投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 岡山シップス (親の会)(2)
  2. はじめての方へ(0)
  3. 関東・東京(0)
  4. はじめての不登校(処方箋)(4)
  5. 喜喜ルーム同志会 in 名古屋(150)
  6. みんなの足跡♪(6)
  7. 喜喜ルーム岡山親会9/5(56)
  8. ミニオフ会・親会情報(65)
  9. 喜喜ルーム同志会 in 東京(350)
スレッド一覧(全9)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月14日(金)13時37分38秒
返信・引用
  ikuさん

学校の先生、父親、祖父からも、
そのように責められると,
直接的ではなくとも、息子さんは、苦しいですね。。

そして、母親であるikuさん、不安になりますよね。
お母さんのせいであるとか、今の状態を甘やかしていたら
大変なことになる、と いうのは、それぞれがご自分の立場を思う
気持ちのほうが優っているから出る言葉だとわたしは感じます。

確かに、お子さんのことを思うのでしょうが、実際不登校に陥って
あれやこれやと、調べていくと、不登校になる子どもの気持ち、状態という
ものに突き当たり、親も、もがきながらでも勉強していくものです。
それをせずして、正論でぶちかます 周りの外野は・・・多くは家族。
昔から、こちらでもよく苦労されているお話を聞きます。
お子さんの心を聞きもせず言うな、と言いたいですよね。

順風満帆に過ごしていた中、
家族のひとり(お子さん)が不登校になる。

父親がリストラにあう。

祖父母の介護が必要になる。

お子さんが逸脱行動をする。

色々なことが生きていたらありますが、安定してまわっていた家族に、
あるとき予期しないことが起きると、

家族はどうなるか。

大きく分けると、

「 バラバラになって 家族が機能しなくなる。 」

か、

「 バラバラであった家族を機能させる。」

か、

「 この歪な家族の円環を継続する。 」

なのかな、と思います。

何か家族に起こったことで、責任をなすりつけられ、子どもの心には誰も
無関心で、母親だけが 一生懸命身をずりながら日々向き合っている。

もしも、子どもの不登校ではなく、父親に、祖父に、問題が起こったと
仮定すると、子どもは、父親や祖父に、
「 なぜリストラにあうんだ。一生懸命がんばらなかったのか。
  いつ次の仕事を見つけるんだ。家にいるんだ。今仕事がみつからないと
  お父さんは一生このままだ!」

「 いつおじいちゃんのボケは治るんだ。なんで何度も同じことを
  言わせるんだ。いつまで生きてるんだ。一生こんなわけわからん
  年寄りと関わるのはいやだ。」

などと、子どもは 責めまくるんでしょうか・・・・ね。。

立場的にも弱者な子どもは、何か困ったことが起きているけど、
親には親の事情があって、見守るしかできない。
自分は自分のことをしようと思う。

と、子どものほうが純真でなのかつ見守る立場にまわるのでは
ないでしょうか。

大人は大人であったとしても、親という立場から、子どもに模範を示し、
世間体を気にし、子どもの気持ちや困っていることには無関心でも、
彼ら状態(現象)には、非常に、関心を持ってしまう。

そういう大人が、不登校になったら、どうだこうだ~将来こうなる~
高校に行けないからなんとかさせろ~。打つ手はないのか~。

などと、次に弱者の母親(嫁)に向かってしまう。

ですが、人はなかなか変わらない。変えられない。
変えられるのは 自分だけですから、

母親が勉強し、自信がなくてもいい、ものごとが正しく見えるよう、
この円環を断ち切る作業に入るしかないのだろうな、って思います。

まずは、母親自身がきちんと吐き出せる場所があること。
自助グループでも カウンセリングでも、どこかで守られている場所が
あることが 一番必要となってきます。

ikuさんが、思いっきり吐き出せる場所を探すことを考えてみてくださいね。
もちろん、こちらでもです。

 

pikiさん

 投稿者:iku  投稿日:2014年11月11日(火)00時02分4秒
返信・引用
  pikiさんお返事有難う御座います。
現在息子は昼夜逆転、朝6時頃までゲームをして寝て午後3時~5時頃に起きる生活をしています。
なんか本当に引きこもってるな~て感じです。閉じこもりでないから良いわと思っていました。

なのに、事情があって離れて暮らしている父親からは「引きこもってしまって学校に行っていないから高校は受け入れてくれない。中学校を卒業した後どうするつもりか考えろ。考えが決まるまで連絡してくるな」と言われたそうです。それまでは、時々連絡を取っていたのに。
私が息子に高校は全日制以外にもあることを話しても父親に言われた事が頭から離れない
みたいで…。
ネット友達には高校生活の事を聞いたりしています。
本当は高校へ行きたいんだけど、息子はどうしたら良いのか分からない出口のない暗闇に迷い込んだようです。


息子の祖父は「母親の甘やかしで自立できない子供になった。医者にかかって早く
何とかしないと手遅れになる。一生引きこもり状態になったらどうするつもりだ」
と責められました。
引きこもっているけど以前より何気ない会話の回数が増えて私はそれなりに満足し
てたんですが、凄くショックで立ち直れません。

pikiさんのお返事を読んで息子はゆっくりだけど、自分と向き合っていってるんだと
思ってはいるのですが…。

私が自分をしっかり持たないといけませんね。
 

pikiさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年11月10日(月)20時17分16秒
返信・引用
  こんばんわ。

そのまんまを認める事の難しさを子供達に教えてもらいました。そしてそのまんまを認める事の大切さを。
娘の不登校も、息子の不登校も、虐待通報も、全て必然であったのかもしれない…と最近思います。
この先起きるかもしれない事も必然なこと。
その時は慌てず、一回深呼吸をしようと思ってます。


 

自分にフィードバック

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月 8日(土)11時47分46秒
返信・引用
  すうさん

おひさしぶりです。

何故穏やかに過ごせるか。

過去の自分を振り返り、

ちゃんと今の「自分」にみずからフィードバックする。
自己分析は、過去からの自分の成長を眺めて見えることが
ありますよね。

そして、
ご主人の言葉です~っと楽になられたのですね。
そんな関係性の中、お母さんがお父さんがそんなこと
言ってたんだよ~っていうことも全然良いと思います。

娘さんは、行きたい高校がある。自分で考えるからほっといて。
何が起ころうと、
All is well.^^


とことんさん

はい。元気です~。

人間って、ほんと ひとりひとり違うように、
子どものタイプもさまざまですよね。

<何度も何度も修羅場のようなことがあり、もうきっとこの子と私はうまくいかないんだろうと思った時期も。

なんか、もう嫌。疲れる。相性の問題なのか。なぜこじれる。
てんやわんや。なんのこっちゃ。
手法の黙るではなく、
この子には、
もう、それは、手も足も出せない だるま状態。

この日々、ありましたか~。ありましたよね~。
懐かしいです。
懐かしいと思える日なんて来ないと思ってやり過ごしていた日々。
素晴らしい!!!
かといって、あの日々は、とても大変で・・・・帰りたくはないですが。(笑)

とことんさんもそうですが、今、渦中にいらっしゃるみなさん、
ほんと、こういう日々は、黄金の日々。。。になります。

「受容」と「腫れもの扱いをする」って全く違う。
ただ、渦中にいると、なんだかわからなくなってくることもあるのも経験。

「 喧嘩できる仲  」 イイネ

相手はもう ケロッとしています。

本当の親子かぁ~。 いい響きですよね。ありがとうです!

 

Re: Pikiさん

 投稿者:とことん  投稿日:2014年11月 7日(金)09時06分6秒
返信・引用
  Pikiさん、お返事ありがとうございます。

Pikiさんもお元気でいらっしゃいますか。


> 喧嘩ができる、というのも そのステージにおられるんだろうな~と
> 思いました。

籠っている間中、吐き出しがなかったので、うちの子は吐き出さないタイプなんだと思っていたのですが、動き出してからものすごいのがきました(笑)  高校生の子ども相手に取っ組み合いの喧嘩をしました、私。。 お皿割ったり、ケーキ投げつけたり。 トイレの壁蹴って穴も開きました。。

何度も何度も修羅場のようなことがあり、もうきっとこの子と私はうまくいかないんだろうと思った時期も。

「今回のこればっかりは絶対あの娘が悪い!!」って思っていたことも、時間がたったら、やっぱり自分のものの見方が頑なだったんな、偏っていたのだな、って気づかされました。 そういうことを何度も繰り返し、今では一緒にお菓子作ったり、出かけたり、「ああ、この娘、本当に可愛いなあ」って心から感じたりもする日々です。

先日の朝、喧嘩した日の放課後は超ご機嫌で帰ってきました。 喧嘩するごとに本当の親子に近づいているような気もします。


> ただ....それが自分でわかる っていうことはとても
> よいことだ~~。とそう思いましょうよね。


はい。 ありがとうございます!
そうやって自分に優しく過ごそう、と思えるように、ようやくなってきた気がします。

まだまだですけどね~。

頑張ります♪


 

理解してもらえること

 投稿者:すう  投稿日:2014年11月 6日(木)21時10分48秒
返信・引用
  こんばんわ。
寒くなりなりましたね。

中3不登校3年になろうとする娘。受験生の親なら今は子供のお尻を叩く時期?
私は怖いくらい穏やかに過ごせてます。

娘は、テストのみ受けに登校しています。
ゲームばかりする娘に時にイラつき余計な一言。娘は、自分は考えてるからほっといて?と言われました。

なぜ穏やかに過ごせるのか。。
主人から言われた言葉ですね。
全日制が駄目なら通信でも定時制でも家事手伝いでもえ~じゃん。
て言葉。何だか聞いたときに胸にあった何かがスッと無くなりました。
娘にはそのままお父さんが言ってたよ?と伝えました。先回りかな?

