投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 岡山シップス (親の会)(2)
  2. はじめての方へ(0)
  3. 関東・東京(0)
  4. はじめての不登校(処方箋)(4)
  5. 喜喜ルーム同志会 in 名古屋(150)
  6. みんなの足跡♪(6)
  7. 喜喜ルーム岡山親会9/5(56)
  8. ミニオフ会・親会情報(65)
  9. 喜喜ルーム同志会 in 東京(350)
スレッド一覧(全9)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


pikiさん

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 7月26日(土)14時07分30秒
返信・引用
   メッセージありがとうございます。私自身今は落ち着いています。娘が動き出しているのをどうにか見守っています。
娘が在宅の予備校講座を追加で受けたいというので明日電話で申し込もうと思います。
出来るのか心配ですが娘が大学受験をしたいというので、応援しようと思います。
普通高校でも大学受験は大変なのに娘みたいのができるかなと思いますが、本人次第だと思います。頑張ってほしいです。

 不安と心配はたまにやってきます。書き込みながら心を整理していきたいと思います。
 

(無題)

 投稿者:うる  投稿日:2014年 7月21日(月)09時36分42秒
返信・引用
  むらさきさん、pikiさん
まずは、ありがとうございます。
毎日毎日色々と考えて考えて、まだ考えがまとまらずにいますので、お礼だけのお返事で申し訳ありません。

娘は、日々、前進後退を繰り返しているようです。
ここに書き込みした後、部屋に籠っていた娘を愛犬の散歩に行こう!と、連れ出しました。最初は口を聞かなかった娘ですが、愛犬と遊んでいるうちに元気になってきて、話すようになりました。
明日の事を話すと、それなりに返事をしていたので、様子を見つつ、次の日を迎えました。
すると、次の日は朝から学校に行き、すべて授業を教室で受け、部活まで出てきました。
無理して頑張ったのでしょうね。その日の夕方からずっと頭痛がしていたようです。
部活も楽しかったみたいなので、喜んだのですが、頭痛のせいで授業最終日は1時間目を休んでしまい、それでも2時間目から行きました。
体育の授業に出たそうです。
しかし、その後・・・クラスメイトの何気ない意地悪な言葉で、傷ついて泣いて帰ってきました。
クラスメイトは娘に言ったかどうかはわかりません。他の子に言った言葉かもしれないのですが、小学生の頃から仲の悪い子でしたから、娘は自分に言ったんじゃないかと思って、すごくつらかったようです。
ちょうどその日でした。唯一仲良しの友達のお母さんと話をして、娘の教室での様子を聞きました。
仲良しの子とは普通に話すけど、他のクラスメイトからは話しかけられても一言二言で会話が終わってしまう。だからほとんど他の子とはしゃべらないと。
荷物は相談室、毎時間教科書を取りに戻る、お弁当は教室で食べるが、その後は相談室に戻ってしまう。HRは出ない。いくら授業に出ても、他の子と接する時間がないのだから仕方ないのかもしれませんが、元々寂しがり屋な子ですから、それは相当辛いんだろうなと思いました。
そして、そのクラスメイトの言葉で泣いて帰って来た娘。
もう嫌だ。学校行きたくない。二度と行かない。通信制に移りたい。
娘の気持ちが大事だとわかっているのです。辛い思いをして、壊れそうな気持ちを抱えて。
わかってはいるけれど、その子のせいで、誰かの何気ない言葉のせいで、夢を持って入った学校をやめることが本当に娘の為になるのか・・・。
わたしは弱いんでしょうね。娘のすべてを受け止めてあげたいのに、素直に「いいよ」とは言えずにいます。
揺れる私、娘も揺れてると思います。
昨日は部活に行きました。
どうだった?と聞くと、楽しかったと答えました。
部活はしたいのだろうなと思います。夏休みに入れば試合もあり、泊りで試合に行く事もあります。それはそれで楽しみにしているようでした。
本当は学校生活を楽しみたいのだろうなと思います。
だから余計に揺れてしまいます。
学校から呼び出しがありました。成績が出て、時数が足らないからそれについて親子で来て下さいと。
行ってくれるかはわかりませんが、今度は主人も一緒に行こうと思います。

長々と、まとまりのない文章ですみません。
 

のぞみさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月20日(日)13時02分40秒
返信・引用 編集済
  どんなにうまくいっても、
必要なことが起こってる。

どんなにうまくいかなくても、
必要なことが起こってる。


と、思えるには、もう全然ムリですから~~~~っていうとき
ありますよね。

こどもが自立しようとしているとき( 葛藤 )
親が邪魔をしないということ。
まだ起きてもない現象にたいしても、
継続するこのお母さんの不安の正体は、娘さんの今の状態が原因ではなく、
お母さん自身のアイデンティティがうまくできていなかった~と
いうことでもあるかもしれませんね。

そうなると、お母さんもお母さん自身が自分を知る作業が
必要になるわけです。


ですが、その課題は、少し 落ち着いて冷静になれたころ、
いろいろとぐぐってみてください。(親子の癒着の問題)

ただ、もう、とにかく 不安で 怖いというときがありますよね。


どうしてこんなに不安になるんでしょう。不安になる。怖い~。
怖いよ~。わが子です。わが子が泣く姿、もう何度も見尽くした。
見たくないよ~。


これを、ひとりになれるところで、おもいっきり
言葉にして、出してみましょうか。
車の中でもいい。どこかおもいっきり 声を出せるところ作れますか。


((((( 怖い怖い怖い。不安で不安で不安でしたかたないよ~~。)))
しょうがないよ~~。不安なんだ~~。
怖いんだ。わたし 怖いんだね。怖がってるんだね。
こんなに 怖いのに、
怖い怖い~~って声を出してよくがんばってるよ~。
むりむりむりむり むりむりむりむり
むりむりむりむり むりむりむりむり


不安な のぞみさんなのですもの。不安をちゃんと
おひさまにあててあげましょう。出してあげましょう。
どんな偉い人が、説法を説いても ムリなときはムリ。

不安で不安で、こころが おかしくなりそうなんだもの~。
わたし 不安なんだね。不安で不安で パンクしそうなんだね。
もう~~~

む~~~~~~~り~~~~~だ~~~~~~~~~~~~~!!

と。

わたしは、過去に、

ムリ×100 念仏のように唱えたことありました。

ムリなのだけど、ご飯が食べられました。
ムリなのだけど、どうにか一日が終えられました。

無理より下はないですからね。

不安になりますよ~~~~。ほんと~~~どんだけやってるんだ~~~
何が大丈夫だ~~~ボケ~~~~カス~~~~~~
ムリだわ、もう!

プンスカ。

プンスカを 誕生させて わめいてください。

本日の試合結果

不安の勝利♪ でもいいのだ~。

「 不安になってあたりまえだわ~ わたしだもん!!」

でぜんぜん はなまるおっけー♪
 

タンポポさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月19日(土)19時02分37秒
返信・引用 編集済
  そうでしたか~。
相談所の先生から指導を受けておられるんですね。
タンポポさんの「家事をさせます。」の言葉に親のコントロールを感じたのですが、

お返事の内容から、

<そしたらちょうどその頃、自分から料理をしだしたんです。
<卵焼きに目玉焼き。ちょっと焦がしたり、白玉を半生で作ったり。
<でも美味しいですよ。
<フレンチトーストは本当に美味しかった。

娘さんのほうからお料理を楽しまれたのですね。そして、
タンポポさんの感想。そうでしたか~。
それはとてもよかったです。
娘さんのやろうとしている気持ちを尊重して、
「 お料理したかったらしたらいいよ。」というお気持ちが、
家事をさせる、ということだったのですね。
とても良いなぁと思います。
ごめんなさいね、
違う読み方をしてしまいました。

実は、「しつけをさせる。」ということ。
子供の色々を問題としてみえるとき、親はついつい「甘やかさない」
「 しつけが大切 」と高圧的に指示を出したり、叱咤激励の命令に
近い言葉を出すこともあるんです。

世間体や親のエゴによる しつけではなく、
このように、指示や命令などではなく、
自分でやろうとする意欲を 見守りること。
親子の信頼関係があること。
自立には とても 必要だと思ってます。

タンポポさん、そう見守っておいでなのに、
誤解してごめんなさいね。

 

pikiさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月19日(土)15時48分41秒
返信・引用
  反省します…
私は、本当に駄目駄目ですね…

毎週相談所の先生に指導して頂いていますが、私の間違ったしつけのことを指摘して頂き、例えば、娘に家事をさせていなかったのでさせた方がいいと教えて頂いたんです。
そしたらちょうどその頃、自分から料理をしだしたんです。
卵焼きに目玉焼き。ちょっと焦がしたり、白玉を半生で作ったり。
でも美味しいですよ。
フレンチトーストは本当に美味しかった。

娘を信じてあれこれ言わず見守ること。と言われているのでそうしているのですが…

 

