投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 岡山シップス (親の会)(2)
  2. はじめての方へ(0)
  3. 関東・東京(0)
  4. はじめての不登校(処方箋)(4)
  5. 喜喜ルーム同志会 in 名古屋(150)
  6. みんなの足跡♪(6)
  7. 喜喜ルーム岡山親会9/5(56)
  8. ミニオフ会・親会情報(65)
  9. 喜喜ルーム同志会 in 東京(350)
スレッド一覧(全9)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: パート、どうしたらいいのか?

 投稿者:ひろ  投稿日:2015年 3月22日(日)23時55分21秒
返信・引用
  > No.13685[元記事へ]

ハミングさんへのお返事です。

ハミングさんへ私の考えですが、パートが良いか?悪いか?は正直分かりません。
ただ、私個人の考えではこれもまたハミングさんと娘さんにとって生活が変わる
チャンスかも知れませんね。ハミングさんは、娘さんの事を凄く大事なのは分かります。
しかし、いつも一緒に居ると頭では分かっているけど、イライラしたり、もう嫌だ!
どうして私だけと思いませんか?これが普通な事と私は思います。
パートして外に出る事によりハミングさんが、少しでも気分転換になれば、仕事から
帰っても娘さんにもっと優しく出来るのではないでしょうか?私は意見で聞き手下さいね。
私は妻に子供を任せて会社に行きますが、いつも3人の子供の事を思い出し愛おしくなる時があります。
その子供の面倒を見てくれている妻もまた愛おしく思います。人は距離を置く事、自分の時間を
持つ事で、気分転換が出来て変わるんではないでしょうか?決して娘さんを手放すのでは無く
お母さんも貴方の為に優しくなるためにパートしたい、可能ならばパートしたお金で出かけようね。
何が欲しい?など会話はどうでしょうか?それと娘さんも自分の時間が取れてまた一つ成長するか
楽しみではないでしょうか?もちろん娘さんの様子は再度確認して注意してくださいね。
それと同僚には明らかに迷惑をかけています。気にしていたら切がないですよ。
不登校の親の気持ちはなって見ないと分かりません。絶対に分かりません。
人生は一度だけです。親が元気でないと子供も元気にならないと私は信じています。
私たち夫婦もいつもそう思っていながら、すぐに暗い顔になりますが、息子がいつか自分で進んでくれると
信じて頑張っていますよ。特に妻には感謝で一杯ですが・・・情けない私・・・
後はハミングさんのご家庭の事情もあるのでどうか大変でしょうがハミングさん家族にハッピーな
選択が出来ますようにと私の意見ですが参考にして下さい。不登校の子供の親同士頑張りましょう!

> 連続ですみません。
>
> 皆様にご意見をいただきたくて、、
> 私のパートの件です。
>
> 私はとあるクリニックで受付事務のパートをしています。
> 一昨年の12月に開院したクリニックでオープニングスタッフとして採用して頂きました。
> 去年の12月まで娘が概ね落ち着いていたので
> 娘の事は報告せず順調に働いていました。
>
> 12月に娘が不安定になり、職場に報告しました。以降現在も長期の休暇を頂いています。
>
> さて、卒業式を終えたせいか、私の中で一つ区切りがつきました。
> これまでは出勤にためらいがありましたが、今はそれが吹っ切れた気分です。
>
> このためらいは、娘の問題ではなく私の問題で、娘がどうこうでなく、私の気持ちの整理がつき、私がパートに出たいと今思うのです。
>
> パート先にこの旨の連絡をしようと思うのですが、赤ちゃん返り中でオムツの娘をおいて出て行ってもいいものか?とふと気になりました。
>
> 娘は《不安はあるけど、そんなこと言ってたらいつまでたってもこのまま。いいよ、ママ仕事行って》と言ってくれましたが、なんせ《オムツ生活》ですよ?
> 未だに起き上がろうとしませんし。
>
> 本当の赤ちゃんなら置いて出掛けるなんて絶対できません。
> 娘は赤ちゃんになりたいんだろうか?だとしたら、やはり一緒にいるべきなのか?と迷っています。
>
> 娘に再度気持ちを確認すると
> ●ママが仕事に行く事で自分にまた新たな症状がでるかも?と思うと怖い。
>
> ●ママも毎日家にこもってるのは嫌だろうし、
> うちの経済的な事も気になる。
> (お金のことは気にしなく大丈夫だと伝えました。)
>
> ●ママが仕事に行く行かないで悩みたくない。それでなくても自分には悩みがいっぱいあるのに。そんなこと聞かれたらイライラする。
>
> と、話してくれました。
> 経済的には夫の給料だけでは正直厳しいです。
> 私の本音は働いて気分転換とお金を稼ぎたいです。でも不安を抱える娘を放置するのも辛くて。私の勤務時間は8:30から12:00です。
> 完全予約制のクリニックなので大幅な残業はありません。
>
> 雇用主である院長は、待つよ、と言って下さいますが、同僚には明らかに迷惑をかけています。私は自分のため、お金のために働きにいきたい。でも娘が気がかり。本人が言うように更にまた何らかの症状がでたら、結局また職場に迷惑をかけてしまう。
> 困っています。ご意見頂けるとありがたいです。
>
>
>
 

パート、どうしたらいいのか?

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 3月22日(日)17時39分9秒
返信・引用
  連続ですみません。

皆様にご意見をいただきたくて、、
私のパートの件です。

私はとあるクリニックで受付事務のパートをしています。
一昨年の12月に開院したクリニックでオープニングスタッフとして採用して頂きました。
去年の12月まで娘が概ね落ち着いていたので
娘の事は報告せず順調に働いていました。

12月に娘が不安定になり、職場に報告しました。以降現在も長期の休暇を頂いています。

さて、卒業式を終えたせいか、私の中で一つ区切りがつきました。
これまでは出勤にためらいがありましたが、今はそれが吹っ切れた気分です。

このためらいは、娘の問題ではなく私の問題で、娘がどうこうでなく、私の気持ちの整理がつき、私がパートに出たいと今思うのです。

パート先にこの旨の連絡をしようと思うのですが、赤ちゃん返り中でオムツの娘をおいて出て行ってもいいものか?とふと気になりました。

娘は《不安はあるけど、そんなこと言ってたらいつまでたってもこのまま。いいよ、ママ仕事行って》と言ってくれましたが、なんせ《オムツ生活》ですよ?
未だに起き上がろうとしませんし。

本当の赤ちゃんなら置いて出掛けるなんて絶対できません。
娘は赤ちゃんになりたいんだろうか?だとしたら、やはり一緒にいるべきなのか?と迷っています。

娘に再度気持ちを確認すると
●ママが仕事に行く事で自分にまた新たな症状がでるかも?と思うと怖い。

●ママも毎日家にこもってるのは嫌だろうし、
うちの経済的な事も気になる。
(お金のことは気にしなく大丈夫だと伝えました。)

●ママが仕事に行く行かないで悩みたくない。それでなくても自分には悩みがいっぱいあるのに。そんなこと聞かれたらイライラする。

と、話してくれました。
経済的には夫の給料だけでは正直厳しいです。
私の本音は働いて気分転換とお金を稼ぎたいです。でも不安を抱える娘を放置するのも辛くて。私の勤務時間は8:30から12:00です。
完全予約制のクリニックなので大幅な残業はありません。

雇用主である院長は、待つよ、と言って下さいますが、同僚には明らかに迷惑をかけています。私は自分のため、お金のために働きにいきたい。でも娘が気がかり。本人が言うように更にまた何らかの症状がでたら、結局また職場に迷惑をかけてしまう。
困っています。ご意見頂けるとありがたいです。


 

Re: ハミングさん

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 3月21日(土)10時44分15秒
返信・引用
  すうさんへのお返事です>

すうさん、おはようございます。

すうさんの1月末の書き込み、先日の卒業式の書き込み、感慨深く拝読しておりました。

> 卒業式には参加しました。
> その時はうれしくて、これで中学も!って気持ちでした(私が)
> 結局は中学も1ヶ月で行けなくなり、中学は行かないまま卒業しました。
> 今思えば、何のための卒業式だったのか、何にこだわってたのか・・

そうですね。うちは昨日、夫が証書を頂きに
行ってきてくれました。
娘は体調不良で無理だし。
私は当初は行って先生方にお礼をと思っていましたが結局は止めました。
だんだんとすうさんのおっしゃる何のための卒業式か?と思いだしたからです。
行かなくてよかったと思っています。
行ってもよかったんですがね…笑

> お母さんはこんなに変わろうとしてるのに、どうしてあなたは変わらないの?
> 自分の頑張りに反比例する娘に苛々が募るばかりでした。

はい、私、今その通りです。

> 諦めに近くなったころ、自分の楽しみを見つけるようにしました。
> 上手く言えないんですけど、子供がどうこではなく
> 自分がどうなのか?と自問自答して、答えが見えた時
> 少しだけどこの苦しみから解放されるような気がします。。

