teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ■2013年度、少年野球、夏合宿のご案内■(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


バレーボールの話題~日本女子28年ぶりのオリンピック銅メダル受賞~

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 8月12日(日)18時11分36秒
    昨日のロンドンオリンピックでバレーボール女子チームが3位決定戦で韓国を3-0で下し、28年ぶりの銅メダルを受賞しました。選手やスタッフの人達にはおめでとうございますとお伝えしたいと思います。
  ブラジルと戦った準決勝は固さが見られ、日本らしい戦いが見られませんでした。私は韓国戦も苦戦すると思っていました。結果はストレート勝ちでしたが手に汗握る好試合だったと言えるでしょう。韓国のエーススパイカーであるキム・ヨンギョンに疲れが見られて彼女本来の力が発揮されなかったのも日本に味方しました。
  日本の女子バレーにとって今回のメダル受賞が弾みになる事は間違いないでしょう。私はレシーブのさらなる強化と長身セッターの育成に取り組んでほしいと思います。  幸い選手層は厚くなっています。個人的に期待する選手をポジション別に挙げさせて下さい。課題の長身セッターとしてはシーガルス・宮下遥、パイオニア・冨永こよみ両選手に期待します。アタッカーでは韓国戦で大活躍した東レ・迫田さおり、日立・江畑幸子両選手の成長に期待できます。ミドルブロッカーでは世界最終予選で活躍した久光製薬・平井香菜子、JT・石川有紀両選手の名前を挙げます。また、シーガルスに入団した栗原恵選手の復活に期待しますし、海外リーグ移籍を表明した木村沙織選手にも注目したいと思います。
  女子バレーボールはこれからも楽しみが多いと思っています。
  乱文どうかお許し下さいP.S
  阪急ブレーブスで活躍した稲葉光雄さんの急死にはショックを受けています。西宮球場で見た稲葉さんのカーブの鋭い切れ味は一生忘れる事はないでしょう。稲葉光雄さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌
 
 

帰らぬ人に・・・

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 8月12日(日)12時19分36秒
  中日二軍投手コーチで、阪急でも活躍された稲葉光雄さんが、昨日のナゴヤ球場での試合途中に倒れられ、そのままお亡くなりになられました。享年63歳。

今季のドラゴンズは、浅尾君や中田君が不調で大変だったでしょうし、地元東海学園大学の田島君など、これから伸び盛りの若手がいるので、まだまだご指導して頂きたかった・・・。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 

イチローとの盟友が・・・

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 8月 9日(木)20時29分13秒
  名車阪急2800系さん
いつも有難うございます。
先日は、西宮阪急でばったりお会いして、色々と話題に花が咲きましたね。

イチローの移籍、小生は一瞬、意味がわからないくらいポカーンとしておりましたが、非常に重い決断だったのでしょう。
オリックス在籍末期になぞらえたお説にも説得力がありますね。

個人的には、それ以上にショックだったのが、田口壮選手の引退表明です。
手術からリハビリまで重ね、復帰を願っていたのですが叶えられませんでした。
結果論ですが、今季のオリックスは外野陣がけが人続出で大崩れ・・・。田口選手が残留していれば、出場機会もおそらくあったでしょうし、チーム成績の行く末も変わったかもしれません。
こよなく阪急ブレーブスを愛し、曲りなりにも其の後継球団に入団した彼を今でもうれしく思います。
現役生活お疲れさまでした!

 

イチロー選手電撃移籍に思う事

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 7月29日(日)17時56分50秒
    イチロー選手が長年在籍したマリナーズを離れてヤンキースに移籍するという報道には正直驚きました。マリナーズとの契約満了(5年契約)を今季終了後に迎える事もあり、シーズン終了後に大きな変化があると思っていましたが、シーズン中の移籍は想定外の出来事でした。
  ヤンキースのユニフォーム姿に違和感を感じる意見も多いようですが、私は決して悪くないと感じています。メジャーリーグではシーズン中のトレードは日常茶飯事ですし、彼を受け入れられるチームはヤンキースしかないと私は思っていました。
  彼がメジャーリーグで残した実績は今さら説明不要でしょう。マリナーズのチーム成績は低迷を続けていて、彼のモチベーションも低下していた事でしょう。私はオリックス在籍末期とマリナーズ時代の姿は全く同じように写っていました。シアトルや神戸のファンは暖かく彼を見守り、彼も期待に応えるべく頑張ったものの自らの成績がチーム向上に繋がらない事は精神的にきつかったと私は思います。
  メジャーリーグ屈指の名門チームの移籍は彼には重い決断だったでしょう。勿論、レギュラーの座は保証されておらずファンのシビアな反応も全米一とも言われている事も承知しているはずです。
  メジャーで数々のタイトルや記録を積み重ねたイチロー選手がヤンキースで最後の一花を咲かせて欲しいと私は思っています。ヤンキースのワールドシリーズ優勝に貢献して、記念パーティーで子供のようにはしゃぐ彼の姿を見る事を楽しみにしてイチロー選手を応援したいと思っています。
  乱文どうかお許し下さい
 