(無題)

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 7月19日(土)13時52分20秒
返信・引用
   お久しぶりです。通信制サポート校の全日制コースに通っていた娘が週一コースに変わりたいと言っていたので7月から移りました。4月は行けていたのですが、親友も週一コースに移動すると言っていて、そのせいもあり5月頃か通えなくなりました。
その後先生にも移動をとめられましたが、今に至ります。
 娘は週一コースに移ると決めたときに、予備校の在宅学習を受けたいといいだし、ためしに7月から一番苦手な英語を受けることにしました。
娘は大学に行きたいと言い出し、入試に必要な化学と数学もうけたいと話してます。
 そんなさなかコースを移り今日、期末テストでしたが受けに行くことができませんでした。
コースを移ったばかりで教材も届いていません。でも科目によっては前の教材で勉強できました。先月半ばからリンパ腺が腫れて熱も出て病院通いが続いています。そのせいかいつものテストの時より集中力もなくテスト勉強もあまりできず、自分が思うような点数が取れないから行きたくないといい休んでしまいました。
精神的に弱く泣いて訴えます。
 娘はいま精神科に通っています。人の眼が怖い、みんなに自分をどう思われているかどう見られているかと考えると学校にも行けない。外も怖くて一人で歩くことが不安で怖いというし、夜も寝付けなくて困るので私自身もそんな娘が不安で病院に連れて行きました。
お薬を処方されたら元気になりだしてきました。
娘もよくなって大学にも行きたいから病院に行きたいといい、よいタイミングでした。
寝付けなくて困り精神科のクリニックに1年程通っていましたが、私も通っている総合病院に連れて行きました。精神科では評判が良い病院です。
だらだらと娘の様子を書いてしまいましたが、今私自身が不安で仕方がありません。
娘が次次と自分の道を歩き出しました。でもやっていけるか不安です。
テストも受けず単位が取れるのか・・・追試がありません。
今日休みの電話を入れたとき先生に聞いたら1月にある期末テストを受けなかった単位を取るのが厳しいと言われました。今回のテストは教材も届いてないし、参考程度だから練習と思って登校すればいいと思ってと先生にも言われました。
私自身が先の事を心配してします。1月に行かなくて単位取れなかったらどうしょう・・・。
今回のように思うような点数が取れないからいかないとまた言い出すのではないか。不安がよぎります。
体調がいまいちの中、予備校の在宅学習も追加で申し込んでもきちんとできるか。学校のレポートと両立ができるかどうか。
色々考えてしまいます。
この不安どうしたらいいでしょうか・・・・。落ち着かず書き込みしてしまいました。
どっしり構えることができません。
いつも同じような書き込みですみません。誰かにこの不安をわかってほしくて書いてしまいました。
 

タンポポさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月19日(土)13時29分51秒
返信・引用 編集済
  なるほど~。

学校、夏期講習、勉強を頑張ることが、
タンポポさんは、こどもが、「成長する」 と、捉えておいでなのでしょうね。

家事をさせる。我慢を覚えさせる。改善しようとする力をつける。

これらを親が提供して、こどもが 「 自立 」に向かうことは
まずないと思います。
親の「我欲」「エゴ」が根底にあるやり方は、
子どもが苦しくなるばかりか、 自立への妨害だと言ってもいいほど
なんですけどね。
大抵は親が妨害しているんですよね。。
親が目指すものは、自分が自立していることだともいえます。
そのために、境界線をひくことはとても大切です。

また、
自分が苦しいときに、親のいうことを聞いちゃう良い子は、
危険だともいえます。

タンポポさんの意には反しますが、娘さんが タンポポさんに
反抗することを願ってます。


また、「 温かく見守る 」とは、どういうものなのでしょうね。
タンポポさんにとって、温かく見守るとは 具体的にどういうことを
言っておられるのでしょうか。

__________

境界線は、
バウンダリーともいいます。。わたしととあなたの間にある境界線。
自分と他者との間にある境界線のことです。親と子は一心同体ではありません。境界線があるはずです。


この境界線があいまいだったり、大幅にずれていると大きなストレスを受けてしまいますし
あなたの気分や幸せ=わたしの気分や幸せといった、相手主体の人生を
生きているということになります。
それは、誰の問題であるか。わたしの問題であるのか。あなたの問題で
あるのか。意識してみる必要があります。
 

夏休みに変わるかな

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月19日(土)11時25分52秒
返信・引用
  夏期講習に行って、終業式にも行きました!
でも夏休み開けはどうかなドキドキです。夏休みは、受験勉強を塾、学校の夏期講習頑張る予定になってるようですが。。
夜は相変わらず遅くまで勉強してます。夏期講習行けなかった日もありました。
朝型になれるかな
夏休みは、夜型になりがちですよね。

それと私は家で暖かく見守りつつ、娘にはもっと家事をさせます。そこで失敗したり、また外で人と関わることで、たくさんいやな思い、我慢、改善しようとする力をつけて成長して欲しいです…
 

皆さんありがとうございます

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月18日(金)11時16分54秒
返信・引用
  心療内科探してみようかな
私が元気で明るくないといけないんですものね…
家ではそうしてるけど、家から出ると明るくしちゃいけないのに。と思ったり
色々考えて落ち込んでしまうので
 

タンポポさん

 投稿者:りり  投稿日:2014年 7月17日(木)00時26分37秒
返信・引用
  こんばんは!
私の妹は長いこと心療内科にお世話になっています。
KKKさんがおっしゃるように、相性が良い先生にかかることがとても大切なようですよ。
ご自分で、合うと感じられた方に出会えると大きな助けになるようです。
 

タンポポさん

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 7月16日(水)17時46分58秒
返信・引用
  実は私、薬は専門です。
あまりにも不安が大きいなら心療内科に相談するのも良いと思いますよ。薬物治療については
私は肯定的な立場です。ただ、薬が増えてそれが病気の原因になるという側面も確かにあるので、
かかりつけの見極めは大事だと思います。
大して話も聞かないのにいきなりたくさん薬出すような所は要注意です。

心療内科と標榜していてもほとんど精神科の医師だと思います。いまどき精神科という
看板は敷居が高いし、住宅地なんかだと近所の反発みたいなのが大きいようで、
開業医やクリニックはほとんど心療内科と標榜してるみたいですね。

医師も色々です。一緒に仕事することもありますが、優しくて話をよく
聞いてくれる人が多いと感じます。でもそうじゃないタイプの医師がいるのも
事実です。


他の診療科ならともかく精神科や心療内科なら原因や治療方針をあまりにも
スパッスパッと決め打ちしてくるようなタイプの医師はやめた方がいいと思います。
あと、不登校や引きこもりに詳しい医師は意外と少ないです。親が受診するなら
繁華街とか駅周辺で目立たない所、通いやすいところでいいかと思います。
よく話を聞いてくれるとか自分とウマが合う、相性がいいとかそんな感じで
決めるといいと思います。本人が受診する場合はなかなか難しいです。
不登校に詳しい先生は少ないしネットで探した方が早いかもしれません。
ここでも出てくるクリニックがいくつかありますよね。
 

家族ってなんでしょう

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 7月16日(水)16時07分47秒
返信・引用
  こうなってみて、家族ってなんだろうって思います。
私のイメージする家族とは文字通りの家族で、ごく当たり前のものです。
<一つ屋根の下でいつも一緒にすごしてる>
私が思い詰めてしまう「家族の解散」とは正に解散で、離婚して息子には自立
自立が無理なら父親か母親か一緒にいたい方を選択させて、あとはバラバラに
過ごす、、という事です。
そんな事簡単にできるわけないし、大変な事だと思います。でも、、、何か
息子に対する刺激というか突破口になるのではないかと考えてしまうんです。

一方で、健康でいつも顔が見られる所にいるのはこれ以上ない幸福だと
考えることもあります。たとえば、私は両親とは少ない時は半年に一回くらいしか
会いません。仕事が忙しいのもありますが、私自身は順調なのでそんなものですかね。
孫には会いたいといって来てくれますが本人はあまり嬉しくもない様子なので
元気で変わりないならと言ってます。

元気に学校に通ってたら、おそらく休みの日もほとんど出かけたり、
夏休みはクラブ活動とか親なんかほとんど眼中にないでしょうね(笑)
それからすれば、ありがたい事だとも思います。
 

タンポポさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月16日(水)15時23分34秒
返信・引用 編集済
  <弱いんです私…

いま、タンポポさんは、その気持ちでいるんですものね。

<皆さんに心配して頂いて本当に申し訳ないです…

謝らなくても全然おkなんです。
心配してないんです。応援してます。
よかったな~いまここで、いまここから、
豊かな人生を経験していくことができるからな~

そう思ってるので。

<子供は子供。になれたら…本当にそう思います。
<心療内科に行こうかな
<口コミで良さそうな所ないですが近場にとりあえず行ってみようかな。

つらい~~しんどい~~行ってみたい~で 行かれたら
いいと思います。

<行った方教えてください。どんな感じなんですか?心療内科って…
<薬漬けにならないですか?

