teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ■2013年度、少年野球、夏合宿のご案内■(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


サイト9周年

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 4月 1日(日)00時12分14秒
  【ミスターサブマリン】、いよいよ9周年を迎えました。

ご覧の皆様には、いつもご支援を頂き、誠に有難うございます。

HP作成ソフトのアフターサービスが得られない状態で、本格的な更新はもうできませんが、維持管理には全力を持って取り組みます。

野球(NPB)以外の話題が中心となろうとは存じますが、どうぞ良しなによろしくお願いを申し上げます。
 
 

こんばんはです

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 3月31日(土)23時02分5秒
  名車阪急2800系さん
コタカさん
いつも有難うございます。

年度末で、当方の仕事ももう少し・・・と思いきや新入社員が入ってくるらしく、また研修などで違う意味で忙しくなりそうです。

女子プロ野球は、勝負どころの3年目のシーズンだと思います。
新球団大阪が注目の的でしょうが、まだ新球団ゆえの硬さもあるのか真価が発揮できないでいますね。まあ、まだ始まったばかりではありますが。

あと、こと細かいところでいえば、ファンクラブ組織の改変や、予告先発の導入、わかさスタジアム【西京極球場】に限り90mでの“ラッキーゾーン”設置といったところではないでしょうか。

ファンクラブに関しては、なにも統合しなくてもよかったのではないかとも。大阪BHのファンクラブを新規に立ち上げれば済むと思っていました。
また、統合に伴い、ファンクラブの特典でもあった公式戦チケットの配布を事実上なくしたのは如何なものかと思います。一度、特典として付与していたものを一気になくするというのは余り賢き方法とは思えません。それが標準のサービスだと考えていた人もいるでしょう。せめて3試合分くらいは付与してもよかったのではないかとも思います。

「GPB45」とも称しているように、リーグ全体での盛り上がりを図る狙いがあるみたいなので、これは機構側の考えに沿って見守るしかありません。
予告先発、ラッキーゾーンの設置云々は、リーグ戦の成績にどう反映されるかと言う面もありますので、まだ結論付けるには早いと思います。

ファンサービスは、まさに「初心忘るべからず」。
試合後のお見送り&サイン会や、スタンドでの清掃活動は、絶対に続けなければなりません。

また、よろしくお願いします。
 

こんばんは

 投稿者:コタカ  投稿日:2012年 3月30日(金)21時17分52秒
  女子プロ野球観戦で京セラドームに行った時にオリックスのオフィシャルショップに立ち寄りました。ガラスのウインドーには早くも今年の復刻ユニが(・∀・)。去年のグッズは何故か選手カードしか見当たらない?ショップの方に尋ねると、倉庫に一旦しまってあるそうです(^_^;)。球場ウロウロしましたが、今年の告知ポスターとかはまだ張り出しされてませんでした。
ホームページではプロモデルユニの受付始まっているみたいですね。早いとこ続報が知りたいです。言ったら悪いですが、55番のユニフォームだけみせられても仕方ないですから(^^;;。グッズ発売が始まったら飛んで行くでしょうけど、今年は計画的に買い物をしないと ついつい大散財モノです(^_^;)。
 

女子プロ野球開幕シリーズ

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 3月28日(水)19時30分35秒
    編集委員長様からのご返信にありました通り、女子プロ野球の開幕シリーズが大阪ドームで行なわれました。
  26日は兵庫対京都のカードで行なわれましたが、兵庫中川結麻投手の大乱調もあり、何とも大味な試合になりました。個人的に注目していたのは、兵庫の捕手起用でした。本来なら川保麻弥捕手がマスクをかぶりますが、怪我の為出場できない状態です。その穴を中村茜選手が埋めるようです。昨年は田中幸夏選手が捕手としても起用されており、中村選手の捕手起用はありませんでした。田中選手を二塁手として固定する事と外野手の層が厚くなったのもその理由だと思います。
  翌日(27日)は新球団・大阪ブレイビーハニーズの初試合となりました。残念ながら連敗スタートになったのは意外でした。特に大エース・小西美加投手の調子が悪く、一挙に4点を失いました。私自信 あんな小西投手を見た記憶がありません。打線も振るわず兵庫・植村美奈子投手に3安打完封されてしまいました。
  順番が逆になりましたが第一試合で登板した、京都・宮原臣姫投手にも注目していました。昨年は制球難で結果を出す事が出来ず、シーズンオフの練習量はかなりのものだったと聞きました。実際、最高120キロを記録する球がいくつもありました。低めのコントロールは間違いなく昨年以上です。しかしながら打撃力の向上にも驚かされました。2本のツーベースヒットのうち1本は尼崎や福知山等の両翼の狭い球場なら間違いなくスタンドに飛び込む打球でした。
  まだまだ、始まったばかりの女子プロ野球です。3球団が最後まで競り合い、私達が目を離せないような試合展開を期待したいです。  乱文どうかお許し下さい
 

