろけど、余計な枝葉を付け過ぎた感アリ(←想像)。

 とゆーことで期待はしてたけど、ちょっとここ数作の熊切監督せんせのわ、こーゆー期待外れパタンに陥るのが多かったので、1か月後にカナザワ映画祭で自身のこのトンデモなデビュー作をぶちかますとゆー、初心に帰ってがむばって頂きたい所でR。
https://www.amazon.co.jp/%E9%AC%BC%E7%95%9C%E5%A4%A7%E5%AE%B4%E4%BC%9A-DVD-%E4%B8%89%E4%B8%8A%E7%B4%94%E6%9C%AA%E5%AD%90/dp/B00P7QMKD2
#よくDVD化出来たよななぁ。。。

△: 20センチュリー・ウーマン

 ネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグ3人が主人公。本監督せんせの母親がモデルの作とか。

 1979年の西海岸、シングルマザーのドロシアは、思春期の息子ジェイミーの教育に悩み、パンクな写真家アビーと、近所に住む幼馴染みのジュリーに相談して教育の手助けをしてもらう。15歳の少年が3人の女性たちと過ごしながら成長していく…

 本来はこの厨房が主人公な筈なんだけど、スッカリこの♀3人に食われっ放し(藁)。いや、ソッチの意味じゃなくて(げら)。といっても、中ではソレ系話はてんこ盛りだけどw、ってワケワカメな書き方だが。

 女性賛歌って首題なんだろけど、この監督センセのマザコン的側面が出過ぎてて、どうもナァ~的too much感が。特に最近作でそれぞれ好演を見せた、エル・ファニング&グレタ・ガーウィグは、本作ではイマイチその魅力を生かし切れて中田飢餓する。

 特にポンニチ的感覚からすると、近親者にこの手の話を~とゆー大前提のトコから、どーにも違和感が。最初からモロAVって造りなら、ソレはソレだけどw

 ちなみにこのタイトルって(現題もこの通り)、もしかしてTレックスの「20Thセンチュリー・ボーイ」のパクリ?。作中にそれと思しきトコは特に中田飢餓するが、黙って拝借モナ~とかいうトコも評価を下げる一因ともなり、総合的にはこんな評点で賞か。

>「○○解説は、映画を観た後に聞くべし!」

 も一つ、観る前には愚愚っても、簡単荒筋部しか目に入らぬようにすべし!、もヒョーロンカせんせの種類を問わず、徹底しないとね。
#確か、かの春樹せんせもそうおっさってたよな気が(←ご尤も)。

 某氏レビューのばやいですら、自身が観る前だと、なるべく詳細は読まないようにしてるくらいだし(笑)。
 

町山ネタバレ問題

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 6月 7日(水)13時50分0秒
返信・引用
  >映画評論とネタバレ
まぁ、自分で書いてても、
「ネタバレ無しじゃ話せんよなぁ」みたいな作品もありますが、
(『メッセージ』とか)
そこはプロなんだし、
サジ加減っつ~ものがあるだろうと思いつつ、

町山智浩大センセの“取扱説明書”として、
「町山解説は、映画を観た後に聞くべし!」
が鉄則だとおも~。

この御仁、とにかく、知ってるコトを
話したくてしょ~がない病を患っているので、
そう言う人の論評を、
映画見る前に見聞きしちゃう方が悪い。

…とは言え、
インターネット喧しい昨今、
情報を遮断するのも一苦労で、

楽しみに録画してたレース結果が、
思わぬサイトに、見出しでド~ン!
みたいな事故も多々あって、
ニンともカンとも。

町山センセは、過去に、映画秘宝編集部にて、
「ブルース・ウィリスがさぁ、実は死んでたんだよ~!」と
大声で話してて、周囲から大顰蹙を買っていたとか、
そんな逸話に枚挙の暇がなのだそ~な。

個人的にムカついたネタバレ予告編
タイムカウント 1:17から2秒ぐらい映る、
黒のポルシェが、プライベートジェットの
ランディング・ギアを吹き飛ばす、
アクションシーンがあるのですが、

これさ~、クライマックスの要所も要所だぜ?
んなシーン見せちゃダメだよ~。
https://www.youtube.com/watch?v=lEAqWg1T-88

 

医師と言うよりも…

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 6月 7日(水)07時51分6秒
返信・引用
  >何もしない歯科医
腫れてる間は「な~んもできん!」のですって。
理由はよぉ解らんのですが、
人体側の抵抗勢力が頑張ってる間は、
麻酔が効かんとか何とか…。

で、腫れが引いた後、
病根が歯とか骨の場合、
トンテンカンとやって処置するものの、

歯肉の場合、
「ちゃんと歯磨きしてね。甘いモン食っちゃダメよ」で
終了~。
肉系はバイ菌の増殖を抑えて、
自前の治癒力に委ねるだけみたい。

なので、歯科医って医師っつ~より、
技工士つ~か、細工師っつ~感じよね。

>口内治癒力
と言う歯科医療を知った後、
とある拍子に、ザックリ舌を切った事があって、
どえりゃ~出血したんで、
「舌をかみ切って死ぬって、こういうコト!?」と
一瞬パニクったのですが、

「待てよ?」と、
歯医者ですら放置プレイが常の口腔は、
有史以来、人体の最も不潔な箇所な上に、
生存には不可欠な場所なのだから、
治癒力も高いのでは?と自分を落ち着かせ、

ティッシュペーパー加えて、
15分ぐらいじっとしてたら、血も止まり、
翌朝には、飯も食えるようになったとゆ~、
人体ってスゲ~なと思ったのでした。
 

「1週間ほど様子みて」って、痛くてそんな待っとられんぞゴルァ

 投稿者:返信任者アラシ@こりゃ駄目だと  投稿日:2017年 6月 6日(火)13時53分2秒
返信・引用
  …観念して、再予約連絡したのが土曜日。

 しかし日曜は休みだし、しかも今回初めて逝ってみたソコは月曜定休日ときてる(いつもわジモチーのトコ逝くのだけど、今の勤務地に来て歯医者逝く羽目になったのは初&ジモチーまで戻ってる時間余裕わ無い)。

 生姜ナッシングなので、週末は痛いのずっと我慢。ソコがピークだたか、昨日からはやや持ち直した感あって若干痛みは和らぎ傾向にあるけど、相変わらず腫れは引いてないし、患部押すと痛い。

 てな訳でさっき途中ボリサーして逝ってきますた。「うーむ確かに腫れは酷くなってまつね」で事実上診察ーーー糸冬 了ーーー、外科的施術は何もせず、飲み薬処方されただけ。とゆーのは某氏指摘通り、事実上医者側は何も出来ないからなんでせうね。

 「3日後、経過観察でまた来てチョ」わいいけども、其迄に快方の兆しが見えてればよひが。。。

>こっちにも時々、恒例せんせの日記より抜粋。

>草刈り機がもっと軽かったらなぁ
>2017年6月 6日 (火曜日) 09:00
>
> 芝刈りと草刈りをしました。それぞれ1バッテリィ。芝刈りは楽な作業です。タイヤのついた芝刈り機を押していくだけで、力がいりません。それに比べると、草刈りは草刈り機を支えている腕が疲れます。地面すれすれのところで浮かせて左右に振っているわけですから、草刈り機の重さ(3kgくらい)をほぼ片方の腕で支えていることになります。もう少しバランスの良いものが作れそうな気がします。重いエンジン部を背負って、刃だけを振る機構のものもありますが、それほど変わりませんね。全体的に、軽量化されると良くなるでしょう。
>
> だいたい、この種のものは軽量なエンジンを使っていたのですが、最近はバッテリィが小型化したため、モータで駆動するものが増えています。バッテリィは20分くらいしか持ちませんが、腕が疲れるからそれくらいで充分です。燃料を買いにいかなくても良い点がメリット。あと、エンジンのようにメンテナンスの必要がほとんどありません。

 森せんせは一体、どんなケッタイな草刈り機を使っているのか?。

 草刈り機っつーと、宅のふつーの2stEgな、よくホムセンとかに置いてあるのしか形が思い浮かばんが(↓的形の、最量販帯の実売価1.5万程の)。
https://www.amazon.co.jp/BIG-M-BIGM-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E5%88%88%E6%89%95%E6%A9%9F-BC233M/dp/B01AXOADWM/ref=pd_sbs_60_5?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=YG7FYJY2T8DSF76SYFBY

 こゆのだと大体重量4kg強、でも片手で持って…なんて使い方する香具師は通常おらず、首からぶら下げて使用がデフォ。プラス両手持ちなので、それだと20分どころか1h連続作業しても、腕的には特に何でもない。

 用途にも依るんだろけど、1バッテリで20分しか持たないんじゃ、誰かサン用途では全然役立たず。先のような連続時間で、な作業なんて今からの季節、しょっ中だから。(当然、片手のみ支えて3kgもあるモノをそれだけの時間振り回して、わますます論外。)

 燃料~のくだりは、その代わりに都度充電せなアカンとゆーのも実は結構まん●臭い。ここもどっちがよひかはヒトによるかな。

 ちなみにEgメンテする羽目になるのは使用後、混合油をタンクに入れっ放しで長期間保管するから。キャブが詰まったり、草刈り機の何のソレ系対策もしてない安物ポリGSタンクから混合油染み出てきて「一体どこからGS漏れてんだ濾過?」と分からず大騒ぎする羽目になる(→数年前に経験あり)。

 懲りて以降、使用後は完全に残りGSを保管缶に戻す事にしてからわ、全くノーメンテ・ノートラブルだす。

>館でやっつけた記。

○: トモダチゲーム 劇場版

人気漫画の実写TVドラマ化から今回劇場版。高校生の♂♀5人グループが、高額借金返済ゲームに巻き込まれ、疑心暗鬼の心理戦と頭脳プレーを繰り広げていく、とゆー基本筋。この手のモノでの著名作としては、「ライアーゲーム」とかあるが、それと比べてどうか。

 高額借金を賭けた“トモダチゲーム“に参加するハメになった友一ら5人。クリアすれば借金はゼロになるが、失敗すれば負担額が増える。1stステージ“コックリさんゲーム“を無事クリアした友一たちは、2stステージ“陰口スゴロク“へとコマを進めるが…

 なくなった修学旅行費を元手に、メンバーの誰かが申し込んだ金の掛かった友情試しゲームである「トモダチゲーム」の第2ゲーム。第1ゲームはTV深夜ドラマで放映済らしく、冒頭そ若干その説明はあるけれど、ドラマ観てなくても全然おk。

 全体造りはライアーゲームと似てる。が、二番煎じとゆー感じは無く、このゲームが中々練ってあって、殆ど期待せず観たが予想以上に重城買った。内田理央以外にカネをかけられなかったせいか、舞台はどこかの校舎屋上らしきトコに最初から最後まで…で、ショットもひたすら登場人物の上半身うp多用。その分表情がよく見えるが、そこがかえって中々の効果を出している。

 各演者の演技自体は並クラスだとおもーが、ゲーム展開に助けられて、終盤まで余分シーンも殆どなく、緊張感が持続する。ライアーゲームのいいトコだけ取ってきたよな感じ、と言えばふいんき分かるであらうか。思いがけぬ、拾い物のクチと言えるで賞。

 帰って愚愚ったら、続編が既に秋公開で控えてるとか。にしてはエンドロール後にその予告編が流れても全くおかしくないが、"to be continued"とテロップ出ただけでーーー糸冬 了ーーーとゆ~やる気の無さって一体w。その分、減点してみますた。