行ったことで救われた方もいますし、なんじゃこりゃ、行かんほうが
良かったわ、と思うかたも、それぞれ。
ひとそれぞれ。心療内科もそれぞれです。

<自分が変われればいいな。


変わりたいんだ、と望む、タンポポさんの気持ち、
受け止めていますよ~
 

うるさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月16日(水)15時18分10秒
返信・引用
  こんにちは、うるさん。

今年の1月くらいから体調を崩す。欠席が増える。
高校入学後も体調を崩す。一ヶ月ほど休む。

という娘さんの状態(からだの症状)は、
むらさきさんが書いておられるように、

「ゆっくり 身心を充電する時間が今は必要」とわたしも思います。

<夢を見たと。ひとりぼっちの夢で、いてもいなくてもいいような存在だった。


・・・こういうった夢を見て、現実と同じ思いをする。
夢(今の自分の気持ち)を見て苦しくなると言った話を、
よく聞きます。


いつもなら変な夢ですませられるけど、今の自分には夢の方が当たってて、すごく辛かった。友達も私だけじゃなくて別にたくさん友達がいるから、別に私がいなくてもいいでしょう。全部ストレスでしかない。このまま行ったら自分が壊れる。だから行きたくない。

お母さんには、その思いを打ち明けておいでですよね。


いなくてもいい存在じゃないよ~。

と言ってさしあげた うるさんのお母さんの気持ち、
励ましたくなりますよね。。せつないですものね。

ですが、そんなことを感じるネガティブな気持ちをそのまま
認めてもらいたい 娘さんなのだろうなって思います。

否定してしまいたい自分、壊れてしまいそうな自分。
そんな気持ちを、お母さんに、アドバイスしてもらったり、
励ましてもらったりするより、

娘さんは 今は、ただ、受け止めて欲しい。

共感してもらいたいんでしょうね。

そんな気持ちになるんだね。そういうことを思うことが
学校であったんだろうね。
壊れそうになるんだね。いっぱいっぱいなんだね。

娘さんの気持ちをそのまま そうなんだね~と
返してさしあげるように聞くだけにとどめると、
おかあさんには、ご自分の気持ちをこのように
打ち明けてこられる方ですから、

いろいろ を 話はじめるかもしれませんね。

体の不具合は、こころの不具合と密接な関係があります。

学校へ戻れるようになること。前向きな気持ちなること。

そういう視点でおはなしをするよりは、
今の彼女の 気持ちを そのまま 受容する。

そういう時期に今おられるのだろうなと
思います。

<娘の事を考えたらそっちの方がいいのかと思ったり、でも、今やめてしまうと、高校時代にしか経験出来ないたくさんの事も諦めてしまうことになるので、それもどうかと思ったり。

それは親が決めることではなく、娘さんが考えていくことなんですよね。
どちらを選択するにしろ、人生の「保証書」はないんですよね。。

娘さんの こころが 元気になることが 一番です。
そして、人生(学校・進路)の選択を娘さんに もどしてあげるよう
親が努めること。。

そのためには、親も、どれほど 我が子の人生を自分の
手中におさめていたか、など、
勉強していく必要があるのだろうと思います。
 

KKKさん♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 7月16日(水)12時51分6秒
返信・引用
  毎日 息子さんのことが心から離れず 辛い日々を過ごして見えるのですね

>「家族を解散してみようか」とよく考えてます
KKKさんがイメージする『家族』ってどんなものでしょうか?

新しい関係性から生まれる家族 は今までの家族が一度解体したように見える中から生まれてくると思います
そういう意味で ”家族が壊れる”(表現はキツイかもしれませんが…)を怖れないで欲しいと思います
いろいろ紹介されている著書で 信田さよ子さんは”コミュニケーションの断絶”を書いて見えます

今までのやり方で どうにもならない絶望の時 初めて新しいやり方 解釈に目が向くものです

KKKさんが思う”家族”を 一度辞めて それぞれ『個』としてながめてみる…
それもまた ひとつのアプローチだと思います 
 

うるさん♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 7月16日(水)12時41分36秒
返信・引用
  はじめまして
高校中退 高認を経て大学に進学 卒業して社会人になっている娘がいます

高校入学して いろんなことがリセットできる?と思っていた高校生活…
必死に頑張って なんとか通学して見えた娘さんなのでしょう

他の子どもさんも見える中 毎日娘さんん御様子に心中お察しいたします

>いつもなら変な夢ですませられるけど、今の自分には夢の方が当たってて、すごく辛かった。
>友達も私だけじゃなくて別にたくさん友達がいるから、別に私がいなくてもいいでしょう。
>全部ストレスでしかない。このまま行ったら自分が壊れる。だから行きたくない

娘さん 今の自分の気持ちをきちんと言葉にして伝えてきて見えると思います
学校にいても『友達』といるように思えても 自分をそのまま見せられるような関係でもなく
かえって無理して合わせ 我慢し 疲れはて 何やってるんだろう私…と感じてみえるのかもしれません

エネルギーが枯渇してしまった今 『自分自身』を取り戻す? 作り上げる?
娘さんには そのためのゆっくり 身心を充電する時間が今は必要なのではないでしょうか

数日休んだぐらいでは 休んだ分の遅れ 学校でのことが気になり
見た目は休んでいても ”心”は全く休んでいないのですよ

高校は義務教育ではないので 通信への転校 休学 高認などいろんな道があります

早急に『次』を決めるのでなく 娘さんが自分はこうしたい…
『今は 学校に行きたくない』という気持ちを伝えてきてくれているので
その気持ちを まずは大事にしてあげて欲しいと思います

日々揺れる思いは なんでもここで吐き出してくださいね~
 

娘について

 投稿者:うる  投稿日:2014年 7月16日(水)10時38分48秒
返信・引用
  はじめて投稿させて頂きます。
高3、高1、中1の子供を持つ母です。
高校1年の娘が、今年の1月くらいから体調を崩して、欠席が多くなりました。受験に対してのストレスかなと思い、受験が終われば良くなるだろうと思っていましたが、別の原因(いじめではありません)もあり、高校入学後もまたすぐに体調を崩して、欠席をしてしまいました。
入学してから1週間程でほぼ1ヶ月くらい休んだせいで、教室に入りづらくなり、行ったり行かなかったりしていましたが、テストもあったので、ようやく行くようになったのですが、教室登校ではなく相談室登校という日々を過ごしています。
毎朝、頭が痛い、気持ちが悪いと言いながら登校し、単位がギリギリのものがすでにある為、頑張って授業に出たりしています。
最近、頑張ってるなーって感心していたのですが・・・
昨夜、明日は部活(テニス部で、部活は好きみたいです)に出るーっと言いながら、元気に過ごしていたのですが、朝になって全く動かず、どうしたのかな?と聞いてみると、
夢を見たと。ひとりぼっちの夢で、いてもいなくてもいいような存在だった。
いつもなら変な夢ですませられるけど、今の自分には夢の方が当たってて、すごく辛かった。友達も私だけじゃなくて別にたくさん友達がいるから、別に私がいなくてもいいでしょう。全部ストレスでしかない。このまま行ったら自分が壊れる。だから行きたくない。
そう言いました。
いなくてもいい存在ではないよ。と、話してみたものの、どうせ私の気持ちはわからないと言われ。
部屋から全く出てきません。
先生と相談したうえで、今日は休ませる事にしたのですが・・・
明日になったら行くかといったら、それもわかりません。
学校から通信制の高校への転校の話も聞いたみたいで、娘の事を考えたらそっちの方がいいのかと思ったり、でも、今やめてしまうと、高校時代にしか経験出来ないたくさんの事も諦めてしまうことになるので、それもどうかと思ったり。(後でやっぱり辞めないで普通に出れば良かったと思うのではないかと、思うんです。)
なんとか説得して学校を続けさせるべきなのか、娘の思うとおりにしてあげるべきなのか、どうしたらいいのか、迷っています。
 

KKKさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月15日(火)22時23分0秒
返信・引用
  弱いんです私…
皆さんに心配して頂いて本当に申し訳ないです…
子供は子供。になれたら…本当にそう思います。
心療内科に行こうかな
口コミで良さそうな所ないですが近場にとりあえず行ってみようかな。
行った方教えてください。どんな感じなんですか?心療内科って…
薬漬けにならないですか?
自分が変われればいいな。
 

ズキンズキン来ます

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 7月15日(火)10時27分58秒
返信・引用
  タンポポさん、書き込みの一行一行、言葉のひとつひとつがズキンズキンきます。
>>子供なんかいなくてよかった
私もそんな事よく考えます。元々子供嫌いだったんだよなぁ。でも自分の子ができたら
「こんなにかわいいなんて」と思い「この子のために!!」って逆振れというか
気合いが入ったんだった。。。なんだか不思議なものです。

私は、物事に行き詰まった時に考え方を切り替えるようにしてます。つまり
頭で合理的、理性的に考えて分からない答えが出ない場合は感情的に「感じる」
感性でわからない、感じられない時は「合理的、理性的に頭で考える」です。
平たくいえば「理屈でわかんなければ感じてみる」って感じでしょうか。

こんな考え方をしても、特に楽になるようでもないんですけどね。頭を冷やして
テンパってる脳みそを開放することはできるかな。

死にたい、、、そこまで思う気持ちすごくわかります。私は死にたいとは思いませんが
「家族を解散してみようか」とよく考えてます。辛いです。
 

ゆるゆると。

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月14日(月)14時52分25秒
返信・引用
  地獄のような苦しみは 必要だから起こっている。

http://www.youtube.com/watch?v=ZW_7vSe6yr8
エックハルト


http://www.youtube.com/watch?v=7OefoekCEo0
「 保証書 」なんて ついてない( 現実編 )
人生も?(^^)


 

じゅわ~!