理解して欲しい人に認めてもらう事の大切さを感じました。

娘には行きたい高校があります。入試は1月?頑張ってます。2月に皆さんに報告できるといいです?
 

ikuさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月 6日(木)12時48分52秒
返信・引用
  遅くなりましたが、
はじめまして。

息子さんは、元気にネットでゲーム。そして
交流をしている声が聞こえていらっしゃるようですね。

「相手」がいる。息子さんにはお相手がいらっしゃいます。
ネット、ゲームの問題はとかくよく話題にありますが、

こうしてネットでゲームをして人と交流をしている。

これが 本人とって 回復には必要なことだと、
色々な情報やひとの体験談を収集するとわかってくることが
あります。

まず、きちんと ひきこもる。ひきこもって外界と遮断する。
そのうち、ネットでゲームでも、なんでもいい。声がある。
相手がいる。

このことが息子さんの回復には必要なんだと、

開き直ってみる。この時期はしばらく続くでしょうが、

浴びるほどする。飽きるほどする。

すると、時々全くしない時期がくることもよくあります。
( 声が聞こえない。ゲームもしたくない。)

親から見ると、元気に笑い声まで聞こえていたのに、
どうしたことだろうと、心配することもありますが、

実は、こういう 時期も 本人の回復にはとても大切だということが
あります。

本人が、自分を悶えながら、眺め、向き合う日々は、とても苦しく
孤独感や焦燥感、劣等感でいっぱいになりますが・・・

これにおいても、親ができるのは、

「  開き直る。どうにかなる。実はうまくいってる。」

親ができるのは、そう思って自分を大丈夫にしていく。

そういう思考にたどり着く。

まぁいいや。。と親がす~っと心配という塊の荷物をおろしていく。

面白いもので・・子どもも、親がモデルになりますから、
時間をかけ、

じぶんでいいか~。まぁこんなじぶんもいいか~。

に、なっていくことが多いのではないかと思ってます。



 

おひさしぶりです。

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月 6日(木)01時39分33秒
返信・引用 編集済
  こんにちは。

とことんさん お元気そうで何よりです。
そして、娘さんもぐんと大きくなられたのですね。
喧嘩ができる、というのも そのステージにおられるんだろうな~と
思いました。

<ついつい、娘が一歩も外に出でることができなかったほどに心が折れてしまっていたことを忘れていろいろ要求してしまいそうな自分もいますが、慢心することなく、感謝の気持ちを忘れたくないと思います。

共感します。そして、忘れてしまうほど、である。ということでも
あるのですよね。
次を期待、要求してしまってる、ってこと本当にありますよね。
ただ....それが自分でわかる っていうことはとても
よいことだ~~。とそう思いましょうよね。

タンポポさん

娘さん、転学し、現在そのような状況におられるのですね。
タンポポさん、娘さんを見ていてとてもしんどい気持ちに
なられるのでしょうね。

勉強してほしいですね。受験に向けて ここで頑張って欲しい。
塾にも行って欲しい。見ていてじれったいきもち。。
頑張って勉強に燃えていたことがあるのに。。。

タンポポさんにとっては、
それができないでいる娘さんは、酷い状態であり、
こんなになるまで なんとかしてあげられなかったのか、と
悔しくて、悲しくて、毎日後悔なのですね。。

どうしたら、前のように娘さんが勉強し、受験に闘志を燃やし
塾にも行けるようになるか。。。

最も可能性がある方法は、

勉強面で、

① お母さんが できることは 何ひとつない と 知ること。

② スクーリング、昼夜逆転、塾、は本人に任せること。

② お母さんは 関心を寄せても、深刻にならないこと。

前向きに変わる、と頑張ろうとするのは、逆にネガティヴ発想。
なぜなら、タンポポさんの本心は、
とにかく勉強して安心させて欲しい。
その気持ちを押し殺しながら、明るく振舞うなんて無理難題。

わたしは娘を四六時中見張っている。。
そういう自分がいるんだ~~こんな自分がどうしても
いるんだもの~。元気でいればいい、はウソウソ。やっぱ勉強してほしいんだもの~。

「 勉強して欲しい。」安心させて欲しい。お母さんのために勉強して
お願い、と思っている。

そうやって自分のきもちを眺めて、認めていく中で......

わたしは、ずっとずっと こんな調子で、こどもを見張っているんだなぁ。。
わたしは、娘を心配し悩むことで、自分の気持ちを埋め尽くし、
生きているんだなぁ。。
わたしが心配を心に埋め尽くすことで、娘が果たして、勉強して受験くれるのだろうか。
仮に受験したら、合格したら、娘は幸せになる。わたしは幸せになる。ということが
保証されているのだろうか。もう悩むことはわたしはないのだろうか。。

わたしは、わたしは、きっと、受験後も、入学後も、彼女のあれこれが
気になって、心配している わたしがいるのではないのだろうか。

わたしは、わたしを生きているのだろうか。
ということは、娘は、娘の人生をせいいっぱい生きることができるのだろうか。

彼女が勉強しない、受験しない、といったところで、
わたしの 人生が狂うのだとしたら、
いったい、何が狂うというのだろう。。

そういう 感じ方が、自分を知る。楽になる。ヒントになることがあると思いますよ。

最後に、個人的に、

人は、心も体も、準備が整ったときに、みずからの意思で、
勉強するものだと 思います。

いくつになっても、です。

 

久々の投稿…

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年11月 5日(水)23時25分35秒
返信・引用
  いろんなことがあり
カウンセリング受けないですみそうと思っていたら
結局、欠席日数多くて卒業見込が願書の時期に間に合わない。通信制に転学でもしないとと言われ
転学する!と言い出して
最初に見学してそこに決め
今月3回のスクーリングとネット授業と
リポート提出で今月には卒業見込出るそうです
でも昼夜逆転生活がひどくなり、受験の為に転学したのに勉強全くせず
浪人30%と言ってます。
塾も行けず
個別に行く!と行きだしたと思ったら
また行けなくなり
私となら昼間も外出しますが
1人では出来ないよう…
来週に迫った第一回目のスクーリング行けるのか

やはりやめたことでますます落ち込んでるんですかね?
時間かかるんですかね
登校し出して、文化祭も終わりもう行事ないから受験だけに向かうと思ってたので
やりきれません
じれったいです。
本当に受験諦めるのか

本人が辛いとはわかってますが、どうしても勉強に燃えていた姿が思い出されて
悔しくて悲しくて
もっと早くこんなにひどくなる前になんとかしてあげられなかったのか
毎日後悔…
私が明るく元気じゃなきゃ
本人が元気に進めない!
そう自分に言い聞かせてますが…
前向きに変わるには、
時間しか方法はないのでしょうか?
 

おはようございます

 投稿者:とことん  投稿日:2014年11月 4日(火)07時53分30秒
返信・引用
  おはようございます。
pikiさん、リファーさん、みなさん、お元気でいらっしゃいますか。

今朝、久しぶりに娘とやりあってしまいました。

お弁当箱を床に投げつけて、勢いよく自室のドア閉めてこもったので、「あちゃ、、今日は学校行かないかな、、」と思ったのですが、時間になったら制服を着てきちんと出てきました。

「行ってらっしゃい」って言う時に「ごめんね。」って言ったら、涙目で、抗議してきました。 でも私が納得できない部分には「それは違う」と言いました。 全面的に降伏しなかったのが気に入らないのか(?)不機嫌そうに登校していきました。

彼女が出て行ってからしばらくいろいろ考えていたのですが、子どもを信じるって、「頭で信じているって思ってる」のか、「心の底から信じれている」のかって大きく違うんだなあって。 私は自問自答を繰り返しても、彼女を心の底から信じることができているような気がするので、心の底から信じてるよって彼女に伝ってないのかなあ、、、と。 もしくはまだまだ信じ切れていない部分があるのかもしれない、とも。

「ママのような大人になりたくないし、ママとは一緒に暮らしたくないから、1年したら帰国して一人暮らしする。」と言ってた娘も、結局、帰国枠で大学受験をする選択をし、もう少し一緒に暮らせることになりました。

ついつい、娘が一歩も外に出でることができなかったほどに心が折れてしまっていたことを忘れていろいろ要求してしまいそうな自分もいますが、慢心することなく、感謝の気持ちを忘れたくないと思います。

渦中はこちらの掲示板にとてもお世話になっておきながら、みなさんにいろいろご不快な思いをさせたことを心苦しく、時々思い出していました。 そのことをなかなか書き込むことができずにいたのですが、今日は一言、お詫びと感謝の気持ちを表明したいと思い、久しぶりに投稿します。

