投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 岡山シップス (親の会)(2)
  2. はじめての方へ(0)
  3. 関東・東京(0)
  4. はじめての不登校(処方箋)(4)
  5. 喜喜ルーム同志会 in 名古屋(150)
  6. みんなの足跡♪(6)
  7. 喜喜ルーム岡山親会9/5(56)
  8. ミニオフ会・親会情報(65)
  9. 喜喜ルーム同志会 in 東京(350)
スレッド一覧(全9)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


子どもの味方さん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 9月11日(木)18時08分43秒
返信・引用
  子どもの味方さんの書いてくださったこと、ささったまま、よい感じで効果発揮しだしてきました。
ありがとうございます。

「わかっているつもり」の「つもり」。…言い訳でしかありませんでした。

私はやっぱり、「前向いてる私」がいい。

私にはやっぱり、「元気で留守な子ども」がいい。

まだそんなことを!と、ご意見頂いてしまいそうですが、それが現時点の私です。

もう一度、まっさらなところから、たくさん読んで、たくさん調べて、たくさん考えてみよう!
と思います。


 

ばあばさんへ

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 9月11日(木)09時58分14秒
返信・引用
   書き込みを辞めれれるということ。寂しいです。
私が迷い思い悩みこちらに書き込むと色々アドバイス下さり本当にありがたかったです。
最近、こちらでお会いする機会もなくさびしく思っていました。
たまにでもいいのでアドバイス下さい。みなさん待っています。
今までありがとうございました。
 

認め受け入れる事は苦しみ努力し乗り越えることより難しい

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 9月10日(水)00時38分28秒
返信・引用
  ばあばさん(^^;)息子ですか、面白い親子になるかもしれませんね。
ばあばさんの書き込みに引き込まれてここに居つくようになりました。
本当にありがとうございました。

子供は親とは別人格で、子供の価値観とは別というのも全く同意です。
でも私が心配するのは子供の価値観が私と違うからではなく
子供なりの価値観を子供自身が見つけられないのではないか?という
不安があるからです。
引きこもって動けなくなった子供は「自分なりの価値観が見つけられないから」
苦しんでいるのではないですか。
それを10代半ばで見つけられない事に、そんなに苦しむ必要はないと思うのです。
そんなものは30になっても見つけられないかもしれないし、徐々に育てて
自分の基盤とともに少しずつ作り上げていけばあるとき勝手にできあがってる
そういうものですよね。ナイーブなのか頭でっかちすぎるのか。

息子から「自分のありのままを受け入れてほしい」といわれたら
お父さんも同じことを考えていたよと笑って答えると思います。
それで十分だと思います。
息子が、自分の価値観で自分の生きる道を探しているのなら
うれしいし大満足です。そうであってほしいと願います。

もう何年もただ見守ることだけしてきました。高校に行けとも
言わないし、大学にいく気もないと断言したときも何も言わずに
受け入れました。でもこれといってやりたいことが見つかる
気配もない。家から一歩も出ずテレビを見て時々DVDで映画をみる。
私のDVDを貸し借りして感想を一言二言話す、その一点のみが望みの
綱です。
風邪すらひかず心身ともにどこも悪くない。ただガリガリで
栄養失調みたいな身体なのが心配ですが、、、でも健康で
毎日少しながら会話もあって時々笑いもでる。近頃は私に対する
態度も柔らかくなってきた気がします。

このままずっとこれでいいかなぁとも思いますよ。生きているだけで
丸儲け、ですよね。でも、ふと不安になることがある。こればっかりは
どうしようもないです。やっぱり人間だもの、、、みつを
 

ばあばさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年 9月 9日(火)21時27分45秒
返信・引用
  ばあばさん

もうこちらにはいらっしゃらないのです?
私はどんなにばあばさんに救われたか。
辛くて苦しくて泣いてばかりの日々、ばあばさんの暖かい言葉に沢山救われ、沢山励まされ、沢山導いてもらいました。

ばあばさん、ありがとー。
我が家の娘は彼女なりの生き方を探しながら、少しずつですが前に進んでいます。

私も迷いながら悩みながら頑張っています。

本当にばあばさん、ありがとうございました。
またひょっこりばあばさんにここで会えると嬉しいです。
 

KKKさん、

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月 9日(火)20時26分20秒
返信・引用
  息子さん思いの素敵なお父さんだと感じています。
KKKさんの価値観は今まで息子さんとすごされてきた中で息子さんに伝わっていると思います。それが正しいか正しくないかではなくて、息子さんも同じ価値観なのか少し重なるところもあるけれど全く同じではないのか、180度違うのか…
家族が皆親の考えに従うのではなく、親が無理して子どもに合わせるのでもなく、お互いの考え方も自分自身の考え方も尊重していく。
ここに集まる皆さんはお子さんをしっかり育ててこられた方が多いので、お子さんはきっと親が思う以上にしっかりした考えを持っていると思います。
あとは子どもは親の後ろ姿をみながら自分の人生をつくりあげていきます。
親が楽しい人生を送っていれば、子どもは人生とは楽しいものだ、と潜在意識に刷り込むでしょう。苦しむ親をみていれば、人生とは苦しむべきものだ、と刷り込むかもしれません。
潜在意識ですから、もちろん表面上にあがってきませんし、自分では気づいでいないと思います。

偉そうに書き込んでいますが、むらさきさんやpikiさんにヒイヒイ泣きごとを言っては助けられてきました。

それから、ばあばさん。
私はばあばさんが大好きです(*^^*)
 

誰も否定してはいません

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 9月 9日(火)18時55分51秒
返信・引用
  私は「問うて」いるのです。
「誰の問題なのか?」「誰が苦しんでいるのか?」
子どもが「こうなら満足」「こうであれば安心」するという「親」。
それは、本当に「子ども」が望んでいることでしょうか?
「親」が望んでいることを、子どもに「強いて」はいないでしょうか?

誰の「価値観」にも異論を唱えるつもりはありません。
誰かの「価値観」に焦点をあてて、攻撃しているわけではありません。
私は、ただ、十人十色の「価値観」があり、
「親」の価値観と「子ども」の価値観が違うことに気づいてほしいと思っただけです。

親には親の「価値観」があり、子どもとは違うかもしれません。
そこに「思いを馳せてみませんか?」と申し上げているのです。
「苦しんで、頑張って、乗り越えてこられた」KKKさん。
それは、とって素晴らしいことです。
でも、それは、KKKさんがご自身が選んできた「KKKさんの人生」ですよね?
息子さんが、「あなたのようになりたい」と、自ら望んでいるのなら、何も問題はないように思います。
でも、もしももしも「大好きな父親」が「こういう息子なら」という理想の息子を思い描いていて、
それを息子さんが一生懸命実現しようとしていたなら?
でも、なかなかお父さんの思い描く「息子像」に近づけなかったなら?
あなたは、息子さんを誇りに思うことができますか?
息子さんの「あなたが気づかない努力」を見つけていますか?
その「努力」を、あなたがしてきた「努力」と比べていませんか?

あなたと息子さんは「別人格」です。
すべての親に、自分と子どもは「別人格」なんだと気づいてほしいだけです。
知っていますか?
子どもは一生懸命、親に愛されたいと思い、親の気にいるように振舞おうとするのですよ。
親は、親という立場に胡坐をかいていないでしょうか?

KKKさんが「私のありのままを誰が受け入れてくれるのでしょうか?」という問い。
それをそっくりそのまま、息子さんがあなたに言ったら、あなたはどうお答えになるのでしょうか?

あなたが「あなたでいたい」と願うように、
息子さんも誰かの「価値観」を押しつけられずに、「自分で自分の生きる道を探したい」と思っているのではないですか?
「学歴があるかないか」
「挑戦するかしないか」
そういう具体的なことへの「了承」ではなくて、
「そうか、キミはそういう考えなんだね。父さんとは違うんだね」という認め方。
自分の価値観を変えずとも、お子さんの価値観を自分のものとは切り離して考えることができると、親も子も、それぞれの別人格として生きていけるのではないでしょうか?

自分の信じる価値観で幸せに生きてこそ、子どもは親を信頼できるのではないでしょうか?
でも、それは、周囲に強要することではありません。

自分と違う価値観の人と話すのは、驚きもあり発見もありますよ。
子どもはびっくりするくらい、いろんなことを考えています。
お子さんと話せるようになるといいですね。
おもしろい奴だな、って思えるようになるといいですね。

そう思えるようになると、とっても新鮮ですよ。
 

ばあばさん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 9月 9日(火)16時49分25秒
返信・引用
  ばあばさん!