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 7月13日(日)18時36分51秒
返信・引用
  pikiさん

ありがとうございます。しっくりきてますきてます沁みます。じゅわ~!
江口昇勇教授の言葉…むらさきさんのレジュメ…
読み込ませてもらっています。

どん底がどこなのか、まだまだ落っこちるんじゃないかって必死にしがみつくだけで精いっぱいで実際這い上がる力が残ってないのかもしれません。

水連さん

ありがとうございます。逃げてもいいですかあ~!じゅわ~!
性分から言って、逃げたくても逃げられずに突っ走って生きてきたところがあります。
それが、子どもにも逃げちゃだめって教え込んでいたことになるかも…しれませんね。

タンポポさん

かたつむり。子どもと同じ葉っぱだと重たくて落ちてしまいそうだから、隣の葉っぱで一休み。
 

むらさきさん、ともちゃんさん、水蓮さん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月13日(日)12時38分45秒
返信・引用
  そうですよね。
ありがとうございます。本当に元気になれます。
昔から過去を振り返るくせがあり、娘にも良くないと言われます(笑)
今を大事にします。
 

皆さんに私からもハグを

 投稿者:水蓮  投稿日:2014年 7月13日(日)02時25分19秒
返信・引用
  むらさきさん、pikiさん、ばあばさん、ホンマにお久しぶりです。
ハグありがとう。私からもハグハグ!
むか~し皆なでハグ贈りあったの思い出してました。ハグいいよね。心が温かくなって。

りりさん、すうさん
私は娘ちゃんのすぐ後の下の子ちゃんの不登校だったので、確か自分の気持ちが落ち着くまで2年くらいはかかったように思います。
外野がうるさくて何度涙をこぼしたことか。本気で家に帰りたくないって車の中で叫んではそれでもやっぱり帰っていったっけ。

たんぽぽさん
私ね、今日はあいあいの過去ログを探していました。もう当時のログはなかったのですが
あのころ私はまだハトというHNで、悩みや辛さや泣き言やら、様々なこと書き込んでは皆さんに助けてもらってました。
真っ暗なトンネルの中にいて出口が見えない中、仲間がいて一人じゃないこと、それが本当に救いでした。
むらさきさんが書いて下さっていますね。
悟って見えるのは、たまたま半歩だけ先を歩いているからで、ここに集うのは、みんな同じ道を歩んでいてる仲間です。
前の人の服の裾を握りしめて、数珠つなぎになって歩いてるナカーマ。だからその何番目かなんて数える必要はないんで。
たんぽぽさんの後ろにも、たんぽぽさんの服をつかんでる誰かがまたいてる。
たんぽぽさんは次のだれかの道しるべなんやで。なーんにもダメなことはないわ。

全てを受容される経験って心地良いでしょう?。ここに来ると心が安らぐでしょう?
私たちの子供たちも同じものが欲しいのです。
だから我慢はいかんのんで。辛いことを辛いと口に出せること。とても素晴らしいことです。

ともちゃんさん
>すりーぷ中だけど、逃げてはいません。

あえて反対のこと言わせてね。

逃げてもいいのよ。逃げてはだめだと思うと辛いでしょう。
投げ出したっていいの。辛い時は。
捨てたっていいの。あきらめたっていいの。その時だけは。
そうして心を軽くして、力を貯めたらまた戻ろう。その休憩時間もまたすりーぷなのだと私は思う。
そのくらいのおやすみは、神様だって目をつぶってくれると思うのよ。
 

ともちゃんさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月13日(日)00時23分24秒
返信・引用
  ともちゃんさんの 逃げませんは、
向き合います!の覚悟なのですね。

そのために必要な「今」
立ち止まりありです。
すり~ぷもありです。


親も相当傷ついていますから。。
昔、この江口昇勇教授の言葉がとてもしっくりきたことがありましたので、
こちらに載せてみますね。




⑤ どうしたら親が安心して子どもと付き合っていけるのか;「生きていてくれたらそれで充分」と開き直ること。そこに至るには地獄の苦しみを通過しないと本物にはならない。

⑥ 子どものこころに寄り添うとは?=自分と子どもは別の存在であり、子どものこころはとうてい分かるものではない。子どものこころを分かっていないといけないと思うのは、自惚れ、傲慢となる。

⑩ しかし、子どもがそこにいたるには、親自身が諦めないこと、子どもを信じ切って、子どもに関心を持ち続けることが前提である。長引く引きこもりの中で、親が子どもを直視することが出来ず、子どもを見ているふりして、別の所をみていることが多い、しかし、それも許される。親は神様ではないので、全知全能ではない、失敗もあれば、子どもから逃げ出すこともある、それでも最後に戻ってくればそれで十分。

⑪ 子どもも傷ついているが、親も充分に傷ついている。自分の傷つきに敏感になっていないと、知らないところで、その傷を第三者にぶつけていたり、子どもに八つ当たりしてしまうことが多い。おかしなことが起こっているとしたら、自分の傷つきと関係していると考えると見えてくる。

⑫ 日常的に、自分の傷つきを感じて、その都度、癒しの作業を行うこと。自助グループや気楽な仲間の間で怒りを思う存分、ぶつけたり、愚痴を吐き続けることが大切、子どもに向けなければ大丈夫。

④ 問題をハウツーで対応しないこと

問題が生じるにはそれなりの理由があり、それは何世代もかかって作られた根の深い内容だったり、差別などの社会構造が関与していて、簡単に解決がいかない場合が多い。その際、自分の無力感に直面し、それに耐えられないと「打出の小槌」を専門家に求め、それでも駄目だと、悪者を捜して、それを非難することで事を済まそうとする。問題の背後にあるその家の神話、物語を冷静に、客観的に把握し、理解すること。それが相手への共感性を深め、相手と共同して、問題解決に当たる姿勢ができてくる。


⑤ 自分のコンプレックスと直面することは辛い、逃げるも自由、それも認める姿勢が重要

いつも逃げ道を準備して置いて、相手が限界を感じて、その問題から離れたがったらそれを認めること。どこまで も逃げて良いし、何度逃げても構わない。やり直しをするには時間はたっぷりある。この世で癒せないものは来世で癒すことも考えられる。


http://air.ap.teacup.com/applet/unmeiwakawaru/msgcate8/archive


子どもの今の姿は親の責任であると過剰に反応していたころ、
わたしは、どうしようもない自責がありました。

この、最後の⑤の、
「 この世で癒せないものは来世で癒すことも考えられる。」
江口教授のこの言葉に、この文字だけでも相当に癒されたことがあります。


むらさきさんがまとめてくださったレジュメはこちら 参考までに。
思春期の危機と再生
http://piki.wiki.fc2.com/wiki/%E6%80%9D%E6%98%A5%E6%9C%9F%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%81%A8%E5%86%8D%E7%94%9F
 

(無題)

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 7月12日(土)22時03分54秒
返信・引用
  続けての投稿失礼します。

すりーぷ中だけど、逃げてはいません。

…必要なもの…時間なんだろうなと思います。

無条件に子どもを丸ごと「信じる」こと。

支配をやめてこその、子どもの自立。

 

タンポポさん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 7月12日(土)14時43分43秒
返信・引用
  タンポポさん

タンポポさんのHNには力があると思います。

今は元気なくても、地上に出ている部分の何倍もの長い根っこから、酸いも甘いもたくさん吸って、真っ黄色な花を咲かせ、たくさんの綿毛を飛ばせます。

少し、「くてっ」としていませんか。いっしょにいます。
 

すりーぷ

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 7月12日(土)14時33分2秒
返信・引用
  水連さん

>うちはうち、ほっといてんかと開き直っています。
>別に外行って誰かに迷惑かけるでなしほっといてんか、と顔は笑って心の中で毒づいてます。
>うちの子が立ち止まっていてることで困る人はおらんやろって胸張って笑っています。

か、かっこいいです~!!!
本当にその通りで、「人に迷惑かけないように育て…」親の願いは叶っているのだと、改めて思います。

りりさん

>私も娘のこと友人に話した時に、学校は休ませないようにしないとね。怠け癖ついちゃわないように。と言われ、わかってもらうのはむずかしいかな、と思いました

日本の梅雨、味わっておられますでしょうか。暑いですね…。
そうなんです。きっと、こういう答えが返ってくると話す前から察知してしまいます。傷つきたくない。余計に知られたくないという気持ちも生まれてしまうのです。
やはり経験された方にしかわからないでしょうね。通ずる感情や想いのようなもの、同情でなく「共感」。
こちらに出会えたことを大切にしたい…それには「す」の自分と向き合っていきたいです。

pikiさん
>それだけ親もまだまだ のびしろがある!
むらさきさん
> ここのところ まだ受け入れられていない自分に気付いた! そこ自覚できて○! なんです

なんとかしようと突っ走りすぎて、わかってるような気になって、実は全然受け入れていない自分に気づいた。
立ち上がれなさそうなので、私も立ち止まり中。はなまる。

たくさんのみなさん、ありがとうです!
 