みなさま、すべての面において申し訳ありませんでした。 そして本当にありがとうございました。 皆さまのご多幸をお祈りしています♪










 

認める難しさ

 投稿者:iku  投稿日:2014年10月 6日(月)13時06分45秒
返信・引用
  kkkさんお返事ありがとう御座います。

息子が興味を持ってしている事を否定して親の思いの方向に
向かないと息子にあれや、これやと制限して窮屈な思いをさせ
たので息子の気持ちが私から離れていったのだと今は解ります。

確かにオンラインゲームの仲間と会話をしているのを聞いて
意外とまともな話をしているな~と思いました。
女の子の話や、仕事、学校、部活等、安心しました。

親が子供を見る視点、考え方を変えるのは大変ですが、私が変わらないと
息子も今まで通りかな…と思う。

ネガティブ思考の私がポジティブ思考に変身して息子と寄り添えるように
何とかしたいな~。

 

世間のものの見方

 投稿者:KKK  投稿日:2014年10月 5日(日)01時31分36秒
返信・引用
  ikuさんこんにちは!!一人息子が中一の冬から不登校になり2年半を超えました。
この春からは所属なしのぷータローです。先は全く見えない状態です。。

>>学校の先生からは、息子が不登校になった理由は母親が甘やかして育てたからと言われ

あまりにもひどすぎる言葉だと思います。ただ、世間一般、先生などの考え方はまさに
こんな感じです。私は普段学校の先生と仕事する機会があり、つい最近は養護の先生や
校長先生が出席者の4割を占める研修会に参加してきました。
薬物乱用の防止や脱法ドラッグがテーマなので仕方ないのですが、とにかく高圧的に
禁止、遠ざける、事前に押さえ込む、、です。不登校はメインテーマではないとはいえ
セルフエスティームや思春期特有のさまざまな問題とも絡めてディスカッションされるのに
ああいう論調で大拍手が沸き起こるのですから、学校の先生特に校長先生にはこの問題では
期待できないと思います。

ネットなどを禁止するかどうかについては私は禁止すべきではないと思っています。
薬物や、明らかな犯罪行為などと違ってネットゲームなら違法なことはまずないし
むしろお話にあるように他のプレーヤーと会話したり協力したりする機会もありますしね。

うちではネットもテレビも昼夜逆転も全く規制してません(笑)映画の話題が
わりと話が合うのでDVD貸したりしてます。あとは飼い犬を介してキャッチボールしたり
とか。。ホント犬には助かってます。子犬を飼ってみるのもいいかもしれませんよ。

会話の糸口はなかなか難しいですが、これは異性と仲良くなる時や(男なら口説く、と
いうことですが)こちらに興味を示さない相手(たとえば営業先など)と親しくなることを
考えるといいです。そういう相手には白々しい物言いとか無理のある話題の展開などは
逆効果です。必然性のある中身とタイミング、なにより自然体で、短時間簡潔に。
大好きな相手に話しかけるような気持ちでいるといいかも。言うのは簡単ですが
実際難しいですね(爆)食事の時に改まって「話があるんだけど、、、」というのは
相手が120%こちらに惚れきってる場合だけ通用する愛の告白みたいですよ(^^)

どうしても暗く悲観的になりますが、いっそお気楽になんとかなるさ、なるようにしか
ならないさと開き直ってしまうのがいいかもしれません。そして自分の趣味や遊びに
没頭する。学校や社会に出る、前に進むという以前に、まずはごく普通に会話できる
事を目標にしてみてはどうでしょうか。
 

変化を期待して

 投稿者:iku  投稿日:2014年10月 4日(土)16時34分55秒
返信・引用
  hiroさん、レファーさんお返事ありがとうございます。
息子は今、オンラインゲームとライン電話が唯一他人との会話になっています。

そーですよねー。
ネットを切ってしまっては息子が見つけた繋がりを親が勝手に切ってしまう事に
なってしまい、益々、事態をこじらせてしまいかねませんね。
ネット使用時間も未だ週に2日位学校に登校している時に、親の要望が70%子供の気持ちが
30%で決めました。

過去は取り戻せないが、未来は自分の考え方で変えられると教えてくれた
方がいます。
そのためにも、息子と話をしたいにですが、母が朝仕事に出かける時間は寝ていて
夜帰ったら、ゲームに夢中で話が出来ない状態です。
何とか話の切っ掛けをと食事の時に「話があるんだけど」と言ってみますが
スルーされます。
私の心は平常心ではいられず、ついつい無口で暗い気持ちになります。

仕事帰りも真直ぐ家に帰りたく無く、書店で時間をつぶしたりして…
私が前向きで明るく振舞わないといけないのは頭では分かっていますが
中々実行できません。

私の思いと行動の一致、子供の気持ちを考える力が欲しいです。
息子の気持ちが疲れ果てて引きこもりのネット依存になったのも
私が息子の心の声に無関心だったからだと反省しています。
sosは出していたはずなのに。今にして思えば…

反省ばかりでは未来に繋がらない。
どうしたら先に進めるか考えたい。

 

Re: みなさん教えて下さい!!

 投稿者:リファー  投稿日:2014年10月 4日(土)10時05分36秒
返信・引用
  > No.13618[元記事へ]

ikuさんへのお返事です。

はじめまして
>
> 学校の先生からは、息子が不登校になった理由は母親が甘やかして育てたからと言われ
> 今から過去には戻れないし…

 そうですか。
 ikuさんは、先生からそれを言われて 過去にはもどれないと思ったんですね。
 これからのことを考えていきたいということでしょうか?


> ネット使用の時間を約束したのですが、日に日に約束は息子の都合の良い
> 解釈で大幅に時間変更されてしまい、その事で話をすると自分の言い分を
> 曲げず大声で言い合いになってしまします。


  まず、お約束ですが、時間は息子さんが決めたのでしょうか?

  もし、息子さんが決めたのに時間が変わってきたというならば、お約束の時間を再度見直すことなのではないでしょうか?

  約束の時間が、今のあなたに合っていないようね。

 守れない時間を約束しても、後からまた考えれば良いことです。

 おかあさんは、その時間帯が最良と思ったのだけれど、どうも今のあなたには良い時間ではないみたいね。
 できにくければまた一緒に考えよう。


 おかあさんが、おかあさんの意見を持ちながら 自分の時間を聞いてくれてそれを許してくれる。
 こころに寄り添い、見守るということは、そういうことでもあるんですね。


 ですから
> 一旦ネットを使う事を許したのだから、息子の気のすむまでさせた方が良いのか
> それとも、息子が暴れるのを覚悟でネットを切ってしまった方が良いのか毎日悩んでいます。

 0か100かの答えは、とても合理的で簡単ですけれど、もう少し手間暇をかけていきましょう。


> 息子は体がすごく大きいので、以前暴れた時、私は腰を打って動けなくなりました。
> 力では敵わないです。何が一番最良か知りたいです。


 息子さんは、今5歳くらいのこころなんですね。
 からだが大きくなってしまって、おかあさんに抱き着いて いやいやとしているんですけれど
 なかなか親も大きくなってしまった息子をそんな風に受け止めてあげられません。

 ただ攻撃をしているのではなくて、おかあさん素直に甘えられないということなんです。

 ikuさんも暴れられてしまうと、ikuさんご自身が被害者になってしまったように怒りやら怖さやらの感情が湧いてしまうと思います。

 少しづつ ikuさん自身が変化されていくお気持ちになること。
 応援しています。
 

Re: みなさん教えて下さい!!

 投稿者:hiro  投稿日:2014年10月 2日(木)20時49分15秒
返信・引用
  > No.13618[元記事へ]

ikuさんへのお返事です。

ikuさん本当に大変でしょうね。お気持ち分かります。

私が思う事は、息子さんの不登校は母親の責任ではありません。甘やかしても
厳しくしても不登校に関係ありません。私は自分が子供時代、成績も悪く
悪い事をして育ったので息子にはと思い、厳しく育てました。
それでも、不登校と言う人生を息子は選んだのです。つまりは、自分で選んだ訳で
母親が悪い事は絶対に無いと思います。私は少なからず妻に対しても母親が悪いと
思いません。妻は息子と1日中一緒にいてくれます。私より遥かに大変で辛いでしょね。