ああ、ばあばさん。
こちらのルームに出会えて、そしてばあばさんに出会えて、どれだけ救われたかしれません。

なかなかどうして頑固な潜在意識の邪魔が入り、すとん…と割り切れないでもがいておりますが、
振り返れば当初の苦しみのどん底とはまた少し違った視点で今を見ていることに気づいています。

まだまだばあばさんの灯す明りが必要です。

どうか出来の悪いわがままな娘だと思って、たまにでもいいです、ふらっと現れて燈火を焚いてはいただけませんか。m(__)m
 

いろんな姿があって良い♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 9月 9日(火)14時33分17秒
返信・引用
  親の子の幸せを願う思い
それに応えられないと思う子どものわかって欲しい辛さ

子どもの味方さん の思いも伝わりますし
自分なりに必死に立ち向かいながら一生懸命生きてきた”生き方”の結果が今の子どもの姿なのか? と
なかなか受け入れられず苦しむ親さんのこれ以上 どうしたらいいのだろう…との思いも本当に伝わってきます

かつてここで 同じ親の子どもでも 目の前に山がある時 そこをどう攻略するか…


一人は 一直線で必死に登ろうとし もし登れなければその体力をつけようと考える
また一人は ゆっくり迂回しながらでも時間をかけて登ろうとする
もう一人は 一人では辛いから一緒に登る友達をみつけ一緒に歩こうとする

子どもは一人一人 違うことが良くわかった と書いた時

山の麓や中腹で お茶屋さんを開いて登る人に一服どうぞ~と勧める人になる っていう道もあるよ
山があれば攻略する側 と思うだけではなくいろんな道があると
ある方からお返事頂き なるほどなぁ~とびっくりしたことを思い出します

自分一人では思い浮かばない発想や価値観

そしてまた 『自分』も自ら向き合うだけではなく他者とかかわり合う中で見えてくるものもあります

KKKさん
今の何事にもチャレンジする”ありのままの自分”は否定されてしまうと感じられたのでしょうか?
人 それぞれの生き方や価値観
どれかひとつ これが正しい!と決められるものではないです

いろんなことに挑戦し乗り越えてこられたKKKさん

誰かに走らされてきた… 誰かに認められるためにそうしてきた…と思われますか

自分がそうしたい と思って頑張ってこられたのなら まず自分自身に良く頑張ってきたなぁと胸張ってください

自分の土台をまずそのまま認めて そこに違う価値観をつけたし広げていくイメージです  
 

ばあばさんへ

 投稿者:ぼんこ  投稿日:2014年 9月 9日(火)13時36分52秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
書き込みをもうされないのですか?
これまでずっと、ばあばさんの書き込みに励まされてきた私には、とっても寂しいです。
できれば、これから心もとない思いの方に言葉をかけてあげていただきたいと思います。
でも、これまで本当にありがとうございました。その気持ちを伝えさせてください。


ゲームばかりして、それに激しい一喜一憂。その姿が異常に見えていた私に、いつも大丈夫と言ってくださいましたね。
その息子は、今月からアルバイトを始めました。
わが道を見つける邪魔をしないように…割と自然にできていると思います。親心は親のものだと受け止め、それはそれ、子どもの人生は子どものもの、と5年目の今を生きています。
ばあばさん、ありがとう!
 

KKKさん

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 9月 9日(火)12時02分21秒
返信・引用
  おはようございます。

苦しいですね。 もしKKKさんが私の息子だったらとかんがえました。

現在のKKKさんのありのままを私がうけます。

私には難しい事がよくわかりませんが、KKKさんの気持ちが伝わってきます。
なんども言われています明けない夜はないと。

書き込みはもうやめようと思いましたが、最後にKKKさんの思いをうけとめました。

皆様長い間本当にお世話になりました。 ありがとうございました。

最後に孫は元気に我が道今もしっかりあゆんでいます。
 

Re:

 投稿者:ランラン  投稿日:2014年 9月 9日(火)11時54分26秒
返信・引用
  KKKさん

きっと、現在のKKKさんは、様々な苦難も乗り越えられ、自己肯定感も強く、色々な事にチャレンジされ達成出来る素晴らしい才能と気力とに溢れていらっしゃるのだと思います。
誰もが、そう出来ればこれ程素晴らしい事はありません。
しかし、人には人のコンデションや、エネルギーの状態があります。
恐らく、お子様だってそうありたいと思われているかもしれません。
でも、心が疲れ果て自己肯定感が落ちてしまってボロボロの時は人は顔を洗う事すら出来ないのです。
それ以上カツを入れ続けるのは危険です。
私もそんな息子を見るのは辛いです。
でも、全くの別人格です。
親でも子供の全ては、わかりません。
どれだけ辛いであろうかと、想像力を持ち合わせながらも、自分の人生を生き生きと明るく生きて、息子に、自分の為にお母さんが思い悩んだ人生を送らせてしまったと言う更なる負担だけは、掛けては可哀想すぎると踏ん張っています。
益々、充実した日々をニコニコ過ごされるのが、息子さんへの最高のプレゼントだと思います。
私もそう思いつつもヘタレな母親です。
不愉快な事を申し上げたのならお許し下さいね。
 

苦しんで、頑張って、乗り越えるのは

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 9月 9日(火)10時44分27秒
返信・引用
  いつも私です。高度成長期の典型的なサラリーマン家庭だった両親も今では理解ある
じいちゃんばあちゃんです。こういう私に育ててくれた事について恨みに思ったこと
など全くありません。

私はそういった価値観を(当時かなり反発しつつ)渋々受け入れて、ここぞという選択では
やはり親の価値観に縛られて自分のレベル以上のところにいようとして、今があります。

そして、今度は今までの数十年の価値観をひっくり返せと。あなたは間違ってました。
あなたの考え方を根本から入れ替えて、今までと真逆のモノを心底、本心から受け入れ
なさいという。。。。表面的に受け入れても子供は見透かしてますよと、、
子供には「ありのまま」を認めても、私にはありのままは認められないというわけですね。
私の人生とは誰かのために自分を殺して徹底的に努力することですか。

妙なもので、そんな(客観的には)不公平な人生ですが、私自身は気持ちいい面もあります。
他人から無茶を言われても、いやいやでもやってるとなんだか気持ちよくなってくる。
すると無茶を言った人から認められる。その繰り返しで新たな能力を開いてきた気がします。

今では仕事以外でもどんな新しいことでもやってみようという気持ちがあります。
難しそうな趣味でも「できるわけない」なんて思えませんし、かなり危険な事にも
チャレンジしたいと思ってます(猟銃許可とかスカイダイビングとか)。自分の
能力以上の事を結果は気にせずやってると、なんとか形になってくる。やる前から
無理と思っていては何も始まりません。人間とはそういうものです。

こういう考え方は封印して、苦しんででも新たな価値観をいれるしかないのでしょうか。
少なくともいまでは「学歴は人生に必須ではない」と思ってます。かなり苦しんで
考え方を再構築してきました。さらにもっともっとと求められるのは、、、??