>先日の「スプリット」絡みで、町山センセが責められてるらすぃとか。
http://lite-ra.com/2017/06/post-3218.html

 でもその程度でネタバレ言われてモナー、側に追加一票。それでんな事言われたらそもそも、映画ヒョーロンなんて成りたちましぇん。書いてある事全部が全部ネタバレだとも、言いようによっちゃ、どうとでも言える訳で。

 そのレビューで書いた通り、流石にブルースウィリス出てくるあのラストは無いとおもーぞ?。多分、観た人ほぼ全員がキョトン顔であったで賞(藁)。そんな昔の、自身のマイナー作を観て覚えてる事が前提になってる造りって、シャマラン監督せんせ、そらぁ無いぜよ。。。
 

この1分半の間に流れてたCMが、中々ケッタイなものであったw

 投稿者:返信任者アラシ@丁度生で見てた  投稿日:2017年 6月 5日(月)16時12分5秒
返信・引用
   ↓記事中に若干誤りアリ。冒頭十秒程は音声付でそのCMが流れてたのだけど(それが終わったら画面固定で無音になった)、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00050126-yom-soci

 通常地上波で流れるよなCMぢゃなく、BS辺りの深夜通販でやってるよなふいんきのもの。しかも不穏なナレーションが…「ホニャララの返品は一切受け付けられません」的な事を言ってたので、今時そんな事ゆーCMって(例え通販でも)あるかのぅ???、と二重の意味で不思議だった。

 全然別の事しながらTV付けててマトモに見て中田のだけど、そのナレーションが耳に入って、暫く画面を凝視しました土佐。でソコから、全く画面が動かなくなったと。

 最初は、「不適切なナレーションだた事をお詫びしまつ」的説明があって本放送に戻るのかと思いきや、「これ、いつになったら戻るんかのぅ?」といい加減シビレを切らす寸前の、90秒程の停止の後に、唐突に本放送に戻る。\(かお)/

 放送事故とゆーより、誰かの故意的いたづらな類と睨んだが、サテ。

>館でやっつけた記。

△: エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方

 という題の通り、肉体関係には器用だが恋には不器用な、大人♀のシングルライフを、とゆーコメディな造りの作って事だが。

 幼い頃から離婚した父に“一夫一婦制は悪“と吹き込まれてきた女性エイミー。その影響で彼女は恋を知らず、男性とは一夜限りの関係と割り切っていた。そんなある日、スポーツ外科医と知り合ったエイミーは、これまでの奔放な生活を改めようと決意するが…

 主人公は結構豊満体型の中年♀だが、ビーチク出しNGらしく、セクースシーン結構一杯あるんのに全く胸は…とゆー、ガカーリ作。こゆコメディなら往年のグローイングアップとかだって、ちゃんとポロリ逝ってたぞ?。

 コメディシーン自体はまぁ平均点。爆笑とゆーよりもニヤニヤクスクス型だが、まぁそれはそれでヨッシング。ただ、現実離れし過ぎてるかな…とゆーマイナス面もR。

 総じて、何でこの程度の作を、ジモチー単館が引っ張ってきたのかよく輪仮間線、な作と言えるで賞。

□: 僕とカミンスキーの旅

 独=ベルギー発。崖っぷちの美術評論家が伝説的な画家を担ぎ出し、一旗あげるためにEU各地を回る旅に連れ出すとゆーユーモア的ロードムービとか。ダニエル・ブリュール主演。

 金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家ゼバスティアンは、スイスの山奥で隠遁生活を送る盲目の画家カミンスキーを訪ねる。ゼバスティアンは老いたカミンスキーを自宅から誘い出し、若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとするが…

 もう1人の主人公たる、盲目なハズの画家側が、実わちゃんと見えてるのではないか?疑惑も途中から巻き起こり、それが最後の最後までどっちなのかが曖昧なまま進行するとゆースタイルは中々に重城史。

 ユーモア的側面もRが、その一方で権威的美術界をディスるよな部分もそこかしこにw。あそしてこの、結局はシッチャカメッチャカな珍道中と、ちょっとごった煮が過ぎるとゆーか、焦点がばらけてる感があって、そこらを整理してくれると、も少し評点としてはうpしてやってもよかったのでRが。

 邦題もどうなんだろ…"僕"っつートシでもないし、単純に「カミンスキーとの旅」でヨカタのじゃアルマジロ、って意味で総合的にわこの評点。

△: ぼくと魔法の言葉たち

 自閉症により2歳時に言葉を失った少年が、徐々に言葉を取り戻し、自立を勝ち取るまでを描いたドキュメンタリとか。御本人が現在を演じてる。

 サスカインド家の次男オーウェンは2歳で言葉を発しなくなり、6歳まで会話が出来ずにいた。ある日、両親は彼が発するモゴモゴとした言葉が、ディズニー・アニメの台詞であることに気づく。家族はキャラクターを通じた会話で言葉を取り戻そうと奮闘するが…

 自閉症って生まれつきなものだとばかし思ってたが、本作の様に途中から突然発症する事ももあるとわ尻間線でした。御本人&御家族の御苦労は相当なモノであったでせう。上記荒筋だと6歳で完治したのかとも思えるがそうではなく、その後もソレ系な症状はずっと引きずっておられるので、成人された現在も完全とは言えない状態。

 出銭~アニメが何故かこのヒトのばやいには効果があったって事だが、何故なのかは謎(だからと言って、他の自閉症治療にまで出銭~アニメが有効か否か、までは論じられてない)。
 そうしたノンフィクション部分は兎も角、映画としてみると正直、変化が無く、そう重城威ものでわ無い。少年期の回想シーンからいきなり、成人した現在に描写が飛んじゃってるのもややマイナス。例えば消防~厨房辺りはどうだったのか、とかもっと描きこまれてれば、本作造った元々主旨にも合うのでは。

 てな訳でちょっと厳しめ鴨試練が、この評点としてみますた。

○: まるでいつもの夜みたいに~高田渡 東京ラストライブ

 今でわ息子のギタリスト、高田連の方がギョーカイ的には有名な肝刷るが、その親父殿はかつてはとても著名なSSWですたとゆー、文字通りの最終ライブを収録した75分程の短尺作。代島治彦@「三里塚に生きる」はとてもよひドキュメンタリですた、監督せんせが1台の手持ちカメラで撮影したものとか。

 05年4月16日、56歳で急逝したフォークシンガーの高田渡は、その半月前・3月27日に東京・高円寺の小さな居酒屋で行なわれたのが人生最期のライブとなったが、それを撮ったもの。せんせの名前自体は、日本のSSW創世記の重要メンの1人って事で昔から知ってたが、そもそもこの分野自体余り得意とも言えず、まともにレコード持ってる訳でもナッシング、とゆー香具師が観るとどうなるか。

 ギター1本だけで歌うので、恐ろしくシンプル。何かのメッセージソングとゆー感じではなく、日常の細々した身の回りの事を淡々と歌うとゆー感じ。(かつてはそゆ主義主張が激しい方向に…とゆー時期もあったらすぃが、70年代途中から方向転換したとか。)

 中々歌はじっくり聞かせるが、折角こゆ作&音楽分野なのだから、歌詞テロップはほしのげんだたなー。所々、聞き取り難い箇所が無い訳ではないので。

 また、曲間のトークは中々独特で重城威。こゆのも高田せんせ独特らすぃが、併せて丸毎(多分)収録~公開されたのは中々ヨッシング。56歳てのも驚き…観た感じ、70越えてるのか?ってふいんきだたから。

 結局本上映見る限り、この半月後に突然逝くとは思えん、まだまだ元気な感じだから、ポックリ逝かれたのであらう。こんなモノ今時観に来るヒトどんだけおるんだ濾過、とぶっちゃけ思ってたけど、このハコで・この曜日の・この上映時間にしては上等の客入りだた事も結構クリビツですた。

 ま、たまにはこゆ分野をジックリ聴くのもいい余念。合掌。

>接着剤はもっとしっかり塗っとけやゴルァ!、その2.

 この新井メットは3年目だけど、ディフューザの部分が中央部を残してクルリとある日突然、回転するようになって目が点に。(@o@) 今まで他にもArai被ってきたけど、こんな事になったのって初。

 改めて構造見ると、中央部は(多分)帽体に穴開けてちゃんと止まってるのだけど、両側って単に接着剤をチョコっと塗って貼ってあるだけなのねん。安っすい構造w

 もうちょっと多目に塗っといてくれれば、こんな外れる事は無かったハズなのに。。。いやそれとも、更に高価格帯のモデルだと、接着剤塗布量ももっと多いのかしらん。

 生姜ナッシングなので、接着剤買ってきて付けますた。それ自体わヨカタのだけど、その後急に出かけなきゃイケナイ事が出てきて、本メットそのまま被って出たら、帰ってきて見たらディフューザー部がちょっと傾いたまま、くっついてしまってますた。\(ToT)/
 

歯の話

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 6月 3日(土)15時28分16秒
返信・引用
  >歯肉炎的痛み
とある歯科医に、歯科医療について、
ぶっちゃけ話を聞いたのですが、

つまるトコロ、全ての医療は、
8割がた、人間の治癒力に頼ってるのが実情で、

特に歯科の場合、
人体の中で、最も不潔な場所だけに、
(食い物のカスを餌にした雑菌だらけ)
そうした雑菌の増殖を、いかに抑えるか?が、
予防歯科医療の全てなのだそ~な。

とりわけ歯肉炎は、衛生管理不行き届きか、
外傷or疲労による抵抗力減退が原因なので、

1、執拗な歯磨き
…歯磨き粉無しの素の歯ブラシで、
最低30分を費やして、歯垢を徹底除去。

空冷エンジンを、歯ブラシで清掃するのと同じく、
歯の凹凸に沿って、くまなく磨くと、
30分ぐらいは、普通にかかる。

鏡で見ると、歯垢が残る歯はつや消しに、
歯垢が取れた歯はツヤツヤと、見た目で明らかに。

で、こういう歯磨きしか、雑菌を減らす術はないそうな。
リステリンとか、GAMとか、嘘っぱちなんだって。

2、外傷が原因の歯肉炎は
敢えて2日ぐらい、歯磨きを止める。
…執拗な歯磨きが日常だと、
磨きすぎで、歯肉を傷つける事があるんで、
こういう時は、歯磨きを休むと治る。

歯科医いわく、
歯磨きには、唾液を多く分泌する作用があって、
唾液を飲み込む事で、唾液でしか得られない、
雑菌抵抗物質を体内に取り込めるのだそうな。

ゆえに、歯磨き粉を使うと、
貴重な唾液を、全部はき出しちゃうんで、
歯がきれいになったかどうか?をチェックできない上に、
抵抗力を高める作用も捨ててるので、

ライオンとか、歯科医療的に
百害あって一利無しの、悪の枢軸なんだって。




 

今年から全国巡業な、金沢映画祭の第1弾発表キタ――(゚∀゚)――!!