今後の展開

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 7月24日(火)18時33分5秒
  名車阪急2800系さん
早速とばかりに寄稿を頂いて、誠に有難うございます。

小生も川越監督の器量・采配を高く評価しています。
また、女子プロ野球への発展に寄与した点に於いても貢献度大ですね。
このまま在野で埋もれるには惜しい人材です。
川越さんには、何らかの形で女子野球に携わって頂く事を願っています。
新たなるステージでの活躍を期待しています。
 

どうなる?スマイリーズ~川越透監督電撃辞任~

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 7月22日(日)15時07分28秒
    先日、兵庫スイングスマイリーズ(以下スマイリーズと略す)の川越透監督の辞任と松村豊司新監督の就任が発表されました。
  女子プロ野球のファンであれば川越前監督の功績は高く評価する人がほとんどでしょうし、前期こそ不本意な結果に終わったものの、川越前監督がどのようにチームを立て直して後期を戦うのか注目していたので寝耳に水の発表には驚きと共に落胆しています。
  私個人の推測ですが、川越さんは昨年限りでの監督退任を考えていたように感じています。昨年、尼崎で行なわれたスマイリーズの総合優勝祝賀会にて「誰が監督をしても勝てるチームを作り上げた」と言う川越さんの発言がありました。意味深な内容だった為、2年連続の総合優勝を果たした事で川越さんは達成感を感じたのかもしれません。
  スポーツの世界で「仕事人」と呼ばれる人が多くいます。川越さんは1つのチームに長く留まるタイプではなく、色々なチームで実績を積み上げる能力が高い人だと思います。もしかすると、川越さんは新球団(大阪ブレイビーハニーズ)の監督就任を希望していたのかもしれないと私は思っていました。
  女子プロ野球の発足で、野球をする女の子の数が増えています。女子硬式野球部を新たに作る動きも盛んにありますので、川越さんも指導者として女子野球と関わって行く事になるでしょうし、そうでなければ困ります。発展途上の女子野球には川越さんの手腕がまだまだ必要なのですから。  少し機構に苦言を呈すれば、組織として未成熟なのにNPBの様なやり方を模範にする事は考え直してほしいものですね。ただでも観客動員数が減少しているのにファンから懐疑的な眼差しを向けられる事は致命傷になりかねないのですから。  川越さん、本当にお疲れ様でした。私達は心より感謝しています。ありがとうございました。
  乱文どうかお許し下さい
 

女子プロ野球前半戦を終えて・・・

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 7月20日(金)22時37分24秒
  皆さま どうもご無沙汰しております。
名車阪急2800系さん いつも有難うございます。

女子プロ野球のペナントレース、前期終了間際は仕事等もあり観戦になかなか赴くことはできませんでしたが、京都ADの前期優勝は見届ける事ができました。
近鉄球団が藤井寺から大阪ドームに本拠を移し、球団名に「大阪近鉄」と“大阪”の冠を名乗った際は、佐々木恭介監督でした。小生が、レフト側外野上層スタンドで、主に近鉄×オリックスの試合を観戦していた時代でもありました。
ある意味、佐々木さんの胴上げは、パシフィック・リーグのファンとして感慨深いものがありました。

確かに、三つ巴を期待した感もありましたが、名車阪急2800系さんが総括されたとおりの展開だったであろうと思います。
さて、後期はどうなるであろうと思った矢先と言うか、兵庫SSの川越透監督の辞任が発表されました。全く寝耳に水でした。
色々と事情はおありだろうとは思いますが、先ずは、2年半に及ぶ監督生活お疲れさまでした。
2年連続完全優勝を成し遂げた偉業は、女子プロ野球界に於いて燦然と輝くでしょう。
後任は、チーム事情に気心知れた松村豊司監督で、早速チームの建て直しを図ってもらいたい。
最後に、新球団・大阪BHにも是非巻き返しをお願いしたい。

あと、機構的には、7/21.22「第4回トライアウト」、8/4に初の試みとなる「女子プロ野球オールスター」に注目しています!
 