私のありのままは誰が受け入れてくれるのでしょうか。
 

ストンと落ちる時

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月 8日(月)18時24分15秒
返信・引用
  こんにちは!
子どもの味方さんが書かれている一連の事が比較的早くストンと落ちる人もいれば、とても長いときを必要とする人もいるし、理解してはいるけれどストンと落ちずに苦しむ人、または全く理解出来ない人もいるのが現実です。(私のまわりの友人、知人をみていても色々います。)
この違いは本人も自覚していない、いわゆる潜在意識のせいであって、
自分の育ちの中での主に親との関係が大きく関係しているようです。
どうしてもストンと落ちずに苦しむのは自分が悪いのではなく、過去のトラウマから来ている可能性があります。
私たち親は子どもをどうこうしようとするのではなく、先ずは自分自身と向き合うといいのかもしれません。
 

KKKさん

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 9月 8日(月)08時12分5秒
返信・引用
  おはようございます。
思春期喜喜HPヒントヒントがあります。

そこのリンク集のところ(左下)に「登校拒否になって」があり まだでしたらぜひお読みになってください。 父親のブログです。

母親とはまた異なる立場から お子さんのありのままを認めていく過程がわかりやすく書かれています。
随分切ない経験もしていらっしゃいます。

お子さんは今大人になり自分の道をみつけて飛び立って行かれました。
心理学もまなばれて 子ども達の相談にものっていらっしゃいます。

KKKさんの心にストンと来るものがきっとあると思います。

 

Re: ズシンと響く書き込みです

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 9月 7日(日)01時18分36秒
返信・引用
  > No.13590[元記事へ]

KKKさんへのお返事です。

> 別に学歴や肩書きなどいりません。面白いことや興味のあることを
> 好きなようにやってくれたらそれで満足です。

親を「満足」させるために生きなくてはなりませんか?
言葉の揚げ足取りのように思われるかもしれませんが、
あいあいの先生がおっしゃっているように、上から目線の思いに感じてしまいます。
ご自分の思いを、活字に置き換えるとき、
ひょいと自分でも気づかない本音がでてしまうのでしょうか。

親として、子どものしあわせを願うのは、もちろん理解できます。
私も親ですから。
でも、親が思う「しあわせ」が、必ずしも子どもの「願い」ではないかもしれませんよ?
「面白いことや興味のあることを好きなようにやってくれたら」と親が願っていても、
子どもは「それ」が見つからなくて苦しんでいるかもしれないんですよ?
「それ」を見つけることが「しあわせ」だと、大好きな親が思っているのですもの。
見つからない自分はだめなんだ、と苦しんでいるかもしれませんよ?

「こうなってくれたら」とか「こうしたほうがいいのに」という親の願いが、
子どもを苦しめると思いませんか?
「だって、親なんだから、あたりまえでしょ!子どものしあわせを願ってるだけよ!」と、言い切れますか?

親が安心する人生って、いったいなんでしょう?
暗い顔をして、一生苦しみながら生きていく人生ではだめですか?(これはね、極論です)
キラキラして人生を謳歌していれば、安心ですか?
 

ズシンと響く書き込みです

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 9月 6日(土)18時57分0秒
返信・引用
  子供の味方さんの書き込みには驚かされました。まさにそのとおりだと
思います。

私もここでいろいろ書かせていただきました。書いたことは確かに
子供の味方さんには理解されないかもしれません。でも一方で
子供の将来を本気で心配しているのも欲や見栄ではなく親心からです。
私も常に気持ちが揺れ動いてます。元気でいてくれるだけで最高と
思う反面、よその子を見て落ち込むこともあります。人間ですから
湧き上がる感情を元から断ち切ることはできません。
子供自身が心の底から生まれてよかったと思ってくれるなら、
別に学歴や肩書きなどいりません。面白いことや興味のあることを
好きなようにやってくれたらそれで満足です。
貴重なご意見ありがとうございます。
 

夏休みが終わり9月になり…

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 9月 6日(土)09時14分43秒
返信・引用
  久々に投稿します

夏休みに娘は自分で少し成長したようで、受験に向けて頑張り出しました。今週休まず登校できました。

2月に不登校になり、
新学期になっても殆ど行けず。
クラス替えなし。担任も変わらないし…
夜型、不眠
先月まではペットのわんこが死ぬ夢、中学時代怖かった担任に追われてる夢とか見て目が覚めたと言ってましたが最近は見なくなったのかな。
毎日起きるまでドキドキですが…

不登校になる前までは、悩んでる時だけ話をして、悩んでない時は話してくれなかった。私のことをうざいとか汚ない言葉ばかり言って、避けて。
でも不登校から抜け出した?今は、子供から話してくれるようになりました。

思春期って微妙なのかな。
私もそうだったな。
これからも色々あるんだろうな
怖いけどハナミズキさんの言うように自分をしっかり持って見守ります…
 

ごぶさたしています。

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 9月 4日(木)08時30分42秒
返信・引用
  祖母の立場なので親とはままた異なりますが、子どものありのままを受け止めるのには少々時間がかかりました。
過去にもかいておりますが、2年ほど要しました。

登校拒否研究室、思春期ブルー研究所の先生の書かれたことから学び こちらでも多くのお母さん達に教えられることが多く、今も学び中です。

子どもが不登校になった時、親は大混乱し、初めは子どもを責め、次に自分を激しく責め、中にはウツになってしまわれるかたも多くいらっしゃいます。

そんな親を見る時、子どものつらさは何倍にもふくれあがります。

子どもの辛さをしっかり受け止めるためは、まず親の気持ちをうけとめることが必要と私は思っています。

すべての親がカウンセラーに通われませんので、辛い気持ちを書き出して整理され、先輩お母さん達からヒントをもらいながら やがて子どものありのままを暖かく受け止めるようになられます。

第二の産みの苦しみの時間かもしれません。

どのお母さんお父さんにも応援をしています。
 

自分の敵にもならないで

 投稿者:ハナミズキ  投稿日:2014年 9月 3日(水)10時55分40秒
返信・引用 編集済
  「学校は行くべき」
そんな考えから、なかなか、脱することができなくて、
学校に行かずに社会でやっていけるのか、とても不安で、
心配が先立ってしまう。

そして、それを受け止めることができずにいる親の気持ちが、
痛いほどわかります。
子どものことを思うがゆえに、余計に心配なのですよね。

子どもの味方さんが、おっしゃるように、
もちろん、親が子どもを支え、受け止めることが、とても大事です。

そのためには、親自身が、まず、自分自身を受け止めるという段階が
必要な気がします。
子どもを受け止められないことで、私もとても苦しみました。
その時期、自分が自分を責め、自分で自分を傷つけていました。
自分で自分を認めることができないのに、自分以外を認めることは難しいです。

まずは、自分自身の気持ちを、自分で受け止めること。
どんな負の感情でも、それが今の自分の気持ちですから、いいのです。

今まで、完全ではなかったにせよ、自分なりに一生懸命子どもを育ててきたことを
自分自身で認めてあげること。
子どもが小さいときの写真を見ながら、かわいかったころを思い出しながら、
その中でも、頑張ってた自分を頑張ってたなって、認めてあげる。
そんなことから、始めてみるのもよいかもしれません。

また、もし、そこに反省があるのなら、ごめんね。って心の中で言ってみる。
心の中で言うだけでも大丈夫です。

子どもの敵にならないのは、もちろんですが、
自分が自分の敵にならないようにと、思います。
 

自分の一生懸命と、子どもの一生懸命

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 9月 1日(月)23時51分49秒
返信・引用
  私は
「一生懸命」生きてきたのに。
「一生懸命」育ててきたのに。
「一生懸命」わかろうとしているのに。
「こんなに」大切にしているのに。
「こんなに」尽くしてるのに。

あなたは
「なぜ」動いてくれないの?
「なぜ」もうちょっと頑張れないの?
「なぜ」踏ん張ろうとしないの?

あなたも私も同じ「人間」なのよ?
私が「頑張れたんだから」
あなたも「頑張れるはず」でしょ?

そう言ってるように思うのは、私だけでしょうか。

子どもはね、
「一生懸命」頑張ってますよ。
「一生懸命」踏ん張ってますよ。
「一生懸命」悩んでますよ。
「一生懸命」お父さんとお母さんに愛してもらいたいと思ってますよ。
お父さんとお母さんに「価値ある子ども」であると思ってほしいと、願ってますよ。
「価値ある子ども」でいるために、「一生懸命」親に尽くしてきたから、疲れちゃったんですよ。

天文学的な組み合わせの中から、巡り会った「我が子」
それは「偶然」ではなくて「必然」なのかもしれません。
自分の「目」を通して見る「世界」と、子どもの「目」を通して見る「世界」
自分が広い視野をもっていると思い込んでいるだけかもしれないですよ?
子どもと一緒に、違う世界を覗いてみませんか?

お母さんを困らせないようにと、心を封印している子どもたちの扉の鍵は、あなたがもっているかもしれませんよ?

 

心の叫び

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月 1日(月)17時36分19秒
返信・引用
  子どもの味方さんが書かれた事は子どもたちの心の叫びだと感じます。  

9月になりましたね。

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 9月 1日(月)12時20分27秒
返信・引用
  子どもの味方さん

ささります。痛いです。
まったくその通りです。
わかっているつもりです。
ちっともわかってないじゃないって、お叱り受けそうですが。

私自身、育ちの中でいろいろありました。何度、いなくなりたいと思ったかしれません。
でも、それはできなかった。延々苦しかった。
七転八倒這い出して、ちっぽけだけどなんて素晴らしい人生をまた歩き出せた一人です。

こちらも乗り移ったかのように辛さを感じてしまうから、
そこに留まっていないで!脱出できるよ!外をみてごらん!と、思ってしまうのです。

ささって痛くて抜けない。これもいいのかもしれないです。

ありがとうございます。

 

Re: 動き出さなきゃいけないの?