 投稿者:返信任者アラシ@遠征は出来んが  投稿日:2017年 6月 2日(金)11時30分32秒
返信・引用
   ジモチーの・しかも一般公開作ぢゃなく、期待の新人特集とあればmustか。
http://eiganokai.blog.fc2.com/blog-entry-824.html
 (例年の感じから)スカも多いけど、当たればデカいとゆー楽しみもR。各作紹介見てると滅茶楽しみ&主宰せんせの趣味全開ヽ(^。^)ノ

 例によって、昼飯休憩の時間なぞ一切尻間線、な突っ走りラインナップ。ここの3連休に21美に来る一般&観光客も多いけど、その時は地上の一般展示見に来るんぢゃなく、地下に来るヨロシねw

>館でやっつけた記。

○: 家族はつらいよ2

 前作から殆どキャスト陣も続投な(という事は「東京家族」から数えると三連投)、山田洋次大センセ@東森センセより1歳若いだけ、の続編。夏川結衣様も引き続き出てるので当然must。今回メインテーマは高齢者の免許返納&孤独死、生活支援辺りとか。

 平田周造と妻の富子の離婚騒動から数年後。周造はマイカーでの気ままな外出を楽しみにしていた。しかし長男夫婦は高齢者の危険運転を心配し、免許を返上させようとする。そんなある日、周造は居酒屋の女将とのドライブ中に、昔の同級生・丸田と偶然出くわし…

 流石は喜劇の洋次大せんせだけあってまいう~。夏川結衣様の出し方も相変わらず誰かサン的にわ大好物。メインテーマ群に答えが出されるよな内容でわないけども、そこは元々コメディだからねぇ。特に新しい何かをやってる訳ではないけど、安定して楽しめる。

 ここまで来たら、洋次せんせの寿命まで、延々尻~図化でやって貰っても全く問題無いで賞。但し映画の日だっちゅーのに、観てたのわ誰かサン+1名だけという客入り実態だたので、興行成績的にダイジョビなんだ濾過的、一抹の不安はRが。

□: LOGAN/ローガン

 ヒュー・ジャックマンの当たり役『X-MEN』尻~図の、ウルヴァリン(ローガン)を描くシリーズ第3弾にして最終作とか。今度はR15指定なので、とゆートコにも期待だが。

 ミュータントの大半が死滅した2029年。認知が進んだプロフェッサーX。そして老いて治癒能力を失いつつあったローガンは、生きる目的を失い、メキシコ国境付近の廃工場でひっそりと暮らしていた。ある時ローガンは、実験で作られたミュータント少女ローラを、カナダ国境のノースダコタまで送り届けるよう依頼されるが、武装集団に追われ…

 かつての無敵著名ヒーローが、年食って往年の力程は無く、とゆー設定はこれまでありそで中々無かったよな肝するので、その意味でマーベルものと言えど十分実験作の範疇に入る。そこは思い切った設定で評価したい。

 がこうすると、肝心バトルシーンには本人には往年の力はない訳で、派手派手しさにはどうしても欠ける(そこを周囲設定やサブキャラ側で上手くは取り繕ってはいるが)。こゆモノ観に来るヒトビトって本来、ソコを一番楽しみにしてるんちゃう?的観点から見るとややマイナスか。

 決着させ方も、この基本設定&筋で最終作だっつー触れ込みからすると当然こうなる訳だが、もうちょっと終盤展開に捻りようがあったんでわ、と思わなくもない。あと全体が2.5h近くあるのは、無駄シーンを削ぎ落とせば十分2h以内に収まる筈。

 R15とゆー程大した事もなく、X-MENっつかウルヴァリンものと見れば及第点ではあるだろけど、そこを超えるトコは特段見当たらず。エンドロール途中で出てきたけど、まさか最後に、例によってなモノは付いてなかったで賞ね?。

>で歯医者逝ったけど、結局治癒には至らず。\(かお)/

 レントゲン撮ったら全く異常ナッシング、歯茎は確かに見た目やや腫れてるので何らか内部炎症であらう事は間違いないだろけど…って事で、結局ちょいとクスリ塗っただけでーーー糸冬 了ーーー&でも痛いの治った訳ではない。

 1週間ほど様子見て、まだ痛かったら再度来てケロ、って。。。
 

海女村梱包にしては珍しくなポカ。溜まった別々注文を一緒に送る

 投稿者:返信任者アラシ@とかゆーばやい  投稿日:2017年 5月31日(水)10時43分4秒
返信・引用
   それらが全部入る箱より、結構でかい箱で、な事多しだけど、この時の同梱物件は計3つの元々はバラバラに発注した香具師だった。

 内、金額のまぁまぁ張る2点については、内部シュリンクでずれないようシッカリ固定されてたので合格だたが、問題は残る1つのセコハン文庫本。何故かそのシュリンク内に混ぜて貰えず、デカ箱の中で動き回り放題だた為、到着時には当然の如く、表紙が皺くちゃにw

 まぁ、たかだか読めりゃヨッシングの0.2k円本に怒ったって生姜無いけども。。。

>館でやっつけた記。

○: 美しい星

 三島由紀夫の62年原作(未読)を、吉田大八@「桐島、部活やめるってよ」監督せんせが、リリー-フランキ主演で。その家族に、亀梨和也・橋本愛・中嶋朋子。何故か公開館少ないが。

 予報が当たらない事で有名な気象予報士・フランキーは、ある日UFOと遭遇する。すると突然覚醒し、自分は火星人で世界を救う使命があると思い込む。一方、息子の亀梨は水星人に、娘の橋本は金星人として目覚め、それぞれの方法で世界を救おうとするが…

 中々に不思議展開を見せる作&先展開が中々読めないが、重城威。途中、スピリチュアル方向に走るのか?と思いきや、そうでもなく。フランキー他、各演者も中々の出来。

 三島がこんな作も書いてたのかとある意味クリビツだが、半世紀以上経った現代流にイロ工口とアレンジされてる箇所は多々。恐らく吉田監督センセ(@ホンも担当)が相当手を入れたと思われるが、多分…いかんせん半世紀以上前の原作なので、どうしようもない所があったのでわ、と想像(じゃあソモソモ何でそんな原作引っ張ってくんねん、的批判もある意味出来るけどw)。

 一番の難は…ヒトにより受け取り方も違うだろけど…、風呂敷を広げるだけ広げたまま閉じない形で終わるトコかにょ。そこを上手く収斂させてくれてれば、もっと高評価与えるにやぶさかでは中田のでRが。

 とはいえ、近い感触をもつ邦画も中々ナッシングなので、一見の価値はRで賞。

□: 光

 つい先日のカンヌで河瀬直美監督-永瀬正敏(&相手役に水崎綾女)で出品された、視覚障害テーマ作。この組合せの前作「あん」はとてもヨカタ記憶がある(確か◎評価した)だけに、再度の組合せで、と期待がかかるのも当然だが。何故かコチャラ公開館は異常に少なし。

 視覚障がい者向けに映画の音声ガイド作成が仕事で、単調な日々を送ってた水崎は、仕事をきっかけに弱視の天才カメラマン・永瀬に出会う。水崎は永瀬の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行って欲しいと願うようになり…

 惜しくもパルムドール逃した的報道になってるけど、どーなんだろ。誰かサンの目には、「このレベルでは獲れる訳がナッシング」判断。まだ前作の「あん」の方が、ソレに近かったと言える。テーマの選び方&扱いはいいとおもーが、ちょっと途中展開に膨らみが無く、一本調子に過ぎる。中盤はほぼ永瀬⇔水崎だけ、と言ってもよひ感じだから(この2人の出来は結構よひとおもーのだけど)。

 本監督センセも前作から大幅に芸風変えてきて、難解なのが分かり易くなったが、それは今作も引き継がれてる。本作も"らしさ"は十分出てはいるが、ホンはもうちょっと練ってくるべきでわ。例えば、水崎の母の認知問題とかが、視覚障碍とゆーメインテーマとわ上手くリンクしていず、取って付けたようになっている、とか。

 まぁ本監督センセのばやい、今後もカンヌには縁が非常にRだろうから&まだまだ若いので、もっと長い目で見るべきなので賞。

>店頭でパラパラやった後に「これで1k円ならお得かな」、と勝手に思い込んだ後、裏表紙の定価欄を見て口あんぐり。(@o@)

https://www.amazon.co.jp/dp/4401644557/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_ttl?_encoding=UTF8&colid=EMLI26SFPL01&coliid=I26RRWUT6V14YX
…幾ら一般報道にもバソバソ流れるだけ人気とは言え、余りに便乗ボッタのショーバイとゆーものでわアルマジロ?(怒)。

>昨日発表された↓ランキングは◎。ヽ(^。^)ノ

 このジャムバンドは器用なので、誰の何でもカバーしちゃうけど(って、ソッチが本業な訳でもないけどw)、中でもこうして著名なのを並べられると、どれもこれも味わいがR。
http://ultimateclassicrock.com/phish-classic-rock-covers/

 1位は、そりゃあ同じジャムバンド先輩の曲を演るのだから、馴染みがヨッシングなのわ当然として、このbest10中では、2位のトーキングヘッズのこの曲が、長尺かつまいう~な流石の出来で、"らしさ"もよく出てる。元曲の3倍以上にもなってまwww。

 比較対象に当然、本家のライブ中でも最も著名な、「ストップ・メイキング・センス」(@その5年後に、「羊たちの沈黙」を撮る事になるジョナサン・デミ監督センセでR)ラストでのバージョンを貼っときま賞。

…甲乙付けがたしヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ
 

てな訳で昨日の結果。訊くな(泣)#って、誰も訊いちゃいないがw

 投稿者:返信任者アラシ@ヤッパシナー…  投稿日:2017年 5月29日(月)14時10分16秒
返信・引用
   局後検討で、周りから、「折角決め所が何回もあったのに、それを悉く見逃してるとわ」と指摘される\(かお)/。それも実力といってしまえば其迄だけど、まぁそゆ事やらかっしてるようじゃ勝てない、としたもの。これで本年度の能登地区ネ申7からは脱落。

 生姜ナッシングなので、続いて、所謂"裏街道"戦(2部戦、慰労戦とも言われる)側に回る。ソッチでわ更に信じられない事が。

 相手方が、指した後チェスウクロックを押さないので(とゆーヒトは時々いる)、どうせその分だけ相手側の時間損になるだけだから、と放置しておいた。すると、その後で何ともう1手、指してきた。(@o@) 所謂、2手指しとゆーヤツ。
#ただしその局面で既に、相当コッチ側が劣勢だた事は予めゆーておく。

 いやその前に、兆候はあった。
 歩を動かそうとして、止めて元戻したり(手を離さない限りは反則ではない)を数回繰返す内に、戻し位置が元位置と微妙にズレて、相手側の都合のいい場所にズレかかってたのがそもそもの問題発端。

 その場ですぐ指摘するも、何やらモゴモゴと反論される。が、客観的に観ていた香具師がいる訳でも無し、当事者2人以外に証拠はない。
 こんな裏街道戦で&しかもかなりの劣勢な状態で、「反則だ!」と声荒げて抗議もチョットなーと気弱に、結局そのままにしたのが良くなかった。

 2手指しまでされてるので、当然の如く惨敗。流石に感想戦は「やる気ナッシング」と即断った(普通わ礼儀以上、ドイヒーな敗け方してもそんな事はしない)。

 何だかなぁ…ま、そんなこんなでイロ工口意気消沈な1日だた事よ。_| ̄|○

>とゆー関連で、先週末続きの"勝ち逃げ"な御紹介。

 実際の碁譜チェキしたい向きは、記事中リンクからどぞん。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/052901518/?mln&rt=nocnt

 世界チャンプに恥かかせないよう、わざと僅差で負けた説わ、さもありなん。
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/6139338

 20年前にIBMディープ・ブルーが、チェスの当時無敵世界チャンピオン@15年間番勝負でヒト相手に負けナッシング、とゆー御方に勝った時もそうですた。勝利後ディープブルーはサッサと解体され、別用途に…ってオチですたね。