私は今、職場から長期休暇の許可を頂き、
娘と引き込もっています。
当初は心身の疲れからか毎日眠りこけていました。身体の疲れもほぐれだした頃は《なんで私まで娘に付き合ってこんな生活をしなければならないんだ》と娘に対して苛立ちを感じました。(娘が過呼吸やめまいを不安がるのでずっと家にいるしかなかったので)
そして最近、この引きこもり期間を自分を見つめ直す期間にしようと思い始めました。
芹沢俊介さんや高岡健さんは《人には引きこもり期間が必要》とおっしゃいます。
私もせっかく与えられたこの時期に私自身の自己間関係を再構築してみるか、と。
すうさん、《自分がどうなのか》ですね。

小学校ととりあえず縁が切れたからか、今の私はやけにスッキリしています。
ため息もでますし、この先の不安が山ほどあるのですが。
それぞれ、その時その時で対処していけばいい。そんなことを考えています。




 

ハミングさん

 投稿者:すう  投稿日:2015年 3月20日(金)11時57分43秒
返信・引用
  こんにちわ。

ハミングさん、気持ちよく分かります!
我が家の娘も小学5年の三学期から五月雨登校。
そして小学6年の三学期から完全不登校でした。
私も受け入れることができず、卒業式当日も
朝から動かず泣いてる娘に苛々し。。。
怒ったりなだめたりして卒業式に出るよう促してたと。。
今は思えます。
当日は担任と友達が来て少し話をしたらいきなり行く!と言いだし
卒業式には参加しました。
その時はうれしくて、これで中学も!って気持ちでした(私が)
結局は中学も1ヶ月で行けなくなり、中学は行かないまま卒業しました。
今思えば、何のための卒業式だったのか、何にこだわってたのか・・

中学に入学してすぐに立ち止まってしまい。
制服姿の子供を見ては涙し、部活に励んでいる子供を見ては涙し。。
何で?どうしてうちの子は・・・と涙ばかりでした。
いつも胸の奥に重い石を抱えてるような、そんな日々を過ごしていました。
お母さんはこんなにしてるのに、どうしてあなたは分かってくれないの?
お母さんはこんなに変わろうとしてるのに、どうしてあなたは変わらないの?
自分の頑張りに反比例する娘に苛々が募るばかりでした。
諦めに近くなったころ、自分の楽しみを見つけるようにしました。
そうなった頃、娘も少しずつ変わってきました。

上手く言えないんですけど、子供がどうこではなく
自分がどうなのか?と自問自答して、答えが見えた時
少しだけどこの苦しみから解放されるような気がします。。
まだまだ半人前の私なので、上手く言えませんが、
私の経験が少しでもハミングさんを癒せたら・・と思い書き込みました。
 

Re: ハミングさん

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 3月19日(木)16時25分49秒
返信・引用
  むらさきさんへのお返事です。

むらさきさん

こんにちは、いつもありがとうございます。
立ち止まった女の子の先輩お母さんのむらさきさん、私にとってマリアさまのような存在です。

娘の今はやはり赤ちゃん返りと思われますか?お世話になっているワーカーさんがそうおっしゃるのですが、私のイメージする赤ちゃん返りとは違っているため半信半疑でした。
赤ちゃん返りって、本人ももっと無意識な状態で起こるものかと思っていました。
知人の不登校のお子さんが赤ちゃん返りした時は、ハイハイしてバブバブとしか話さなかったそうです。
うちとは違うなって思っていましたが、
娘は2才に戻ってるんですね。

> 娘さんは今 たったの2歳…   小学六年の自分が嫌いで
> もう一度 自分の心を赤ちゃんから育て直しを親子で一緒に
> する時間にしましょうね

できるんだろうか?私に。
また間違った子育てをしてしまいそうで怖い。

先ほど、ひろさんへのお返事には
わかったようなことを書きましたが、
10日過ぎても、まだほんの少しも身体を動かさない娘にイライラし始めている自分がいます。
頭を動かすとクラクラしそうで怖いって、
いつまで言ってるんだろう。

キッチンの片付けをしている時、私が食事をしている時、『ちょっとー!』と呼び付けられる。行ってみたら、スマホの充電差して、
テレビのリモコンがない、など急ぎでないことばかり。当初は、はいはいと応じていたけど、だんだん『何の用?少し待って。一度に言ってくれればいいのに。』と文句を言ってしまいます。娘は、もういい、と寂しそうです。

> 今ハミングさんに話始めてるのは ハミングさんをお母さんとして甘え始めてるからですよ♪

せっかく私に甘えられるようになってきたのに
私はまた娘に背を向けようとしてるんじゃないか?と危惧しています。

> 見た目の年齢や身体の様子ではなく その心の年齢にお母さんとして応えあげてくださいね

はい、肝に銘じます。

> 不安でもう一度 赤ちゃんに戻りたい…と泣く

> 私よりも大きくなった二十歳の娘を毛布で抱えてくるみ ほらぁ~ママから生まれてきたよ♪って娘と過ごした時間を思い出しました…

むらさきさんもこういう時期を経てこられたの
ですね。
娘のお世話にかなり疲れてきたのが正直な
ところですが、娘は2才。
2才なら当たり前の事ですね。
また気をとり直して、娘のお世話をします。
紙パンツなんて娘が一番嫌ですよね。
ごはんだって自分で食べたいはず。
一番辛いのは娘、ですね。

むらさきさん、ありがとうございました。





>
> 背中トントンして ぎゅ~きっと大丈夫  の繰返し
> きっとママから大丈夫って安心 伝わりと思います
 

ハミングさん

 投稿者:むらさき  投稿日:2015年 3月19日(木)12時39分12秒
返信・引用
  卒業の時期に  思いのままハミングさんの気持ちが伝わってきました
不安で赤ちゃん返りをしている娘さんなんですね
心の安定のために あれもこれもできなくて当たり前の年齢まで戻ってるのが 不登校の子供は-10歳と思いましょう と言われる所以です
娘さんは今 たったの2歳…   小学六年の自分が嫌いで
もう一度 自分の心を赤ちゃんから育て直しを親子で一緒に
する時間にしましょうね

ママ~と言葉にできなかった娘さんの気持ちを
今ハミングんに話始めてるのは ハミングさんをお母さんとして甘え始めてるからですよ♪

見た目の年齢や身体の様子ではなく その心の年齢にお母さんとして応えあげてくださいね
不安でもう一度 赤ちゃんに戻りたい…と泣く
私よりも大きくなった二十歳の娘を毛布で抱えてくるみ
ほらぁ~ママから生まれてきたよ♪って娘と過ごした時間を思い出しました…

背中トントンして ぎゅ~きっと大丈夫  の繰返し
きっとママから大丈夫って安心 伝わりと思います
 

Re: ハミングさん、

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 3月19日(木)11時10分32秒
返信・引用
  りりさんへのお返事です。

りりさん、はじめまして。レスありがとうございます。
お嬢さん、中2ですか。今は毎日登校されているそうでよかったです。

そうですよね、背中トントンして大丈夫だよ、と言ってもいいですよね。
娘が望んでいるんですものね。

一時はお薬が必要なのでは、と思うほどの状態でしたが
娘の『ママのトントンと大丈夫、が一番いい』と言うのを信じて
抱っこし続けてよかったです。

まだまだ長い道のりで先を考えると気が遠くなりますが、
りりさんのお嬢さんのことを支えにがんばりますね。
ありがとうございました。


 

Re: 卒業式

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 3月19日(木)10時54分5秒
返信・引用
  ひろさんへのお返事です。


ひろさん、はじめまして。。
以前にひろさんの書き込みを拝読させていただいておりました。
お父様がこんなにも息子さんに向き合われているのかと驚きました。
うちの夫は何を考えてるのか、何も考えてないのか、なんとも頼りないです。
それがありがたい面もあるってことに最近気づきましたが。。。

ひろさんが書き込んで下さったこと、すべて本当に同感です。

> 焦る気持ち、時には怒り、悲しみ、頑張らなくてはと思う重圧でしょうね。

> いつも心にポツンと穴がある

> 偉そうにご飯は・早く!これは食べない、飲み物はコーラ以外飲まない、中学生でも幼稚な態度をとります
●これなんか笑っちゃうほど同じです。娘はめまいが怖くて10日ほど寝たきりで生活しています。
少しの時間、娘から離れると、ちょっと、とか、ねぇねぇと呼びつけられます。
せめてママ~と言えないのかと正直イラっとします。。

> 卒業式欠席ですか・・親がつらいですよね。こんなはずではと思う気持ち、時が戻せるなら、別な道があるのならばそっちも通って見たかった。

> 認めれないと思いますが、登校しない子供に未来があると、この時期があって良かったと思える時が来ると信じています。

すべて同じ気持ちです。

だけど、どうすれば娘は元気になるんだろう。。
昼夜逆転もゲームもマンガも認めてきたつもりです。
学校に行かなくてもあなたらしい道を進んでくれればそれでいい、家でゆっくりして…
そんな気持ちでいるのですが娘は悪くなるばかり。