 投稿者:ひろ  投稿日:2014年 9月 1日(月)00時42分55秒
返信・引用
  > No.13582[元記事へ]

子どもの味方さんへのお返事です。

すみません。どうか私の考えも聞いて下さい。子供の味方さんのお考えも本当に
そのとうりと思います。ただ誰しもが子供を勝手には生んでません!
望んで希望を持ち大切にして愛情をかけて育ている人もいます。
その中で子供の将来を夢みて居るのではないでしょうか?
結局親は理想を描きますが、現実は理想とはかけ離れている人が
ほとんどですが、決して親は現実の子供の姿を悔やんだり、がっかりはしません。
自分の子供で一日一日、生きてくれれば幸せと私は思います。
私は親でありながら一人の子供と同じく人間です。だから不登校になり
止まってしまった子供を見るともう一度歩けるのであれば、可能性があるので
あれば歩んで欲しいと思うのです。親も苦しい時があります。子供も苦しいのも
分かります。お互いに人間だからと思います。もちろん動かない息子も本当に
大切と思っています。どうか私と言う考えの人も居ると色々な考えがあると
思って頂けたならばと思います。
すみません。こんな返信で子供の味方さんありがとうございます。

> 動いてないと、人間として生きていないことになるの?
> 動き出さないと、なんで困るの?誰が困るの?
> 頼んでないのに、勝手に産んで。勝手に子どもの将来を夢みて。
> 難病で動けなかったら、納得できるの?
> 五体満足で身体が自由に動くのに、せっかく自由に動けるのに、なんで外の世界と繋がらないの?って思うわけ?
> あなたは?
> あなたは、子どもが「こんな大人になりたい」って思える大人?
> 子どもの不登校で、自分の人生を「こんなはずじゃなかった。。」って落胆してない?
> それは「子どもの不登校」のせいなの?
>
> あなたたちより、よっぽど本人の子どもたちの方が辛いんだよ?
> 動けない子どもを、どうして抱きしめられないの?
> 動けない子どもの心に、どうして追い打ちをかけるの?
> どうして、世間を敵にまわしても、子どもを守ってあげないの?
> あなたを、まっすぐに見つめて、あなただけを頼りに、なんとか一日一日を生きている子どもたち。
>
> どうかお願いです。
> おうちの中で、子どもの「敵」にならないでください。
> 動かなくたって、動けなくたって、
> 人と繋がってなくたって、人と繋がれなくたって、
> 子どもたちは一生懸命生きてるんです。
> 自分がどうなっちゃうのか、不安で不安で小さな心は爆発寸前なんです。
> 混乱しているのは、お母さん、あなたじゃないんです。
> 子どもたちなんです。
> なんで学校に行けないのか?
> なんでやる気がおきないのか?
> なんで?なんで?
>
> 受け止められない?
> あなたが、「お母さん」ってだけで、愛してくれる子どもたちを「受け止められない」?
> 子ども以外に、あなたに無償の愛を注ぐ人がどこにいるの?
> 夫?高齢の親?
> あなたの親だって、きっと「条件付きの愛」だったんじゃない?
> だから、あなたも子どもに「条件」をつけるの?
>
> それで、あなたはしあわせ?
 

動き出さなきゃいけないの?

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 8月31日(日)23時56分42秒
返信・引用
  動いてないと、人間として生きていないことになるの?
動き出さないと、なんで困るの?誰が困るの?
頼んでないのに、勝手に産んで。勝手に子どもの将来を夢みて。
難病で動けなかったら、納得できるの?
五体満足で身体が自由に動くのに、せっかく自由に動けるのに、なんで外の世界と繋がらないの?って思うわけ?
あなたは?
あなたは、子どもが「こんな大人になりたい」って思える大人?
子どもの不登校で、自分の人生を「こんなはずじゃなかった。。」って落胆してない?
それは「子どもの不登校」のせいなの?

あなたたちより、よっぽど本人の子どもたちの方が辛いんだよ?
動けない子どもを、どうして抱きしめられないの?
動けない子どもの心に、どうして追い打ちをかけるの?
どうして、世間を敵にまわしても、子どもを守ってあげないの?
あなたを、まっすぐに見つめて、あなただけを頼りに、なんとか一日一日を生きている子どもたち。

どうかお願いです。
おうちの中で、子どもの「敵」にならないでください。
動かなくたって、動けなくたって、
人と繋がってなくたって、人と繋がれなくたって、
子どもたちは一生懸命生きてるんです。
自分がどうなっちゃうのか、不安で不安で小さな心は爆発寸前なんです。
混乱しているのは、お母さん、あなたじゃないんです。
子どもたちなんです。
なんで学校に行けないのか?
なんでやる気がおきないのか?
なんで?なんで?

受け止められない?
あなたが、「お母さん」ってだけで、愛してくれる子どもたちを「受け止められない」?
子ども以外に、あなたに無償の愛を注ぐ人がどこにいるの?
夫?高齢の親?
あなたの親だって、きっと「条件付きの愛」だったんじゃない?
だから、あなたも子どもに「条件」をつけるの?

それで、あなたはしあわせ?
 

同じく受け止めらない

 投稿者:ひろ  投稿日:2014年 8月31日(日)00時04分11秒
返信・引用
  久しぶりに投稿致します。色々考える日々が続いています。息子が立ち止り5か月目にもうすぐなります。当初私も学校には行くもので無理やり車に乗せて行かせたり、怒鳴りつけたり、取っ組み合いでもして行かせたりしました。今は理解しつつ時々再登校の期待も心の奥には思ってしまう自分がいてダメダメです。ただこれはいつか少しでも良いので別な道で他人とつながって欲しいです。もう一度人生と言う道で人に関わって欲しいですね。動き出すまで待つ辛いですね。
私も不登校、引きこもりの親の会に参加しています。現在進行形の親御さん、動き出して自立した親御さんもいます。色々なお話をして頂き本当に感謝していますが、やはり自分の子供が動かなくてはこの心はどうしようもないのです・・・・私が信じる道は、不登校の子を持たない親御さんからは変、どうして?この先どうするの?と思うかもしれませんが、決して自分の子供は他人に迷惑かけてない、ただ学校に行かない道を選んだだけで、動き出せは最終的には人間として生きて行ってくれると思います。それが私の信じる道です。
皆さん持ちましょう!!!動き出す時まで!!!
 

疲れます

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 8月29日(金)12時12分33秒
返信・引用
   通信制サポート校に通っていた娘ですが、同じ学校の週一コースに自分から移りたいといいだし7月からコース変更しました。
時間が空いたので、娘自身から予備校の在宅コースを受講したいといいだし、現在三科目ほど受講してます。英語は中学の復習から受けています。
朝起きて勉強したいから起こして欲しいと言われ何回も起こしますが、なかなか起きません。
それで午前中勉強できなかったりして、午後勉強しています。
パソコンで授業をみてテストを受けたり結構大変です。
朝起こしても11時ごろにやっと起きる・・・それまで起こし続ける。。。。
ちょっと辛いです。でも起こしてほしいというので、起こしてます。
私自身がちょっと起こすのに疲れています。
 勉強もするようになったし、私と外出する機会も増えたし、料理も手伝うようになりました。
精神科に連れて行ってから少しづつよくなっています。
でもまだ一人で外に出るのが怖いといい、友達と遊びに行くときや学校に行くときは、駅まで送っていきます。
そんな感じでいいのかなとたまに不安にもなるし・・・。
このまま朝起こすのもつらいなーと思ったらりします。
 でも大学や専門学校のオープンキャンパスは、朝起こすと起きて早い時間ですが出かけられました。だから大丈夫なのかなあと思うし・・・・。
なるようになるのかなと思ったり・・・。
でも起こしたらすぐ起きてほしい気持ちでいっぱいです。
動き出している娘ですが、まだまだ心配してしまいます。
 

(無題)

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 8月28日(木)15時43分47秒
返信・引用 編集済
  この夏は災害が多く自然の怖さを痛感します、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

こちらは猛暑から一転、昨日今日と涼しく、肌寒いくらいです。

しばらく、考えることをやめてスリープ…していようと頑張ってみました。

いやいやどうして、それは大変難しいことでした。

負のループをぐるぐると…(-_-;)

逆に子どもの表情、言動にいちいち振り回されている感が否めない。

なぜなんでしょうね。

わかっているのに、放すことができないでいるようです。

息子が立ち止まってもうすぐ10ケ月になろうとしているのですが。

急に登校出来ないとなって、知識もないのでガンガン登校を促した当初の頃。

学校に行けと言ってはいけないと知り、本当は行ってほしいのに「ゆっくりすればいいよ」

裏腹な言葉かけ。不登校のこどもに対するノウハウで対処するしかなかったし、

パニックでした。

今ようやく「同級生のように学校へ」は叶わないこと…と思えるようになったけれど、

いずれは自分のやりたいこと見つけて、外と繋がって欲しいし、それを楽しんでと願っている。

これも親のエゴ?