次にインターネットの事ですが、私は同じ事を考えて、制限したり、切ったりしましたが、
息子はイライラして繋げ!など文句の言いたい放題でしたが、私も諦め、やりたい事は
やらせる事にしました。お母様もやりたい事を制限したらイライラしませんか?
もちろんある程度ガマンはしなけなりませんが、ガマン出来ないから、心をコントロール
出来ないから暴れだす。普通の事です。制限はしないで良いと思います。
案外やりたい事をずっとやると少しずつ満足して、飽きてきます。人間はそんなものですよね。不登校児がインターネットをするのには理由があるそうです。
今の不登校の現状から逃げたく、忘れたく、集中するそうです。
それも、誰にも邪魔されない夜中が一番やるそうです。少なくとも息子を見てそうでした。
今現在もそうですが、夜は少しづつ寝ているようで、昼間パソコンをするようになって来ました。インターネットゲームは面白いの?など会話して、好きなだけしてもいいけど、
夜は少し騒がないでくれる程度にお話ししてはどうでしょうか?
そこでうるさいなど言われても我慢しましょう!お願いね!これで少しは心に響くと思います。つまり攻撃はしないで、そうしてくれたら私は嬉しいと伝える。
こんな考えで私の意見ですみませんが、きっと息子さんもみんなと同じく出来ない事は辛いと思っていると思います。昼間、夜中外に出ますか?出たくないのであれば子供なりに
学校に行かない自分に罪悪感があるからですよ。
まだまだ私の息子も不登校半年ですが、将来は分かりませんが、息子なりに選んだ道を
信じるしかありません。不安はありますが、どうせ、私は動いても息子は思いように
動かないのですから、親も楽しく生きるしかありませんよ。
同じ中二の息子ですし、投稿お願いします。


> hiroさんお返事ありがとう御座います。
>
> 学校の先生からは、息子が不登校になった理由は母親が甘やかして育てたからと言われ
> 今から過去には戻れないし…
>
> ネット使用の時間を約束したのですが、日に日に約束は息子の都合の良い
> 解釈で大幅に時間変更されてしまい、その事で話をすると自分の言い分を
> 曲げず大声で言い合いになってしまします。
>
> 一旦ネットを使う事を許したのだから、息子の気のすむまでさせた方が良いのか
> それとも、息子が暴れるのを覚悟でネットを切ってしまった方が良いのか毎日悩んでいます。
> 息子は体がすごく大きいので、以前暴れた時、私は腰を打って動けなくなりました。
> 力では敵わないです。何が一番最良か知りたいです。
>
> みなさん教えて下さい。
>
 

みなさん教えて下さい!!

 投稿者:iku  投稿日:2014年10月 2日(木)15時56分49秒
返信・引用
  hiroさんお返事ありがとう御座います。

学校の先生からは、息子が不登校になった理由は母親が甘やかして育てたからと言われ
今から過去には戻れないし…

ネット使用の時間を約束したのですが、日に日に約束は息子の都合の良い
解釈で大幅に時間変更されてしまい、その事で話をすると自分の言い分を
曲げず大声で言い合いになってしまします。

一旦ネットを使う事を許したのだから、息子の気のすむまでさせた方が良いのか
それとも、息子が暴れるのを覚悟でネットを切ってしまった方が良いのか毎日悩んでいます。
息子は体がすごく大きいので、以前暴れた時、私は腰を打って動けなくなりました。
力では敵わないです。何が一番最良か知りたいです。

みなさん教えて下さい。
 

Re: 行き詰ってます

 投稿者:hiro  投稿日:2014年10月 1日(水)20時59分0秒
返信・引用
  ikuさんへのお返事です。

iku初めまして、お気持ち分かります。今が大変辛いと時期と感じられますね。
私の息子も中2の不登校半年になる父親です。中1も休みがちでしたが、
休み休み登校して中2の4月中旬から立ち止りました。
現在も不登校ですが、今は少しずつ会話、笑も出てきました。やっとここまで来ました。
最初はお風呂も入らず、歯も磨かない、服も変えない、一日中パソコンもしてました。
昼間は寝ているの昼夜逆転生活でしたね。それが今は、時間は色々ですが、お風呂は
絶対に入るし、伸びていた髪も切りました。少しずつですが、生活が変わりましたよ。
当初私も父親の立場から絶対に学校は行くものだと思い無理やり追い出したり、もみ合いにもなりました。色々調べました。その時に思った事は不登校を受け止める事、学校に行く事だけが人生でないと思う事、行かせようとしない、なぜ行かないのか理由を問わない、お呂
を入れさせようとしない、こうした方が良いとか言わないで、信じると決めました。
私もですが、学校行くのが当たり前で育って来たので、認める事は難しいのですが、
ikuさんも息子さんために少しづつで良いので、理解してあげてください。
きっと少しずつ生活がかわります。決して学校に戻そうとは考えないで下さい。
私も諦めました。(本当は戻って欲しいと思う時がありますがね。)
その気持ちは奥に閉まってください。地域にサポートステーションや不登校の
親の会はありませんか?あるのであれば一度参加しても良いと思いますよ。
私も参加して凄く変わりました。こんなに不登校の親がいる事も知りました。
中2は思春期の時期で自我が芽生えます。親に文句を言うのは普通の事です。
そこに不登校が重なるから親はさらに疲れますよね。
影から支えて家が安心出来る所にしてあげてください。攻撃をすれば反撃をするのは
当たり前です。家族で理解あげてください。私が言うのも説得がありませんがね。
現在も不登校児の親より。色々ここで愚痴でも書いて下さいね。



> こんにちは。初めて投稿します。
> 現在、中2の息子が不登校です。
> 小学5.6.年も夏休み明けに不登校ぎみでした。
> 中学校1年の冬休み明けから怪しい感じになり、
> 中2の5月連休明けから週に1~2日登校する状態できてました。
> 毎日深夜までオンライゲームをしながらPCに向かって大声で「死ね、消えろ、等」
> 聞くに堪えない言葉を投げています。家族はうるさくて睡眠不足です。
> 9月の中頃から完全不登校状態になり、昼過ぎに起きてIPODをみて、PCを起動
> させ深夜までネットの中で過ごす毎日です。
> 顔も洗わない、歯も磨かない、風呂にも入らない状態です。
> 本人は、高校に行けないんだから中学校へ登校しても無駄。と、私と話をしようとしません。
> 日々、私に対する接し方が変わり、時と場合に合わせてなるべく冷静に対応しているつもりですが、心も体も疲れてこの先の事を思うと…
>
 

行き詰ってます

 投稿者:iku  投稿日:2014年10月 1日(水)09時08分35秒
返信・引用
  こんにちは。初めて投稿します。
現在、中2の息子が不登校です。
小学5.6.年も夏休み明けに不登校ぎみでした。
中学校1年の冬休み明けから怪しい感じになり、
中2の5月連休明けから週に1~2日登校する状態できてました。
毎日深夜までオンライゲームをしながらPCに向かって大声で「死ね、消えろ、等」
聞くに堪えない言葉を投げています。家族はうるさくて睡眠不足です。
9月の中頃から完全不登校状態になり、昼過ぎに起きてIPODをみて、PCを起動
させ深夜までネットの中で過ごす毎日です。
顔も洗わない、歯も磨かない、風呂にも入らない状態です。
本人は、高校に行けないんだから中学校へ登校しても無駄。と、私と話をしようとしません。
日々、私に対する接し方が変わり、時と場合に合わせてなるべく冷静に対応しているつもりですが、心も体も疲れてこの先の事を思うと…
 

今の私…

 投稿者:ぴーすけ  投稿日:2014年 9月30日(火)14時23分37秒
返信・引用
  こんにちは。以前、お邪魔した事があります。
中3の子供が不登校です。
小学校入学当初からぐずぐずしていたので、かれこれ9年目です。

中学になる頃から話ができる場所を探して、
今はそこがあるので、気持ちの安定は保ちやすい状況ですが
やはり、家にいると気持ちの中に、重いものがある感じは全て消えることは
ありません。(感じずにいられる時間もあります。)

午前中だけでも働きにいこうかな、と考えたり…
自分のことばかり考えてますね。。

今は、少し気持ちが疲れ気味で言葉にしにくいです。
また、書きます。


 

Re: 皆さんのお言葉に感謝

 投稿者:hiro  投稿日:2014年 9月28日(日)00時34分41秒
返信・引用
  > No.13613[元記事へ]

なおこさんへのお返事です。

なおこさんご返事ありがとうございます。息子さんは高校生ですか!
今の私には本当に想像もつきません。学校なんて一生行かないとしか
思えませんですが、なおこさんのご返事を読ませて頂き希望がもてました。
まぁどうせ息子の人生ですから、私たちにはもう勝手に道は決められませんし
決めても動いてくれないでしょう。だから、ちゃんと子供は大人になって行くと
アドバイス頂い感謝しています。長い目で支えて行こうと思います。
また、投稿させて頂きます。




hiroさんへのお返事です。

>
> > 中二の息子が立ち止り半年になり、私ども夫婦もそれが普通になって来ました。本当に今の息子を認めて行こうと思うのですが、この先が分からないから不安になります。
>
> うちの息子も中2で不登校になりました。
> 結局、中学は卒業まで行きませんでしたが、今は高校生になりました。
> 大学も行くつもりで勉強してます。
>
> 息子も家にいるのが当たり前でした。
> 先など全く見えませんでした。
> 今、高校生になり大学に行くつもりでいる今の息子を見てると、不思議な気がします。
> ただ、立ち止まっただけなんだなーって思います。
> 中学が合わなかったんだなーっても思います。
>
> 大丈夫ですよ。
> 親は何もできませんけど、ちゃんと子供は大人になって行きますから。
> 親が思うほど、子供じゃないですから。
>
>
 