 一方将棋の方は、幸いにしてとゆーべきか、そ-ゆー世界的大企業がヒトもカネも突っ込んで、一強状態で、人間TOPを…とゆー構図でわなく、細々と(?)自分が作ったソフトの出来を、今だに競い合っているとゆー状態(其でもヒトにわ楽勝だたが)。

 いやしかし、先週やってた情熱大陸見た人はワカタ通り、あそこまで行くと最早、半分ほど「大資本を…」の世界に足を突っ込みつつある肝するけどね。。。

>館でやっつけた記。

○: メッセージ

 各種宣材&予告編からは、「ま~た"幼年期の終り"モチーフかよw」とデジャヴ感マソマソな感触だが、エイミー・アダムス×ジェレミー・レナーでどうなるか。監督センセは「ブレードランナー2」も決まってる(っつか、撮り終えた?)ヒトとか。(帰って愚愚ったら、あの「灼熱の魂」の監督センセだたか!と驚く)。原題は「Arrival」。

 突然、地上に降り立った謎の宇宙船。人類の脅威となるのか、それとも友好的な存在なのか。地球外生命体との意思疎通を図るべく、軍は言語学者のアダムスを雇う。ジョーカノは、エイリアン達の不可思議な言語を解読するため物理学者のレナーらと試行錯誤を続けるが…

 成程、中~終盤にきてこの仕掛けとわ、中々でR。そこだけ取れば◎献上間違いナシだが、流石に序中盤の展開はゆっくり過ぎてダル過ぎやしないか。もう少し変化球と云うか、筋に伏線を付けて話が膨らむようにしてほしのげん。

 主演2人はヨッシングだたとおもーが、出だしは矢張り"幼年期の終り"の借り物とゆートコが引っかかる。原題/邦題他、どこに主眼をもってくるかで幾つかの見方はできまつね、とゆー事で総体としてはこの評点。

□: 汚れたミルク/あるセールスマンの告発

 ユーゴスラビアの監督作。クレジットは印=仏=英となってる。内容が内容なだけに、他国では公開されずポンニチで世界初公開、って触れ込みだが。実際に起こった事件を映画化したものではなく、実際に起こった事件を映画化しようとしたが断念した、という経過を映画化したものらすぃ。

 世界的グローバル企業・ネスレがパキスタンで粉ミルクを強引に販売。その結果、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児の死亡が相次ぐ。この危険をいち早く察知した粉ミルクの現地販売員のアヤンは、これ以上子供の犠牲者が出ないように企業を訴えようとするが…

 何でこんなヤヤコシヤ~な造りにしてるかとゆーと、名誉毀損で訴えられる可能性があるから。「実際に起こった事件を映画化しようとするが」を描く際には、「実際に起こった事件」も描かない訳には行かん。結局実はこの映画は断念したように見えて、実際に起こった事件をちゃんと映画化しちゃってる、とゆー辺りが中々、隙を突いたまいう~な造りに、逆になってる、とも言えるか。「ネスレとマトモに言っちゃズイマだから、以降本作中では●●●と言い替え待つね」と冒頭でその通りに言っちゃってるのってw

 しかし本編はそこまで重城威か、と言われると。。。また、ネスレだけが悪いのかゆーとそうでもなく(別に往年の森永ヒ素ミルク事件のよに、ミルク自体に問題がある訳でなわ無い)、汚い水しか得られず、ボンビーなので薄めて作って、とかで結局病気や栄養失調に陥る問題も、それ全部ミルク企業側が悪いと言われても。。。とゆー気が、個人的にはしますた。

△: サラエヴォの銃声

 先のユーゴ監督せんせの抱き合わせ(?)上映作。WWⅠの引き金となったオーストリア皇太子夫妻暗殺事件とされる通称“サラエヴォ事件“を題材に、1発の銃弾で大きく変化する人間達の運命をグランドホテル形式で、とか。

 2014年6月28日、WWⅠのきっかけとなったサラエヴォ事件から丁度100年。サラエヴォにある最高級ホテル“ホテル・ヨーロッパ“では記念式典が行われる事になっていた。ジャーナリストや関係者が入り乱れる中、会場に一発の銃声が響き…

 いやこれは難しい。百年前のその事件背景や、ボスニアヘルツェゴビナの民族対立…遡ると、"火薬庫"バルカン半島と言われた南スラブ辺りの歴史的背景が余程しっかり頭に入っていないと、劇中会話についてけるポンニチ人なんて(誰もが池上彰レベルじゃあるまいし)、どれ程いるんだろ?、と甚だ疑問。

 EUやバルカン近辺国なら近いので、そゆ事も社会常識の1つなの鴨試練が、それ以外の国々で上映するには流石にもっとガイド説明が必要だとおもーぞ?。

 最後でその銃声が鳴り響く理由についても、誰かさんはぶっちゃけ、「え、撃たれる程の事なん?」って方に思わずクリビツしてた位。観る人を相当選ぶで賞。

□: ヨーヨー・マと旅するシルクロード

 世界的チェリストとして著名なセンセのドキュメンタリ。

 華麗な演奏で世界を魅了し、現代最高のチェリストに挙げられるヨーヨー・マ。還暦を迎えた現在も、世界中の音楽仲間と文化の垣根を越えた音楽活動を展開し、エネルギッシュに各国を回っている。そんな孤高の天才アーティストの実像と半生、音楽的ルーツに迫る…

 ごくふつーな音楽系作。但し、ヨーヨーマの"本業"から外れた、やや異種格闘技戦的なトコを中心にした追っかけドキュメンタリ作なので、純粋にクラシック音楽を…的な期待をしてた向きにわ、チョッチ外れだた鴨試練。

 タイトル通り、シルクロード沿線国の、特に中近東の音楽家群と期間限定コラボした時の話がメインで、ヨーヨーマのみならず、構成各員の複雑背景等も其也に時間を使って描かれるので、肝心の音楽が鳴る時間長はそれ程でもない。

 が誰かサンのよに、クラシックよりわむしろその中近東っぽい色合いがつおい音楽を聴いてる方が余程、とかゆー趣味のヒトにわ、むしろこの構成は楽しめる。但し、本作観に来るよなヒトの中に、そゆヒトの割合がどれだけいるかわ不明でRが。

 音楽系作としては総じて、平均点的なトコで賞かね。

□: ちょっと今から仕事やめてくる

 成島出監督せんせは「クライマーズ・ハイ」とか「八日目の蝉」とか、結構誰かサン好みの作を出してくる事が多いので、福士蒼汰×工藤阿須加を主演に据えた今作も、単なる人気若手男優作でわなく、ブラック企業糾弾的時トコにも期待してるがサテ。

 仕事のノルマが厳しく追い詰められていた工藤は、電車にはねられそうになったところを幼なじみと名乗る男・福士に助けられる。その後、工藤は本来の明るさを取り戻し、仕事も軌道に乗り始める。ある日、工藤は福士が墓地行きのバスに乗るところを見かけ…

 うーむホンがイマイチ。序中盤はこれでヨシとしても、終盤のそのオチの付け方や展開はないんじゃないかな~とって付けた感がマソマソ(多分原作自体がそうなのであらうけど)。

 実際には福士よりもむしろ主役は工藤の方。絵に描いたよなパワハラ部長役の吉田鋼太郎が中々よひ。折角の黒木華も、もちょっと含みのある役どころにしいてほしのげん…これではバラす前にネタが割れちゃうじゃないのw

 恐らく原作縛りから、成島せんせといえども、ホン(にも共同執筆で参加)の時点でどーにもできなかったか。タイムリーな社会問題作として水準はクリアしてるとおもーが、そこを超える何かには欠ける。ちょっち残念。
#でもホントに、明日にでも飛び込もうか、とゆー立場なヒトが観ると、おもー所もあるのかしいらん。

△: 猫忍

 某所よりゲトしたロハ券で、惰性で観てしまった作。主演のヒトは尻間線が、脇が佐藤江梨子・渋川清彦・鈴木福・柄本明・麿赤兒・船越英一郎とか、結構カネかかってる悪寒。

 霧生忍者の久世陽炎太が、ある日忍び込んだ屋敷でデブ猫に遭遇。その猫が秘伝“変化の術“によって化けた父の剣山だと確信した彼は、父を人間に戻すために抜忍となり“秘伝の巻物“を探す旅に出発する。しかし陽炎太を追う霧生忍者の魔の手が迫ってきて…

 猫とゆーより、久々に動くサトエリを観に行ったよなモンだが、結構トシ食ったねぇ。こゆ方向作なので、期待の胸強調したカットとかは全くナッシングw その他、麿赤兒せんせも来んな柔らかい役演るヒトだたとわ意外。もっとややこすぃ/気難しい役しか演らんイメージあったけど。

 で猫好きメンメンには、このお笑い中心?なグダグダ造りでウケたのかしらん。物足りねーんじゃないかと、そこまで好きでも無い香具師は思ったのだけどどーか。キャスティングにカネかけすぎて、中身の練りようが相対的に不足したと言えるで賞。

◎: 光をくれた人

 WWⅠ後のオーストラリアで、死んだ男と共に小舟で漂着した赤ん坊を育てることにした灯台守の夫婦話(多分実話じゃない)をマイケル・ファスベンダーで。原題は「The light between oceans」。

 オーストラリアの孤島で灯台守をしているファスベンダーと妻のイザベルは、赤ん坊を乗せて漂着したボートを発見。2度の流産に苦しんでたイザベルの希望で赤ん坊を育てる二人だが、4年後に生みの親と偶然出会うことになる。娘を深く愛する浸りが選んだ選択とは…

 ある意味、一昨年の是枝監督の「そして父になる」テーマに近い部分もRと言える。っつかこーゆー家族話だたら、中身的に是枝せんせが手がけててもおかしくない。

「メッセージ」同様、前半、ゆっくりめで中々話が進まんな~と途中では思ったが、後半展開の為にそこで十分時間をかけて、親子愛を描写しとく必要あったのねんと全部観終わった後で判った。

 何故生みの親と会う羽目になるのか、どうしてバレていくのかの詳細はネタバレになるので書けんが、成程ありそうな展開で納得。ファスベンダーは流石、まいうだし、横を固める役者陣の何れも出来がよひ。

 余り期待して中田が、個人的に染みる部分もあり、予想以上にヨカタ。公開館数的にそんな多くないが、お近くでやってれば如何で賞?。

>今更次郎ながらに汁。

 タイムフリー機能で遡って聞けるよになったのは知ってたけど、それを落とし易いように最初からファイル形式で置いてあるとは尻間線ですた。
https://matome.naver.jp/odai/2148031487250368301?&page=1
 御陰でダウンロードがめっちゃ早。早速、iPodで大重宝しとりまヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ
 

骨の前後鯛屋交換他から仕上がってきて今更気付いた、不思議な事

 投稿者:返信任者アラシ@いい方の事でR  投稿日:2017年 5月26日(金)13時41分11秒
返信・引用
   前回F側ブレーキパッドを交換後、停止寸前の最後に止る時に、やや音鳴きがするのがずっと気になってた。勿論外してパッド角落とししたり鳴き防止グリス塗ってみたり、果てには内外のパッドを逆に入れ替えてみたり(※対向型キャリパなのでパッドは内外同型)、と思いつく大体の事はやってみたつもりだたが、何をどーやっても音が消えないのでその内諦めモードに。と使ってる内に、左程気にならなくなっていったwとゆー事情もR。