自分の顔も性格も大キライ、自分がうざい、毎日が空っぽ、毎日が辛い、死にそうなぐらい辛い、
こんなことばかり聞かされます。
私は自分にできるだけの努力しているのに娘には何も伝わらない、虚しくてたまりません。

でも、今回、めまい(多分心因性)が怖いと、わずか12才の子どもが険しい表情で泣き続ける、
その顔を見つめているうちに、あぁ私は娘の苦しみも痛みも何もわかっていなかったんだ、
と感じました。
K先生の『黙る』や書き込みの中でよく拝見する『子どもの問題は子どもに返す、任せる』を
大きく取り違えていたことに気づきました。
私の黙る、任せるは、娘に『背を向ける』になっていました。
『あなたの問題なんだから自分で解決してね。私は知らないよ。』と娘に背を向ける、
こんな感じでした。

娘が不安のピークの時、『誰か助けて』と泣き叫びました。
なぜママ助けて、と言ってくれないのか疑問でした。
娘が落ち着いてから聞いてみたら、
『心の中ではパパママ助けて、とさけんでるよ。当たり前でしょ。
でも口に出して言っていいのかわからなかったから言わなかった。
パパママを頼りにしていいって自信がなっかたから。
ホントにいいの?パパママ助けてって言っていいいの?
何度も言うと怒られそうで言えなかったんだ。本当にいいんだよね。』
と言われ愕然としました。

私は寄り添えてなかった。娘は独りで耐えていたんだ。

心を添えて黙る、心を添えて娘に任せる、やっと気づきました。

こんな気持ちで娘の紙パンツを交換したり食事を口に運ぶと、娘が穏やかに微笑みます。
かわいい笑顔です。

最後にひろさん、
> 卒業式 ドシャ降りになれ!ざまーみろ!ですね。
やり場のない悔しさ虚しさ受け止めて下っさてありがとう。
こんな身勝手な私を認めてくださってありがとうございました。
涙が出るほど嬉しかったです。
 

ハミングさん、

 投稿者:りり  投稿日:2015年 3月19日(木)02時54分32秒
返信・引用
  はじめまして。こんばんは!

私だったら、大丈夫だよ!と言ってぎゅっと抱きしめてあげたり、背中をトントンしてあげたいです。

小学五年生から六年生にかけて不登校気味だった娘は今中学二年生になり、不登校前までの優等生から解放され毎日学校に通っています。
たまに私がぼーっとしていると、ママ
大丈夫、大丈夫だよ!と言って背中をトントンしてくれますがこれは、もう本当にホッとして安心できます。
なんだか理由はないけれど、大丈夫なんだ!って思えます。

 

Re: 卒業式

 投稿者:ひろ  投稿日:2015年 3月18日(水)23時41分12秒
返信・引用
  > No.13676[元記事へ]

ハミングさんへのお返事です。

ハミングさん初めまして、突然すみません。同じく現在中学2年生のもう少しで3年生ですが・・・
の父親です。息子も立ち止まりもう1年ですね。まだまだ彼は自分の道が見つからずに立ち止まったままです。娘さんと24時間一緒でハミングさんも正直お疲れでしょうね。焦る気持ち、時には怒り、どうして
と悲しみ、頑張らなくてはと思う重圧でしょうね。私の妻も現在も同じ気持ちで、息子に接しています。
良く、不登校の子供も辛いでしょうけど、親も正直辛くて仕方ありませんよね。いつも心にポツンと穴がある
感じで、自分に暗示をかけていますよね。不登校当初無理やり登校させていました。いつも朝が来るのが嫌で
毎日、毎日、起こして、布団から引きずり、時には取っ組み合いでした。もう私たちも諦め、学校に行かない
息子を受け入れた時に朝が来るのが普通になり、息子も少しずつ、家族とご飯を食べる時も増えた、お風呂も
入るようになった、彼なりに変わり始めました。まぁ今でも24時間一緒に居る妻に好きな時間に起きてきて
偉そうにご飯は・早く!これは食べない、飲み物はコーラ以外飲まない、中学生でも幼稚な態度をとります。
毎日本当に妻も大変そうです。心では息子の為に頑張ると思っているのですがね。
まずは、体調が悪いと言う事なので学校の事はお話に出さずに、可能ならば、娘さんの興味がある物が
あるのであれば、その話をして外出も近所ではなく少し離れた場所とかに誘って見てはどうでしょうか?
中々難しいのですがね・・・私たちも何度か成功しました。息子の興味がある物の時は外出出来ましたよ。
卒業式欠席ですか・・親がつらいですよね。こんなはずではと思う気持ち、時が戻せるなら、別な道が
あるのならばそっちも通って見たかった。学校に行く子供を見たかった。そう思って良いのではないのでしょうか?口には出さずに心で。時々登校している子供の夢を見ます。100パーセント登校をしない息子を
認めれないと思いますが、登校しない子供に未来があると、この時期があって良かったと思える時が来ると
信じています。ハミングさん無理せず、親も泣いても良いと思います。アドバイスが出来ませんが、
気持ちだけでも喜喜ルームに書いて下さい。卒業式 ドシャ降りになれ!ざまーみろ!ですね。

> 明日、娘の小学校の卒業式です。
> 5年生の6月から完全不登校。
> 去年の夏前から家族との外出もできなくなり
> 引きこもり生活中です。
>
> 娘の卒業式。私は特にこだわりとか思い入れとかないつもりで今日まで来ました。
> でも、やはり辛いなぁ、悔しいなぁ。卒業式欠席なんて、そんなことあるわけないと思ってた。
>
> こちらの過去ログにも何度もでてくる、
> 《誰の問題?》という言葉を何度も自問しています。
> 明日は娘の卒業式なんだ。
>
> 卒業式も出られない子に育ててしまったとか、卒業式に出られない運命で生んでしまったとか、卒業式に出られなかったという十字架をこの先もこの子は背負っていくのかとか、色々考えるけど、これは私の勝手な気持ち。
>
> 10日ほど前から娘は体調不良を起こして
> 床に伏せています。
> 起きるとめまいがするそうで、怖い怖いと泣きます。トイレに行くのもひと騒動のため、紙パンツを使用しています。
>
> 入浴も歯磨きももう数えられないほど
> していません。
> 私は仕事を休み、家事も放置して、ただ娘のそばに座っています。
>
> お茶、ごはん、オシッコでた、あれ取って、一緒に寝て、など、娘の言うようにしています。
> 普通では考えられない日常がわが家の当たり前になっています。
>
> 学校側はとてもよくして下さって、娘のために別室の卒業式を準備して下さっていますが、
> 体調不良で起き上がれないのに行けるわけないです。
>
> こちらの先輩方にお教え頂きたいのですが、
> 娘が《怖い、怖い。私は大丈夫?元気になれるよね?》と私に聞いてきた時、私は《大丈夫。元気になる。》と答えてもいいのでしょうか?
> 過去ログに大丈夫と言いたくなるのを抑えた、との書き込みを見た事があり、やはりダメなのか?と悩んでいます。
> 娘は《ママに大丈夫と言って、背中をトントンしてもらうのが一番落ち着く》と言います。
>
> 何を言いたいのかわからないスレですみません。
> 明日は雨みたいです。
> ドシャ降りになれ!ざまーみろ!
> 誰に言いたいわけでもないのですが、毒づいてみたい、そんな私を許してほしいのです。
>
>
>
 

卒業式

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 3月18日(水)17時45分35秒
返信・引用
  明日、娘の小学校の卒業式です。
5年生の6月から完全不登校。
去年の夏前から家族との外出もできなくなり
引きこもり生活中です。

娘の卒業式。私は特にこだわりとか思い入れとかないつもりで今日まで来ました。
でも、やはり辛いなぁ、悔しいなぁ。卒業式欠席なんて、そんなことあるわけないと思ってた。

こちらの過去ログにも何度もでてくる、
《誰の問題?》という言葉を何度も自問しています。
明日は娘の卒業式なんだ。

卒業式も出られない子に育ててしまったとか、卒業式に出られない運命で生んでしまったとか、卒業式に出られなかったという十字架をこの先もこの子は背負っていくのかとか、色々考えるけど、これは私の勝手な気持ち。

10日ほど前から娘は体調不良を起こして
床に伏せています。
起きるとめまいがするそうで、怖い怖いと泣きます。トイレに行くのもひと騒動のため、紙パンツを使用しています。