タンポポさん ともちゃんさん♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 7月12日(土)13時07分2秒
返信・引用
  週末 少しは気晴らしができそうでしょうか…

>皆さんの投稿みてても、なんだか場違いのような気もしてきました。恥ずかしいというか。
>皆さん悟ってる感じで…

そんなふうに見えるのは 誰もがぐにゃぐにゃぐるぐる 悶々としながら
寝ても覚めても 心がどんより 気力もわかない…
自分の気持ちを落ち着かせるために ずっとPCで過去ログ読み漁っていたり
ほとんど毎日 書いて吐きだして 今日一日なんとか過ごせた… と夜になる

そんな時間を過ごしたちょっと先に ”今”はいるからかもね~

ここを読んで見える方々は どなたも 今 今 今 とその日をやり過ごしながら
確実にその道をここで一緒に歩いてますよ~

もうやだ~と叫んだっていい
ひっくり返って 落ち込んだって 今はそういう気分なんだからしょうがない
それが 自分の気持ちを大事にするってことだと思う

まだまだそんな風にはできないなぁ… だからダメじゃん ではなくて
ここのところ まだ受け入れられていない自分に気付いた! そこ自覚できて○! なんです
 

ともちゃんさん、すうさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月12日(土)12時06分11秒
返信・引用
  ありがとうございます。
やっぱそうですか…
質問をネットにしたら、しつけが悪いから!一度許すとずるずるするから行かせないと!と投稿されたり…不登校サイト探しても、心療内科のサイトはあったけどちょっと違うし
でもこちらにたどりついたのは、質問サイトからです…
焦りが禁物。
いつか抜け出せる。
自分にそう言い聞かせますね…
 

タンポポさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年 7月12日(土)11時06分7秒
返信・引用
  おはようございます♪

うん、うん。理解ない周りからは色々と言われますよね。
私もわざわざ家まで来て言われたこともあります。
お母さんが向き合わないでどうするの?仕事辞めてでも子供と向き合わないと!!とか、親が子供を導かないでどうするの?とか。
向き合う?導びく?それでその通りになる子なら、学校へ行ってるよ!!と心の中で叫んでました。
親だって逃げたくなるし、向き合いたくない時もあるんだよ!!学校に普通に行ってるお宅に何が分かるんだ!!
と思ってました。
傷付いてるうえに、他人からの批判。母親が全て悪い!!と言われたこともあります。
も~ね、ズタズタ(笑)心はズタズタですよ。
で、ここに書き込んで励ましてもらう~の繰り返し。

学校は行けば学ぶ事はたくさんあると思います。
私も普通に何も考えずに友達とキャピキャピ中学生活を過ごして欲しかったです。
でも、それは私の想いであって娘は違うんですよね。
すぐに受容はできないですよ~。私も1年はかかりました。いつになったら受容できるんだろう、いつになったら楽になれるんだろう~そんなことばかり考えてました。
 

ともちゃんさん

 投稿者:りり  投稿日:2014年 7月12日(土)10時25分7秒
返信・引用
  私も娘のこと友人に話した時に、学校は休ませないようにしないとね。怠け癖ついちゃわないように。と言われ、わかってもらうのはむずかしいかな、と思いました。
溢れる思いはこちらのお部屋に書かせてもらい、うんうんときいてもらっていました。わかる、わかる、と頷いてもらえると嬉しくて、私のヒストリーやら何から何まで書き込みましたよ!

かたつむり??懐かしいです。
せっせと働きかけをしたがる学校の先生に娘のことを説明する時に、かたつむりだと思って下さい。とお話ししました。
 

すうさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月12日(土)10時24分11秒
返信・引用
  一人でもこんなにしんどいのに、倍以上大変だったんですね

学生時代の親友に何人かメールで聞いてもらってますが、親なんだから怒って当たり前とか、言った方がいいとか言われます。
でも、相談所の先生には見守ることと言われるし
わけわからなくなることもあって…
子供が勉強しないから怒ってるよとか言われると、羨ましいし憎くなって…

職場の経験者の方に話してもいいけど、なんだか心配かけたくなくて言いたくないし。

私が我慢すればいいことだし。
でも辛くてすみません。こちらに投稿してました…

自分は自分、子供と距離をおく
出来ない。
時間がたてばできるかな
それまで持つかな。

皆さんの投稿みてても、なんだか場違いのような気もしてきました。恥ずかしいというか。
皆さん悟ってる感じで…
それに、まだ子供に期待しちゃっているので落ち込むことも…
とにかく気晴らしですね…
 

水蓮さん♪

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 7月12日(土)08時27分42秒
返信・引用
  うわぁーい、水蓮さんだ、うれしいい、うれしい、チョーうれしい^^

水蓮さんには沢山のこと教えていただきました。
ありがとうございます。
いくら感謝してもたりませぬ^^。

お兄ちゃん、娘ちゃん、下の子ちゃん、それぞれに我が道を元気で過ごしていらっしゃる事なによりです。
おかげ様でうちの鬼たろうも 冥王星らしくわが道を楽しく力強く歩んでいます。

風呂はいらず、歯磨かず、髪切らず、学校とも勉強とも無縁で、昼夜逆転、不規則な食事、ゲームとパソコンの日々。

そのまんまでよいことを知った時、楽になりました。

久しぶりに水蓮さんにここであえてうれしいです、ありがとー^^。

 

おひさしぶりです~!!

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月12日(土)02時03分1秒
返信・引用 編集済
  水蓮さん!
おぉ~~!!(^^)/

あぁ~~~その軸!!。。頼もしくて・・・
凛として・・
あぁ~~~~!!!水連節~

おひさしぶりでございます~。
(あ~ばぁばさん、水蓮さんですぞ!v)

あいあいから、もう10年ですかあ。。
う・ 泣きそう。 メェ~メェ~
う・ 嬉しい!! ポッポ~

あの頃の 「 受容 」
これ土台ですよ~わたし。

いろいろが浮かびますが。。

いまは、同じく同志に

あいことばは、「 セルフケアだよ~」って言われ、ザ・納得です。♪

あなたの生きた言葉はこころから 勇気づけられるんです!

ときどきは来ておくんなさいまし~~よ~♪

むらさきさんに背中とられたから、
正面からハグ~~♪




ともちゃんさん

うんうん。今更ながらに気づくこと 腑に落ちること
立ち止まること。ありますあります~。
それだけ親もまだまだ のびしろがある!
ですよね~♪


 

水蓮さん♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 7月12日(土)01時21分30秒
返信・引用
  うわぁぁぁ~~めっちゃ懐かしいお名前を見て 思わず書き込んでいます~(*^。^*)

もう あいあいで初めてご縁を頂いてから もう10年もたつって… 早いなぁ~~

お兄ちゃんも一人立ちされ 娘ちゃんもバイト一生懸命頑張ってみえるのですね~
あんなこと こんなことを次々と思い出します
小学生だった下の子ちゃん もう高校年齢になってみえたとは…

>立ち止まっています。でも生きて笑っていますからいいんです。
>生きていてくれるだけでいいんです

うん うん それもまた 彼なりに一生懸命生きてる姿ですものねぇ

>うちの子が立ち止まっていてることで困る人はおらんやろって胸張って笑っています。
>子供が私を変えてくれました

同じ親の子どもであっても それぞれに必要な時間があって
子どもは 親に違う課題を気づかせてくれて
生きてく土台や 家族の関係性の変化のチャンスを作ってくれるように思います

>下の子ちゃんの立ち止まりがいつまでなのかは誰にもわかりません。
>たぶん下の子ちゃん自身もわからんわなあ。
>そんでもこの子は大丈夫と信じる自分を信じて、母は生活のために毎日お仕事頑張っています。