一生面倒みてやれる?子どもより長生きできる?

上の子達に絶対負担はかけたくないよ!でも親が先になくなったら?

ずっと家で過ごしてそれで人生終わってもいいの?

ちっとも前に進めない。

私は私、子どもは子ども。そんな簡単に割り切れないよ。

生きているだけ丸儲け。

もちろん!

でも…

ダメダメなのです。
 

かっちーさん

 投稿者:メルシー  投稿日:2014年 8月14日(木)15時07分52秒
返信・引用
  かっちーさんの書き込みをみて、数年前の、自分の気持ちを思い出しました。
廃人の様な姿のひきこもりの息子を見て、この子と、一生、一緒にくらそう。
それもありかな、と、思い出したとき、少しずつ、息子は、動き出しました。
親の心からの覚悟、きっときっと、子供につたわります。

   涙があふれました。

 

台風

 投稿者:piki  投稿日:2014年 8月 9日(土)14時14分49秒
返信・引用
  みなさん、気をつけてくださいね。

すうさん

アッシー。。いいですね~。すうさん、この夏、
アッシーを 「 喜んでっ 」と受けておられるご様子。
いいですね~。
娘さんの 淡々と行動する力。。。
年月をかけること。。必要なのですねぇ。。
ほじくりまくって、早く楽になりたいって急ぐ親の気持ちも
経験しての今・・

こどもには 自分の道を自分で生きていく力があるんですね。。
「親」も、親にさせられますね。。子どもから教えられることで
正面しか見えなかった親の景色は、まるでパノラマ。。
娘さんの オープンスクール、楽しんできてください~。

かっちーさん

<正岡子規の名前が出るなんて、、、。
俳句詠みになったのご存知でしたか?(笑)

そうでしたか。。
おもしろいら?(笑)

こちらでもあちらでもよろしくです~。
 

pikiさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年 8月 5日(火)20時43分28秒
返信・引用
  こんばんは。
こちらは毎日雨で嫌になります。

オープンスクール、行ってきました。
市外の高校なので知り合いはいませんが、沢山の生徒に教室での体験授業。どうなるかな~?と。
娘の制服が珍しいのもあり、周りからはジロジロ、ガン見(笑)
緊張はしていましたが、娘は淡々とこなしていました。
担当には自分で電話し報告。私の出るとこはなくアッシーでした(笑)
次は8月末に違う高校のオープンスクールです。
アッシー、頑張ります?
 

pikiさん

 投稿者:かっちーメール  投稿日:2014年 8月 5日(火)20時43分7秒
返信・引用
  メッセージ、ありがとう。

正岡子規の名前が出るなんて、、、。
俳句詠みになったのご存知でしたか?(笑)

喜喜は時々覗いていました。
また、よろしくお願いいたします^_^

 

かっちーさん

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 8月 4日(月)11時42分43秒
返信・引用
  二度目?のお休み、、、心中お察しいたします。かっちーさんの「覚悟」の部分に
引き寄せられました。

ちょっと前の不登校新聞に出ていましたが、税理士かFPの人が引きこもりを抱えた
家庭の将来設計について相談にのっているようです。その人の言うには「子供世代が働かず、
外出もしない前提」でのライフプランニングとのことです。一部でそういった取り組みも
始まっています。ただ見守っていくというだけでは社会的には不十分なのかもしれません。
老々介護などの問題と同じで、もっと社会化して責任を分担していく事も考えるべきでは
ないかと感じています。
 

 平気で生きる

 投稿者:piki  投稿日:2014年 8月 3日(日)02時36分47秒
返信・引用 編集済
  かっちーさん おひさしぶりです^^

いろいろあるあるあるあるあるある~のうちの

あるひとつ。。

どんなことがあっても、いま、生きている。ほんとそうです。

かっちーさんの書き込みで思い出したのが、

あの病床で残した、正岡子規のことば。

悟りとはどんな時でも、平気で死ねることだと思っていたが、
どんなときでも、平気で生きていることであった。

「 平気で生きる。」ぐぐぐ~~っときたことがありましたっけ。


すうさん

オープンスクールどうでしたか。
自分で決めて、自分が行きたい高校のオープンスクールだったんですね。
娘さんの目にどんなふうに映ってたのかしらね~。


うるさん

<仲良しの子とは普通に話すけど、他のクラスメイトからは話しかけられても一<言二言で会話が終わってしまう。だからほとんど他の子とはしゃべらないと。

一見心配ですが、彼女の気持ち、そのまま「 地 」でやっておいでだと
いうふうにみえますよね。疲れない方法をとってらっしゃてるように。

<荷物は相談室、毎時間教科書を取りに戻る、お弁当は教室で食べるが、その後<は相談室に戻ってしまう。HRは出ない。いくら授業に出ても、他の子と接する<時間がないのだから仕方ないのかもしれませんが、元々寂しがり屋な子ですか<ら、それは相当辛いんだろうなと思いました。

お母さんからみると とても辛くてかわいそうに思えるんですよね。
寂しがりやな娘さんであると、とてもしんどいであろうと。

わたしは、この娘さん、なんか、やるなぁ、と思いました。
空間、時間、を自分で埋めて、行動していて、それでいて、
同級生と回避する理由こそ彼女の中にあるのでしょうけど、
まるで「 やすみじかん 」がきつくてたまらないから、予定を入れて、
「行動」する。ストレス回避。というような。
これでいいんです。って思いました。人と話したくない、関わりたくないとき、
人と同じように動かなくって全然いいんですよね。
キャッキャと 全然話してて面白くない人と話す必要もないですしね。

<そして、そのクラスメイトの言葉で泣いて帰って来た娘。
<もう嫌だ。学校行きたくない。二度と行かない。通信制に移りたい。

こんな言葉で連ねるだけで、通信制を希望しているわけではなく、
ただ、クラスメートに怒り傷つき、吐き出している~って
みえますよね。

<娘の気持ちが大事だとわかっているのです。辛い思いをして、壊れそうな気持ちを抱えて。
<わかってはいるけれど、その子のせいで、誰かの何気ない言葉のせいで、夢を持って入った学校をやめることが本当に娘の為になるのか・・・。


娘さんは、お母さんが何も仰らなくてもこのようなことを
毎日毎分毎秒 感じておられる聡明な娘さんだろうと思います。
夢を持って入った学校なので、
「 クラスメート 」の問題と向き合っている最中。。。

<わたしは弱いんでしょうね。娘のすべてを受け止めてあげたいのに、素直に「いいよ」とは言えずにいます。

娘さんのすべて、って どんなことなのでしょうね。
ぜんぶを受け止める。。て、たいへんですよね。。
ただ、吐き出しを聞いてあげる。。どんなマイナスにおもえる言葉も、
へ~~~~~~って 黙ってもいい、
あなたいま 吐き出しているのね。。ただただ、
焼却炉のように、燃やしてあげるね~。どんどん入れて~。
燃えないものもあるかもしれないけど。。という そんな
感じでの 母、って、いいのかもしれないですよね。

<揺れる私、娘も揺れてると思います。

娘さんは、何に揺れているのでしょうか。
学校を変わること?
お母さんも一緒に、これに揺れてる、ということでしょうか。


娘さんは・・・思春期真っ只中。自分って何?好き嫌い。許せる許せない。
怒り、不安、夢、現実、ものすごい人生の勉強をしている真っ最中です。
もどかしい自分と闘っているんだろうと思います。
通信制に行っても、人間関係はありますから。