日本女子プロ野球2012開幕

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 3月27日(火)22時51分1秒
  名車阪急2800系さん
いつも有難うございます。
何とか北東北。函館ツアー開催できました。
後日、必ずレポートしますのでよろしくお願いいたします。

さて、26.27日と、京セラドーム大阪に於いて、女子プロ野球リーグ開幕いたしました。
第一節を終えて、勝敗は↓
京都AD 2-0
兵庫SS 1-1
大阪BH 0-2
と、なりました。

大阪は、新球団こけら落としもあって地元開催となり、多少硬さがあったのかもしれません。エース小西さんで落としたのが痛い。正攻法で、第1試合目小西先発、第2試合目小久保先発の方がよかったのかも?
兵庫は、戦力ダウンが言われる中、新人にそれなりに目処が立ちそうな選手が多そう。
この日の収穫。個人的には、#1大田秀奈美選手に注目しています。
第2試合で、小西さんと投げあい見事プロ初完封勝利をあげた植村美奈子さんは、今季二桁勝てそうな予感がします。
京都は連勝。主力級が打撃陣を中心に残ったので、佐々木監督の目指す打ち勝つ野球が出来そうなのかな?
三浦伊織さん、初ホームランおめでとうございます!

今季は、“三つ巴の戦い”女子プロ野球に注目です。
 

やはり今年も

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 3月18日(日)11時02分13秒
    先日、オリックス球団より今年も阪急及び近鉄の復刻ユニフォームを着用しての公式戦開催が発表されました。今回は「激動の80年代」というテーマで阪急ブレーブス最終デザインのユニフォームが復刻されます。  すでにフロモデルと称する選手が着用するのと同じユニフォームの注文が開始されたようです。色々なグッズも発売されると思いますが、球団に踊らされるのも良しとしましょう。ただ気になるのはレプリカジャージです。背番号の上の選手名が今の選手だとしたら私は買いたくありませんね。
  試合開始前のセレモニーも昨年同様になるように思います。私は簑田さんや松永さんのユニフォーム姿を見たいです。それに加えてブーマーの来日も強く希望します。
  昨年は阪急黄金時代のユニフォームが復刻されましたが、最も強かった時代の思い出に浸る事が出来ました。しかし、今回復刻されるユニフォームに対しては複雑な思いがあります。デザイン変更初年度(84年)に優勝するもののその後はライオンズの厚い壁に阻まれ続け、とうとう球団譲渡に至りました。西宮球場での最終試合やお別れのセレモニーを涙ながらに見つめた私にとっては、どうしても複雑な思いは拭い切れないのです。
  最終デザインのユニフォームを見た時の感想は「阪急にしては思い切ったデザインだな」と感じました。帽子のマークも長年使われた「H」から「B」に変わり、これも思い切ったデザインになりました。私は色々な帽子を見て来ましたが、最もかっこいいデザインだと思っています。
  阪急ブレーブス復刻企画が来年以降どうなるのか?球団の動向にも注目して行きたいです。なお、私は昨年と同じく球場での試合観戦は考えていません。
  乱文どうかお許し下さいP.S
  編集委員長様。北東北・函館ツアーの紀行文を楽しみにしています。私も「はやて」のグランクラスに一度でいいから乗って見たいですね。
 

今季も楽しみな女子プロ野球

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】メール  投稿日:2012年 3月13日(火)19時33分32秒
  名車阪急2800系さん
こんばんは

先日のオープン戦、「大阪ブレイビーハニーズ」のファンへのお披露目に意味合いもあり、開催されたように思います。

第1試合の「兵庫×京都」は、植村投手と荒井投手の先発。
お互いに、開幕投手候補で、左程不安を感じさせるような投球内容ではなかったですね。
まだ、この時期はできあがりからして投手優位でしょうか