 ま、今のパッド使い終わったら元のデイトナのに戻せば治るかにょ…程度にわ思ってた。

 ところが今のビグスク用R鯛屋にしてから、この音鳴きが不思議とピタリと止んだ。ヽ(^。^)ノ 倍苦屋にわ、↑経緯一切を伝えて中田から、特にソレ用に対策した訳でも何でもない筈。単純に、新品鯛屋に入れ替えただけ。

 それで音泣きが無くなるとわ…Fホイール1回完全に外して、付け直されたのがヨカタのかしらん(F側用スタンド持ってる訳でわ無いので、其は流石にやってみて中田)。まさかこの鯛屋がいいから、なんて事はないよなぁw まぁ結果オーライとわ言え、音鳴き無くなってヨッシングなので深く考えない事にする?。

>館でやっつけた記。

□: アスファルト

 仏発。監督センセ自身の小説を原案に描く群像劇モノとか。

 仏郊外のとある、相当年季の行った団地に、孤独を抱えた6人の♂♀がいた。車椅子生活を送ることになったさえない中年♂とワケあり看護師、鍵っ子と落ちぶれた女優、不時着したNASAの宇宙飛行士とアルジェリア系移民の♀。ある時、彼らに予期せぬ出会いが訪れ…

 とゆー、中々素っ頓狂な設定に、風変わりな3組の♂♀話が進行。といっても恋愛のソレでわない。仏作らすぃペーソスとかアイロニーとかが主眼なんだろけど、ニヤニヤ・クスクス嗤い部は確かにそれ也に上手く逝ってる。団地生活とゆーことで、ポンニチのウサギ小屋と揶揄されるソレと似た箇所も多々。

 がそれと並行して、これも仏作の一方の特徴とも言えるのだろけど…妙に小難しい描写なシーンも多々。そこをどう評価するか。例えば数回に渡って時々鳴り渡る金属音ってどーゆー意味があるのだ濾過、とか。そこらとユーモアセンスとのドッキング具合がイマイチぎくしゃくしてる感アリ。また、3エピソードの繋ぎって結局ソレ?、みたいなトコにも。

 てな訳で、こんな評点としてみますた。(しかし、なんでこのタイトル? まだしもふつーに「団地」(←って命名作が去年ポンニチにもあった)って方が余程シックリくる肝刷るが。)

>厨房が19連勝もしたりとか、世界TOPが愚愚る碁に連敗するとか、こーゆーギョーカイの頂上辺りでは最近話題も多いけど、

 誰かサンは明後日の・某デカい全国大会の県予選で、まずは能登地区のネ申7に選出される事が、昨年同様の目標。とゆーても去年初めてその壁越えられたって程に誰かサンにとってはレベル高しな状態ので、何とか今年も、と狙ってまつがサテ。

…羽生センセがかつて上がってくのを見た時、間違いなく"史上最強"と思ったけど、各勝局の内容見る限り、間違いなくその大センセを上回る(かお)。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170525/k10010995061000.html

 このまま順調に伸びれば、間違いなくこの分野の"人類史上最強"称号は書き換えられるであらう。尤も最後結果は、誰かサンが目の黒い内に見届けられないのは残念でRが。

 専門誌に幾つか出てる、詰将棋を解いた実測値なんて信じられんもの。オツムの中にコンちゃん仕込んでるんじゃないかとおもー程、激速。誰かサンが10分考えても輪仮間線な、ほぼ降参の問題を、10秒程で解いちゃうんだから(って、比べる方が失礼ってモンかw)。

 AIと激突してほしのげん、とわイワンの馬鹿だけど、衰えがチラチラ見え始めた羽生センセの力が加齢で落ち切らない内に、もっといぱーいガチ勝負を観てみたいの余念。
#これまで2局やって1勝1敗だけど、何れも非公式戦のエキシビジョンマッチだからねぇ。"本番"で大センセが、どこまで本気汁出してくるかに興味津々。
 

さ、明日は久々の「バニシングin60」放送で祭りじゃヽ(^。^)ノ

 投稿者:返信任者アラシ@カーアクション  投稿日:2017年 5月25日(木)13時30分46秒
返信・引用
  …映画の、実に正しい古典と思っているがどうか?。「カーアクション映画に、それ以外の要素なんか要らね」な、某氏説を至極真っ当に実行するとこーなるとゆー、好見本。ラスト40分間、ノンストップ・カーアクションのアラシ。
http://www.nhk.or.jp/bscinema/calendar.html?now
 DVDも絶版状態で安くないので、保存版録画ヨロね。TVでやるのも実に久々な肝するし。ノーCG時代に、よくぞここまでぶちかましてくれたで賞ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

>館でやっつけた記。

△: クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 (※クーは牛へんに古)

 台湾の早世したエドワード・ヤン監督の四半世紀前作が、デジタルリマスタで各地巡業中。61年に台湾で起きた、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件がモチーフとか。正味で4h丁度もある超大作。

 なので行きつけ某単館でも、「これは年間passでは観れない事にしたので、別途前売券買うてケロ」、と主宰上映作にしては超異例の展開。BBCが「21世紀に残したい映画100本」中に選んだ、とゆー鼻息荒しな前触れ込みだが。

 夜間学校に通いながら不良仲間とつるんでいる少年スー。ある日、ミンという少女と出会った彼は恋心を抱くようになる。しかしミンは小公園を仕切る不良グループのボス、ハニーの恋人。やがて姿を消していたハニーが戻ってきて、スーの恋心は激流に翻弄され…

 かの地の当時事情は、蒋介石率いる国民党がWWⅡ後、台湾へと追われてきた事に連れて、大量の般pも併せて中国本土から渡ってきた関係で、政治的に大人社会が不安定だた事を受け、少年社会も同様で…と冒頭説明テロップが出る。

 その通りに、厨房工房辺りの不良少年層は幾つかの対立グループに分かれ、それ同士の抗争を中心としながら、そこに絡めての恋愛とか、中国本土に帰りたいヨとゆー親世代の感情とか、入ってくるメリケン文化への憧れとかが重層的に描かれるとゆー流れ。

 当時の台湾世情はよく描けてるのだろうが、それを4hもある超長尺作にした意味は、と本作出来てから四半世紀経った今日改めて巡業されると、ぶっちゃけダラダラし過ぎてて退屈。こーゆー抗争ものって他にもイロ工口あるし、特別どでかい事件が勃発する訳でも無し、と割合淡々と進む感じ。

 そして、タイトルになってる事件って一体どこで起きるのかしらんと思ってると、終了15分前になって漸く、でR(かお)。まぁ描き方にも依るんだろけど、流石に遅すぎな感がマソマソ。

 本監督センセの往年作「恐怖分子」を、坂本"教授"龍一せんせが激賞とゆーのに釣られて昨年観た時も、そういやイマイチ感想だたのを観た後になって漸く思い出した。そん時で、本監督センセとは肌が合わねー、と気付くべきだたで賞か。

 おまけ:
 平日の、この早いスタート時間だたのに…誰かサンはかにゃり無理矢理なベルサッサして、かっ飛ばして、それでも漸くギリで間に合った、って感じだたけど、思ってたより勤め人風の客が多くてクリビツ。どんな仕事してんだ濾過、皆チャマw
 

例のーーー糸冬 了ーーーしてる倍苦用靴、無理矢理鼻糞ボンドで

 投稿者:返信任者アラシ@くっつけてミタ  投稿日:2017年 5月24日(水)11時27分0秒
返信・引用
   元々防水用のだけど、当然防水機能は最早期待できぬであらうw まぁ、普通に晴天時として持ってくれればヨッシング。

 にしてもKOMINEよ、たった10年程度で底の接着剤が殆ど剥がれるなんて、造りがチャチイのじゃアルマジロ?。もっとマトモな造りにしとけやゴルァ!。

 ちなみにちゃんと底が縫い合わせてあるタイプの、同じく10年どころか丸15年は立ってる筈の、南海製のソレは、元はほぼ同じ値段だたけど、底はビクともせずくっついとるぞ。
#やっぱ接着剤型のはアカンかのぅ、縫い合わせタイプぢゃないと。でもソレだと、防水謳うのは無理げな悪寒が一方でわ(南海のはそうぢゃない)。。。

 ちなみにその南海のも、シフト当たり部は補強皮が1枚削れて下の地の革が見えてるし、底は摩耗で最早寿命寸前だし、とこちらもーーー糸冬 了ーーー寸前。うーむ投資必須か。

 しかし諦めが悪いので、まずわ普通に↑のよにしてみた。塗布量をケチったセイか、乾燥後に試用すると、半分はくっついてるがもう半分は剥がれたママ。

 でわ再度、っつー事で、鼻糞ボンドG17の大チューブなんて大した値段ではないので、思い切って1チューブ使い切るほどブッ込んでみた。
#実わ剥がれてきてたのは、写真の左足側だけでなく、右足側のもほぼ崩壊寸前まで剥離が進んでたので、合わせ技で。

 すると今度こそ…繋がったように見えるぞ?(笑)。それで再乾燥させて試用すると、今度は剥がれてこない模様ヽ(^。^)ノ。これで暫く試用継続で最終チェキでR。傍目には、G17がはみ出し捲りで汚い仕上がりな事この上ナッシングだが、気にしない気にしないw

 KOMINEもよー(&っつか、世のシューズメーカの殆どのわ)、最初から接着剤ケチらず、もっと塗ってくれりゃモチがよひのに、チョビっとしか塗らんから、たかだか10年程度で剥がれてくる羽目になる。…と、それ位の寿命でユーザから文句垂れられちゃ、シューズメーカ側もたまったモンでわないかwww

>違反実績まで消滅するわけではありません> O| ̄|_、OTZ、orz…

 でもよく思い出したら、これまでの更新時、全て違反者講習だたよな飢餓する。なんせ、前回の更新時に初めて、「次回更新時迄に、免許書裏にハンコが押され中田」記録を漸く達成できた位だたしwww

 優良運転者コースとゆー贅沢は言わんの馬鹿だけど、初めて受ける(であらう)一般運転者講習がどんなものかわ、チョッチ興味あってみたり。

>館でやっつけた記。

△: 夜明け告げるルーのうた

 ちょっと前に『夜は短し歩けよ乙女』をアニメ映画化したばかりの湯浅監督センセが、自身初のオリジナルストーリーでのアニメ作とか。夜は短し~がイマイチに感じられた誰かサン的にはどーだ濾過。

 寂れた漁港の町に住む中学生の少年カイは、複雑な家庭環境から、何事にも後ろ向きな姿勢で日々を送ってた。カイの唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップする事。ある日、クラスメイトに誘われて同行した人魚島で、人魚の少女ルーに出会うが…

 一言でいうと、大人向けの「崖の上のポニョ」。がソレにしては、"本家"(の終盤)より話が分かり易いのって一体w

 音楽バンド活動を扱う等、主ターゲットが明らかに消防以下は無視してるので、大人向けとして、もっと話の筋的に捻ったor重層的ふいんきがほしのげんなんだけど、そこもアッサリし過ぎてる飢餓する。

 画柄タッチは「夜は短し~」に同じで、そこ自体はまぁいいのだけど、結局、某方と同じ名字余念な本監督せんせが、何でこんな連発でリリース出来たのかって事の方が不思議。「夜は~」の方は、ほしのげんが絡んだ影響で結構ヒト入ってたけど、そゆのが無い本作では案の上、閑古鳥だたので。不思議な事でR。