Re: 皆さんのお言葉に感謝

 投稿者:なおこ  投稿日:2014年 9月27日(土)08時36分19秒
返信・引用
  > No.13610[元記事へ]

hiroさんへのお返事です。

> 中二の息子が立ち止り半年になり、私ども夫婦もそれが普通になって来ました。本当に今の息子を認めて行こうと思うのですが、この先が分からないから不安になります。

うちの息子も中2で不登校になりました。
結局、中学は卒業まで行きませんでしたが、今は高校生になりました。
大学も行くつもりで勉強してます。

息子も家にいるのが当たり前でした。
先など全く見えませんでした。
今、高校生になり大学に行くつもりでいる今の息子を見てると、不思議な気がします。
ただ、立ち止まっただけなんだなーって思います。
中学が合わなかったんだなーっても思います。

大丈夫ですよ。
親は何もできませんけど、ちゃんと子供は大人になって行きますから。
親が思うほど、子供じゃないですから。

 

りりさんへ

 投稿者:hiro  投稿日:2014年 9月25日(木)22時21分20秒
返信・引用
  アドバイス頂き感謝します。本当に色々息子が不登校になり勉強になります。
人生の中でこんな経験を出来るのは限られた人のみですしね。経験者じゃないと
この事だけは言っても理解してくれません。理解出来ないのでしょうね。
親の辛さ、子供の辛さが・・・でも少しずつ時は進んで、息子も日々成長しては
戻り、笑顔も見せるようになりました。不安はありますが、きっと彼なりの進み方があるのでしょうね。今はただ見守ります。時々ここで愚痴など書かせて下さい。みなさんの記事も参考にしながら、進んで行きたいと思います。
 

hiroさん

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月25日(木)03時16分59秒
返信・引用
  私も全く同じことをおもったことがありました!!
始めは、何故私の娘が不登校?だったのが、私が母親だからこそ娘も不登校になれたのかもしれない、になりました。
今私は幸せです。
不登校に関して調べていくうちに親子関係に関して興味を持つようになり、時間の許す限り親子関係について書かれたものを読んでいますが色々とても興味深いです。
 

皆さんのお言葉に感謝

 投稿者:hiro  投稿日:2014年 9月25日(木)00時48分55秒
返信・引用
  中二の息子が立ち止り半年になり、私ども夫婦もそれが普通になって来ました。本当に今の息子を認めて行こうと思うのですが、この先が分からないから不安になります。
時々息子の行くべ道のハンドルを取り返して進路変更しそうになりそうですが、
そこはガマンしています。でもやっぱり不安で仕方ありません。
当初は何で私たちの子供が不登校と信じられずに、きっと少し休んだら行ってくれると信じていました。色々な策も考えましたが、結果は変わらずにただ、息子を苦しめて居ただけでした。最近思うことは、もしかして我々夫婦だからこそ息子は不登校になったのでは、何とか理解出来る親だからこのようになってくれたのではと思う時があります。私たちも選ばれた親のみが知る立ち止った子供の親
の気持ちを経験出来ている。人生の勉強かもしれないと考えています。貴重な経験ですね。本当に今まで他人事でした。我々の事も他人は大変だね~くらいしか
思ってないと思いますが、人は何処で何時立ち止るか分かりません。つまり人それぞれで良いのですね。私は父親の立場で意見を書きますが、これは違いと思うとかアドバイス頂ければ幸いです。また報告させていただきます。
 

りんごさん

 投稿者:ハナミズキ  投稿日:2014年 9月24日(水)18時48分50秒
返信・引用 編集済
  はじめまして。
伝わってよかったです。

今でこそ、こんなふうに冷静なことを書いていますが、
娘が不登校になった当時は、先が不安で不安で、
横から、思い切りアクセルをふかせていました。

私自身、じっと待っていることができなくて、
できうることを、たくさんしました。
守護霊が見えるという人に見てもらったり、占いしてもらったり、
朝起きれるというサプリメント買ってみたり。。。
今思うと、恥ずかしいこと、いっぱいです。

そんなジタバタした時期を超え、掲示板で愚痴を聞いてもらったり、
同じような悩みを持つ人との交流もできて、
娘の車から降り、少しずつ、見守るということを(苦痛に感じながらも)
なんとか、実践しながら、時を過ごしてきたような気がします。

そんな娘が、昨日、無事、大学を卒業しました。
小学校以来、縁のなかった卒業式に、夫婦そろって、出席し、
娘が卒業証書を受け取る姿を、感慨深く、しっかりと見てきました。
いろいろな方に支えられて、親も子も、ここまで来ました。

りんごさんも、大丈夫です。
長い人生、しんどい時期もあります。
そんな時があるからこそ、喜びをひとしおに感じる時期がくると思います。
 

なんか、すごくしっくりです。

 投稿者:りんご  投稿日:2014年 9月23日(火)20時28分55秒
返信・引用
  ハナミズキさん、はじめまして。

りんご と申します。

息子は20歳になりました。
でも、私はまだしんどいです。

アクセルとブレーキ  の話。

私にはとてもしっくりきました。

いま、息子はガソリンがない状態かもしれない、
だから、アクセル踏んでも
前にすすまないのかも   って
思いました。

それと、私は
まだまだ、助手席に乗って
無理やりアクセルをふかして、行かせようとしているし、
なのに、途中でブレーキかけたり…

はあー
これでは、子供は
何なんだよ!って思うにきまってますよね。

ヒントをありがとうございます。
 

アクセルとブレーキ

 投稿者:ハナミズキ  投稿日:2014年 9月14日(日)11時49分40秒
返信・引用
  運転席に、子どもが乗って、ハンドルを持っているとします。
行先は、わかりません。
子どもの人生の旅ですから、子どもが決めます。

思春期には、どこに行くのがよいのか、自分がどこに行きたいのか
自問自答します。

今、子どもは立ち止まっています。
その状態が、どれなのか、考えてみるといいかもしれません。

1.自分がどこに行きたいかわからなくて、アクセルを踏めない。
  ただ、助手席からも、アクセルやブレーキなどの操作はなく、
  止まって考えている状態。

2.助手席から、動いてほしい、学校に行ってほしいなど、アクセルを踏もうとする。
  動きたくないので、ブレーキを踏んで、立ち止まっている。

3.動きたい方向があって、アクセルを踏んでいるけれど、
  助手席から、ブレーキを踏まれていて、動けない。

1の状態は、外部からの操作がないために、止まっているけれど、自分自身の中で
ぐるぐる考えている状態。
2の状態は、助手席からの操作があるために、それを防ぐのに、エネルギーを消耗します。
3の状態も、2と同じ。

本当に、アクセルとブレーキを同時に踏むと、車はとてもしんどいですよね。
実際に、行動を起こしてなくても、精神的なブレーキやアクセルになることもあります。

車を動かすのは、子どもです。
ハンドルを握るのも、子どもです。

1の状態なら、すこ~し、何かしようと思った時に、かる~く、アクセルを踏めば、少し車は進みます。
でも、2や3の場合、少しのアクセルでは、なかなか、前には進めません。

同じように、親自身も、自分の車があります。
子どものことが心配で、他の車の操作をしていては、自分の車を操作できません。

親は、もう助手席から降りて、自分の車の操作をする時期です。

親自身の車はどんな状態ですか?
子どもの車が気になって、アクセルとブレーキを同時に踏んでいませんか?
親の車が、エンストしていては、子どもも、逆に心配でしょう。

子どもの車に乗りたい衝動や、自分の車のブレーキを強く踏んでしまうなど、
自分の気持ちをじっくりと考えて、一度、アクセルもブレーキも離して、
ニュートラルにすると、気持ちが楽になるかも知れません。

自分の車を快適にドライブすることで、人生も捨てたもんじゃないよって、
見せることにもなるんじゃないかなって思います。
 

kkkさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年 9月13日(土)00時58分43秒
返信・引用
  親も親で一生懸命。
伝わっています。


<子供なりの価値観を子供自身が見つけられないのではないか?という
不安があるからです。

むしろ率直に、息子はこのままなのではないか、という不安だと思います。
頭をよぎるときあると思いますし、あっていいと思いますし、
このままでいいのか?やり方が間違ってないのか?など 親が葛藤するのは
わたしはあっていいと思います。

心配するな、といわれても、不安になるな、といわれても、
親も親なりに、感情を持った生き物です。こころを偽ることは
できませんものね。
あ~ 今不安なんだ~。いま、心配なんだ~。と 平気で言えること。
親が十分に受け止めてもらえることがまず必要です。


<引きこもって動けなくなった子供は「自分なりの価値観が見つけられないから
<苦しんでいるのではないですか。
<それを10代半ばで見つけられない事に、そんなに苦しむ必要はないと思うのです。

自分なりの価値観が見つけられない。。何かやりたいこと、好きなこと、
価値のあること、半端なくやってみたいと思うもの。心を占めるもの、何か。。

それは・・・大人でも難しい「 課題 」であると思うんですよね。
成人して、経験して、失敗したり挫折したりしながら、価値観が変化したり、
好きなもの、やりたいもの、そういうものが自分の中に根付いてきたり、
形成したり、そういうことではないかなぁと思います。