入浴も歯磨きももう数えられないほど
していません。
私は仕事を休み、家事も放置して、ただ娘のそばに座っています。

お茶、ごはん、オシッコでた、あれ取って、一緒に寝て、など、娘の言うようにしています。
普通では考えられない日常がわが家の当たり前になっています。

学校側はとてもよくして下さって、娘のために別室の卒業式を準備して下さっていますが、
体調不良で起き上がれないのに行けるわけないです。

こちらの先輩方にお教え頂きたいのですが、
娘が《怖い、怖い。私は大丈夫?元気になれるよね?》と私に聞いてきた時、私は《大丈夫。元気になる。》と答えてもいいのでしょうか?
過去ログに大丈夫と言いたくなるのを抑えた、との書き込みを見た事があり、やはりダメなのか?と悩んでいます。
娘は《ママに大丈夫と言って、背中をトントンしてもらうのが一番落ち着く》と言います。

何を言いたいのかわからないスレですみません。
明日は雨みたいです。
ドシャ降りになれ!ざまーみろ!
誰に言いたいわけでもないのですが、毒づいてみたい、そんな私を許してほしいのです。


 

ありがとうございます

 投稿者:すう  投稿日:2015年 3月14日(土)06時32分17秒
返信・引用
  みなさん、ありがとうございます。

卒業し時間が経った今、号泣した娘の気持ちをあれやこれや想像して感傷に浸っている自分に気付きました(笑)
娘が苦しかったとか辛かったとか、それは私の勝手な想いなのかな?と考えてみたり。3年間、苦しくて辛かったのは私自身でもあるな~と考えてみたり。
まだまだ未熟な自分に気付かされます。

娘と一緒にこれからも成長していこうと思います。

 

すうさん

 投稿者:りり  投稿日:2015年 3月14日(土)02時37分33秒
返信・引用
  ご卒業おめでとうございます!

お嬢さんの新たな一歩が始まりますね。
すうさん、ますます素敵なお母さんになってますね!
私も魅力的な母親目指して頑張ってます!



 

卒業おめでとう

 投稿者:のぞみ  投稿日:2015年 3月13日(金)21時38分14秒
返信・引用
   すうさん卒業おめでとうございます。卒業式出れなかったけれど午後から行けてよかったですね。我が家の娘は、午後からもいけませんでした。
色々なことが思い出されて号泣されたのでしょう。4月からの新しい生活どうなるんるのでしょうね。応援しています。
 

すうさん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2015年 3月12日(木)18時49分34秒
返信・引用
  娘さんの卒業式だったのですね。
おめでとうございます。

言葉に出来ないほどのたくさんの想いが、あふれてきますね。

明日はサポートセンターのお別れ式なのですね、成長する我が子の節目の式に立ち会える喜びをうんと味わってきてください。

すうさんも、おめでとう!
 

卒業式

 投稿者:すう  投稿日:2015年 3月12日(木)17時27分34秒
返信・引用
  こんにちは。
今日は中学の卒業式でした。
娘はもちろん欠席。お昼から卒業証書を貰いに行きました。

応接室で校長から卒業証書をいただき座った後、娘は号泣でした。
3年間の色々なことを思い出した…と言っていました。
希望を胸に、中学は楽しむぞ!と期待をして入学した中学。現実は小学と同じで悪口や無視など。。そこからの完全不登校。先の見えない苦しみから荒れたり自分を傷つけたり。そんな中で少しずつ前に進みだし、目的を見つけた今、夢に向かって進学。
本当に色々ありました。
娘には言葉にはできない色々な想いがあるのでしょう。

明日はサポートセンターのお別れ式です。苦しいのは自分だけじゃない。世界は学校だけじゃない。色々な事を教えてくれたサポートセンター。明日は今日以上に号泣かな??
本当に本当に娘には苦しく内容の濃い3年間だったと思います。
そして娘や私にとってもこの3年間は必要な時間だったと、今感じています。
 

リハビリ

 投稿者:むらさき  投稿日:2015年 2月18日(水)10時16分9秒
返信・引用
  のぞみさん  ひろさん
おはようございます

今朝の朝日新聞  声の欄に中1から不登校だった女の子の投稿がありました
学校にいけなくなってから まわりが全て怖くて怖くて…
寄り添おうとしてくれる親、祖父母さえもただただ怖くて
話すこともできず拒否し 部屋に閉じ籠り
とにかく自分を護ることしか考えられなかった
家が自分を傷つける場所ではない 安心と感じられるまで
どこにもでられなかった と

今 子供さんたちは部屋から出て 自分が必要と思うこと
助けて欲しいと思うことは伝えてくれてます

親子の関係性が変わるには時間が必要です
今 のぞみさんやひろさんが子供の将来を思い不安になるのと同じように
子供たちもその不安と向き合いながら 日々を送っていると思います

子供から頼まれたことに応えつつ その奥にある気持ちを
感じ取ろうとする親の姿勢から きっと伝わるものがあると思います

自分の生き方を自分で決め引き受けていく

本当の覚悟ってどの年齢でできるのかしら?

迷い迷っている子供の親 という生き方への覚悟を親も問われてるなぁ~と当時 感じてました
腹くくったつもり でも 次々とこれでも?と
娘達から突きつけられ 受け入れられてない部分をあぶりだされ そうきたか~と親もまた考える…

親自身が自分の不安に向き合うことは いままでの自分を捨てることではなく
見直しつつ 新しいものを増やし 土台を広げるという自分育てをしてることですから~
 

今の気持ち

 投稿者:ひろ  投稿日:2015年 2月18日(水)00時43分31秒
返信・引用
  以前に何度か書かせて頂きました。中2に上がりすぐに不登校になりもう1年が立とうとしている。息子の父親です。現在以前より親子関係は良いと言うか平凡ですね。不登校当初は無理矢理でも学校に行かせようとしましたが、諦めと言うか、学校に行かない息子も受け入れよう思うように気持ちを抑えてきました。今でも継続中ですが、心の底からは中々そうも思えずにいる私がいます。4月が来れば3年生で受験があります。きっと彼は受験はしないような感じで、親が色々考えてしまい気持ちだけが焦ってしまい不安で仕方がありません。皆様のお子様は色々な形でも自分で決めて進学、自分のやりたい事を歩んでいる様ですが、息子はこのままで止まってしまうのではないか?そんな事ばかり不安だらけです。ただ一つ思う事は彼は中学校に行ってないだけで、本当に悪い事もしてません。部屋はきたなく、カーテンも開けない、外出も昼間はしない、夜中に近くのコンビニのみ行きますが・こんな感じです。
良い所は、一応ご飯は起きていれば、みんなで食べる。お風呂は必ず入る(昼間がほとんど)
服は毎日パジャマですが、取り替える。パソコンやスマホでトラブルがあれば頼んで来る。
お菓子など欲しい時は話しかけて来る。こんな親子関係です。私が思うのは日本は裕福で学校が
あり、仕事場がありお金を稼いで物を買う社会です。もし違う世界の場合は息子はただ家族と一緒に居る普通の子ではと時々思います。この先息子は何時彼の進路を決めるか分からず不安では
ありますが、何となくこのままで時を経つのを1日1日過ごして行こうと思っています。
こんな親ですが、アドバイスがあればお願い致します。時々参加させて下さい。
 

娘の事

 投稿者:のぞみ  投稿日:2015年 2月 7日(土)17時39分8秒
返信・引用
  遅く成りましたがすうさん娘さん合格おめでとうございます。

 みなさんお久しぶりです。少し心がもやもやしているのでここに書き込み皆さんからアドバイスいただけると嬉しいです。
 現在、高校二年の娘は通信制サポート校の週5コースから同じサポート校の月に2回くらい行くコースに7月から変わりました。
 昨年5月頃から外に行くのが怖い、人の眼が怖くて学校にも行けないなどいくつかの症状をあらわしたので、精神科に連れて行き、現在薬を服用中です。
 薬を飲みだしたらだんだん調子も良くなってきました。私と一緒に買い物に行けるようになりました。数少ないスクーリングにも通っています。
ただ朝、駅に行くのに不安で一人で行けないようです。これは週5コースの時からです。私が駅まで送っていっていましたが、今は駅の途中まで送れば行けるようになりました。
帰りはなぜか一人で帰ってこれるのです。
 美容院にも一人でいけなかったのが先日カットしに行ったら髪型を説明するときまで一緒についていてあげればお金を払って戻ってこれるようになりました。
髪型を説明するのが不安なようです。人とコミュニケ-ション取るのが苦手だだから不安なようだと言っていました。この前は美容師さんと話も出来たと話してました。
 精神科にいってもドクターに様子を聴かれてもいつも一言だけ・・・。
後は私を頼ります。
 もうすぐ高校3年生なのにいろんなこと一人でできなくて大丈夫なのと思ってしまいます。

 大学に進学したいというので予備校の在宅コースを受講してネットで勉強しています。自分から受講したいと言い出したので受講させてます。
朝、早く起こしてほしいというので起こしますがなかなか起きません。
遅いときは11時くらいまで起きません。
中学時代完全不登校の時は起こしてませんでした。
今は起こしてほしいというので何回も何回も起こしてます。
勉強も解らないと教えてほしいといい、私や夫が教えてます。
泣いたりするので、なだめたり励ましたりして勉強させてます。