娘さんの、いまの、学校での過ごし方を、とても 肯定してみてさしあげたいですね。
娘さんの吐き出し、に、アドバイスせず、ただ添って聞いていると、
いろいろと こどものほうから学校での自分の様子などを、
母親に開示していくことがあります。

そんなときに、娘さんの等身大の姿を、肯定して勇気づけてあげたいですね。

学校へ行って、話したくない友だちどもだ~と思えば、話さなくてぜんぜん
かまわないんですよね。なるべく話さなくていいいように動き回りながら
やり過ごしているんですね。話しかけられたら、傷つきやすい自分を認識しているから。
よく自分をこうして受け止めながら、行動できているんだね~。
自分が準備していないときには、勝手に話しかけてくんな~と思うよね。
友だちはいいけど、知人と話すのは、つかれるものね。知人いらないよね~。



無理して他人主体に行動している娘さんであれば別ですが、
こんな彼女に、かわいそうに、という目で見るほうが 歪な感じさえ
してしまいますよね。

2、3しか会話交わさなくても全然オッケー。ともだちのひとことで
傷ついて泣いてギャーギャー家で 通信制行くだのと荒れるのも
オッケー。

本人が もう、自分は、今、エネルギーがなくなって、
他人と関わることを休みたい、と、自覚したとき、、

お母さんが、何を言おうと、
今の学校も、通信制も、行かず、人のいる場所への
足は止まるものだろうと思います。

今の学校か、通信か、という 揺れ方というよりは、

そこは、どうしても、関係があるんではないのかなぁって思います。
親が、かわいそうな目線をやめて、この子の「今の過ごし方」を肯定的に
みてあげる、と、ずいぶん、お子さんも楽になるのでは。。なったらいいなぁって
思いました。
しばらく、吐き出しをいっぱいっぱい 十分に
聞いてさしあげたらって思います。

 

オープンスクール

 投稿者:すう  投稿日:2014年 8月 1日(金)21時15分28秒
返信・引用
  こんばんは。

明日は高校のオープンスクールです。
娘は自分が行きたい高校を決め担任に提出してました。
明日、オープンスクールだから連れていってね?と。
どうなるか分からないですが、私はただ娘に頼まれた事をするのみです。

と言いながら、明日が楽しみな自分がいます(笑)
 

ハナミズキさん、ばあばさん、むらさきさん

 投稿者:かっちーメール  投稿日:2014年 8月 1日(金)14時17分53秒
返信・引用
  メッセージ、ありがとうございます。
本当にお久しぶりです。

大学では自分なりに頑張ってきたけれど結果が出ない、誰も認めてはくれないと言う次男。
大学では理不尽な思いもたくさんあったようです。

ですが、それは何?って感じの今の私です。
本当の自分なんて分からないものかも知れないけれど、他人のせいにしていては
前に進む事は出来ないでしょう。
親子関係、環境、考えるべき事はありますし、次男の苦しみ、辛さは十分分かってはいます。

喜喜に出会った頃の私は、ここに答えがあると、先を行くお母さんの言葉通りに動けば間違いないと思っていました。
でも、ヒントはたくさんあるけれど、先を行くお母さんの経験はあるけれど答えではないのですよね。
自分の経験が正しいと、いろんな場で話してきたことが恥ずかしく思います。

不登校、昼夜逆転、摂食障害、それがどうした。
親のスネかじろうが、それがどうした。
今、生きている。どんな形であれ、今、生きている。
次男に寄り添っても、私は次男の不安までは受け取らない。
私が死ぬまで、次男の面倒をみてやるくらいの覚悟をしよう。
生きる意味とは、何が何でも生き抜くことだと思います。
家も食べるものも、身内も友達も何もかもなくして最悪の事態になったときどうするか、
そんな覚悟が大事なように思うのです。
これをやったから大丈夫なんてことは一つもないのだから。

決してあきらめた訳ではなく、今。目の前で起きていることは、受け入れがたくても必然で
学びであるのだと、全てはうまくいっているのだと思います。
だからね、もう何が起きても、それがどうしたって言葉で生きていこうと思うのです。

今、そんな気持ちです。




 

かっちーさん♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 7月31日(木)15時49分47秒
返信・引用
  お久しぶりです

次男君 大学4年での休憩ですね

流れのまま ここまで来てしまった…
自分は本当はどうしたいのだろう? 何が出来る 何が苦手??

じっくり モラトリアムの時間を味わうのもきっと意味あることだと思っています

社会に出る前のハードルって 高くそびえたつように思えるかもしれないけど
それもまた 自分がイメージしているだけかもしれません

>何年も悩んできて思ったことは、腹を括れていなかった、覚悟が足りなかったということでしょうか
かっちーさんは その時その時で 一つ一つのことにはきっと腹くくって 覚悟して臨んで見えたと思います

長男君と次男君 同じ親でもやっぱり 子どもはそれぞれ違っている
”次男君の親”の時間がようやく始まるのかもね…
 

かっちーさんお久しぶりです。

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 7月30日(水)17時15分9秒
返信・引用
  次男君、ただ今休憩中なのですね。
確か孫と同じ位の年齢ではなかったかと記憶があります。

家族が腹をくくっても覚悟をしていても 子どもは自身の進む道に迷い 立ち止まる事はよくあると思います。
専門的なアドバイスはできませんが、美味しいご飯を作り、いつもと変わらぬ穏やかな生活を送られる事を願っております。

青年期喜喜にもお寄りいただければなにか得るものがあるかもしれません。
 

ハナミズキさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月30日(水)10時34分46秒
返信・引用
  泣き叫ぶと一瞬すっきりするんです。父はそうでした。こちらは冷静に見ていて、友達にもよく話してました。笑い話です。
私も初めて娘がなった時一度だけ泣き叫びました。

今は心の中で泣き叫ぶようにしてますが、ちっともすっきりしない。
いつまで続くのかな

昨日からまた不規則生活です。夜塾には行くけど
いやなことがあるとすぐ寝てまわりから自分を守ってるんですよね。
本当に理解出来ないです。
でも見守ります…

娘はどういう道を進むんだろ…

子離れしないといけないのに
気になります…
早くすっきりしたいな…
 

おはようございます

 投稿者:ハナミズキ  投稿日:2014年 7月30日(水)09時47分10秒
返信・引用
  かっちーさん

お久しぶりです。
動いたと思ったら、また引きこもったりして、親はいつまでも、
子どものことが心配ですよね。

自立するまで(たぶん、自立してからも!)心配ではありますが、
親のできることって、本当に少ないのだなと、最近思います。

「いろんな人生がある」

ここですよ。どこかで、子どもに何かを望んでいることに気づき、
それは、親の望みであって、子どもは、それに縛られることはないということを
親も、子も、心底気づいたときに、親子とも、楽になって、
自分の人生を、改めて、歩んでいけるのではないかなと思います。

タンポポさん

小さいころの体験は、つらかったですね。
そのころのつらい経験は、蓋をして、思い出さないようにすることも多いのですが、
こうして、表に出すことで、浄化され、心の傷を癒すことができると思います。

自分の残した課題は、孫の世代に出ると聞いたことがあります。
それを聞いて、自分の親のことを思い、妙に納得した記憶があります。
自分と自分の親の関係でしこりがあると、そのことが自分と自分の子どもの関係性に
影響を及ぼしてしまうのかもしれません。

私自身、かなり優等生で問題なく育ったために、
どこかで、「なぜ、あなたは我慢できないの?」という思いがありました。
娘は、私とは全く感性も性格も違うので、思春期には、かなり窮屈な思いをしたのだなと、
今なら思えます。

今の葛藤は、決してマイナスではありません。
幸せになるためのハードルなんだと思います。
 

KKKさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月29日(火)08時30分37秒
返信・引用
  私もすごかったです。幼稚園の時、母にカレー食べなかったら外に出されて、硝子玄関叩いて手に傷残ってます。
父もすごくて、帰りが高校生の時9時?かなあ遅いと靴を全部とりあげられたり、ご飯茶碗投げつけられたり
私の部屋の扉はずされたり

昨日は夏期講習も塾も普通に行きました。
でも久々に眠れなかったようで今日はどうかな

子供は自分で成長してる
私は見守る…
 

お久しぶりです。

 投稿者:かっちーメール  投稿日:2014年 7月28日(月)14時53分44秒
返信・引用
  ここに投稿するのは何年ぶりでしょうか。
pikiさん、みなさん、本当にお久しぶりです。