わたしが思うのは、

価値観が見つけられずに、ひきこもっているというよりは、
自分に価値があると思えずに、外界から離れてひきこもっているんだ!
ということではないか、と考えてます。
どんなに子どもが家の中で元気にテレビやゲームで過ごして
いるようにみえても、「 劣等感 」が物凄い苦しさで襲ってくる。
ある程度の劣等感やプレッシャーは人を奮い立たせますが、
この 劣等感は、親や回りの大人が思う以上で、外界に出たら、
この丸裸な劣等感で、自分を傷つけてしまいそうになるから、かと
想像します。


<そんなものは30になっても見つけられないかもしれないし、徐々に育てて
<自分の基盤とともに少しずつ作り上げていけばあるとき勝手にできあがってる
<そういうものですよね。ナイーブなのか頭でっかちすぎるのか。


正論ですよね。まず行動してみろと。怖れることも人生ではあるだろう。
だが、経験や体験、この行動こそが、自分を成長させるんだと。
頭で考えて決定づけるな。 やってみて、やりながら、育てていくんだ、
自分の中に。ですよね。

ただ、息子さんが劣等感でいっぱいで、
日に当たれば、自身の劣等感で大火傷するほど、に、熱い、怖い、痛い。
であれば、外には出られない、んじゃないか、とも想像します。

ひきこもるほどの 劣等感を 経験したことがないひとには
おそらく、わからないのだろうとおもいます。
わたしもわからなかったからです。

価値観を見つける、というより、劣等感と向き合いながら、
家にいても、自分を奮い立たせようと無意識が働かせてるようにも思います。
一見無意味に見えるような、ドラマ、映画、ゲームの中で、
色々な疑似体験をすることによってでも、成長しているということです。
あるときは、瞬間的にも、自分の「 劣等感 」が邪魔で不要なのではないかと
気づく子もいます。

テレビやゲーム、ビデオで、共有し、感想を言い合える仲にある親子関係では、
年月をかけこそ、信頼関係へと発展していくと信じています。

そこで、KKKさんが仰るように、何か、この子にとって できることはないかと
考えてみること、不安に思うことを確認すること、KKKさん自身の気持ちにも直視しみてること、探ってみること、
こういうことこそ、親ができる 唯一のことだとも思ってます。

そして、関心は十分に、「 深刻 」にならず、が理想です。
 

子どもの味方さん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 9月11日(木)18時08分43秒
返信・引用
  子どもの味方さんの書いてくださったこと、ささったまま、よい感じで効果発揮しだしてきました。
ありがとうございます。

「わかっているつもり」の「つもり」。…言い訳でしかありませんでした。

私はやっぱり、「前向いてる私」がいい。

私にはやっぱり、「元気で留守な子ども」がいい。

まだそんなことを!と、ご意見頂いてしまいそうですが、それが現時点の私です。

もう一度、まっさらなところから、たくさん読んで、たくさん調べて、たくさん考えてみよう!
と思います。


 

ばあばさんへ

 投稿者:のぞみ  投稿日:2014年 9月11日(木)09時58分14秒
返信・引用
   書き込みを辞めれれるということ。寂しいです。
私が迷い思い悩みこちらに書き込むと色々アドバイス下さり本当にありがたかったです。
最近、こちらでお会いする機会もなくさびしく思っていました。
たまにでもいいのでアドバイス下さい。みなさん待っています。
今までありがとうございました。
 

認め受け入れる事は苦しみ努力し乗り越えることより難しい

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 9月10日(水)00時38分28秒
返信・引用
  ばあばさん(^^;)息子ですか、面白い親子になるかもしれませんね。
ばあばさんの書き込みに引き込まれてここに居つくようになりました。
本当にありがとうございました。

子供は親とは別人格で、子供の価値観とは別というのも全く同意です。
でも私が心配するのは子供の価値観が私と違うからではなく
子供なりの価値観を子供自身が見つけられないのではないか?という
不安があるからです。
引きこもって動けなくなった子供は「自分なりの価値観が見つけられないから」
苦しんでいるのではないですか。
それを10代半ばで見つけられない事に、そんなに苦しむ必要はないと思うのです。
そんなものは30になっても見つけられないかもしれないし、徐々に育てて
自分の基盤とともに少しずつ作り上げていけばあるとき勝手にできあがってる
そういうものですよね。ナイーブなのか頭でっかちすぎるのか。

息子から「自分のありのままを受け入れてほしい」といわれたら
お父さんも同じことを考えていたよと笑って答えると思います。
それで十分だと思います。
息子が、自分の価値観で自分の生きる道を探しているのなら
うれしいし大満足です。そうであってほしいと願います。

もう何年もただ見守ることだけしてきました。高校に行けとも
言わないし、大学にいく気もないと断言したときも何も言わずに
受け入れました。でもこれといってやりたいことが見つかる
気配もない。家から一歩も出ずテレビを見て時々DVDで映画をみる。
私のDVDを貸し借りして感想を一言二言話す、その一点のみが望みの
綱です。
風邪すらひかず心身ともにどこも悪くない。ただガリガリで
栄養失調みたいな身体なのが心配ですが、、、でも健康で
毎日少しながら会話もあって時々笑いもでる。近頃は私に対する
態度も柔らかくなってきた気がします。

このままずっとこれでいいかなぁとも思いますよ。生きているだけで
丸儲け、ですよね。でも、ふと不安になることがある。こればっかりは
どうしようもないです。やっぱり人間だもの、、、みつを
 

ばあばさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年 9月 9日(火)21時27分45秒
返信・引用
  ばあばさん

もうこちらにはいらっしゃらないのです?
私はどんなにばあばさんに救われたか。
辛くて苦しくて泣いてばかりの日々、ばあばさんの暖かい言葉に沢山救われ、沢山励まされ、沢山導いてもらいました。

ばあばさん、ありがとー。
我が家の娘は彼女なりの生き方を探しながら、少しずつですが前に進んでいます。

私も迷いながら悩みながら頑張っています。

本当にばあばさん、ありがとうございました。
またひょっこりばあばさんにここで会えると嬉しいです。
 

KKKさん、

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月 9日(火)20時26分20秒
返信・引用
  息子さん思いの素敵なお父さんだと感じています。
KKKさんの価値観は今まで息子さんとすごされてきた中で息子さんに伝わっていると思います。それが正しいか正しくないかではなくて、息子さんも同じ価値観なのか少し重なるところもあるけれど全く同じではないのか、180度違うのか…
家族が皆親の考えに従うのではなく、親が無理して子どもに合わせるのでもなく、お互いの考え方も自分自身の考え方も尊重していく。
ここに集まる皆さんはお子さんをしっかり育ててこられた方が多いので、お子さんはきっと親が思う以上にしっかりした考えを持っていると思います。
あとは子どもは親の後ろ姿をみながら自分の人生をつくりあげていきます。
親が楽しい人生を送っていれば、子どもは人生とは楽しいものだ、と潜在意識に刷り込むでしょう。苦しむ親をみていれば、人生とは苦しむべきものだ、と刷り込むかもしれません。
潜在意識ですから、もちろん表面上にあがってきませんし、自分では気づいでいないと思います。

偉そうに書き込んでいますが、むらさきさんやpikiさんにヒイヒイ泣きごとを言っては助けられてきました。

それから、ばあばさん。
私はばあばさんが大好きです(*^^*)
 

誰も否定してはいません

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 9月 9日(火)18時55分51秒
返信・引用
  私は「問うて」いるのです。
「誰の問題なのか?」「誰が苦しんでいるのか?」
子どもが「こうなら満足」「こうであれば安心」するという「親」。
それは、本当に「子ども」が望んでいることでしょうか?
「親」が望んでいることを、子どもに「強いて」はいないでしょうか?

誰の「価値観」にも異論を唱えるつもりはありません。
誰かの「価値観」に焦点をあてて、攻撃しているわけではありません。
私は、ただ、十人十色の「価値観」があり、
「親」の価値観と「子ども」の価値観が違うことに気づいてほしいと思っただけです。

親には親の「価値観」があり、子どもとは違うかもしれません。
そこに「思いを馳せてみませんか?」と申し上げているのです。
「苦しんで、頑張って、乗り越えてこられた」KKKさん。
それは、とって素晴らしいことです。
でも、それは、KKKさんがご自身が選んできた「KKKさんの人生」ですよね?
息子さんが、「あなたのようになりたい」と、自ら望んでいるのなら、何も問題はないように思います。
でも、もしももしも「大好きな父親」が「こういう息子なら」という理想の息子を思い描いていて、
それを息子さんが一生懸命実現しようとしていたなら?
でも、なかなかお父さんの思い描く「息子像」に近づけなかったなら?
あなたは、息子さんを誇りに思うことができますか?
息子さんの「あなたが気づかない努力」を見つけていますか?
その「努力」を、あなたがしてきた「努力」と比べていませんか?

あなたと息子さんは「別人格」です。
すべての親に、自分と子どもは「別人格」なんだと気づいてほしいだけです。
知っていますか?
子どもは一生懸命、親に愛されたいと思い、親の気にいるように振舞おうとするのですよ。
親は、親という立場に胡坐をかいていないでしょうか?