 こんな感じで娘には手がかかります。少し干渉し過ぎなのでしょうか。
私自身娘の事で、不安になります。心配です。
娘に寄り添い見守っているつもりなんですが、娘が私を頼ります。甘えもあるのだと思いますが・・・。
私も娘が一人でできるように少しづつ努力をしているつもりです。
自立してほしいと願いますが、こんな娘なので一人で大丈夫なのと心配してしまします。
今日も体育のスクーリングに友達と出かけましたが帰りが遅かったので道に迷ったのか何かあったのか心配になってしまいました。娘たちは学校がある駅まで行って寄り道をしてきたようです。心配し過ぎてだめな母親です。
 私自身、子供たち二人が不登校を経験したことや、以前パートに出ていたのでストレスがたまったのか精神疾患にかかり通院中です。病気の為か心配で不安になることが多いです。
仕事もしていないし、娘が今の状況だと仕事にも出れません。
 こんな感じですが娘とどう接したらいいのかアドバイスをいただければ嬉しいです。


 

ありがとうございます。

 投稿者:すう  投稿日:2015年 2月 3日(火)10時44分39秒
返信・引用
  おはようございます。

ハミングさん
 過去ログをご覧になられたら分かると思いますが、私も3年前は悩み悩みここで助言を頂き、よし!と思って子供と向き合い、それでもやっぱり自分の中でモヤモヤが溜まり子供を受け容れられず。。そんな事の繰り返しでした。
制服を着て登校している他の子を見て涙し、どうして何故みんなができる事ができない?と泣いてばかりでした。
ここで話題になるストンと何かが落ちる。。
何だったのか何時だったのか記憶はあいまいなのですが、そんな時期がきてからは私自身の心が軽くなり、娘を気にしない自分でいれるようになりました。
その頃から何となく流れが変わったように思います。
先のことは分かりませんが、娘を信じて見守っていこうと思います。

むらさきさん
 ありがとうございます!
むらさきさんには色々と教えて頂いたことばかりです。本当に感謝感謝です。
娘、面接では面接官に「抽象的ではなく、明確な将来像がありますね」と言われたそうです。
そして3年間中学へ行かなかったこと、サポートセンターへ行き活動をし家庭教師で勉強をしたことを堂々と話した!と言っていました。
娘自身がこの3年間の自分を認めることができてるんだなぁと感じました。
春からどうなるか?は乞うご期待ですね。。。

 

むらさきさん

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 2月 2日(月)11時31分49秒
返信・引用
  むらさきさんへのお返事です

むらさきさん、こんにちは。
昨夜はお返事ありがとうございました。
実は昨夜、ひと騒動ありました。
おとなしい娘がふとんに突っ伏し大声で泣き、手足をバタバタさせたり、ふとん殴る蹴る…でした。1時間位続いたようでした。
私は別室で自分のすることをしていましたのでよくわかりません。
それからまた1時間経ち、娘がトイレに出てきたのを機に声をかけました。
『自分に自信がない。なぜ自分がこんな運命なのか口惜しくてたまらない。誰にもどこにもぶつけられない。泣いても叩いても解決しない。』とポロポロ涙を流しながら話してくれました。
昨夜のきっかけは私がある提案をしたことから
始まりました。余計な提案、余計な先回りだったと気づきました。
むらさきさんが送ってくださっていた、

> そして娘さんが 自分のことは自分で考えるから任せてね

あぁ、そういう時期に来ているんだと実感しました。

>
> ただ 子どもが『子どもである』ためには 親が『親である』ことが必要です
> 立ち止まっている子どもと向き合う時間を通じて
> 子どもが我々を『親』にしてくれるんだなぁ~というのが すぎてみればの実感です
>

昨夜娘が荒れて↑の部分も身にしみました。
娘が荒れなければ、むらさきさんが答えを教えくださっているにも関わらず、『どうしたら私は親になれるんだろう。私はどうすればいいんだろう』と一人右往左往していたと思います。
荒れた娘と接しながら、『あぁ、こうやって、この子が私を親にしてくれる、と言うことなんだ』と上手く表せませんがそう思いました。

今朝もまた娘のおこもり部屋からドンドンが聞こえていますが、娘の問題は娘に任せます。
娘の問題に首を突っ込んで、あれこれ手を回わすのはもうおしまいにしたいと思います。

こちらの過去ログの中にあった『子どもにレッテルを貼りなさんな』と言う言葉をいつも胸にぶら下げながら、私は私の人生を。

まだまだ未熟なので、またユラユラフラフラ
しそうな私ですが、これからもよろしくお願いします。



 

ハミングさん♪

 投稿者:むらさき  投稿日:2015年 2月 1日(日)20時24分30秒
返信・引用
  はじめまして こんばんは☆

>娘が言ってたのは『よく、子どもは親の背中を見て育つっていうけど、ホントは、親は子どもの背中を見ていればいい、じゃない?
>私が将来お母さんになったら、そんなお母さんになりたいな』でした。

小学6年の娘さんとは思えないほど 大人をしっかり観察して自分の言葉で考えて見えるのだなぁ~と私も感心しました

そして娘さんが 自分のことは自分で考えるから任せてね とハミングさんに伝えているのでしょうね

>自己否定100%。自分の全てに自信がない。自分の外見も内面も大嫌い。
>祖父母に会うこともコンビニに行くことすら出来なくなった、と泣く娘のどこからこんな言葉が出てくるのか不思議です。
>豊かな感性の持ち主なんだろうなと思います。

小学生… 12歳の女の子…なのだけど親が思うよりもずっとずっと 心は成長していて
『自分』について一生懸命考え始めているのでしょう

>でも、私の本心は、そんな事どうでもいい、もっと大きくなってから考えればいい。
>そんな事考える前にもっと他にすることあるでしょう。それよりも普通に普通の小学生でいてほしい、こんな気持ちがフツフツと沸き、渦巻き、娘を否定する方向を向いてしまうのです。

子どもらしい 無邪気な?時間を過ごして欲しい…
年齢の割に大人びたことを考え 口にする娘さんを見れば 親としてはそう願うのも当たり前だと思います

ただ 子どもが『子どもである』ためには 親が『親である』ことが必要です
立ち止まっている子どもと向き合う時間を通じて
子どもが我々を『親』にしてくれるんだなぁ~というのが すぎてみればの実感です

ハミングさん 思い切って自分の思いを書きこめて良かったです
一緒にいろんなことを考えていきましょうね♪

すうさん☆
娘さんの希望への一歩 おめでとうございます(*^_^*)
こうなりたい という形が見え始めたからこその大きなトライ

娘さんの後ろ姿にこれからもすうさんと一緒にエール送らせてくださいね~

 

はじめまして

 投稿者:ハミング  投稿日:2015年 2月 1日(日)10時06分0秒
返信・引用
  すうさん、みなさま、はじめまして。
ハミングと申します。
昨年の夏ごろでしたか、ある先輩からこちらを教えて頂き、時々おじゃましてはみなさまの書き込みや過去ログを拝読しておりました。
なかなかお仲間にして頂くきっかけがなかったのですが、この度すうさんの書き込みに心が動きました。
お嬢さん、高校合格おめでとうございます。
子どもの心理面のお仕事を目指したいって
素晴らしいですね。

うちは小6の娘が1年半完全不登校。
去年の夏以降、外出もできなくなり、
現在おこもり中です。
卒業式も入学式もその後の中学校登校も
出席できそうにありません。
自己否定100%の毎日を過ごしています。

そんな娘が一昨日、私との他愛のない会話の中で言った言葉がすうさんのお言葉と重なっていることに驚き、思わず初参加してしまいました。
>
> 娘の後ろ姿を見守り振り向いた時ににっこり笑える母でありたいと思っています。

娘が言ってたのは『よく、子どもは親の背中を見て育つっていうけど、ホントは、親は子どもの背中を見ていればいい、じゃない?
私が将来お母さんになったら、そんなお母さんになりたいな』でした。
自己否定100%。自分の全てに自信がない。自分の外見も内面も大嫌い。
祖父母に会うこともコンビニに行くことすら出来なくなった、と泣く娘のどこからこんな言葉が出てくるのか不思議です。
豊かな感性の持ち主なんだろうなと思います。

でも、私の本心は、そんな事どうでもいい、もっと大きくなってから考えればいい。
そんな事考える前にもっと他にすることあるでしょう。それよりも普通に普通の小学生でいてほしい、こんな気持ちがフツフツと沸き、
渦巻き、娘を否定する方向を向いてしまうのです。
すみません、お嬢さんのお祝いをお伝えしたかっのに、自分の愚痴を書いてしまいました。

改めてまして、
お嬢さん、合格おめでとうございます。




 

ありがとうございます!