大学4年の次男が、ここにきてまた引きこもりましたことをご報告いたします。

何年も悩んできて思ったことは、腹を括れていなかった、覚悟が足りなかったということでしょうか。

「一生、次男を私が食わせてやるぜ。」

諦めた訳ではなく、そんな人生もアリである。
ここに記録として残しておきます。





 

子育てって難しいです

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 7月28日(月)11時26分11秒
返信・引用 編集済
  タンポポさん、子育てって難しいですね。。。
私もかなり型にはめられて育ちました。中学時代には常に周囲の人たちと比べられ「○○君は100点とったらしい」
とか成績の良い子たちと遊びなさい、とかもっと負けず嫌いになりなさい、とかどれもこれもよくない
キーワードばかりですよね。
古くさい精神論も(最後は気合いだ、とか)すごくイヤでした。
同級生でいわゆる放任主義というか、親にあまり干渉されずにいる人がうらやましいと思ってました。
私は学校と塾のテストに宿題の山。いったいいつになったらテストから開放されるのか?と。たっぷり10年は
テストテストの繰り返しでしたね(笑)


ところが私は何の問題もなく育ち、分不相応なくらい恵まれて安定した生活をしてます。母親には
「あんたは全く手がかからなかった」と言われます。小学校当時はさんざん体罰されて、中学時代は
あれほど過干渉で、、、、手がかからなかった???
私が母親に「ほうきでたたかれたり、閉じ込められたり、家から閉め出されたりもした」というと
「あんまり覚えてないんだよねぇ」なんて言うのです。
両親は折り合いが悪く、小学校のころは家の中をモノが飛び交ってました。父の勤めてた会社が倒産した
とかでいつもお金がないと不満を聞かされ、ドアが壊されたりもしてました。夜中になるとドカンドカン
なるのでふとんを頭からかぶってました。私はずーっと両親特に父親が恥ずかしいと思ってました。
それも母親がそんな風に私に吹き込んだからです。

そんな反省もあって、今のうちの家はごく平穏です。夫婦げんかもほとんどありません。
息子の教育にはできるだけ関わっていこうと思ってやってきましたが、こんなことになってます。


誰かの子として、子育てを実際に受けるという経験は人生の中で一回がほとんどですよね。
話に聞いたり本で読んだりしても実体験としては一回がいいとこです。とすれば、その実体験が
自分の指針になるのは当然で、これは仕方のないことだと思います。しかも、その実体験に基づいて
もっと良いやり方を、、、と考えてもやっぱりダメな事があるんです。子育てって一体なんでしょうかね。。。

型にはめたような育て方をしても、子供の自主性を尊重した育て方をしても、つまづく事なく育つ子と
そうでない子がいるようです。つまり育て方は不登校や引きこもりの原因としてはそれほど大きな要素では
ないということです。もっと他に大きな原因があるのでしょう。

なので、タンポポさんが「間違ったしつけをしないように」と考える必要はないと思いますよ。
明らかに間違った育て方をしてるのに、普通以上にうまく育つ人がほとんどですから。。。。
 

pikiさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月28日(月)07時22分20秒
返信・引用
  pikiさんは、心理カウンセラーですね私達の。
本当に、何でもわかるんですね。
学校の夏期講習も塾も毎日行きましたが、大好きな数学が今難しくなってきたみたいでそれだけ休みました。そして成績不振なので面談を親子で受けました。
先生のことは嫌いじゃないと言ってるのですが、毎回面談の際、先生にもう休めないですよ。朝型にしましょうと言われるのがやはり負担のようで、面談受けた後、休みがちです。
今日からまた二週間位夏期講習あると話してましたが、休むかもしれません…

見守ります。

私は、まさに親のエゴでしつけられたと思います。娘にも今までそうしてきたんですよね。
正しい子育てを教えてくれればいいのになあ。子供が出来たら。育児については、たくさん学んだけど。それとも学んだけど、自分流になってたのかなあ。
でも相談所の先生に、穏やかな優しい子供に育てられて良い子育てしましたねと褒められました。
これから先、間違ったしつけをしないように気をつければいいんですよね。
 

pikiさん

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 7月26日(土)14時07分30秒
返信・引用
   メッセージありがとうございます。私自身今は落ち着いています。娘が動き出しているのをどうにか見守っています。
娘が在宅の予備校講座を追加で受けたいというので明日電話で申し込もうと思います。
出来るのか心配ですが娘が大学受験をしたいというので、応援しようと思います。
普通高校でも大学受験は大変なのに娘みたいのができるかなと思いますが、本人次第だと思います。頑張ってほしいです。

 不安と心配はたまにやってきます。書き込みながら心を整理していきたいと思います。
 

(無題)

 投稿者:うる  投稿日:2014年 7月21日(月)09時36分42秒
返信・引用
  むらさきさん、pikiさん
まずは、ありがとうございます。
毎日毎日色々と考えて考えて、まだ考えがまとまらずにいますので、お礼だけのお返事で申し訳ありません。

娘は、日々、前進後退を繰り返しているようです。
ここに書き込みした後、部屋に籠っていた娘を愛犬の散歩に行こう!と、連れ出しました。最初は口を聞かなかった娘ですが、愛犬と遊んでいるうちに元気になってきて、話すようになりました。
明日の事を話すと、それなりに返事をしていたので、様子を見つつ、次の日を迎えました。
すると、次の日は朝から学校に行き、すべて授業を教室で受け、部活まで出てきました。
無理して頑張ったのでしょうね。その日の夕方からずっと頭痛がしていたようです。
部活も楽しかったみたいなので、喜んだのですが、頭痛のせいで授業最終日は1時間目を休んでしまい、それでも2時間目から行きました。
体育の授業に出たそうです。
しかし、その後・・・クラスメイトの何気ない意地悪な言葉で、傷ついて泣いて帰ってきました。
クラスメイトは娘に言ったかどうかはわかりません。他の子に言った言葉かもしれないのですが、小学生の頃から仲の悪い子でしたから、娘は自分に言ったんじゃないかと思って、すごくつらかったようです。
ちょうどその日でした。唯一仲良しの友達のお母さんと話をして、娘の教室での様子を聞きました。
仲良しの子とは普通に話すけど、他のクラスメイトからは話しかけられても一言二言で会話が終わってしまう。だからほとんど他の子とはしゃべらないと。
荷物は相談室、毎時間教科書を取りに戻る、お弁当は教室で食べるが、その後は相談室に戻ってしまう。HRは出ない。いくら授業に出ても、他の子と接する時間がないのだから仕方ないのかもしれませんが、元々寂しがり屋な子ですから、それは相当辛いんだろうなと思いました。
そして、そのクラスメイトの言葉で泣いて帰って来た娘。
もう嫌だ。学校行きたくない。二度と行かない。通信制に移りたい。
娘の気持ちが大事だとわかっているのです。辛い思いをして、壊れそうな気持ちを抱えて。
わかってはいるけれど、その子のせいで、誰かの何気ない言葉のせいで、夢を持って入った学校をやめることが本当に娘の為になるのか・・・。
わたしは弱いんでしょうね。娘のすべてを受け止めてあげたいのに、素直に「いいよ」とは言えずにいます。
揺れる私、娘も揺れてると思います。
昨日は部活に行きました。
どうだった?と聞くと、楽しかったと答えました。
部活はしたいのだろうなと思います。夏休みに入れば試合もあり、泊りで試合に行く事もあります。それはそれで楽しみにしているようでした。
本当は学校生活を楽しみたいのだろうなと思います。
だから余計に揺れてしまいます。
学校から呼び出しがありました。成績が出て、時数が足らないからそれについて親子で来て下さいと。
行ってくれるかはわかりませんが、今度は主人も一緒に行こうと思います。

長々と、まとまりのない文章ですみません。
 

のぞみさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月20日(日)13時02分40秒
返信・引用 編集済
  どんなにうまくいっても、
必要なことが起こってる。

どんなにうまくいかなくても、
必要なことが起こってる。


と、思えるには、もう全然ムリですから~~~~っていうとき
ありますよね。

こどもが自立しようとしているとき( 葛藤 )
親が邪魔をしないということ。
まだ起きてもない現象にたいしても、
継続するこのお母さんの不安の正体は、娘さんの今の状態が原因ではなく、
お母さん自身のアイデンティティがうまくできていなかった~と
いうことでもあるかもしれませんね。