水蓮さんが踏ん張って 立って見えるのが伝わってきます
背中 さすさすして ぎゅ~ってはぐ このイメージ 伝われ~





 
 

ともちゃんさん

 投稿者:水蓮  投稿日:2014年 7月12日(土)00時12分41秒
返信・引用
  ともちゃんさん こちらこそよろしくお願いします。

長いようで短かったかなあという気がしますが、
子供が立ち止まってくれたから気がつくことができたこと、いっぱいありました。
当時は今皆さまが悩んでおいでと同じことが同じようにありました。
現に今も下の子ちゃんは昼夜逆転してるし、ゲームに熱中してるし食事取らないし、
立ち止まっています。でも生きて笑っていますからいいんです。
生きていてくれるだけでいいんです。

ハードルが低すぎると人は言いますが、うちはうち、ほっといてんかと開き直っています。
大変やなあってよく言われますが、別に外行って誰かに迷惑かけるでなしほっといてんか、
と顔は笑って心の中で毒づいてます。
うちの子が立ち止まっていてることで困る人はおらんやろって胸張って笑っています。
子供が私を変えてくれました。

>テキスト欲しいという言葉に、すぐに取り寄せたりして。でも、願書は袋から出してもいなかった。

親だからこそですよね。私は先回りしてプロ●クティブ取り寄せましたよ。
でも箱を開けさえもしませんでしたわ。聞いてから取り寄せたんですけどね。

>苦しさの正体はわかっているのです。

>しばらく、ひっくり返っています。

ご自分でもうわかっておいでなのですね。
そしてひっくり返っていると決められたのですね。

昔、子供はかたつむり。と思うように私はしました。
つついたら殻に引っ込む。へタすると葉っぱから落っこちてスタートより後戻りする。
触らない見てるだけ。

深い谷があるから山は高いのだと言います。ホンマやなあと今の自分だからそう思います。
 

水連さん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 7月11日(金)23時26分16秒
返信・引用
  水連さん
はじめまして。お会いできてうれしいです。宜しくお願いします。

10年ですか…。
簡単なことではありませんね。いろんな峠を越えて、こうして会っていただけたことに感謝します。

たった8ケ月ですが、苦しいです。
あんなことこんなこと、なんだかよくわからなくて、子どものこともよくわからなくなって、
自分の無力さに落ち込んで、そしたら自分の事もよくわからなくなって。
それなりに楽しくやってきた私のはずでした。
三人分のママ友もいるはずなのに、この状況が話せない。話したくない。
薄っぺらい自分に気づかせてもらうきっかけになったけど。
かなりの衝撃でした。
自分を変えよう!変わろう自分!
そう奮起するものの、立ち止まったままの子どもを見ると、現実に引き戻されて、力が出なくなる始末。

退学を決めた当時には、上の子達から「どうするの?」と聞かれた本人は
「高認とって大学いくから」…なんて言葉を口にしたので、どこかで親の勝手な期待がありました。
テキスト欲しいという言葉に、すぐに取り寄せたりして。でも、願書は袋から出してもいなかった。

苦しさの正体はわかっているのです。

しばらく、ひっくり返っています。
 

(無題)

 投稿者:水蓮  投稿日:2014年 7月11日(金)21時51分28秒
返信・引用
  ともちゃんさんの

>もうやだーって、ひっくり返って泣きたいです。

を読んで久しぶりに書き込みたくなりました。ごぶさたしています水蓮です。

ぜんぜん違うことでやけど、ちょうど今日私、もうやだーって車の中で叫んでたんですね。
それで、娘ちゃんのときに、同じように車の中で大きな声で、やだやだやだやだーーー!
って、ハンドル殴って叫んだっけなあって思い出していました。

うちは3人の子供たちがそれぞれに不登校になりまして、
今は三番目の下の子ちゃんが、一昨年高校を中退し引きこもり中。
外出はしませんが、元気に家でゲームをしています。小3で不登校になったから今年で10年です。
あいあいで、こちらで皆さんにお会いしたのは娘ちゃんの時だから、もう10年余り前になりますね。

下の子ちゃん、中退当時は高認受けるとか大学受けたいとか言って、
100冊余りの参考書を買い込んだりもしましたが
その勢いもどこへいったのやら、すっかり積読で今は手を触れる様子もありません。
無駄と言えば無駄なんだけど、その時は本気でそれが必要だったんだろうなあとほっとります。

中3で不登校になり、その後大学進学した娘ちゃんは休学しました。
今はアルバイトに精を出してて、専門学校に行く学費を貯める?のだそうです。
あ、ちゃんとアルバイト料から国民年金払っているそうです。
先の事はわからんけど、ああ、この子はちゃんと自分の将来考えてんやなあって、そう思えました。
だからもう大丈夫。

大学で1年休学したお兄ちゃんは、この春無事就職しました。
地元を離れているので知らんのやけど、まあまあ元気に仕事してるみたいです。

先日携帯代を2万も払ったというので、「学生のときはもっとやったで。」と教えたら
「なんで言うてくれなんだ」と聞かれました。「言うてたら使うの考えてたやろに」って。
なので、「あのころはあんた、携帯が生命線みたいな時期があったやん。やけん言わなんだ。」
って答えたら、なんだか考え込んでいましたわ。
で、先月からカケ●ーダイ(宣伝なったらいかんので伏字です)にしたそうです。
そういうのって、自分が稼いで自分で払うようになって、初めてわかることなんやと思うんですね。
だからこの子ももう大丈夫。

下の子ちゃんの立ち止まりがいつまでなのかは誰にもわかりません。
たぶん下の子ちゃん自身もわからんわなあ。
そんでもこの子は大丈夫と信じる自分を信じて、母は生活のために毎日お仕事頑張っています。

今が苦しいしんどい皆さまには、何を言うとんねんって、お叱りを受けそうなですが
学校という世界から離れる選択をしたことで、我が家は親も子も楽になれました。
 

台風大丈夫でしたか?

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 7月11日(金)17時37分26秒
返信・引用
  pikiさん
お返事ありがとうございました。
…深いです。たくさん気づかせてもらってありがとうございます。
あえて言ってもらった言葉、沁みています。

みなさんの書いてらっしゃることも、ありがたく読ませてもらっています。

pikiさん。そうです。私がしてきたことの、返済だったのですー!!!
今更ながらに今頃気づいて自分でびっくりしています。
三番目だから、上の子の都合、付き合いと称して、私の都合で連れまわしてました。
上の子の話は一人目だったしよく聞いてあげた。
「真ん中は難しいからね」って先輩ママから聞いていたから、二番目は余計に気にかけて話もした。
三番目は…。かわいい。いい子。おとなしい。
つまり、手がかからない子…。に、したてた。

猛烈に、今、私は反省中。立ち止まり中。


 

タンポポさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年 7月11日(金)13時32分23秒
返信・引用
  こんにちわ。

辛いですね、真っ只中にいる時って本当に辛いです。
私も、どこに居ても何をしてても頭の中は子供の事、胸にいつも重い石を抱えてる
喉に何かが詰まってる。。。そんな感じでした。

死にたい、子供を殺して死んだら楽になるかも。。。と思った事もありました。
丁度同じ時期に下の子も不登校になり、子供二人が不登校でした。
下の子は小学三年でもあり、感情をぶつけてくる子なので毎朝バトル(爆)
近所から虐待通報をされ、警察も来ました。。。
当時は何で?どうして警察?って思ってましたが、今思えば
毎日怒鳴り声や子供の泣き声、死のうか?って言葉が聞こえれば虐待って思いますよね。。。

いつから自分が楽になれたか。。。
私はとにかく信頼できる友達には子供の現状を話していました。
職場にも一人同じような経験をされた先輩がいて、話を聞いてもらってました。
死を自分自身が考えた時、これはマズイ!と思って心療内科にも通いました。
とにかく私は自分の気持ちを聞いてくれる人に全てを話していました。
過去をさかのぼって頂ければわかると思いますが、ここにも毎日書き込んでいました。
私が楽になったきっかけは、やはり主人の単身赴任が終わってからでしょうか。
主人が戻ってきてからは、私は一人で出歩くようになり、もちろんLIVEも一人で(笑)
子供と少しずつ距離を置くようになり、気持ちが変わってきたように思います。

タンポポさんも、自分だけの時間、信頼できる友達とランチでもいいと思います。
何か自分自身が楽しめる事をされてはどうでしょうか?
そんな気持ちになれない、何をやってても楽しくないかもしれません。
もしそうだったら、、自分の想いを誰かに全部吐き出してみてはどうでしょうか?
自分の気持ちを共有できる人に。。。
子供と自分を切り離せた時、楽になる道がみえるのではないかな?と思います。