 投稿者:すう  投稿日:2015年 1月31日(土)08時40分14秒
返信・引用
  ともちゃんさん、ばあばさん、りりさん☆

皆さん、ありがとうございます。
色々ありました。
ばあばさん、沢山の支えの言葉に感謝しています。
どれだけ救われたか。

りりさん、一緒に悩みましたね。苦しみましたね。
同時期に悩み、共感しあい気持ちを分かりあい本当に心強かったです。

ともちゃんさん、時期は違えど同じ悩みを持つともちゃんさんと励まし合い、勇気をもらっていました。

娘、保育士を目指して頑張るようです。
面接でどんな保育士になりたいかを聞かれ…
「子供の気持ちに寄り添った保育をしたいです。保育士もですが、心が傷ついた子供を救える児童心理士の勉強もしたいです」
と答えたそうです。
学校へ行かなかったこともはっきり伝え、3年間悩み苦しみ、サポートセンターで頑張ったこともちゃんと面接で話した!と。

4月からどうなるかは分かりませんが、娘の背中を押すのではなく、娘の後ろ姿を見守り振り向いた時ににっこり笑える母でありたいと思っています。
 

おめでとうございます!

 投稿者:りり  投稿日:2015年 1月31日(土)04時56分28秒
返信・引用
  すうさん!
娘さんの合格、本当におめでとうございます\(^o^)/

これから先も色々あるでしょうけれど娘さんはきっと大丈夫ですね。だってすうさんがお母さんなのですから!!
 

すうさん

 投稿者:ばあば  投稿日:2015年 1月30日(金)19時20分3秒
返信・引用
  お嬢さんおめでとうございます\(^▽^)/

>とりあえずやってみて、駄目だったらまた立ち止まればいい!
いつだってやり直せる!
私はそう思って娘を見守るのみです。


すべてがその言葉の中にあります。



お嬢さんはまだ成長を続けますよ。 うれしいお知らせありがとうございました。
引退したのにうれしくてでてきちゃいました、ありがとうございました(*^-^*)
 

すうさん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2015年 1月29日(木)16時53分39秒
返信・引用
  すうさん~!

むすめさん合格おめでとうございます!

すごいです~がんばったね~喜び味わってください~(*^_^*)
 

報告

 投稿者:すう  投稿日:2015年 1月29日(木)08時24分39秒
返信・引用
  おはようございます。
小学6年の冬から立ち止まった娘。
中学は学校へ行く事もなく卒業です。
その娘、先日入試があり合格を頂きました。

色々と悩み苦しみその中で見つけた高校です。
本当によく頑張りました。
合格通知をもらった時は嬉し涙。
時間が経つと不安の涙。。。
3年間学校とは無縁だった娘なので仕方ない涙ですよね~。

とりあえずやってみて、駄目だったらまた立ち止まればいい!
いつだってやり直せる!
私はそう思って娘を見守るのみです。

ここでは本当に助けてもらいました。救ってもらいました。
苦しかったです、でも沢山のことも考えさせられました。
本当に本当にありがとうございました。
 

ばあばさん

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年12月15日(月)16時42分14秒
返信・引用
  ばあばさん!こんにちは~!(*^^)v

お元気に過ごされていらっしゃいますか?
なんだかとても冷える今日この頃ですが、かわいいクリスマスカードにほっこり癒され、元気を頂いています!

ありがとうございます。

 

^ー^

 投稿者:ばあば  投稿日:2014年12月14日(日)09時04分49秒
返信・引用
  今年ももうすぐクリスマス、楽しく元気に過ごしています。  

ぷりんさん

 投稿者:すう  投稿日:2014年12月 5日(金)21時14分21秒
返信・引用
  こんばんんわ。

我が家の娘も、小学入学からよく泣いて学校へ行ってました。小学時代も元気に登校って雰囲気はあまりなかったように感じます。いつも不安そうな寂しい雰囲気でした。

ぶれない親の子供って、ぶれないんですよねー。
私の目標は、ぶれない母親です(笑)

お互い、頑張りましょうね!
 

すうさんへ

 投稿者:ぷりん♪  投稿日:2014年12月 5日(金)11時24分47秒
返信・引用
  すうさん、こんにちは。
うちの子も中三です。
うちの子にはまだ時間が必要なようです。
>
> 動じない、揺らがない、平常心!
> 自分自身に言いながら春を迎えたいと思っています。

すうさんのこの言葉を胸に
子供の事を見守れたらいいな。


 

三者面談

 投稿者:すう  投稿日:2014年12月 4日(木)23時35分34秒
返信・引用
  今日は三者面談でした。

娘は、希望高校一校しか受験しません。落ちたら通信に行きます!と担任にはっきり言ってました。
1年、2年の成績がないこと、学校へ通ってなかった事は高校には伝えます。と担任から言われました。
私は、
学校へは確かに登校はしてませんでしたが、娘が苦しみ考え勉強を始め、サポートセンターへ通い、今はテストは学校へ受けに行っている。娘の頑張りは先生にも評価して欲しいし、高校にも伝えて欲しいです。
と担任へ想いは伝えました。
あくまでも私の想いですが(笑)
娘、隣で泣いていました。
担任も娘の頑張りを誉めて下さったし、担任としてできる事は精一杯して高校へ伝えます!と言って下さいました。

動じない、揺らがない、平常心!
自分自身に言いながら春を迎えたいと思っています。
 

皆様へお礼

 投稿者:アロマ  投稿日:2014年12月 3日(水)22時51分14秒
返信・引用
  コメントをくださった皆さんありがとうございます。それだけで一人じゃないんだ、って気持ちにります。
答えは無いです。なにが正しいかも。
私が最後に目を閉じる時「ああこれで良かったんだね」って思えたら一番いいな。
 

pikiさん、アロマさん、ともちゃんさんの投稿を読んで

 投稿者:りり  投稿日:2014年12月 1日(月)16時50分55秒
返信・引用
  私もよく考えていた事なので、書き込みます。
娘が何も出来ない、と苦しんでいた頃はひたすら黙る、をしていました。
娘が言うこと、やることが正しいか正しくないかは問題ではなく、ただひたすら娘を受けとめる、今あなたはこうしたいんだね、今あなたはこんな風に思っているんだね。ただそれだけでした。
娘が動きだしてからは、まず娘の思いを、そうなんだね、と受けとめ、それから私はこう思うんだ、と私の考えを話したり、事実は事実として伝えたり情報は伝えたりしています。
それを聞いた娘がどうするかは娘に任せます。私だったらこうするとか、何故こうやらないんだろう?とか思うことも多々あります。
でもそれで最終的にたとえ失敗してもすっきりしている娘がいます。

娘の思いは受けとめる
自分の考えを伝える
情報を提供する

私はこのようにやっています。
 

穏やかなのかそれとも…

 投稿者:ともちゃん  投稿日:2014年12月 1日(月)15時30分19秒
返信・引用
  こんにちは。

アロマさんがpikiさんへのお返事に書かれていたことに、
想いが重なり共感して久しぶりに書いてみようかなと出てきました。

アロマさんの
<今の私は娘がそれで良いならいいかー自分で動かないならそれが娘の答えだ。

あれやこれや、たくさん調べて悩んで考えて、ぐるっと回ってわかってきたことですが、
やはり、本人が、こうしたい、こうしていきたい、と、強く願う気持ちを持てること。
まずは、そこなのだろうなと、思っています。

<黙る、見守る、認める、私が変わるというのをやってきてずいぶん穏やかになったんです。

これもノウハウのひとつなのかもしれないけれど、実際経験してみて、親ははまず自分を大切に保たなければ、自分はおろか子どもの支えになるパワーを生み出すのは難しいのだと実感しています。

黙る…というよりは、余計な言葉は自然と言えなくなるというか、発言にものすごい神経を使うようになるので、そこでパワーを使い切るよりはむしろ、聞き役に徹して子どもの吐き出しをしっかりと受け、また流していく作業をしていくことで、私自身が変わっている実感を得ています。

<反面それが私のトラウマになってしまって話をあわせることしかできない。
<本当は叱らなきゃいけないところかもしれないのにスルー。娘と話すのが怖いです。
<…ちゃんと話し合いたいのに
< れが親の支配になってしまったら、やっとここまで元気になったのにまたやり直し~?と思うと話せません

こちらもすこしずつではあるけれど、子どもが穏やかでいられる時間を増やすコツみたいなものを習得できてきて、
それは果たしてうまくいっていることになるのか、ただ、怖くて見ないふりをしているのではないだろうか、あえて触れないでいることで、認めている~穏やかに過ごせている~と、錯覚を起こしているだけではないだろうか…。