そうなると、お母さんもお母さん自身が自分を知る作業が
必要になるわけです。


ですが、その課題は、少し 落ち着いて冷静になれたころ、
いろいろとぐぐってみてください。(親子の癒着の問題)

ただ、もう、とにかく 不安で 怖いというときがありますよね。


どうしてこんなに不安になるんでしょう。不安になる。怖い~。
怖いよ~。わが子です。わが子が泣く姿、もう何度も見尽くした。
見たくないよ~。


これを、ひとりになれるところで、おもいっきり
言葉にして、出してみましょうか。
車の中でもいい。どこかおもいっきり 声を出せるところ作れますか。


((((( 怖い怖い怖い。不安で不安で不安でしたかたないよ~~。)))
しょうがないよ~~。不安なんだ~~。
怖いんだ。わたし 怖いんだね。怖がってるんだね。
こんなに 怖いのに、
怖い怖い~~って声を出してよくがんばってるよ~。
むりむりむりむり むりむりむりむり
むりむりむりむり むりむりむりむり


不安な のぞみさんなのですもの。不安をちゃんと
おひさまにあててあげましょう。出してあげましょう。
どんな偉い人が、説法を説いても ムリなときはムリ。

不安で不安で、こころが おかしくなりそうなんだもの~。
わたし 不安なんだね。不安で不安で パンクしそうなんだね。
もう~~~

む~~~~~~~り~~~~~だ~~~~~~~~~~~~~!!

と。

わたしは、過去に、

ムリ×100 念仏のように唱えたことありました。

ムリなのだけど、ご飯が食べられました。
ムリなのだけど、どうにか一日が終えられました。

無理より下はないですからね。

不安になりますよ~~~~。ほんと~~~どんだけやってるんだ~~~
何が大丈夫だ~~~ボケ~~~~カス~~~~~~
ムリだわ、もう!

プンスカ。

プンスカを 誕生させて わめいてください。

本日の試合結果

不安の勝利♪ でもいいのだ~。

「 不安になってあたりまえだわ~ わたしだもん!!」

でぜんぜん はなまるおっけー♪
 

タンポポさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月19日(土)19時02分37秒
返信・引用 編集済
  そうでしたか~。
相談所の先生から指導を受けておられるんですね。
タンポポさんの「家事をさせます。」の言葉に親のコントロールを感じたのですが、

お返事の内容から、

<そしたらちょうどその頃、自分から料理をしだしたんです。
<卵焼きに目玉焼き。ちょっと焦がしたり、白玉を半生で作ったり。
<でも美味しいですよ。
<フレンチトーストは本当に美味しかった。

娘さんのほうからお料理を楽しまれたのですね。そして、
タンポポさんの感想。そうでしたか~。
それはとてもよかったです。
娘さんのやろうとしている気持ちを尊重して、
「 お料理したかったらしたらいいよ。」というお気持ちが、
家事をさせる、ということだったのですね。
とても良いなぁと思います。
ごめんなさいね、
違う読み方をしてしまいました。

実は、「しつけをさせる。」ということ。
子供の色々を問題としてみえるとき、親はついつい「甘やかさない」
「 しつけが大切 」と高圧的に指示を出したり、叱咤激励の命令に
近い言葉を出すこともあるんです。

世間体や親のエゴによる しつけではなく、
このように、指示や命令などではなく、
自分でやろうとする意欲を 見守りること。
親子の信頼関係があること。
自立には とても 必要だと思ってます。

タンポポさん、そう見守っておいでなのに、
誤解してごめんなさいね。

 

pikiさん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 7月19日(土)15時48分41秒
返信・引用
  反省します…
私は、本当に駄目駄目ですね…

毎週相談所の先生に指導して頂いていますが、私の間違ったしつけのことを指摘して頂き、例えば、娘に家事をさせていなかったのでさせた方がいいと教えて頂いたんです。
そしたらちょうどその頃、自分から料理をしだしたんです。
卵焼きに目玉焼き。ちょっと焦がしたり、白玉を半生で作ったり。
でも美味しいですよ。
フレンチトーストは本当に美味しかった。

娘を信じてあれこれ言わず見守ること。と言われているのでそうしているのですが…

 

(無題)

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 7月19日(土)13時52分20秒
返信・引用
   お久しぶりです。通信制サポート校の全日制コースに通っていた娘が週一コースに変わりたいと言っていたので7月から移りました。4月は行けていたのですが、親友も週一コースに移動すると言っていて、そのせいもあり5月頃か通えなくなりました。
その後先生にも移動をとめられましたが、今に至ります。
 娘は週一コースに移ると決めたときに、予備校の在宅学習を受けたいといいだし、ためしに7月から一番苦手な英語を受けることにしました。
娘は大学に行きたいと言い出し、入試に必要な化学と数学もうけたいと話してます。
 そんなさなかコースを移り今日、期末テストでしたが受けに行くことができませんでした。
コースを移ったばかりで教材も届いていません。でも科目によっては前の教材で勉強できました。先月半ばからリンパ腺が腫れて熱も出て病院通いが続いています。そのせいかいつものテストの時より集中力もなくテスト勉強もあまりできず、自分が思うような点数が取れないから行きたくないといい休んでしまいました。
精神的に弱く泣いて訴えます。
 娘はいま精神科に通っています。人の眼が怖い、みんなに自分をどう思われているかどう見られているかと考えると学校にも行けない。外も怖くて一人で歩くことが不安で怖いというし、夜も寝付けなくて困るので私自身もそんな娘が不安で病院に連れて行きました。
お薬を処方されたら元気になりだしてきました。
娘もよくなって大学にも行きたいから病院に行きたいといい、よいタイミングでした。
寝付けなくて困り精神科のクリニックに1年程通っていましたが、私も通っている総合病院に連れて行きました。精神科では評判が良い病院です。
だらだらと娘の様子を書いてしまいましたが、今私自身が不安で仕方がありません。
娘が次次と自分の道を歩き出しました。でもやっていけるか不安です。
テストも受けず単位が取れるのか・・・追試がありません。
今日休みの電話を入れたとき先生に聞いたら1月にある期末テストを受けなかった単位を取るのが厳しいと言われました。今回のテストは教材も届いてないし、参考程度だから練習と思って登校すればいいと思ってと先生にも言われました。
私自身が先の事を心配してします。1月に行かなくて単位取れなかったらどうしょう・・・。
今回のように思うような点数が取れないからいかないとまた言い出すのではないか。不安がよぎります。
体調がいまいちの中、予備校の在宅学習も追加で申し込んでもきちんとできるか。学校のレポートと両立ができるかどうか。
色々考えてしまいます。
この不安どうしたらいいでしょうか・・・・。落ち着かず書き込みしてしまいました。
どっしり構えることができません。
いつも同じような書き込みですみません。誰かにこの不安をわかってほしくて書いてしまいました。
 

タンポポさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 7月19日(土)13時29分51秒
返信・引用 編集済
  なるほど~。

学校、夏期講習、勉強を頑張ることが、
タンポポさんは、こどもが、「成長する」 と、捉えておいでなのでしょうね。

家事をさせる。我慢を覚えさせる。改善しようとする力をつける。

これらを親が提供して、こどもが 「 自立 」に向かうことは
まずないと思います。
親の「我欲」「エゴ」が根底にあるやり方は、
子どもが苦しくなるばかりか、 自立への妨害だと言ってもいいほど
なんですけどね。
大抵は親が妨害しているんですよね。。
親が目指すものは、自分が自立していることだともいえます。
そのために、境界線をひくことはとても大切です。

また、
自分が苦しいときに、親のいうことを聞いちゃう良い子は、
危険だともいえます。

タンポポさんの意には反しますが、娘さんが タンポポさんに
反抗することを願ってます。


また、「 温かく見守る 」とは、どういうものなのでしょうね。
タンポポさんにとって、温かく見守るとは 具体的にどういうことを
言っておられるのでしょうか。

__________

境界線は、
バウンダリーともいいます。。わたしととあなたの間にある境界線。
自分と他者との間にある境界線のことです。親と子は一心同体ではありません。境界線があるはずです。


この境界線があいまいだったり、大幅にずれていると大きなストレスを受けてしまいますし
あなたの気分や幸せ=わたしの気分や幸せといった、相手主体の人生を
生きているということになります。
それは、誰の問題であるか。わたしの問題であるのか。あなたの問題で
あるのか。意識してみる必要があります。
 

/112