□: あの日、兄貴が灯した光

 韓流の兄弟物・ヒューマンコメディかつ感動作とか。

 事故で視力を失い選手生命を絶たれた柔道選手のドゥヨンは、詐欺師の異母兄と15年ぶりの再会を果たす。兄は最初、弟ドゥヨンを利用しようと近づくが、あまりの変わりように放っておけなくなる。2人は憎しみをぶつけ合い、ドゥヨンは兄が作る食事も受付けず栄養失調で倒れてしまう。ドゥヨンのある言葉をきっかけに2人の関係は改善されていくが…

 主演2人の演技自体は中々よひ。特に、失明した弟役の方は、かの地の人気グループの某だとか(全然知らん)が、そゆヒトらすぃ自然な感じ。

 ただ韓流の、こゆお涙頂戴系作にありがちな、ベタな話展開の方は流石に如何なものだったか~もう少しホンは練ってきてほしのげん、とゆー感じでRが。ちょっと展開的に唐突かつ、「それは無いだろう」的設定のトコが散見される。同国発のノワール系作群はあれ程よく出来てるのにねぇ。

 そこらプラマイを平均すると、こんな評点が妥当で賞か。

>木曽谷(全長90km)に2軒きゃない新聞屋

 都会に比べて幾ら人口が…とわいえ、範囲的にカバーするにわ、余りに広すぎるんじゃアルマジロ?(大分、配達要員雇わないと回り切れない悪寒)。

>ベクター4

 総合すると、流石にスタッドレスそのものよりは若干劣るけど、実用上十分くらいの威力は発揮なようで。
https://www.goodyear.co.jp/vector4monitor/
 余り乗らないヒトや、マンション住まいのヒトにわ重ねて御好評なのもよく分かりま。新車時には装着鯛屋を選べるようにして貰えんかな…だたーら、殆どの般pはコレ選ぶとおもーぞ?。
 

免許の色?

 投稿者:CT110  投稿日:2017年 5月22日(月)17時30分29秒
返信・引用
  どうも
************引用****************
◆過去2年間無事故無違反の場合(ゴールド免許含む)
過去2年間無事故無違反で経過した方(初めて免許を取得した人及び免許を再取得した人は除く)で軽微な違反(3点まで)を犯してしまった場合、その違反後 再び違反を3ヶ月連続して犯さなければ、3ヶ月前の軽微な違反分の点数は0点として扱われます。尚、累積点数として計算されない
だけであって違反実績まで消滅するわけではありません。

***************引用****************************
らしいので、一般運転者講習じゃないのかなぁ

一般運転者講習は

1.免許の継続期間が5年以上で、基準日前5年間において、軽微な違反行為(3点以下)が1回のみのかた。

だそうだ

 

金満新聞屋の道楽

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 5月22日(月)13時27分32秒
返信・引用
  >なぜに新聞配達車が?
木曽谷(全長90km)に2軒きゃない新聞屋の、
大きい方の1軒なので、
すんんんごい、お金持ち…に加え、

ここの社長と知人なのですが、
バイクも乗れば、クルマも好き、
ロードバイクもMTBもやる…と言う道楽人で、

グッドイヤーのベクター4が出た瞬間、
「おもろいやんけ」と買って見たのだそうな。

自家用のデリカD5とデミオXDには、
フツ~の冬用タイヤ付けてんだって。

>オーシャンズ未見問題。
そりゃぁ、オーシャンズ1~10も、
漏らさず見ておかないと!
(by ガキ使トーク)

 

本日満了で無事検挙後3ヶ月経過&前歴オールクリアになってる筈

 投稿者:返信任者アラシ@でRが2ヶ月後  投稿日:2017年 5月22日(月)11時45分0秒
返信・引用
  …の免許更新時は、一体どの講習区分にぶち込まれることになるのであらうか。

1)前歴無い筈なのだから当然、直近3(5)年間無違反者の、最短時間コース。
2)額面上わ前歴無い事になってるけど、裏の記録ではシッカリ検挙歴残ってるので、違反者用長時間講習コースに(の方が更新料も高額なのがムカツくが)。

 起訴福祉間で訊いてみた時には、答えられるヒトはいなかったので、これまた結果は約2ヶ月後に明らかになるであらう。
…もしそれ迄に別検挙をやらかすと、上記チェキが出来なくなるので、引き続き注意注意。

 勿論上記わ、次免許の金帯/青帯印とも関係大アリ。一生、金帯には縁が無い人生続行(藁)な個人悪寒だが、サテ。

>館でやっつけた記。

○: 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 『ダラス・バイヤーズクラブ』の監督センセが、ジェイク・ギレンホール×ナオミ・ワッツ様で新作を、とくれば当然。ちなみに原題はシンプルに「DEMOLITION」。

 ウォールストリートのエリート銀行員として富も社会的地位も得たギレンホール。全てが順風満帆に思われた彼だったがある朝、妻を交通事故で失う。しかし、涙どころか悲しみの感情も生まれない彼は自分の心に空虚を覚え、すべてをゼロにしてからの再生を図ろうとする中、ある時偶然シングルマザーのワッツと知り合い、ジョーカノと付き合いながら自分を取り戻していくが…

 出だし主人公の設定は、去年の「永い言い訳」-西川美和監督&本木雅弘主演作に同じ。不慮の事故でツレを亡くすが、全然悲しくないのは何でじゃろ?…とゆー内にある♀と知り合い、ソコの子供とも仲良くなって…という辺り。

 がそれ以外は結構違う展開。この2人の恋愛モノとも言い難いし、ある意味ポンニチ其系作とも相通ずるような、微妙な心情(変化)を描く作なので。ギレンホールもワッツも、そしてその子役も中々にヨッシング。

 邦題タイトル意味は終盤に出てくる(ベッタリ恋愛モノ的題だが、そうでわない)。原題もその意味があるし、どこに主焦点を当てて感じるトコが多いかは、観るヒトにも依るであらう。中々の趣向作で個人的には結構気に逝ったが、多くの支持を集められるかどうかはムズい面もある飢餓するので、こんな評点としてみますた。

□: エルミタージュ美術館  美を守る宮殿

 タイトル通り、ロシア・エルミタージュ美術館のバックヤードを初めて収め、秘蔵コレクションの数々を公開するドキュメンタリー。1764年創設され、約2000もの部屋に絵画、彫像、宝飾品など約300万点の所蔵品&て戦火から美術館を守り続けた歴代の館長や学芸員たちの物語が…

 名前だけは聞いたことがあった、当美術館の至極まっとうなドキュメンタリ。歴史も長いが、とにかく目茶目茶巨大。あの国でコロコロ政権が変わってきた割に、大昔からの美術品はシッカリ残し続けられてきたのはある意味驚き。

 収蔵美術品の紹介が主体だが、当美術館自体の紹介にもある程度時間は割かれ、この手の作としては至極王道な造りで評価。ただ、1.5hに満たない尺なのが勿体無い…山程収蔵品あるのだからタダでさえ時間足りない筈なのに、恐らく紹介しきれぬ作はゴチャマンと残ってるであらう。そこのプラマイを均して、この評点。

△: たたら侍

 EXILE系による時代劇&脇役陣もカネかかり放題だがサテ。

 出雲の山奥に千年錆びないと言われる刀を生み出す幻の鋼を作るたたら村があった。ある時、村が山賊たちに襲撃され、たたら技術の唯一の継承者の少年・伍介はその惨状を目の当たりにする。やがて成長した伍介は、村を守るために武術の訓練を続けていたが…

 兎に角カネはかかってるし、画像もエラく綺麗で4kなんじゃないかとおもー程。しかし時代劇としてはごくごく平凡な出来…個人的にはもっとチャンバラある方が好みだが、やたら静かなシーンも多し。そこが退屈。もしかしてEXILE系ファンのヒトビトしか相手にして中田作なのかしらん(そうは見えなかったけど)。

 今、時代劇系観に行くなら、好みにもよるけど、コレじゃなく、先日レビューした三池監督&キムタクの「無限の住人」の方がずっとよひ。何故かネト評判芳しくないけど、重城威とおもうんだけどなー。てな訳で相対的にこんな評点にならざるを得ず。

□: 桑港〈サンフランシスコ〉

 1936年のクラーク・ゲーブル主演作×スペンサー・トレ-シーで。当年、米では興業成績年間No.1だたとか。舞台はその30年前・1906年、サンフランシスコ大地震があった時。

 サンフランシスコのクラブ経営者・ゲーブルは神を信じない親分肌の♂。素晴らしい声を持つ美人歌手・トレーシーを雇い入れたが、堅気のジョ-カノは粗野なゲーブルの愛を受けつけない。ジョーカノに夢中になった上流社会の紳士はオペラ座に引き抜き、♂同士の意地が衝突。間に入って戸惑う牧師。そこへ大地震が起き、大火災に全市は廃墟と化し…

 筋としてわ凡庸。ゲーブル自体はこの3年後に「風と共に去りぬ」だからいい時期である事には間違いないのでRが、今日余り振り返られる事が無くなったのはホンに主原因があるのでわ。また、一発殴ると失神して…とゆー、当時作の御約束は分かるが、それを十回以上も多用されるとチョッチ辟易。人間、そんな簡単にパンチ食らって即、失神したりしませんがな。

 但し、ラスト20分切って大地震勃発だが、CG無き時代に中々壮大なセット組んで再現した辺りは中々ゴイス。よく撮ったよなー、と素直に感心。ここで評価は大分持ち直す。

 あと付随的に、中でオペラとか流行歌を歌うシーンもちょくちょく出てくるのだけど(その時間分、話が進まず、全体上映時間が2h丁度程とまぁまぁ長い)、ミュージカルというにはやや違和感ある出来。

 それで帰ってから、改めて「ミュージカル映画」とwikiると、それがスタイルとして完全確立したのはどうも40年以降で、まだ30年代は試行錯誤だったらすぃ。成程、それで何となく、歌唱部分と通常話部分との融合が上手く逝ってないな~感があったのはソコだったかと理解。そーゆー、ミュージカル映画が確立する前の時代の、この手の作ってどゆ造りでやってたのかしらん、と振り替えるには歴史的保存な意義もある一作だたか。

 そんなこんなを考え合せて、全体としてはこんな点数としてみますた。

>>季節外れのオールシーズンタイヤ問題
>地元の新聞屋が、配達車に導入。
>厳冬の山間地でも無問題だったそ~でふ。

 そこでも其位にグリップよひとは…想像以上に恐るべし。
 ちなみに新聞屋殿がわざわざ履いてみた理由は?…いや普通の軽だたら、あっさり各シーズン用の鯛屋に付け替えた方が、元々な鯛屋価も落ち切ってるので、ずっとお安く済むよな気がするので&交換作業も大型排気量車に比べると大分楽な筈だし。
 

心理的多忙感も貧乏ゆえなのか?