第2試合の「大阪×侍(サムライ)」は、大阪先発は無論小西投手、侍は中島投手の先発となり、中島さんも流石、日本代表候補であり、少し制球が乱れる場面があった以外は、プロ相手にまったく遜色のない投球内容だったと思います。
大阪は、小西さんから、小久保投手~田中碧投手2イニングづつの投手リレーでサムライ打線を完封しました。
大阪の先発三本柱となると思われる、3人の出来はよく、これは大いに期待させるものでした。

期待の新人は、小生も大阪BH内野手♯6森藤内野手を挙げます。
これから、新人選手はおいおい見て参りたいと思います。

今季もよろしくお願いいたします。
 

女子プロ野球オープン戦

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 3月11日(日)15時49分53秒
    昨日明石で女子プロ野球のオープン戦が行なわれました。球場に到着し、編集委員長様やコタカ氏等の観戦仲間との再会を喜び合い、試合開始を待ちました。
  今季から3チーム体制となった為、関東から女子野球クラブチーム(サムライ)を招いてダブルヘッダーで開催されました。 なお、試合展開や結果はここでは省略して私が感じた事など、思いつくまま書いてみようと思います。
  試合全体の感想として、実戦練習が不足気味だと感じました。今年は雨が多く屋外練習の不足が気になっていましたが、打者の振りも鈍く、内外野の連係プレー等もまだまだ練習が必要だと感じました。
  打者に比べて投手の仕上がり状態は良いと思います。大阪・小西(美)投手は貫禄の投球で今季の活躍を予感しました。京都・荒井、兵庫・植村両投手の投球もまずまずだと思わせるものでした。今季の開幕戦の先発投手はこの3人で間違いないと言えるのではないでしょうか?
  また、何名かの新人選手が起用されていましたが、京都・早田二塁手や大阪・森藤遊撃手の守備力には目を見張りました。その他、兵庫・大田、三浦(由)両選手 京都・半田投手、大阪・中村(香)、小宮両投手にも注目しています。
  開幕戦まで半月位となりました。今季も私達「地上最強ネット裏集団」で女子プロ野球を盛り上げて行きましょう。
  乱文どうかお許し下さいP.S
  先日の「きたぐに」乗車ツアー本当にお疲れ様でした。   普段、見向きもせず廃止が決まったとたんに利用者が殺到する光景は何度見てもうんざりします。日本人独特の慣習と言えばそれまでかもしれませんが、最後の見送り方を改めて考える時期だと思っています。
 

そして、きたぐに・・・。

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 3月 7日(水)00時46分58秒
  さて、魚津駅に着いたのは、18時頃でした。

ここで、ひそかに考えていたのが、大阪までサンダーバードではなく、当駅未明の1:59に発車する上りの「急行きたぐに」に乗って帰ること。
みどりの窓口で駅員氏に訊ねたところ、「今日は運転します」との返事。それではと、大阪までの乗車券\5780-と急行券\1260-を発券してもらう。

昨夜の下りきたぐにではA寝台“ロネ”を確保していたのだが、これは終点新潟まで乗車予定だったため。
今夜は途中駅からで乗車時間もそれほど長くない(これが後々・・・)のと、ある意味583系の夜行を味わうのには、あのゆったりボックスシートに揺られながらのきたぐに乗車が、お名残としてはある意味風情があり一考と思ったので自由席とした次第。実際、上りきたぐには金曜夜以外は空いているのは経験済みだったのです。

発券を終えた時点でも、まだ19時前だったので、何せ時間をつぶさなきゃいけない。一応それは織り込み済みで、駅から10分弱のところにネットカフェがあるのは調査していたので、そこの6時間コースで寛ぐ事ができた。
ようやく1時30分もまわり、ネットカフェの精算も済ませ駅まで歩く。道路の雪が凍ってシャーベット状になっている所もあり、これが危ない。これまた八甲田山のように匍匐前進で歩み、1時50頃魚津駅到着。この時点ではきたぐにを待つ乗客は小生だけだったが、最終的には3名に増えた。

いよいよ、1時59分が近づく。しかし、一向に列車は来ない。この時間帯の駅は無人で、きたぐに乗車用に改札を解放しているだけの状態である。何のための遅れかの放送などもない。
個別の野郎3人客だったせいもあるが、待っている間の不安な時間にも関わらず会話ひとつせず、ただひたすら寒さをしのぐため、立ったり座ったりを繰り返す。ただこうゆう陰険風な輩は後が怖い。