きっと子供も同じなんです。私たちが苦しくて、助けて欲しくて、分かって欲しくて。。
子供も分かって欲しい、助けて欲しいって思っているのだと。
 

KKKさん、すうさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月11日(金)08時19分56秒
返信・引用
  真っ只中ですねKKKさんも…
すうさんが、死にたくなったこともあったそうですが、どうすればその気持ちがなくなりましたか?私は毎日死にたくて死にたくて
時間が解決?
どれくらい?
仕事しても外出しても
忘れなれない
ミスったらどうしよう
怖いです。
辞めたい。学校関係なので情報がたくさん入ってくるし、職場の方に今、試験中ですか?とか色々聞かれるし、外には学生いっぱい
妊婦さん、赤ちゃんすら憎い。
子供なんていらないと思ってしまう。
週一相談所に行ったり、こちらに投稿して少し楽になるけど、一瞬です
毎日が怖い。明日が怖い。
 

りりさん♪ Pikiさん♪

 投稿者:すう  投稿日:2014年 7月10日(木)10時57分24秒
返信・引用
  おはようございます。
台風は来る事もなく通り過ぎようとしています(笑)

2年なんですねぇ。
いつになったら、何年経ったらと思っていました。
沢山励ましてもらい、沢山背中を押してもらい今の私がいます。
本当にここで出会った方々には感謝の気持ちで一杯です。

春には娘がどんな道を選んだか、報告をしますね~。
どんな選択をするか、娘がどんな生き方を選ぶか、楽しみにしててください♪
 

りりさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月10日(木)01時36分58秒
返信・引用
  りりさん♪

というと、じゃぱん、ですか?
(^^)

いろいろとあったね。あんなことあったね。
2年前なんですね~・・・
すうさん
もう そんなになるんですって。
そうですか~。すうさんとりりさん。

りりさんは、すうさんがきっかけで、
書き込まれたんでしたね。

時間薬 と言われても、一日がとても怖くて不安で、

ここで、おはなししましたね~。

わたしのほうがいまは、
りりさんやすうさんの書き込みで、
元気づけられてますです。♪
いつも読んでいて下さりありがとうです。

OH!!
5時に起きて、オランダ、アルゼンチン見ますので
つづきは あしたにするとします~。
adios
Dank u.
 

ぼんこさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月10日(木)01時19分5秒
返信・引用
  おひさしぶりの書き込みで
嬉しく思います。

その後どうなさってるかなぁと思っていました。
書き込みを読ませて頂いて、
息子さんと一緒に旅行へ行かれたり、将来のことを話し合われたりと、
ぼんこさんから伝わる、リアルなこういう親と子の関わり方を、ここで
伝えて下さり、本当に嬉しいです。


<理由なんて、いまだに分かりません。

<でも、本当は得るものがあったんです、後になって分かりました。

<お互いに「学校」という重荷がとれて、サバサバしたのかも(笑)。

<なんとなく、それで腑に落ちたような気持ちになりました。

<あぁ、そんなふうに自分の人生をきちんと考えているんだと
伝えてくれたことがうれしかった

<不登校になってから初めて
「これでよかった。この子には、これでよかった」と思いました。

<「信じて任せる」って言葉はきれいだけど、
本音で思えるまで時間はかかって当たり前だと思います。

<決めるのも、どうやって生きていくか考えるのも、
息子の仕事なんだと、ようやく呑み込めてきました。
やっと、です。

<自分の老後をいかに過ごしていくかを考えていかなくちゃ。
お互いに助け合えることは協力していけたらいいなぁ、なんて

<またオロオロするかも…、親だから。
でもまぁ、取り越し苦労をしてもはじまりませんから。
ゆる~い距離感で見守っていこうと思っています。


親であり人生の先輩であるぼんこさんと息子さんの
その後のものがたり。。
ぼんこさんの 正直なおきもち。

ここで、とっても、光って見えて・・・

何度も読んでしまいました。

一例でありといいながら、こうして書き込んでくださる
ぼんこさん、ありがとうございます。

そして・・

本当に良かったですね。
息子さんの 伝統芸能。すばらしいですね。
大人の中に混じって継続できたこと。それがまた
救われたこと。成長を実感でき、感謝の気持ちに変わること。
どんなときでも、気持ちが萎えずやってこられた命綱。
いや逆なのかな。。
どんなに萎えた時があっても、からだに刷り込まれ、
心に居座り続けた
「 伝統芸能 」だったのですね。。
ほんとうに よかったですね。

息子さんの「 おばさん 」も、ぼんこさんが仰る
ほどよい距離感かもしれないですね。

おじいちゃん、おばあちゃんもきっときっと
安心しておいでのことでしょうね。

そして、親もまた 凹むこともあることが
このさきいろいろとあっても、
こどもや孫のためだけに生きるのではなく、
自分の人生をなるべ~~く
イキイキ生きていきたいですよね。
おつたえくださり、ほんとうに
嬉しかったです。
ありがとう~ぼんこさん。♪

 

辛い時

 投稿者:すう  投稿日:2014年 7月 9日(水)13時37分33秒
返信・引用
  辛い時って、何をしても何を考えても辛いんですよね~。
私も会社で我慢できなくて、トイレに駆け込み泣いたり、
辛すぎて会社をずる休みしたり(爆)
家に帰りたくなくて、車を走らせ遠くまで行き車の中で大声で泣いたり。
土日は母親業をせずに引きこもったり、夕食は作る気しなくてパンを食べさせたり。。
主人が単身赴任で居なかったので、子供たちは相当辛かったと思います。
子供と一緒に死を考えたこともありました。
同じ事を何度も繰り返し、同じところを何度もグルグル回って。
出口のない負のループにず~っと入ってる感じでした。

でも
Pikiさんも言われる通り、どうになる、なるようになるんですよね~。
子供がじゃなく、自分が自分の気持ちがいつかなるようになるんです♪
自分がなるようになった時、子供が一人でちゃっかり前に進んでる姿を
見るのかもしれませんね~。
オールOK!!!
駄目な自分も、辛い自分も、泣いてばかりの自分も
どんな自分もOK!!!

 

行ったり来たり

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 7月 9日(水)13時13分25秒
返信・引用
  私の性格は、よく言えば中庸というか、両極端な立場を行ったり来たりするような考え方をするタイプです。
日々上がったり下がったり、考え直したり、すっきりしたり。。。こうなってから特にひどくなった
気がします。


私は父のようにはなりたくなかった。子供の受験や進路、それ以外にも関わって、一緒に遊んだり
共通の趣味を持ちたかった。父は仕事人間でほぼ不在。運動音痴でスポーツの相手はしてくれませんでしたが、
私は運動なんでも好きなタイプ。子供の練習にもつきあってきたつもりです。

子供がこうなって、とりつくシマもなくなって、やっぱり悲しいです。あの素直でかわいかった子は
どこへ行ってしまったのか、、、なんて(^_^;)
なんとかして会話したい、小さなネタでも常に探してるのは純粋に本心からです。


ここさんの考え方は私とすごく近いように感じます。
・・・・・・
もともと脳の作りというか、神経回路に現代社会のストレスに敏感な個性がある子供が、
(略)

害としてこのような症状をだし、不幸な場合はその症状から精神病と診断されて、投薬され、
過剰な薬のために薬剤性の本当の精神病になるケースも少なくないのでないか。そんなふうに理解しています。
・・・・・

よく、身体年齢とか精神年齢とかいいますが、身体の発達と、頭や精神の発達と、その時期とか速度が
バランス悪いのが思春期ですよね。その成長度合いは子供それぞれで違いますが、どちらかが早く発達して
バランスが悪くなると子供が生きにくく感じるのではないでしょうか。

うちの子でいえば身体の成長がついてこなかったみたいです。私もやせ形ですが背が高かったのであまり
気にならなかったです。息子は小さくやせていたので身体の大きな子が多いバスケ部では、ただじゃれ
あったり肩を組まれたりするだけでもかなり圧迫感とか不安感を感じたのではないか、、と思ってます。
不登校になる直前、クラブ活動について立ち止まっている様子でしたから。(不登校になってから身長は
ぐっと伸びて、顔立ちや雰囲気も大人びてきましたが)
逆に頭や精神は早熟なタイプです。なので中学入学までは人並み以上に順調でした
(でも低学年から3年ごろに何かきざしがありました)。ただ、中学受験で入った子はみな優秀です。
本人は自信があったであろう学業でも全く歯が立たなくなった。。このあたりが一つのきっかけに
なったのかもしれません。自信のよりどころや居場所がなくなって、母子分離不安が顕在化した、、
というのが核心でしょうか。もし、学校のクラブ、または学業、もしくは学校以外での居場所があれば、
母親(や家や自室)に回帰せず、そのまま船出していったのかもしれません。

たんぽぽさん、初めまして!!
私は全く強くなれてないです(笑)正にタンポポさんと同じ、辛さのまっただ中です。そして、
日々焦る気持ち、私も全く同じです。

ただ、タンポポさんがうらやましい事もあります。娘さんは何かしら自分の希望とか望みがあるんですよね。
それから外に出かけることもできる。大学に行きたい、と言うだけでもすごい事だと思いますよ。
うちの子はそれすらないというか、「行く気はない」と断言してます。では、何かしたい事でも
あるのかというと何も思いつかないようです。今のこの状態ではそれでいいと思ってますが、
いつかやりたい事が出てくる日がくるのか。。。それを信じることができなくなってます。

 

ともちゃんさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月 9日(水)13時05分4秒
返信・引用
  おひさしぶり~です。

<こちらに書かせて頂くとき、なるべく前向きに…とどこかで意識していたのかな。
書いたことと、心の内との距離がどんどん遠くなっていることに気づいてしまいました。
これじゃ苦しくなるだけだわ!