だからといって、「どうするの?}をつきつけるのもまた違う。

一緒に考えたいと伝えてもいいのだろうか。それは助手席でアクセル踏むことにならないだろうか。

そんなことを考えています。

 

pikiさんへのお返事

 投稿者:アロマ  投稿日:2014年12月 1日(月)01時57分14秒
返信・引用
  pikiさん、今晩は。
お返事ありがとうございます。
今の私は娘がそれで良いならいいかー
自分で動かないならそれが娘の答えだ。
と思う気持ちも強くあります。
黙る、見守る、認める、私が変わる
というのをやってきてずいぶん穏やかになったんです。反面それが私のトラウマになってしまって話をあわせることしかできない。本当は叱らなきゃいけないところかもしれないのにスルー。娘と話すのが怖いです。
pmsにしてもちゃんと話し合いたいのに
これが親の支配になってしまったら、やっとここまで元気になったのにまたやり直し~?
と思うと話せません。
ホルモンバランスの乱れで不妊症につながったりすると聞くとやっぱりすごく心配です。
心と身体の成長に伴い症状も落ち着いてくるとよいのですが。
生理が終わり今日からまたもとの穏やかな
優しい娘にもどりました。



 

アロマさん

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月30日(日)16時24分16秒
返信・引用
  こんにちは~アロマさん

女子の場合は、生理前から精神的にも体調的にも生活に支障が
あるほどの症状ガ出る方が少なくないです。
PMSなどを調べてみると、娘さんのそれと一致することが
あると思います。低容量ピルなどで改善することも多く、
最近では、中学校でも、生理の重い子には、低容量ピルを飲むことを
すすめる特別授業があったりします。

<ホルモンバランスが悪いのです。<婦人科に行きちゃんと検査して欲しいんです。

そうですよね。。すごくわかります。。生理前から感情の起伏、体調不良。。

生理中に豹変するほど酷い子の場合は、
「本人が生活に支障をきたして困っている」という本人の自覚があることが一番
必要ですよね。

試験に重なって大変だったとか、旅行中に倒れて迷惑をかけた、とか。


そして、甘えられる人がそばにいるとその症状はなんというか、
非常に病的にみえたりもします。
生理だからという理由で、心理的に爆発してもいいというスイッチが
まるで入ってるからのようにもみえたことがありました。

で、娘さんは、そういう情報をお母さんから聞いても、
頑なに拒まれるということですから・・・

「 生理中は豹変する。」 豹変してもいいのである。

受験勉強しても、生理中にあたり、大変な思いをしても、
実はそれこそに意味があり、
娘がそれを引き受ければいいか。首根っこ捕まえて病院連れていってもどうにも
なるまい~。 あとは、なるようになれ~。

って・・・とても他人事のように書いてますが、
わたしも このPMSには、相当思ったことがありますけど、


お母さんではなく、「自分」が困っている。で、動くのだろうと思います。

そばでみてる がわとしましたら・・・

もうたのむから~~って思うのもほんとよくわかります。。

まぁ、それでも、婦人科でわかる潜在性の貧血やらというのもありますから、
調べてほしいというお気持ちはわかります。。。

色々なページを見せて、情報を伝えるということができることなのでしょうね。
これくらい大きい年齢になってしまうとまた難しい。。。共感。

 

こんな時皆さんならどうしますか?

 投稿者:アロマ  投稿日:2014年11月28日(金)23時05分24秒
返信・引用
  こんばんは。現在浪人中の娘が高校生の
頃から読ませていただいてます。体調不良の
繰り返し、不登校の末、やっと卒業しました。
娘は初潮を迎えたのが高1。あきらかにそれから体調不良になった様な気がします。現在も生理から4日間は人が変わった様になり全く何もできなくなります。4、5日めから回復しやっともとに戻り、しばらくするとまた悪くなる、の繰り返しです。
ホルモンバランスが悪いのです。婦人科に行きちゃんと検査して欲しいんです。でも娘は頑にこばみます。不登校中は黙り、見守ってきました。ものすごく神経を使って。今はずいぶんよくなったんです。でも生理中は豹変してしまう。
健康に関わることでも自分から動きだすまで待ったほうが良いのでしょうか?毎日がんばって受験勉強していても、この体調不良が治らない限りどうにもしょうがないんじゃないか、とひとり悩んでいます。女子特有の体の問題は母親の責任なんじゃないか、と思うのです。
皆様はどう思われますか?
 

(無題)

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月28日(金)15時30分34秒
返信・引用
  あ~~~・

布団かけてもらった。。って、わたしが子どもの頃、うたたねし、
知らない間に、毛布をかけてもらって、
すご~く、自分を大切に思われてる。って感じたことがありました。

ぷりんさん♪
そうそう。していけたらいいね~。していくようにしようね♪

必要な居場所も足りてない!!どうにかならんかね~。


さきほど、ヤフーニュースでしたか、読みましたら、

沖縄での活動はすごいですね。
不登校の子の 居場所。市と民間が連携して、居場所で自分を癒すんです。
子どもたちが全員
それぞれの進路が決まる。。。沖縄だけですと。。
沖縄を、モデルにしていくことがいいけど、
沖縄、外国っぽいですよね。人もすごくゆったり解放的。。

連動することが必要です。けどそれは、それはもう親には、難しく、
親も親でその間できる限りのことをしてますから。

とりあえず、元気もらえるような歌を聴いて コーヒーなどを飲んで
心が落ち着く時間をキープする毎日は欠かせないですね。
 

(無題)

 投稿者:ぷりん♪  投稿日:2014年11月28日(金)13時57分28秒
返信・引用
  pikiさん、コメントありがとうございます~(*^-^*)
外出する前起きていた子供は、帰宅すると居間で毛布をかぶって寝ていました。
毛布だけでは寒いか…と思い、布団をかけてやりました。

生きていくことに必要な事を学ぶ手助け、出来ればいいな~。
必要な時に必要な事を伝えられるといいな。




 

団地ともお

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月27日(木)22時55分51秒
返信・引用
  ぷりん♪さん

こんにちは!

団地ともおの曲、歌、元気もらいますね~。

家の中にいてもお子さんは成長してます。義務教育が終わる。
そうですか~。色々と思うこともたくさんおありだったことでしょう。
そして、これからのことを考えていくこと。。。

学校に行かなくても、
生きていくことに必要なことを学んでいく手助けは
親です。

不安あってもいいさ~。

じぶんの不安よしよし~~。よくやってるやってる~。

でも、明日はポイポイ。ほらほらほら~もっといい日だよ~~♪ですね。

 

(無題)

 投稿者:ぷりん♪  投稿日:2014年11月27日(木)16時19分33秒
返信・引用
  これまで数ある岐路で迷いながら選択してきた事の結果が今ですよね。
結果、と言ってしまうのも早急なのかもしれませんが…。。
また、メールさせて下さい。
 

(無題)

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月25日(火)02時43分28秒
返信・引用
  掲示板は、思春期ルームと 青年期ルームとあります。

使い方ですか。。

☆思春期喜喜では、思春期(小学校~高校生)の人、または、思春期の子を持つ親を対象としています。

☆青年期(高校卒業年齢以降)の人、または、青年期の子を持つ親のためには、青年期喜喜という掲示板がありますので、そちらへどうぞ。

ですが、どちらでも、ある意味自由で、どちらに書き込まれてもOKです。


タンポポさんは、こちらに書いたつもりが青年期の板に間違って書いてしまった、という
ことなのですね。了解です。そういうことありますものね。


<こちらに投稿すれば良いのですよね?
<でもどう違うのですか??

ある喫茶店で・・

ひとつのテーブルで話しをしていて、トイレに行きたくなった。
そして、さっきのテーブルではなく、そのとなりのテーブルにせきをつき
さっきの話の続きをしてしまった。(同じ喫茶店だからいっか~)

というように思えたので、ちゃんとコミュニケーションしていきたいですね、と
お伝えしたかったのでした。


そして、娘さんの、もし卒業できたら、のおはなし。。
もし卒業できたら、こんなこともあんなこともと願うという
のはわかりますが、
なんででしょうね~。娘さんは重たいなぁ~こんなに
期待されていると、と、感じてしまいました。

好きなことをいっしょにする、という決意より、
娘は娘が好きなことを、母は母が好きなことを、
たまたま一緒にやりたいことがあればやればいいでしょうが、
文字からびしびし親の期待を感じてしまうので・・
子どもの自立 親が自覚すること。など、検索かけて
調べてみてください。☆









 

pikiさん皆さん

 投稿者:タンポポメール  投稿日:2014年11月23日(日)22時30分1秒
返信・引用
  ご無沙汰してます…
私使い方をまだ分かっていなくて、違う掲示板?へ投稿しちゃったみたいです。さっき気づきました…

こちらに投稿すれば良いのですよね?
でもどう違うのですか??