KKKさんが「私のありのままを誰が受け入れてくれるのでしょうか?」という問い。
それをそっくりそのまま、息子さんがあなたに言ったら、あなたはどうお答えになるのでしょうか?

あなたが「あなたでいたい」と願うように、
息子さんも誰かの「価値観」を押しつけられずに、「自分で自分の生きる道を探したい」と思っているのではないですか?
「学歴があるかないか」
「挑戦するかしないか」
そういう具体的なことへの「了承」ではなくて、
「そうか、キミはそういう考えなんだね。父さんとは違うんだね」という認め方。
自分の価値観を変えずとも、お子さんの価値観を自分のものとは切り離して考えることができると、親も子も、それぞれの別人格として生きていけるのではないでしょうか?

自分の信じる価値観で幸せに生きてこそ、子どもは親を信頼できるのではないでしょうか?
でも、それは、周囲に強要することではありません。

自分と違う価値観の人と話すのは、驚きもあり発見もありますよ。
子どもはびっくりするくらい、いろんなことを考えています。
お子さんと話せるようになるといいですね。
おもしろい奴だな、って思えるようになるといいですね。

そう思えるようになると、とっても新鮮ですよ。
 

ばあばさん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 9月 9日(火)16時49分25秒
返信・引用
  ばあばさん!

ああ、ばあばさん。
こちらのルームに出会えて、そしてばあばさんに出会えて、どれだけ救われたかしれません。

なかなかどうして頑固な潜在意識の邪魔が入り、すとん…と割り切れないでもがいておりますが、
振り返れば当初の苦しみのどん底とはまた少し違った視点で今を見ていることに気づいています。

まだまだばあばさんの灯す明りが必要です。

どうか出来の悪いわがままな娘だと思って、たまにでもいいです、ふらっと現れて燈火を焚いてはいただけませんか。m(__)m
 

いろんな姿があって良い♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2014年 9月 9日(火)14時33分17秒
返信・引用
  親の子の幸せを願う思い
それに応えられないと思う子どものわかって欲しい辛さ

子どもの味方さん の思いも伝わりますし
自分なりに必死に立ち向かいながら一生懸命生きてきた”生き方”の結果が今の子どもの姿なのか? と
なかなか受け入れられず苦しむ親さんのこれ以上 どうしたらいいのだろう…との思いも本当に伝わってきます

かつてここで 同じ親の子どもでも 目の前に山がある時 そこをどう攻略するか…


一人は 一直線で必死に登ろうとし もし登れなければその体力をつけようと考える
また一人は ゆっくり迂回しながらでも時間をかけて登ろうとする
もう一人は 一人では辛いから一緒に登る友達をみつけ一緒に歩こうとする

子どもは一人一人 違うことが良くわかった と書いた時

山の麓や中腹で お茶屋さんを開いて登る人に一服どうぞ~と勧める人になる っていう道もあるよ
山があれば攻略する側 と思うだけではなくいろんな道があると
ある方からお返事頂き なるほどなぁ~とびっくりしたことを思い出します

自分一人では思い浮かばない発想や価値観

そしてまた 『自分』も自ら向き合うだけではなく他者とかかわり合う中で見えてくるものもあります

KKKさん
今の何事にもチャレンジする”ありのままの自分”は否定されてしまうと感じられたのでしょうか?
人 それぞれの生き方や価値観
どれかひとつ これが正しい!と決められるものではないです

いろんなことに挑戦し乗り越えてこられたKKKさん

誰かに走らされてきた… 誰かに認められるためにそうしてきた…と思われますか

自分がそうしたい と思って頑張ってこられたのなら まず自分自身に良く頑張ってきたなぁと胸張ってください

自分の土台をまずそのまま認めて そこに違う価値観をつけたし広げていくイメージです  
 

ばあばさんへ

 投稿者:ぼんこ  投稿日:2014年 9月 9日(火)13時36分52秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
書き込みをもうされないのですか?
これまでずっと、ばあばさんの書き込みに励まされてきた私には、とっても寂しいです。
できれば、これから心もとない思いの方に言葉をかけてあげていただきたいと思います。
でも、これまで本当にありがとうございました。その気持ちを伝えさせてください。


ゲームばかりして、それに激しい一喜一憂。その姿が異常に見えていた私に、いつも大丈夫と言ってくださいましたね。
その息子は、今月からアルバイトを始めました。
わが道を見つける邪魔をしないように…割と自然にできていると思います。親心は親のものだと受け止め、それはそれ、子どもの人生は子どものもの、と5年目の今を生きています。
ばあばさん、ありがとう!
 

KKKさん

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 9月 9日(火)12時02分21秒
返信・引用
  おはようございます。

苦しいですね。 もしKKKさんが私の息子だったらとかんがえました。

現在のKKKさんのありのままを私がうけます。

私には難しい事がよくわかりませんが、KKKさんの気持ちが伝わってきます。
なんども言われています明けない夜はないと。

書き込みはもうやめようと思いましたが、最後にKKKさんの思いをうけとめました。

皆様長い間本当にお世話になりました。 ありがとうございました。

最後に孫は元気に我が道今もしっかりあゆんでいます。
 

Re:

 投稿者:ランラン  投稿日:2014年 9月 9日(火)11時54分26秒
返信・引用
  KKKさん

きっと、現在のKKKさんは、様々な苦難も乗り越えられ、自己肯定感も強く、色々な事にチャレンジされ達成出来る素晴らしい才能と気力とに溢れていらっしゃるのだと思います。
誰もが、そう出来ればこれ程素晴らしい事はありません。
しかし、人には人のコンデションや、エネルギーの状態があります。
恐らく、お子様だってそうありたいと思われているかもしれません。
でも、心が疲れ果て自己肯定感が落ちてしまってボロボロの時は人は顔を洗う事すら出来ないのです。
それ以上カツを入れ続けるのは危険です。
私もそんな息子を見るのは辛いです。
でも、全くの別人格です。
親でも子供の全ては、わかりません。
どれだけ辛いであろうかと、想像力を持ち合わせながらも、自分の人生を生き生きと明るく生きて、息子に、自分の為にお母さんが思い悩んだ人生を送らせてしまったと言う更なる負担だけは、掛けては可哀想すぎると踏ん張っています。
益々、充実した日々をニコニコ過ごされるのが、息子さんへの最高のプレゼントだと思います。
私もそう思いつつもヘタレな母親です。
不愉快な事を申し上げたのならお許し下さいね。
 

苦しんで、頑張って、乗り越えるのは

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 9月 9日(火)10時44分27秒
返信・引用
  いつも私です。高度成長期の典型的なサラリーマン家庭だった両親も今では理解ある
じいちゃんばあちゃんです。こういう私に育ててくれた事について恨みに思ったこと
など全くありません。

私はそういった価値観を(当時かなり反発しつつ)渋々受け入れて、ここぞという選択では
やはり親の価値観に縛られて自分のレベル以上のところにいようとして、今があります。

そして、今度は今までの数十年の価値観をひっくり返せと。あなたは間違ってました。
あなたの考え方を根本から入れ替えて、今までと真逆のモノを心底、本心から受け入れ
なさいという。。。。表面的に受け入れても子供は見透かしてますよと、、
子供には「ありのまま」を認めても、私にはありのままは認められないというわけですね。
私の人生とは誰かのために自分を殺して徹底的に努力することですか。

妙なもので、そんな(客観的には)不公平な人生ですが、私自身は気持ちいい面もあります。
他人から無茶を言われても、いやいやでもやってるとなんだか気持ちよくなってくる。
すると無茶を言った人から認められる。その繰り返しで新たな能力を開いてきた気がします。

今では仕事以外でもどんな新しいことでもやってみようという気持ちがあります。
難しそうな趣味でも「できるわけない」なんて思えませんし、かなり危険な事にも
チャレンジしたいと思ってます(猟銃許可とかスカイダイビングとか)。自分の
能力以上の事を結果は気にせずやってると、なんとか形になってくる。やる前から
無理と思っていては何も始まりません。人間とはそういうものです。

こういう考え方は封印して、苦しんででも新たな価値観をいれるしかないのでしょうか。
少なくともいまでは「学歴は人生に必須ではない」と思ってます。かなり苦しんで
考え方を再構築してきました。さらにもっともっとと求められるのは、、、??