 投稿者:問わず語り  投稿日:2017年 5月21日(日)18時16分45秒
返信・引用
  なんかバタバタし通しな割に、
好き勝手な試乗とかはしてんだけど、
仕事の締め切りに追われまくりまくりすてぃ~ん。

>パットメセニー他
そんなVIPが出てますの?
運転中のながら見じゃダメね。
ちゃんと見まふ。

>季節外れのオールシーズンタイヤ問題
地元の新聞屋が、配達車に導入。
厳冬の山間地でも無問題だったそ~でふ。
(写真参照)

思惑通りイケが、今シーズン、
自ら人体実験する見込み。

>ガラドリエル、どなどな
色々あって、人生最後のバイク2号を売却。
現状、人生最後のバイク3号は
中古のフォーサイトに。

…び~えむ買えるほど稼げるか?
それとも、もっとお手頃な、
なんかイイのが出るのが先か?
先のコトは解らんけど、
当面、車検要らずの250で頑張りま~す。

…このフォーサイト、
親父が仕舞い込んでたから、
2008年登録で5000km走ってないと言う、
極上中古なんですけどね。

ちなみに、
VFR1200Fの買取取り価格50諭吉。
不人気車の値落ち感ってハンパね~っす。

逆に言えば
VFR1200Fの中古は超お買い得!
あの性能が250cc並みのお値段!

アウディA7とか、メルセデスSL級を
ガチで追い回せる、
超絶怒濤のハイウェイ・スターが!

…世間って解ってね~よなぁと
しみじみ。

なら売らなきゃいいのにね。
でも、こっちにはこっちの事情もあってね。
いいバイクでした。
ありがとうございました。
 

昨日は降水確率たった10%だたのに、局地的雨で骨でずぶ濡れ。

 投稿者:返信任者アラシ@当然合羽なぞ、  投稿日:2017年 5月19日(金)10時48分7秒
返信・引用
   持ってる訳ではナッシング\(TдT)/ おかげで1h近く目茶目茶寒かった。近年こゆ事わ、予報精度も上がってきてるのでまず無い。年に1回あるかないか。たまたま昨日は運が悪かった、と思いたい。

 尤もその御蔭で、ビグスク用R鯛屋@「ウェットグリップも逝けまっせ」をF側装着した効果も判った。特に問題ナッシング。とゆーことは、何でそゆ事を普通わやっちゃいかんのか、な理由が増々ワケワカメに(笑)

 と某所にも書いた後で1つ思い出した…カーカスの一周重ね合せ部が、F鯛屋とR鯛屋とでわ逆になってると。即ち、ソコの所が力かかった時に極力、剥離方向に働かないように、F側はブレキかけた時の荷重が前提・R側は加速時の荷重が前提で、となってるとか。

 でもそれにしたってな~R側だってブレキかけるし、その程度の力のかかり具合でそもそも剥離してくるよなヤワい重ね合わせ方になってるとわ思えんのだけどね。ま、それを含めての人体実験だす。

 とゆーことで某氏は明日、千里浜行は全面的に晴れそで何より。

>久々、ま~だ続くのん?編: 小説版はまた違った味わいなのでせうか?。

 激安なのは本日限りなので取り合えず買え(命令形)。
https://www.amazon.co.jp/gp/browse.html/ref=pe_hero/?ie=UTF8&node=3338926051

>館でやっつけた記。

□: はじまりへの旅

 原題は「キャプテン・ファンタスティック」とエルトンジョンの著名アルバムに何故か同じな、 ヴィゴ・モーテンセン主演の、ファミリー型ロードムービー。

 ガスも電気も水道もない、現代社会から隔絶されたアメリカ北西部の森の奥で暮らす、モーテンセンと子供ら6人。モ-テンセンの英才教育により、子供らは天才的な頭脳とアスリート級の体力を育んでいた。そんなある日、入院していた母が自殺したと訃報が届く。一家は母の葬儀のため、ニューメキシコへと旅に出るが…

 子供らを世間と全く隔絶された環境で教育し~とゆー出だしから、世間と交わらざるを得なくなってくる後半での変容具合が本作メインテーマだが、正直余り予想の範疇を超える所がない。モーテンセン自体は相変わらずのよひ出来だが、ホンをもっと練り込んでこないと重城区ないんじゃないかなぁ。親子愛兄弟愛、辺りのテーマはよく分かるのだけど。

 あと、普段現金収入をどうやってたのかが描き込み不足。そーゆートコで普段生活してて、途中でカネナッシングなセイであーゆー事件までやらかすのに、出発時にそゆデカいバスを調達出来てるってどゆ事?。

 とゆーよーな何となくなモヤモヤ感が残るふいんきがあったが、エンディングで流れる「アイ・シャル・ビー・リリースト」のカバーが中々ヨカタので、ややオマケ気味にこの評点で。

□: SMOKE(スモーク)

 ポール・オースター@確か以前春樹センセも氏のを訳した事あった筈、の純文学作を、95年作が何故か今、デジタルリマスタ化され各地巡業中。某筋情報でわ伊集院光&玉袋筋太郎せんせも褒めてたとか。

 オーギー・レン(ハーヴェイ・カイテル)はブルックリンの街角で煙草屋を営み、毎日欠かさず店の前の街を写真に撮る事を趣味にしてた。ポールは妻を銀行強盗の巻き添えで亡くしてしまって以来書けないでいたのだった。ポールが考え事に耽っていた時に危うく車にはねられるところをラシードという黒人の青年に助けられ、ポールはラシードを二晩泊める。ラシードはポールの元を去り、片腕が義手のGS店主の所に行き、そこで働かせて欲しいと頼む。一方ポールの所にはラシードの叔母が行方を訪ねて現れ、事情を話す。その片腕が義手の男は実はラシードの実の父親らしいというが…

 と、如何にもこの原作者せんせらしい現代文学的設定&展開は独特で、好みが分かれる所。帰って愚愚るとソコを評価する向きも多いみたいけど、偶然性に頼り過ぎてるとゆーか素っ頓狂とゆーか、的な原作展開がイマイチ肌に合わず。

 一見バラバラに見える途中エピソードも、終盤のソコで成程、的な結合具合を見せるが(そこも如何にも本原作者センセらすぃ)、こゆのも春樹せんせが好きそな展開だにょ…と思いつつ、何故か醒めた感じでしか観れず。

 しかし、こゆのが評価されるとゆーふいんきはよく分かる。(多数に、かどうかはイロ工口論があるトコだろけど)。タイトル通り煙草の使い方は中々よいし、意図的に舞台を(多分)70年代設定としたのはよひ(とても90年代半ばに撮られたよには見えない)。

 そんなこんなを足し算引き算して、全体均すとこんなトコで賞か。

>クリス・コーネルせんせって、どれ程ポンニチじゃ著名なのかしらん。

 これ位の乳酢位置で報じられる程とは、失礼ながら…とおもーのだけど(個人的には有難い事ではRが)。
https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20170518-0157.html

 ブラック・ホール・サンも悪かないけど、曲で選ぶならそれが入ってるアルバム「スーパーアンノウン」のタイトルトラックだしょ。

 当時は、ツエッペリン型の新しいハードロックと称賛されたものでR&個人的にもよく聴きますた。合掌。
 

割合近所のGSナッシング地帯に、新しくセルフGS出来たヽ(^。^)ノ

 投稿者:返信任者アラシ@近所とゆーても  投稿日:2017年 5月18日(木)09時19分40秒
返信・引用
   実際は10kmも離れてるけど、コッチ方面からのアプローチでわ、それでも宅から最も近いGSなの余念。かてて加えて、自分知る限りのココら界隈では、最安値1、2位を争える価格のチェーン店。ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

 10L以上給油するばやいは、ルーレット回って実価格上はもっと安くなる別のセルフGSの方が安いのだけど、歌舞だと回らない。。。ならば新設のココの方がお安い。と、今後車両によって使い分ける所存。

#ただちょっとの懸念点としては、ここから百mも離れてないトコにあったGSが約十年前に潰れてるので、その意味で今後経営ダイジョビ?との不安はR。

 といい事づくめのようでRが、1点だけ難が。
 現金会員のばやい、お札しか食べてくれないの余念(その意味で、↑のもう1つの方は、小銭食べてくれる仕様)。歌舞だと2日に1回は要給油&野口英世1枚でも大量におつりが出る額しか入らない。とゆー事を続けてると、他にキャッシュ使う事も無いので小銭入れの中があっと言う間にパンパンに。。。

 他方のセルフGSだと真逆で、小銭入れ内をスッキリさせる為に重宝してたのにねん。中々上手く行かないものでR。

>館でやっつけた記。

□: 世界で一番美しい村

 2015年に多数犠牲者を出したネパール大地震で、写真家・石川梵は震災直後、震源地のラプラック村に到着した。カトマンズからジープで何日か、そして徒歩で登山を2日間、で漸く到着できるド田舎。そこで14歳の少年と出会い、2つの約束をした。村にまた戻る事&村の惨状を世界に伝える事。記録された映像からは、ヒマラヤを背景に、慎ましく暮らす人々の明るい表情が映し出される…とゆードキュメンタリ作。

 観に行く前は極力、簡単荒筋のトコしか見ないよにしてんだけど、思わずレビュー欄の、激賞文のアラシが目に入っちゃったからかなー、「うーむソコまで言う程かにょ?」とゆー気が(いやもしかして、サクラ群による宣伝釣りコメ系だたのかにょ?)。

 中身自体は決して悪くない。かの地の般p気質はまるで、「三丁目の夕日」な時代…いやもっと前、明治とか江戸時代のポンニチ気質のいいトコだけを抽出したかのよな、何にも無いけど純朴で好感のもてるふいんき。大地震でヒト&モノ両面で相当被害があったにも関わらず、めげずに淡々と日々がむばっている。

 ただ、こゆドキュメンタリ作は他にもあったよな気がするし(その意味で、ちょっと盛った感じのあるタイトルネーミングはどうか?)、正直2hの映画とするには、中心骨格となるよな話の筋的なモノがほしのげん。単に現地のイロ工口出来事をバラバラに撮って繋いだだけでは。
#とゆーてもドキュメンタリ作系にソレあんまり求めるのも、とゆー気も一方ではしてみたり。

 激賞コメ群に「2回観に逝きますた」系が何故かやたら多かったのだけど、流石に1回観れば十分で賞。

>みうらじゅんセンセの、この心意気やヨッシングw

 誰かサンでも、贔屓の女優でも出てない限り、明らかなJK恋愛モノ系は避けてるがw
http://www.sankei.com/entertainments/news/170517/ent1705170002-n1.html
 ちなみにセンセとは真逆で、パンフはまず買わない主義。理由は簡単、殆どの物は投資対効果に見合わない(内容)と思ってるから。加えて、そんなカネもナッシング&置いておく場所も無い。

 ちなみに直近で買った覚えのあるのは、ヒッチコック&トリュフォー「映画術」を映画化したのだけど、案の定↑な結果が待ってますた○| ̄|_、OTZ、orz。。。ちなみにその前に買ったのは更に遡る事約十年前、酢豚図ライブを少摂氏せんせが撮った「シャイン・ア・ライト」のだたからなぁ。

 パンフ/プログラム系で「これは!」と思ったのは、只今全国巡業中の、山達センセのツアーの。今回のは歴代作の音作りの裏側を詳細に~という趣向で、内容的には過去のパンフ/プログラム系でわ最上級にあるもの、と断言。

 但しこれとて、3k円もする価値があるかというと疑問(まぁ半分はお布施のつもりでおるからねぇ)。別にオールカラーにする必要は全くナッシング、どうせ字だらけなのだから(藁)モノクロで十分。新書版1k円程にしてくれてたら、それこそ◎を幾つも献上してもよひで賞。
 

続、骨F側にビグスク用R鯛屋付けてみますた記。何でそんな安い

 投稿者:返信任者アラシ@のかとゆーと、  投稿日:2017年 5月17日(水)08時55分19秒
返信・引用
   そゆ車両用なので、許容速度コードが、通常ロードF側用のソレよりずっと低いとゆー。後者は大体、200km/h以上出してもおkな速度コードが与えられてるけど、今回のは150km/h迄しか出しちゃ駄目、とゆー許容値w。まぁビグスク用ならそんなに出ないだろし、それで十分であらう。