娘は通信制に転学してからやっぱり昼間寝てるのが多く…
でもこの連休は朝から一緒に近所へ自転車で買い物に行ったり
今日は電車でカラオケと買い物へ行きました。

娘と好きなことしよう
と思います。
卒業できれば。。
昨日、受験月に旅行したい
アルバイトも興味あると言いました。
娘が自力で進む道を見守ります。

二人で卒業祝い旅行しちゃってもいいのかな?
他人は受験してる
他人は他人ですよね…

私の親にも卒業できたら言わなきゃ。
大学決まったら一緒に温泉でも行こうねと言われてたから…
 

ikuさんの書き込みを読ませていただいて…

 投稿者:ゆりゆり  投稿日:2014年11月22日(土)10時19分7秒
返信・引用
  現在19歳で専門学校1年の長男が、中2の春に不登校になった時から、
こちらをいつも見させて頂いておりました。
(書き込みは、殆どしたことが無かったと思いますが)

長男は中学卒業後は進路を決められなかったので、受験もせず、1年間無所属後、
通信制サポー校に進みました。
立ち止まった3年間は、昼夜関係無く、丸二日間以上起きていたかと思うと丸1日寝たり、
風呂も歯磨きもナシでほぼネットゲームをする、そんなすごい生活でした。

そして、不登校の兄を引き継ぐかのように次男も腹痛で五月雨登校となり、
中2の終わりから不登校になりました。

次男も不登校になった頃、主人も二度目の鬱病になり、病気のせいもあったとは思いますが
「お前の対応が悪いから、次男までも簡単に休むようになるんだ」と言われましたし、
次男にも直接「誰だって、調子が悪くなっても頑張って、会社や学校へ行っているんだ!」と言っていました。

義父からは、「二人ともこうなるなんて、困ったものだ。育て方が悪いからだ」
と言われました。
それは私が我慢すれば済む事でしたが、
普段は何も言えないのに、酒を飲んだ勢いで、息子達に説教をする義父が、本当に嫌でした。
(そんな義父に対して、主人は何も言わないので、私が怒りを我慢できず、
私が息子たちを守らなくちゃ!!と思う一心で、義父に抗議した事もありました。)

義母からは「今から何でも子供の事を聞いていては、今後親を甘く見たり見下したり、
親をなめるようになり、歯止めが効かなくなって、
最終的には、暴力をふるうようにだってなりかねない。
もっと親として毅然と子供に立ち向かい、厳しくして、言う事は言わないとダメだ」
と言われました。

主人や義両親から何と言われても、私だけは息子達の見方で、息子達を守るんだ!
という気持ちで頑張ってきたつもりです。

現在、長男は1年遅れですが、情報系の専門学校にほぼ休まず通っていますし、
兄と同じ通信制サポート校へ通っている高3の次男は、国立大学進学を目指して、
塾にも通い頑張っています。

あの頃、暗闇を模索するような状態で、本当に辛い日々も過ごしましたが、
息子達を信じて、自分を信じて頑張ってきたから、今の息子達があるんだと確信しています。

そして、掲示板の先輩達のお言葉が、何より心の支えとなっておりました。
今改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。

突然の長文の書き込み、失礼いたしました。
 

今…

 投稿者:ぷりん♪  投稿日:2014年11月22日(土)09時36分27秒
返信・引用
  こんにちは。
小学校入学当初から、学校に行きづらかった子供も来春で義務教育期間を終えます。
中学校にはほとんど行きませんでした。
進学に対する意欲は、全くない訳ではありませんが、まだ高くはありません。
私が不安になっても仕方がないので、
私の不安は自分の問題として子供に絡まずに解消していく事を肝に命じて
日々を過ごしていきたいです。

今、NHKのテレビで【団地ともお】が始まりました。
♪~明日は ほらほらほら、もっといい日だよ~♪ってオープニング!
いい歌詞だな~(^-^)


 

時間

 投稿者:すう  投稿日:2014年11月21日(金)10時47分10秒
返信・引用
  こんにちわ。

ここにお世話になり、もう4年になろうとさします。
立ち止まり、動き、立ち止まり、動き、立ち止まった娘。
その娘が自分の意思でこれからを決めたようです。
自分の行きたい高校を受験し、落ちたら通信に行く!と。
私は娘の意思を尊重し見守るのみです。

とりあえずやってみる。ダメだったらまたその時に考えるから!と言った娘。

色々あったけど、彼女には必要な、いや私に必要な4年だったのかもしれません。
 

(無題)

 投稿者:piki  投稿日:2014年11月14日(金)13時37分38秒
返信・引用
  ikuさん

学校の先生、父親、祖父からも、
そのように責められると,
直接的ではなくとも、息子さんは、苦しいですね。。

そして、母親であるikuさん、不安になりますよね。
お母さんのせいであるとか、今の状態を甘やかしていたら
大変なことになる、と いうのは、それぞれがご自分の立場を思う
気持ちのほうが優っているから出る言葉だとわたしは感じます。

確かに、お子さんのことを思うのでしょうが、実際不登校に陥って
あれやこれやと、調べていくと、不登校になる子どもの気持ち、状態という
ものに突き当たり、親も、もがきながらでも勉強していくものです。
それをせずして、正論でぶちかます 周りの外野は・・・多くは家族。
昔から、こちらでもよく苦労されているお話を聞きます。
お子さんの心を聞きもせず言うな、と言いたいですよね。

順風満帆に過ごしていた中、
家族のひとり(お子さん)が不登校になる。

父親がリストラにあう。

祖父母の介護が必要になる。

お子さんが逸脱行動をする。

色々なことが生きていたらありますが、安定してまわっていた家族に、
あるとき予期しないことが起きると、

家族はどうなるか。

大きく分けると、

「 バラバラになって 家族が機能しなくなる。 」

か、

「 バラバラであった家族を機能させる。」

か、

「 この歪な家族の円環を継続する。 」

なのかな、と思います。

何か家族に起こったことで、責任をなすりつけられ、子どもの心には誰も
無関心で、母親だけが 一生懸命身をずりながら日々向き合っている。

もしも、子どもの不登校ではなく、父親に、祖父に、問題が起こったと
仮定すると、子どもは、父親や祖父に、
「 なぜリストラにあうんだ。一生懸命がんばらなかったのか。
  いつ次の仕事を見つけるんだ。家にいるんだ。今仕事がみつからないと
  お父さんは一生このままだ!」

「 いつおじいちゃんのボケは治るんだ。なんで何度も同じことを
  言わせるんだ。いつまで生きてるんだ。一生こんなわけわからん
  年寄りと関わるのはいやだ。」

などと、子どもは 責めまくるんでしょうか・・・・ね。。

立場的にも弱者な子どもは、何か困ったことが起きているけど、
親には親の事情があって、見守るしかできない。
自分は自分のことをしようと思う。

と、子どものほうが純真でなのかつ見守る立場にまわるのでは
ないでしょうか。

大人は大人であったとしても、親という立場から、子どもに模範を示し、
世間体を気にし、子どもの気持ちや困っていることには無関心でも、
彼ら状態(現象)には、非常に、関心を持ってしまう。

そういう大人が、不登校になったら、どうだこうだ~将来こうなる~
高校に行けないからなんとかさせろ~。打つ手はないのか~。

などと、次に弱者の母親(嫁)に向かってしまう。

ですが、人はなかなか変わらない。変えられない。
変えられるのは 自分だけですから、

母親が勉強し、自信がなくてもいい、ものごとが正しく見えるよう、
この円環を断ち切る作業に入るしかないのだろうな、って思います。

まずは、母親自身がきちんと吐き出せる場所があること。
自助グループでも カウンセリングでも、どこかで守られている場所が
あることが 一番必要となってきます。

ikuさんが、思いっきり吐き出せる場所を探すことを考えてみてくださいね。
もちろん、こちらでもです。

 

pikiさん

 投稿者:iku  投稿日:2014年11月11日(火)00時02分4秒
返信・引用
  pikiさんお返事有難う御座います。
現在息子は昼夜逆転、朝6時頃までゲームをして寝て午後3時~5時頃に起きる生活をしています。
なんか本当に引きこもってるな~て感じです。閉じこもりでないから良いわと思っていました。

なのに、事情があって離れて暮らしている父親からは「引きこもってしまって学校に行っていないから高校は受け入れてくれない。中学校を卒業した後どうするつもりか考えろ。考えが決まるまで連絡してくるな」と言われたそうです。それまでは、時々連絡を取っていたのに。
私が息子に高校は全日制以外にもあることを話しても父親に言われた事が頭から離れない
みたいで…。
ネット友達には高校生活の事を聞いたりしています。
本当は高校へ行きたいんだけど、息子はどうしたら良いのか分からない出口のない暗闇に迷い込んだようです。


息子の祖父は「母親の甘やかしで自立できない子供になった。医者にかかって早く
何とかしないと手遅れになる。一生引きこもり状態になったらどうするつもりだ」
と責められました。
引きこもっているけど以前より何気ない会話の回数が増えて私はそれなりに満足し
てたんですが、凄くショックで立ち直れません。

pikiさんのお返事を読んで息子はゆっくりだけど、自分と向き合っていってるんだと
思ってはいるのですが…。

私が自分をしっかり持たないといけませんね。
 

/112