私のありのままは誰が受け入れてくれるのでしょうか。
 

ストンと落ちる時

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月 8日(月)18時24分15秒
返信・引用
  こんにちは!
子どもの味方さんが書かれている一連の事が比較的早くストンと落ちる人もいれば、とても長いときを必要とする人もいるし、理解してはいるけれどストンと落ちずに苦しむ人、または全く理解出来ない人もいるのが現実です。(私のまわりの友人、知人をみていても色々います。)
この違いは本人も自覚していない、いわゆる潜在意識のせいであって、
自分の育ちの中での主に親との関係が大きく関係しているようです。
どうしてもストンと落ちずに苦しむのは自分が悪いのではなく、過去のトラウマから来ている可能性があります。
私たち親は子どもをどうこうしようとするのではなく、先ずは自分自身と向き合うといいのかもしれません。
 

KKKさん

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 9月 8日(月)08時12分5秒
返信・引用
  おはようございます。
思春期喜喜HPヒントヒントがあります。

そこのリンク集のところ(左下)に「登校拒否になって」があり まだでしたらぜひお読みになってください。 父親のブログです。

母親とはまた異なる立場から お子さんのありのままを認めていく過程がわかりやすく書かれています。
随分切ない経験もしていらっしゃいます。

お子さんは今大人になり自分の道をみつけて飛び立って行かれました。
心理学もまなばれて 子ども達の相談にものっていらっしゃいます。

KKKさんの心にストンと来るものがきっとあると思います。

 

Re: ズシンと響く書き込みです

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 9月 7日(日)01時18分36秒
返信・引用
  > No.13590[元記事へ]

KKKさんへのお返事です。

> 別に学歴や肩書きなどいりません。面白いことや興味のあることを
> 好きなようにやってくれたらそれで満足です。

親を「満足」させるために生きなくてはなりませんか?
言葉の揚げ足取りのように思われるかもしれませんが、
あいあいの先生がおっしゃっているように、上から目線の思いに感じてしまいます。
ご自分の思いを、活字に置き換えるとき、
ひょいと自分でも気づかない本音がでてしまうのでしょうか。

親として、子どものしあわせを願うのは、もちろん理解できます。
私も親ですから。
でも、親が思う「しあわせ」が、必ずしも子どもの「願い」ではないかもしれませんよ?
「面白いことや興味のあることを好きなようにやってくれたら」と親が願っていても、
子どもは「それ」が見つからなくて苦しんでいるかもしれないんですよ?
「それ」を見つけることが「しあわせ」だと、大好きな親が思っているのですもの。
見つからない自分はだめなんだ、と苦しんでいるかもしれませんよ?

「こうなってくれたら」とか「こうしたほうがいいのに」という親の願いが、
子どもを苦しめると思いませんか?
「だって、親なんだから、あたりまえでしょ!子どものしあわせを願ってるだけよ!」と、言い切れますか?

親が安心する人生って、いったいなんでしょう?
暗い顔をして、一生苦しみながら生きていく人生ではだめですか?(これはね、極論です)
キラキラして人生を謳歌していれば、安心ですか?
 

ズシンと響く書き込みです

 投稿者:KKK  投稿日:2014年 9月 6日(土)18時57分0秒
返信・引用
  子供の味方さんの書き込みには驚かされました。まさにそのとおりだと
思います。

私もここでいろいろ書かせていただきました。書いたことは確かに
子供の味方さんには理解されないかもしれません。でも一方で
子供の将来を本気で心配しているのも欲や見栄ではなく親心からです。
私も常に気持ちが揺れ動いてます。元気でいてくれるだけで最高と
思う反面、よその子を見て落ち込むこともあります。人間ですから
湧き上がる感情を元から断ち切ることはできません。
子供自身が心の底から生まれてよかったと思ってくれるなら、
別に学歴や肩書きなどいりません。面白いことや興味のあることを
好きなようにやってくれたらそれで満足です。
貴重なご意見ありがとうございます。
 

夏休みが終わり9月になり…

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年 9月 6日(土)09時14分43秒
返信・引用
  久々に投稿します

夏休みに娘は自分で少し成長したようで、受験に向けて頑張り出しました。今週休まず登校できました。

2月に不登校になり、
新学期になっても殆ど行けず。
クラス替えなし。担任も変わらないし…
夜型、不眠
先月まではペットのわんこが死ぬ夢、中学時代怖かった担任に追われてる夢とか見て目が覚めたと言ってましたが最近は見なくなったのかな。
毎日起きるまでドキドキですが…

不登校になる前までは、悩んでる時だけ話をして、悩んでない時は話してくれなかった。私のことをうざいとか汚ない言葉ばかり言って、避けて。
でも不登校から抜け出した?今は、子供から話してくれるようになりました。

思春期って微妙なのかな。
私もそうだったな。
これからも色々あるんだろうな
怖いけどハナミズキさんの言うように自分をしっかり持って見守ります…
 

ごぶさたしています。

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年 9月 4日(木)08時30分42秒
返信・引用
  祖母の立場なので親とはままた異なりますが、子どものありのままを受け止めるのには少々時間がかかりました。
過去にもかいておりますが、2年ほど要しました。

登校拒否研究室、思春期ブルー研究所の先生の書かれたことから学び こちらでも多くのお母さん達に教えられることが多く、今も学び中です。

子どもが不登校になった時、親は大混乱し、初めは子どもを責め、次に自分を激しく責め、中にはウツになってしまわれるかたも多くいらっしゃいます。

そんな親を見る時、子どものつらさは何倍にもふくれあがります。

子どもの辛さをしっかり受け止めるためは、まず親の気持ちをうけとめることが必要と私は思っています。

すべての親がカウンセラーに通われませんので、辛い気持ちを書き出して整理され、先輩お母さん達からヒントをもらいながら やがて子どものありのままを暖かく受け止めるようになられます。

第二の産みの苦しみの時間かもしれません。

どのお母さんお父さんにも応援をしています。
 

自分の敵にもならないで

 投稿者:ハナミズキ  投稿日:2014年 9月 3日(水)10時55分40秒
返信・引用 編集済
  「学校は行くべき」
そんな考えから、なかなか、脱することができなくて、
学校に行かずに社会でやっていけるのか、とても不安で、
心配が先立ってしまう。

そして、それを受け止めることができずにいる親の気持ちが、
痛いほどわかります。
子どものことを思うがゆえに、余計に心配なのですよね。

子どもの味方さんが、おっしゃるように、
もちろん、親が子どもを支え、受け止めることが、とても大事です。

そのためには、親自身が、まず、自分自身を受け止めるという段階が
必要な気がします。
子どもを受け止められないことで、私もとても苦しみました。
その時期、自分が自分を責め、自分で自分を傷つけていました。
自分で自分を認めることができないのに、自分以外を認めることは難しいです。

まずは、自分自身の気持ちを、自分で受け止めること。
どんな負の感情でも、それが今の自分の気持ちですから、いいのです。

今まで、完全ではなかったにせよ、自分なりに一生懸命子どもを育ててきたことを
自分自身で認めてあげること。
子どもが小さいときの写真を見ながら、かわいかったころを思い出しながら、
その中でも、頑張ってた自分を頑張ってたなって、認めてあげる。
そんなことから、始めてみるのもよいかもしれません。

また、もし、そこに反省があるのなら、ごめんね。って心の中で言ってみる。
心の中で言うだけでも大丈夫です。

子どもの敵にならないのは、もちろんですが、
自分が自分の敵にならないようにと、思います。
 

自分の一生懸命と、子どもの一生懸命

 投稿者:子どもの味方  投稿日:2014年 9月 1日(月)23時51分49秒
返信・引用
  私は
「一生懸命」生きてきたのに。
「一生懸命」育ててきたのに。
「一生懸命」わかろうとしているのに。
「こんなに」大切にしているのに。
「こんなに」尽くしてるのに。

あなたは
「なぜ」動いてくれないの?
「なぜ」もうちょっと頑張れないの?
「なぜ」踏ん張ろうとしないの?

あなたも私も同じ「人間」なのよ?
私が「頑張れたんだから」
あなたも「頑張れるはず」でしょ?

そう言ってるように思うのは、私だけでしょうか。

子どもはね、
「一生懸命」頑張ってますよ。
「一生懸命」踏ん張ってますよ。
「一生懸命」悩んでますよ。
「一生懸命」お父さんとお母さんに愛してもらいたいと思ってますよ。
お父さんとお母さんに「価値ある子ども」であると思ってほしいと、願ってますよ。
「価値ある子ども」でいるために、「一生懸命」親に尽くしてきたから、疲れちゃったんですよ。

天文学的な組み合わせの中から、巡り会った「我が子」
それは「偶然」ではなくて「必然」なのかもしれません。
自分の「目」を通して見る「世界」と、子どもの「目」を通して見る「世界」
自分が広い視野をもっていると思い込んでいるだけかもしれないですよ?
子どもと一緒に、違う世界を覗いてみませんか?

お母さんを困らせないようにと、心を封印している子どもたちの扉の鍵は、あなたがもっているかもしれませんよ?

 

心の叫び

 投稿者:りり  投稿日:2014年 9月 1日(月)17時36分19秒
返信・引用
  子どもの味方さんが書かれた事は子どもたちの心の叫びだと感じます。  

9月になりましたね。

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年 9月 1日(月)12時20分27秒
返信・引用
  子どもの味方さん

ささります。痛いです。
まったくその通りです。
わかっているつもりです。
ちっともわかってないじゃないって、お叱り受けそうですが。

私自身、育ちの中でいろいろありました。何度、いなくなりたいと思ったかしれません。
でも、それはできなかった。延々苦しかった。
七転八倒這い出して、ちっぽけだけどなんて素晴らしい人生をまた歩き出せた一人です。

こちらも乗り移ったかのように辛さを感じてしまうから、
そこに留まっていないで!脱出できるよ!外をみてごらん!と、思ってしまうのです。

ささって痛くて抜けない。これもいいのかもしれないです。

ありがとうございます。

 

/112