そうなんですね~。
子どものことから、まず、自分を知っていく作業が
始まると、「 自分自身 」がみえてきますよね。

元気じゃなきゃいけない。わかってあげなきゃいけない。
すこしは、前進してなきゃいけない。
自分を表現するときも、うまくまとめなきゃいけない。etc

あれれ~ これわたし~? いよいよ
「 開き直ろっかぁ~?」

うまくまとめようとしていた一生懸命な自分も自分。
もうやめた~わたしじゃないわ~と正直になる自分も自分。

ぜんぶ まるごと 人間らしいんですよね。

<軌道修正して、これからは本音を書いて…(ドロドロしすぎてひくかもですが)自分と向き合いながらその時その時の気持ちを書かせてもらいたいと思います。よろしくお願いします。

ヴェリ~ウエルカムです!♪

ドロドロや吐き出しを、グダグダ~ダラダラ~と
書いていくうちに、心のお掃除ができ、
あれ?自分ってこんなことも思ってたんだ~という
気づきを得ることもあるものです。

聞いてくれる人がいる。思いの丈を書けるっていいですものね~。

そういうときは、否定しないで、まず、聞いてください~~って
思いますものね。

子どももそうなのですよね~。

まぁ 自分の経験からですが、大昔は、(ほんっとこどもが小さい頃から)
子どもがグダグダ~フニャフニャ~と話しかけてきたときは、
「 話が長い。結局何が言いたいのだ?」のわたしでありんしたですよ~。
ふにゃふにゃ~がみたくない。長い話はめんどくさい。時間を有効に使いたい。

ということで、こんな親に何話しても、ちゃんとしたコミュニケーションを
とってなどもらえないだろう~ コミュニケーション不成立。

「 あのころの お母さんは 大嫌いだった。」と
言われたこともありますからね。。

こどもは 正しい。

こどもは いつも 正しいですよね。

まあ、そりゃ いろんな事情があってのことでしょうが、

立場が逆転して、
子どもから、
「 黙れ 」といわれても、「 話しかけないでくれ 」といわれても、

受けて立て自分!~ じぶんがしてきた道じゃないか。

いよいよ 返済だ~ ですね。

これは わたしの見方ですけどね。


それでも、
泣けることはとても良いことです。
わんわん泣いて、涙を流して、自分がつらいんだな、って
いっしょうけんめい、おやもがんばっていると 泣いて
泣いて、
ひとにあったら、「 花粉症で今、目も鼻も赤いの」なんて、
聞かれてもないのに お伝えしたりして、

そんな自分をぜひ愛しがって欲しいです。

息子さんが今必要な課題にきちんと向き合われていること。
息子さんに 不安をぶつけないだけ よぉやっておいでです~

それでも、そばにいて、見たくないものも見えてしまう。

あぁ~~~ぐるじぃ~へるぷみ~~もぉいやぁぁぁぁあぁ~

と、ここを利用してください。
ひとりではないから。ここにいますからね~

わたしも、
ほんっと もぉいやだって おもうこと
 1000回はありましたな~。もう 何年だ~~>?
「こどもにだけ 当たらない 」しか 気をつけれないで過ごしたときもあり。

まぁ、みんな 完璧じゃないものです。

あえて言おうか?

だいじょうぶでござる。
どうにかなる。なるようになる。あなた花丸おーるOK(^00^)
泣いても笑ってもいいともちゃんさん♪




 

皆さん頑張ってるんですね

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月 9日(水)11時47分10秒
返信・引用
  すうさんもありがとうございます。
台風気をつけてくださいね…

結局LIVEはもういいと行ってないです。気力も落ちてるようです今は…

とにかく寝てる娘を見たくない。こんな家から出たい子育てやめたい…
高1、2、3年とどんどん欠席増えました。高1の時に私が正しい対応していればこんなことにならなかったかも…

この間、怪我したら大変だから自転車乗らない方がいいんじゃないとか言ったし…
私がいない方が良かったんだ

最近学資保険満期のお知らせきました。「おめでとうございます!」と。
あの頃に戻ってやり直したい。まさかこんなことになるなんて…

でも、娘が無事に生きてこられたことに感謝しなくちゃいけない。わかってます…

早く皆さんみたいに強くなりたい。沢山いやな思いをして強くなってるんですよね…
なれるかな…
 

あんな事もあったね…

 投稿者:りり  投稿日:2014年 7月 9日(水)10時33分32秒
返信・引用
  おはようございます。
只今里帰り中です。

すうさんの書き込みをうんうん頷きながら読ませていただきました。
私が勇気を出して書き込みをしたきっかけがすうさんでした。
始めて書き込み、いつかお互いにあの頃はこんな事があったね、と言い合えたらいいね、とお返事いただいたのが2年程前でした。
当時の私は涙涙で、そんな日はくるのだろうか?トンネルの先は真っ暗で何も見えない状態でした。
すうさんもきっとそんな状態だったのではないかと思います。

そんな私たちが、pikiさんをはじめ先輩方とのやり取りを通して色々学び、今私はすうさんの書き込みを頷きながら読んでいます。

こんな日は来るのですね。
すうさんの変化を私はずっと見てきました。私も変わるよう頑張りました。
他人を変えるのは難しいですが、(それがたとえ我が子であっても)自分は変われるものですね。

すうさん、ありがとうございます。

 

おはようございます

 投稿者:すう  投稿日:2014年 7月 9日(水)09時12分12秒
返信・引用
  おはようございます。
皆さんのところは台風の影響はどうですか?
私のところは今から暴風域に入るようです。
台風が通り過ぎるように、今の状況も一緒に通り過ぎて欲しいものですね。

皆さんの書き込みを読ませていただき、色々と振り返り考えていました。
私もここに沢山書き込み、元気をもらっている一人です。
小6の三学期に立ち止まった娘も中3になりました。
相変わらず、家でのんびり過ごしています。
本人は、火曜と木曜はカテキョで水曜は相談センターのお姉さん来訪、金曜は
サポートセンターだから忙しいの!!!!! だそうです(笑)
その娘が2年2ヶ月ぶりに中学へ行きました。期末試験!!!
高校、どこに行こうかな~♪と言っている娘に
「高校、出席日数も成績も内申もないから限られるんじゃない?」
とつい言ってしまったんですが、それを聞いて考えたんでしょうね~。
試験、受けてみようかな~、先生にどうしたらいいか聞いて~!!!!と。
私は担任に連絡をしただけ、娘は夏の制服を自分で出し(初めて袖を通しました)
一人が学校へ行き試験を受け、一人が帰ってきたようです。
私はいつもと変わらず仕事に行ったので、制服姿の娘すら見てません(爆)
試験を受けに行ったからといって復学をするとも思ってないし、
私自身が学校へ行って欲しいという気持ちがないからか、娘も楽になったようです。

タンポポさん
 LIVE、いいじゃないですかぁ♪
 うちの娘は誘っても、興味ないから行かない~!!!と(涙)
 なので、私は娘を置いてLIVEに飛びまわってます。
 外に出るのに学校へは行かないんだ。。。って気持ちも分かります。
 私も同じような事を言ってた時期がありますよ。言って後悔。
 でも言わずにいれない自分なんですよね~。

私も子供が気になり、先が気になり、周りの目が気になり。。
自分自身が潰れてしまいそうな時期がありました。
「大丈夫」が信じられない時期もありました。
でも、ここで色々な方からのアドバイスを聞き、不安に感じた時は
まず自分自身に問いかけるようにしました。
何が不安なの?と自分自身に。。。
そうすると見えなかった不安が明確に分かってくるんです。
子供の気持ちが分からない、子供が辛そうで可哀想。。。。
違ったんです。自分の思い描いていた通りにいかない事が辛い、自分が辛い。
それだけだったんです。じゃぁ、どうしたらいいか。。
自分が変わるしかないんですよね~。
分かってはいるけど変われない自分がまた苦しい。。。
そんな繰り返しでした。
2年半経った今、ようやくその苦しみから解き放れる事ができました。
私が楽になった分、娘も楽になったうようです。

なんだか支離滅裂な文章、すみません。。。
人それぞれ時間も違うかと思いますが、お母さんがお父さんがまず楽になれる
事を私は願っています。
 

/112