どうにか2時20頃、本当にソロソロというか、威風堂々というべきか583系「(寝台)急行きたぐに」の入線である。
やな予感は的中し、ただひたすら待っていた陰険風野郎は、所定の乗車位置をずれて到着したきたぐにの扉に一目散に走りぬけ、小生よりも先に車内へ入りやがったのである。
自由席の車内は何故か1ボックス一人ないし二人以上座っているものばかりで、おまけに加齢臭と、香水の匂いが充満している。加齢臭は夜行列車で夜通し体内から発散されるおっさんのものである。
香水の源は、普段のきたぐにではありえない婦女子(年齢層20代後半から30代前半が多し)が多数乗車している。聞くところによると、新潟で「東方神起」のコンサートか何かあったらしく、その帰り客が多数なのである。

そして、また間の悪いことに、魚津に停車した「急行きたぐに」は一向に発車する気配がない。
数十分が経過してようやく訳がわかった。検札に来た車掌氏が、「どうも先行している貨物列車の機関車が故障して動かなくなったみたいなんです・・・。」と。
検札後、通常なら深夜帯はない車内放送がされ、その旨が乗客に伝えられた。
それで、車内は慌しくなる。遅れるとの電話をする人。ここぞとばかりホームに降り立ち583系きたぐに撮影に勤しむFe連中。
小生ですら、座席は埋まってるわ、列車は動かんわで、友人に思わず愚痴めいた電話をし、今ツアーは失敗に終わるのではないか!?との不安が時間が経つにつれ重く圧し掛かる。
(お電話させていただいた方には、その節はどうもすみませんでした)

ただ救いだったのは、急行きたぐに車掌氏が気さくな方で、昨晩きたぐにがウヤした経緯や、このところの北陸・信越地方の気候、また当該583系電車が新潟で3日以上置きっぱなしであったことなど話してくれ、停まっている間の気分はほぐれた。
その後、南富山付近でも長時間停車し、富山に着いたのは3時半を回っていたように思う。
ここでかなりの人が下車し、一気に空いた。小生も1ボックス確保できるようになったのである。
車内では、自由席でも各ボックスごとに平静を取り戻し、各自其々の過ごし方をしている。特に前出の「東方神起」ファンらしき御婦人方の一部は、かなりあられもない姿となっていた人も居たようである。

小生も、これでようやく調達していたおにぎりやサラダなど頬張り、きたぐにボックスシートでの独特な寝方で、少し仮眠が取れたのは有り難かった。
快適なボックスシートに身を寄せつつ、モハネ583系が奏でる独特のモーター音をしばし“音楽鑑賞”
高岡を過ぎてからは、倶利伽羅峠を越え、津幡から金沢到着前辺りでうつらうつら。
福井手前で一瞬目が覚めて、それからは長浜を過ぎたくらいまで寝ていた。
米原到着時点では定刻2時間遅れ寸前だったのが、普通電車を先行させたため、完全に2時間遅れペーストなり、改めて放送でこれ以上の回復運転はなくなったと連想される、彦根・大津・京都・新大阪・大阪到着予定時刻が告げられ、急行料金返還がほぼ決定した。

きたぐに号は急行列車なので、特別急行列車とは違い、遅延が発生しても基本的には新幹線への振り替え乗車はない模様で、ましてや並行する米原からの東海道新幹線はJR東海であり、想像もつきやすい。
尤も、日曜日に到着する当該502M列車では、そんな急ぎ足の乗客もいない。
かえってたくさんの時間きたぐに乗れた!などと感じる御仁ばかりであろう。
定期きたぐにが運行を終えると同時に、経路が山科から湖西線経由となったしまうため、優等列車が停まらなくなる県庁所在地駅に“降格”してしまう大津では、明らかに普段とは違う時間に到着するきたぐにへの“羨望の眼差し”が、結構な数の老若男女からあった。

京都でごっそり下車。遅まきながら車内探検もできた。A寝台はやはりFe中心で独特の野郎臭が漂っていた。これはこれで乗らなくて正解である。
B寝台の三段寝台はいつ見ても凄い!これを考えた人はある意味偉いと思う。これぞ「THE.日本国有鉄道」といった趣である。
定期廃止後も残るロザははじめから眼中になかった。ここも独特の臭いが・・・。
結果的に、ご婦人方のいた車両にいたので、車内のにおいの観点からいくと一番マシだったのかもしれない。