 しかし骨は当然、出そうと思えばもっと出る…が、高速も基本、もう走らないと決めて以降、そんなに公道で出す事自体が既にナッシング。百km/h強出れば実用上十二分だす。

 で、興味はグリップどうこうよりもライフなのねん(尤もミシュランの頁行くと本鯛屋、「ウェット時のグリップ考慮」とあるから、ある程度そんな場合にも期待してるのだけど)。15000km程持ってくれれば万々歳だけど、どうか。約2年後に人体実験の結果は判るであらう。

>「スズキの、新車リリース初年度型は手を出すな」

 次年度型以降も、モガモガ鴨値w。誰かサンが乗ってきたジェンマ見て貰っただけで、ソリは言えるとおもーヽ(^。^)ノ…ってアレは初年度型だたのだろうか?…とゆーてる誰かサンも、やっぱ次期候補筆頭はGSR250だたーりするwww

>「えええっ!、見てないの?」

 過日も、誰かサンも結構頼りにしてる、某著名音楽ヒョーロンカのセンセが「実話わ漏れ、ピンクフロイドの『狂気』って聴いた事ないんだ余念」と御本人がDJ最中に喋ってて椅子から転げ落ちそになる。「あーたの普段守備範囲からして、聴いててもオカシくねーべ? っつか、聴いとかないと立場上ズイマっしょ」とラヂオのコチャラで1人ツッコミ入れてたのわ、言う間でもナッシング。

…とゆーてる誰かサン自体、過日ゆーたように全くの空白期間があるので、未だにオーシャンズ11/12/13を全く観れてましぇん、とゲロっときま。

>とゆー関連で一昨日、某・大センセは流石、な紹介どころですた。ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

http://www.asahi.com/articles/DA3S12937674.html
 未見だとゆーヒトには「えええっ!、見てないの?」と力一杯ゆーて差し上げませう。

>館でやっつけた記。

○: ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(吹替版)

 例によって時間都合だけで字幕版ぢゃなくコッチ選択、な尻~図第2作。とゆーても前作、お笑い方向以外部分は余り覚えてないが…

 “ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー“の面々は、小遣い稼ぎに出かけた惑星でトラブルを起こし、黄金の惑星の無敵艦隊から総攻撃をくらう。ピーターたちの船は壊滅寸前に陥るが、間一髪のところで“ピーターの父“を名乗る謎の男エゴに助けられ…

 とゆー荒筋はどーでもヨッシング(笑)。元々設定が目茶目茶なだけに、それを十二分にゲラゲラ楽しむべし。結構な有名俳優陣を声だけで起用とか、カネと手間暇は目茶目茶かかってるが、結局の仕上がりがコレかよ(藁)的、メリケン流の笑いがよひ方に転ぶとこうなるという快作。あと、往年曲群の起用もベタなのは少なく、中々な変化球のも多く、そこもヨカタ。
#押しちゃズイマなボタンなら、最初から付けとくなってヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

 ただ個人的には、こーゆー方向作なんだから、シリアス部はもっと少なくてもいいかな~その分、もっとお笑い方向に振ってほしのげん。その分やや減点せざるを得ないで賞。

>激しくほしのげん、な一品。

 こゆパタンは大概、輸入盤の方がずっと安いのでいつもソッチ側だが、珍しくポンニチ盤をふつーに買った方がお安いでっせ、とゆー御案内。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y2GNLGM/ref=wl_it_dp_o_pd_nS_ttl?_encoding=UTF8&colid=EMLI26SFPL01&coliid=IJ59KITQSQJC8
 こないだから、ポチろうか・それとも止めトコか・セコハン出てくるの待った方が、か・イヤイヤそんな安値で誰も出す訳ナッシングだ路寝…等々とぐるぐるループで回っている、今日子の語路。

>戻って、~リミックスのエンディングで、ジャケ写紹介付&結構長時間ノーカットで流れた記念。

 キャット・スティーブンスの71年・著名作は↓。来歴については以前書いた通りで、キリスト→仏教→イスラム、とまぁ忙しく改宗されたセンセね(これはキリストだた時代)。
 

「そういやチェーンルーブ久々に」と思い立ち昨日夕方は骨&歌舞

 投稿者:返信任者アラシ@を数ヶ月ぶりに  投稿日:2017年 5月15日(月)14時56分6秒
返信・引用
   メンテしてみますた。

 チェーンクリーナ吹き付けた後、最終的にホワイトルーブをば。歌舞もこゆ粘性の高いのじゃないと、あっとゆー間に油飛んでまた吹き付けなきゃならなくなるので、最近専らコレ。

 クリーナは1回かければ、後は水かけりゃ落ちるって事は知ってるのだけど、1回かけただけでブラシかけて完全に古い油取れるかっつったらそんな訳も無く、数回、かけてゴシゴシかけてゴシゴシ…をループしないとダメだから、結局水かける暇がナッシング&どーも感覚的に水かけたくない、ってトコもR。

 歌舞も含めて、結局、クリーナ缶はほぼ1本亡くなる位に。そんなに安いものでも無いのでちょっと勿体無かったか。歌舞はシールチェーンじゃないから、こんな高ぇもの使わなくとも、安いパ-ツクリーナぶっかけて油落とせばいいのでわ?とおもーが、チェーンに悪影響あるよな気がして、いつもイマイチ踏み切れず。

 そうそう骨は、F側に、ビグスク用のR鯛屋:130/70-16とゆー外形全く同サイズのを付けてみますた。だってふつーのロード用F鯛屋の、半額しかしないんだもの(笑・でもれっきとしたミシュラン製)。

 赤男でもやったことないとゆー話で、その内インプレ聞かせてちょと興味津々で送り出されたけど、ぶっちゃけお乳鯛屋慣らしで数十km乗った程度では、今までの鯛屋と何が違うのかサッパシ判らず(爆)。

 と併せて、「作業結果については、万一問題起きた時、一切責を求めるものでわナッシング」念書にサインまでさせられた(藁)。そんな事までしたのは、長年赤男出入りしてても初。まぁ減るモンじゃなし、ナンボでもサインするのでRが。

>館でやっつけた記。

△: スプリット

 M・ナイト・シャマラン@「シックスセンス」監督センセ作は、当たり外れの波がデカいように思うが、今回はどうか。1人で23もの人格を持つ♂に誘拐された3人のJKの行方は、とゆースリラーとか。

 ♂に拉致され、密室に閉じ込められたJK3人は、神経質な雰囲気の♂を目にする。♂が去り、脱出方法を思案している最中、外から男女の声を耳にし、助けを求めるが、そこに現れたのは、♀物の服に身を包み、♀のような口調で話す先ほどの♂だった…

 緩みなく始まる出だしはいいのだけど、この手の多重人格サイコさんに、的ホラーにしては展開が凡。3人全員が全員仲いい訳でなく、早々に2:1に仲間割れとゆーのはヨッシングとしても、サイコさん側にもおうちょっと工夫がほしのげん。

 その後の展開も、ラストもそう予想範疇を超えるものではなく。そして事前宣伝だた「衝撃のラスト!」に身構えていると、ラスト30秒ほどになり漸くブルース・ウィリス初登場&でもその意味に、こちとら口ポカーン。

 帰ってどゆ意味だたのか愚愚ってみると、シャマランせんせ過去作観て、その知識が前提になってたオチだたようで。それ多分見てないがな~しかもそんな昔作の内容を覚えとけ、なんて般p大半は「何ソレ?」状態だたのでわアルマジロ?。

>某氏向け補足。

 基本的にジョニミッチェルの80年ライブなんだけど、サポートミュージシャン系のクレジットが何故か全くと言っていい程、なので補足。

 ジャコパストリアスは見りゃ即分かるが、パットメセニー&ライルメイズのメセニー・グループコンビが丸毎起用されてるのは、流石のジョニミッチェルの慧眼。この時点では2人ともまだまだ無名だったので(にしては、結構暴れ捲り的に弾いている)。この2人に関しては恐らく、映像の形で残ってる、最も古いシロモノかと。

 その他、マイケル・ブレッカーのsax.にドン・アライアスのper.に、と、今日では考えられぬ豪華スーパー・バンド状態。…と、先日「JACO」を見つつ今回はこれで逝こうかにょ、と決定してみますた。詳細は愚愚ってちょ。
 

てな訳で集う面々は、雨も降ってるだろし、道中十分気ぃつけて。

 投稿者:返信任者アラシ@とゆー香具師が  投稿日:2017年 5月12日(金)10時30分6秒
返信・引用
   慣れてない倍苦で逝く訳だから、他人様の事ゆーてるばやいでも無い肝刷るが。
#雨中走行練習は、この3日間で十分やったけどw

 ちなみにスタート時に道路ペイントの上でアクセルいきなり廻し過ぎてR鯛屋滑って転ぶ寸前ですた(汗)。歌舞で雨天時にそんな事しても、パワーないからまずダイジョビなので、ついいつもの感覚が。

>最終ひ~んと!+α

 メインスタンドあるのに、サイドブレキ付けなきゃ逝けない意味が全く理解不能。。。

>館でやっつけた記。

○: ナイスガイズ!

 ラッセル苦労&ライアンゴズリングの組合せで楽しみにしてた、アチャラ版"相棒"?&某氏レビュー済作が、漸く当地にも回ってキター!

 シングルファーザーで酒びたりの私立探偵クロウは、腕っ節の強い示談屋ゴズリングに強引に相棒にされ、失踪した少女の捜索を開始する。さらに13歳の娘も加わり捜査を進めていくが、簡単な筈だった事件は、やがて1本の連続不審死事件へと繋がり…

 成程某氏評通り、相棒とゆーよりは、往年のアチャラTVドラマ、スタ&ハチやジョン&パンに通ずるノリでつねこれは。背景舞台が70年代設定なトコも、多分それを意識しての事でもあるのでせう。その意味でふつーに重城買った&如何にも尻~図化されそな予感(笑)。

 苦労せんせはエラくデブった感があるけど、本作の為にわざわざ増量してきたのかしらん?(だたら気合入ってて中々立派)。ゴズリングは今迄観てきた芸風役とは違い(寡黙でダークな感じのが多かった)、意図的に違うふいんき役やって、芸幅を広げよとしてるふいんきが、ララ乱怒に続いて感じられま。乱怒はそれがあんましマッチングして中田よに思えたけど、本作は中々上手く逝ってるよに見えますた。

 全体としては十分この評点でおkかと。単館の、この上映開始時間にしては結構な入りで、流石この2人主演作は人気余念、とゆートコも加え、当県ではよくシネコンに持ってかれませんでしたで賞(⇔隣県ではそうなった)。

>再び黒い話&個人的にナイスガイズと言えば↓。当然持っとりま。
https://www.amazon.co.jp/Nice-Guys-Art-Ensemble-Chicago/dp/B0000261FC/ref=pd_sbs_15_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=ZNBSWX9S0M5B62E4P29Z

 AEOCの80年前後の充実期は本作より始まる事で著名な1作。当時、ステージ上には「ピアノ以外の、大よそ般pが思いつくよな、ありとあらゆる楽器がぶちまけられてる」のを5人のめむばーが入れ替わり立ち代わり持ち替えて演奏、とゆーライブは見てみたかったにょ。
 

レンタル掲示板
/59