女子プロ野球前期シーズン終了

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 7月 2日(月)17時39分12秒
    去る6月30日に女子プロ野球の前期シーズンが終了しました。残念ながら、試合途中から降り出した雨が止まず6回終了をもって引き分けコールドゲームになりました。(スコアは4対4)
  今年から新球団・大阪ブレイビーハニーズが加わり3チームでの戦いになり、三つ巴の白熱したペナントレースを予想していましたが、京都アストドリームスの独走状態が最後まで続き前期優勝を飾りました。  3チームの戦いを振り返り、私が感じた事や後期への課題を挙げてみます。
③位・大阪(以下ハニーズ)
  女子プロ野球を代表する小西美加投手の移籍には驚かされましたし、優勝候補に挙げられても不思議ではなかったと私は思います。  しかしながら、寄せ集めという感は否めず、波に乗り切れずに終わったという印象を持ちます。エラー多発でぶち壊した試合が多く、小西投手の好投も実りませんでした。守備力向上と小久保志乃・田中碧両投手の奮起に期待します。
②位・兵庫(以下スマイリーズ)   2年連続で総合優勝を飾ったチームとは別物になったと言っても言い過ぎではありません。小西美加投手の移籍で独走する事はないと思いましたが、故障者続出は全くの予想外でした。
  それもチームの主力である川保捕手・厚ケ瀬内野手・新原外野手の故障は本当に痛かったと言えます。
  幸い、厚ケ瀬内野手は試合出場が可能な状態になりましたし、川保捕手も先発マスクをかぶる機会もあるでしょう。故障者の復帰でチーム全体に弾みが付くと思います。故障者の穴を埋めた大田秀奈美選手や佐藤千尋選手の活躍も楽しみです。優勝・京都(以下ドリームス)
  ドリームスを率いる佐々木恭介監督は「女いてまえ打線」を見事に作り上げました。川端友紀・三浦伊織両選手は当然としても、田中朋子・宮原臣佳両選手の急成長に加えて中平千佳・大倉三佳・早田咲紀(新人)選手も好調を維持し続けました。  一方の投手陣は、荒井蛍投手が一人立ちしたのに加えて宮原臣佳投手も安定したピッチングを披露しました。前期終盤に抑え役の塩谷千晶投手の不調がありましたが、河本悠投手がその穴を埋めましたし、半田渚・大倉三佳投手も良い働きをしたと思います。
  チーム全体の歯車が噛み合ったのは当然ですが、故障者が少なかった事が優勝に繋がる最大の要因だと私は思っています。後期はスマイリーズやハニーズもチームを立て直して来ると思います。後期は前期ほどの独走状態にはならないでしょうし、三つ巴の面白いペナントレースを見せてほしいと思っています。  乱文どうかお許し下さい
 

厚く御礼申し上げます。

 投稿者:勇者ブレーブス特急【編集委員長】  投稿日:2012年 7月 2日(月)00時10分33秒
  ご覧の皆さま
日頃から当サイトをご贔屓にしてくださり有難うございます。

職場に於いて、大いなる仕事が入った為、出張等が重なりまして、満足にPCすら閲覧できない日々が続いておりました。
ようやく、文月に入り、それからも抜けだせますので、また日々の生活に精進したいと存じます。

名車阪急2800系さん
コタカさん
いつも有難うございます。
そんなこんなで、女子プロ野球のほうも前期終盤は全く観戦にいけませんでした。
後期は、8/25開幕だそうで、女子野球ワールドカップもございますので、結構な期間のタイムラグがありますが、それは機構側が何か催しで埋め合わせしてくれるものと、楽しみにしております。

そして、もうひとつ。
当該出張中には、阪急電車も利用しました。宝塚線の9007Fにも乗車しました。
嘗て、ピクリとも新造製造がなかった阪急にしては、このところは新車ラッシュですな。
その一方で、神宝線とも3000系の稼動本数が9000系を下回るようになりましたね。
特に、神戸線の3054Fはおそらく“風前の灯”でせう。
夕方ラッシュには、通勤急行の運用についているのも見かけましたので、帰宅時には狙ってみたいと思います。

 

鉄道の話題~阪急9007F投入と3000系の今後~

 投稿者:名車阪急2800系  投稿日:2012年 6月24日(日)16時22分1秒
    去る6月5日に阪急電鉄の最新鋭車両9000系の第8編成(9007F×8連)が宝塚本線に投入されて営業運転を開始しています。それに伴い宝塚本線の3000系のうち、3060Fが正雀工場に入場して編成短縮の工事(整備)を受けています。
  阪急の主力車両として活躍してきた3000系も支線の標識板使用車の置き換えが続いていて、ブログを検索したところ箕面線の3081Fが休車状態となっており、今回入場した3060Fと置き換えられる可能性が高いと書かれていました。
  3000系の本線運用(8連)は神戸本線の1編成(3054F)と宝塚本線の3編成(3062F・3064F・3066F)を残すだけです。また、支線運用(4連)のうち標識板使用車は箕面線の1編成(3080F)と伊丹線の3編成(3077F・3159F・3160F)の4編成だけとなりました。支線運用の標識板使用車と本線の8連運用車が共に4編成あるため、勘定も合います。
  これもブログ情報ですが、箕面線の3080Fが今年4月に全般検査を受けましたが標識板使用車の検査入場はこれが最後だと書かれていました。9000系の投入が進む度に3000系の本線運用が少なくなるのも仕方がありませんね。
  個人的には神戸本線運用の3054Fの撮影と乗車を急がねばならないと感じています。もちろん支線の標識板使用車も撮影する事は言うまでもありません。
  3000系(3100系)で最古参は投入されてから48年になります。阪急の車両はメンテナンスが行き届いていて古さを感じる事が少ないのはさすがだと思います。京阪沿線在住の私は阪急の車両に乗ると「ほっとする」不思議な気分になります。
  3000系は今津(北)線でこれからも走り続けるでしょう。末永い活躍を祈りつつ今回投稿を締めくくりたいと思います。
  乱文どうかお許し下さい
 

レンタル掲示板
/36