終着駅大阪には、2時間17分遅れで到着。
遅れて申し訳なかったとのレチ氏の謝罪と、最後に「鉄道唱歌」のチャイムで締めくくられた。
改札口で払戻しの急行券を提示。赤でその旨記入してもらい、それをデジカメで撮影。
精算窓口で、窓口氏の謝罪があり、\1260-キャッシュバック。

波乱万丈なツアーでしたが、そもそもが猛吹雪の中の行軍であり、行程遂行には相当な覚悟が必要だったのは言うまでもないことで、無事に帰還できた事が何よりでした。
小生としては、実質583系での急行きたぐにお名残にも立ち会えたし、行かないで後悔するよりも有意義なものとなりました。

長文、誠に有難うございました。

 

きたぐに、そして・・・。

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 3月 6日(火)21時46分2秒
  みなさま。
そして、話題を提供してくださった名車阪急2800系さん。

2/17開催予定でした、“急行きたぐにA寝台でゆく新潟ツアー”は、
運転取りやめのため、中止となりました。
後日知ったのですが、北越地方は相当な大荒れの吹雪だったようです。

ただ、それで何もかも断念するのは余りにも口惜しいので、2/18早朝に一念発起し、大阪7:09発のサンダーバード1号に乗り、もうひとつの観戦予定でありましたKUROBEアクアフェアリーズのホームゲーム、富山県魚津市ありそドームへ一直線!へと決行す。

湖西線に入るととんでもない風雪に見舞われましたが、幸い遅れは最小限に抑えられ、終点富山には定刻の約15分遅れにて到着。しかしながら、魚津へ接続列車である普通列車には間に合わず、富山駅で約50分待ち。
その間に、ある意味で富山駅名物のえきそば「立山そば」を食す。ホーム内から改札外へと店舗は変わったが、“立山”と書かれたかまぼこに、甘みのある出汁は健在で、何とか遅れ分の損害を挽回で多様に思う。

泊ゆきの普通列車は413系。フロント面は雪に覆われる。
当該列車も途中雪のため徐行運転もあったが、それほど遅れることなく魚津到着。
本来ならありそドームへは徒歩10分圏内だそうだが、何せ雪で一面の銀世界。歩こうにもまず真っ白で目印になる建物がわからず、咄嗟に駅前に着いたタクシーに飛び乗る。
駅から会場まで\700-。こうゆう時は惜しまずタクシーを利用するのが正しいと思う。地元の地域貢献の一役にも手助けできる。

会場の体育館「魚津テクノスポーツドーム(ありそドーム)」はたいへん立派な建物でした。
観戦もしやすく、関係者の応対も宜しい。某OS府バレーボール関係者のエラそうで横柄な態度のオッサンとは大層な違いであった。
着いたときは第一試合の3セット目に入っており、3-0で健祥会レッドハーツが、GSSサンビームスに勝利。第二試合はフルセットの末、3-2の逆転でフォレストリーヴス熊本が、柏エンゼルクロスに勝利。

さてお待ちかね第三試合はKUROBEのホームゲーム、KUROBEアクアフェアリーズvs大野石油広島オイラーズの一戦は、KUROBEが3-0でストレート勝ち。ホームの大声援に見事こたえた。
そのKUROBEの中で光ったのは、セッターの小菅真弓選手!トス裁きは流石で、相手ブロックを見極めてのBクイックや、華麗なバックトスからのDクイックは最早芸術的と言ってもよいくらいです。
彼女とは岡山以来2年ぶりでしたが、覚えていてくれていました。
新天地での活躍を祈って、記念にプレゼントを渡し、サインや握手・写真撮影に応じてくれました。

さて、帰路はまだ外が明るい時間だったので、駅まで歩く事にしました。
何せ一面銀世界で、目印になる建物がコンビニの高い看板くらいです。会場の警備員の方と、道中の地元の初老の紳士と、幸運にも親切な御両人に巡り合い、たびたび駅までの道のりを聞きながら、それはもう「八甲田山」の如くの行軍の末、約15から20分くらいで魚津駅まで辿り着きました。

長編のため、このあと続きます。
 

レンタル掲示板
/36